2019年 9月 の投稿一覧

たばこ祭り2019 楽しい大道芸がやれました♪

2019年9月29日に行われた たばこ祭りに『アルジェントさーかす』で 出演してきました。


たばこ祭りの花火大会の日には多くの商店街がそれぞれお祭りやイベントを行っています。

 僕達が出演したのは 上宿商栄会のお祭り  

 通りは歩行者天国になって、ものすごい数の屋台が並んでいる中で『大道芸パラダイス』という形でのイベントでした♪

 出演パフォーマーは 『アルジェントさーかす』・『ユキンコアキラ』・『SPEC』

 前日までの雨予報とは打って変わって超が付くほどの良い天気!

 人も沢山出ていて、最高の環境の中やらせて頂きました(((o(゚▽゚)o)))

 パフォーマンスしていた僕達もすごく楽しかったですヾ(*´ω*)ノ

 僕は『GちょこMarble』時代に何回か出演させて貰ったことがあるのですが、今回は少し様子が違いました。

 準備をしている段階から人だかり(〃艸〃) 3回とも今まで経験した事無いくらい人が集まりました。

 『Gちょこ』の時と何が違うのかと言うと、 『アルジェントさーかす』は サーカスをテーマにした事!

 サーカス芸を行うのはもちろん、サーカスの様なワクワク感を作る事に重点をおいています。

 見てくれの派手さとクラウン その結果なんでしょうね♪ 準備の段階で足を止める人が多いヾ(●´∇`●)ノ

 そうするとスタートから盛り上がります(o・v・)♪

 ちょっと集めすぎて通行の邪魔になってしまったのが周りの出店の方たちには申し訳なかったのですが(´;ω;`)

 その為最後の会はちょくちょく交通整理しながらやってたので、途中中断が多かったです。

 整理すれば整理するだけ見える隙間が増えるので、終わる頃には凄い人だかりになってました(ง•ω•)ว♪

 今後の課題として、「中断する時にコメディーになるといいねっ!」てアルくんと話しています♪

皆さんに撮ってもらった画像です。

 たばこ祭りでの写真や動画を持ってる方は是非教えてください(ㅅ´ ˘)

メールフォームから送る

https://ws.formzu.net/dist/S35470074/

Twitterで投稿した場合

https://twitter.com/Algento_GEN にご連絡ください。

Facebookで投稿した場合

https://facebook.com/algentocircus/  にご連絡ください。

連絡やコメントお待ちしてます(^-^)/  

いただいたお客様の声です。

たばこ祭の告知ブログはこちらです。

好きなことを見つける。これが成功の秘訣である。

我々パフォーマーは凄く熟練した芸を身に付けています。

どれくらい練習しているのか気になる人は多いと思いますが、正直に言ってしまうと練習しているつもりはあまりないのです。(;^^A

ただ好きなことを好きなだけやってるに過ぎないもので(笑)

例えば僕を例にとると、サーカス学校入校後40度の熱を出したことがあります。

近くの診療所に行くと、「これ、風邪じゃないよ!筋肉痛だよ!」「水風呂に入っていれば治る!」ですって(;^ω^)

筋肉痛で40度の熱・・・聞いたことありますか?

僕はスポーツの専門学校に行っていて、日本代表選手と同じメニューでトレーニングしていた経験があります。

その時でも40度の熱は出したことありませんし、聞いたことがありませんでした。

これは、単に熱中しすぎてやりすぎてしまった結果なんですよね(;^^A
専門学校では授業だったので、カリキュラムを与えられてつらいと思いながら練習する。

だから当然やりすぎるということはありません。

だけど好きなことをやると、熱中しすぎてやりすぎてしまうことがあります。

大好きなことを好きなだけやる。

これが練習というならば、練習時間は寝てる時間以外全部・・・ですかね?

何をやっていても、パフォーマンスと結びつけてしまうほどパフォーマンスが好きなので、考えている時間も練習だと考えると、そういうことになってしまいます。

このことを身をもって体験していた僕は、新しくパフォーマー志望の人が来ると一通りやらせてみて、熱中できることを探します。

熱中できない事の練習は、どの芸をとっても地獄ですから(;^^A

その反面好きなものはいつまでも練習を続けることができるのです。

そしてこれは一つに絞る必要もありません。

疲れたら演目を変える。

これができるとなおずっと練習し続けることができます。

僕の場合、ジャグリングはものすごく波があります。

ダメなときは全くやる気が起きない。数年に1度やたらその道具が触りたくなる時期が来る。

だからそのタイミングで一気に練習を行います。

逆立ちに関しては、当時は暇さえあれば逆立ちしてる人でした(;^^A

そういった時期があったため、今の芸が成り立っています。

今はというと、やりすぎると体が悲鳴を上げて怪我をしてしまいます。
歳ですかね(´;ω;`)ウゥゥ

そして、始めた当初からずっと熱中できるものは、考えること!

