アクロバットコメディというジャンルができた経緯

大道芸に数あるジャンルの中で『アクロバットコメディ』というのがあります。

これ実は僕達が作った名称なんです*\(^o^)/*

あ、アルジェントさーかすじゃないですよ!

GちょこMarbleでもないです( ̄▽ ̄;)

僕達というのは、『Cartoon Clown CHEEKY!』と『大道芸人GEN(ジェン)』の2人が行っていた『アクロバットコメディ Tim Tam』です。

この名称を作ったのは今から15年位前ですね!

当時僕達は『Cartoon Clown Tim Tam』と名乗ってました。

cartoonとは、アニメーションの事。

clownとは、道化師の事。

ワーナーのアニメーションのような世界をアクロバットを使ったクラウンなら表現できるのではないか?いや、それを行おう!

という気持ちでそう名乗っていたのですが、日本ではクラウンと言うと、メイクをして赤鼻を付けていないとクラウンとは認識して貰えません(´;ω;`)

それは昔も今も変わらないです。

現場に行っても、クラウン(ピエロ)じゃ無いじゃん。と言われる事もしばしば・・・(´;ω;`)

そんなある時、北海道のミニサーカスに出演させて貰うことになりました。

そこに海外アーティストが来ていたのですが、彼も同じような悩みを抱えていた時期があったそうです。

僕はクラウンなのに、日本ではクラウンと認めて貰えない!だけど、売る為にはお客さんにイメージしやすいジャンル設定を行う必要がある。

その為に日本ではクラウンと言わずにコメディジャグラーと名乗る様にしてる。

「君達何やるの?」と聞かれた時にカートゥーンクラウンと言うと、その説明から行わないと行けないので、その時点で弾かれてしまう可能性があるから、わかりやすいジャンルに変えた方が良いよ!

との事でした。

言われて見れば確かにそうです。

カートゥーンクラウンとしてのこだわりはあるものの、売れなければしょうがない。

と言う事で作ったのが『アクロバットコメディ』という日本ではまだ誰も名乗っていなかったジャンルだったのです。

当時アクロバット・・・特にハンドトゥハンドと呼ばれるサーカスアクロバットを大道芸で行っていたのはサブリミットさんとトランポリンのサスケさん位しか有名所ではいませんでした。

もっともハンドトゥハンドという性質上2人以上居ないと行えないので、その時点でパフォーマーの数が激減してしまう上に、今ほどパフォーマーの数も多くなかったので、日本の大道芸で行ってる人がほとんど居なかったという状態でした。

しかもコメディで見せてる人がほとんど居ない。

そんな状況の中アクロバットコメディというジャンルを名乗り始めました。

その後GちょこMarbleが誕生した時、初期の頃は「これはまだコメディでは無い」という事から、コミカルアクロバットと言っていました。

Gちょこがアクロバットコメディを名乗り始めたのは2~3年経ってからの事です。

この頃になるとパワーボムさんなどハンドトゥハンドを行うパフォーマーも増えては来ていたのですが、まだまだアクロバットコメディというジャンルがメジャーでは無かったので、気軽に名乗る事に抵抗があったんですね(;^ω^)

アクロバットコメディのイメージを悪くしたくなかったもので(^ω^;)

その後はアクロバットコメディを名乗る人やグループが増えてきて、それなりにメジャーなジャンルとなってきました♪

嬉しい事です\(^o^)/

アルジェントさーかすのジャンルは?

アルジェントさーかすが結成される頃には僕が関わってないパフォーマンスでもちょくちょくアクロバットコメディの名前を聞くようになり、ハンドトゥハンドに限らず幅広い種類のパフォーマンスで使われるようになっていました。

ジャンルを定着させる為には、色々な人が使ってくれないと定着しないので、色んな人が使ってくれる事には大賛成です(^-^)/

では、アルジェントさーかすでアクロバットコメディを名乗ってるの?と言われると・・・今現在は名乗ってないのです(;^ω^)

説明でアクロバットコメディと言う事はありますが、ジャンルは?と言われると、まだハッキリ決まってないのですが、

『コメディサーカス』『青空サーカス』などと言うことが多いです。

これはサーカス大好きなGEN(ジェン)とアルくんが『ハッピーメリーサーカス』というサーカスから飛び出して行っている大道芸なので、サーカスという名前を付けたかったというのが理由です。

ただ、ユニット名にもさーかすと入っている。

ジャンルと名前を続けてしまうと・・・

コメディサーカス アルジェントさーかす

とか

青空サーカス アルジェントさーかす

となってしまい、サーカスさーかすとちょっとうざい感じになってしまうため、アクロバットコメディをパフォーマンスジャンルとするか現在悩み中です(^ω^;);););)

GEN(ジェン)