「これ、どうやったらおもしろくなるかな?」

「どういうまでやったらおもしろく見えるかな?」というたぐいのものです。

最近ではそれが自分のことだけではなく、人の芸のことも考えてしまいます。

ずっとやってられるくらい熱中するものを見つける。

これがすごく大切だと思います。

好きなもの熱中できるものの見つけ方

熱中するものが見つからないときは、とにかくいろいろ試してみる。

昨日は興味なくても、今日はやりたくなるかもしれない。

ちょっとできるようになると、面白くなってくるかもしれない。

一度やってみてやめてしまうのではなくて、日にちを置いてまた試してみる。

試してみて面白かったら飽きるまでやる。

これを繰り返していくうちに何年も飽きずにやり続けてしまう好きなものが見つかると思います。

こうやってほかの人よりも秀でた芸を身に付けていきます。

パフォーマーになるためにはもう一つ人前で披露して評価されるのが好きでないと、パフォーマーには向かないです。

ですが、意外と人前に立つのが苦手でも、評価されるのが好き!

楽しんでらえるのが好き!

すごい!と驚かれるのが好き!

という人もいるので、向いてないと思ってあきらめるより、好きなことがパフォーマンスのジャンルであれば挑戦してみてください。


GEN(ジェン)

GEN(ジェン)の軌跡第1話『HMC(ハッピーメリーカンパニー)誕生』

『HMC(ハッピーメリーカンパニー)』代表・『Happy Merry Circus(ハッピーメリーサーカス)』団長・『アルジェントさーかす』リーダーの大道芸人GEN(ジェン)です。

肩書なが!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

全部宣伝しようと思うと長くなっちゃいますね(;^_^A

前にもどこかで触れたと思うのですが、僕が辿ってきた人生を少しづつ紹介していこうと思います。

その名も

『GEN(ジェン)の軌跡』

たいそうな名前ですが、僕が途中で投げ出さないようにするためにもちょっとたいそうな名前を付けました。

それでは・・・

第1話HMC(ハッピーメリーカンパニー)誕生

HMC(ハッピーメリーカンパニー)ができるまでの大まかな流れからお話ししていこうと思います。

ハッピーメリーカンパニーの意味

楽しくて幸せになれる空間を作る仲間
とか、
楽しくて面白い仲間たち

という意味です。

HMCができるまで

1999年に大道芸人の道に入った僕は、とにかく色々なものを見て、勉強していました。

 その中でも特に好きだったのがクラウンそれも海外のサーカスクラウンにハマってしまいました。

 とにかく人間臭かったんですよね。

 人間が持つ悩み・こだわり・喜び・悲しみ・怒り、一人一人同じ様な人はいなく個性の塊だったクラウン達、

 そしてその人と人とのかかわり合いによって生まれる笑い。

 どれも日本では見ることが出来なかったものです。

 もっとも僕の勉強不足で、日本にもそんなクラウンがいることがわかったのは随分後のことです。

当時僕はクラウンの格好をしてクラウンの真似事をしながらバルーンアートをメインにショーを行っていたのですが、「こんなのクラウンじゃない!」どこかで習えないかな?

 と、いろんなワークショップへいき、勉強をしてました。

 そんな時ヨーロッパのクラウンが好きで、すごく勉強していたあるクラウンと出会いました。
名前を『Cartoon Clown CHEEKY!』見たショーは『ホッチポッチ』(スペルが思い出せないです(´;ω;`)ウゥゥ)

CHEEKY!としゅうちょうのショーでした。

中国のことわざで 「必要な段階に来た時、師は必ず現れる」というのがあります。  クラウンに悩んでいた僕は迷わず声をかけました。

 話しを聞いていると、僕と芸歴1年しか変わらない∑(°口°๑)

 大きく違っていたのは環境だとわかりました。

 そしてCHEEKY!と環境を同じにする為にサーカス学校へ!

 そこでCHEEKY!と一緒に作ったのがHMC(ハッピーメリーカンパニー)です。

 僕達がよく語っていた夢は「いつか日本のシルク・ドゥ・ソレイユ作りたいね♪」というものでした。

 これがHMC(ハッピーメリーカンパニー)を立ち上げた経緯です。

ざっくりした説明ですが、細かくお話しするとこれまた長いこと長いこと(笑)
おいおいゆっくり語っていきたいと思います。

GEN(ジェン)が大切にしている事

「人に教わる事を躊躇するな!」という事です。

 そして教わるという事はその人が辿ってきた道をその人よりも短い時間で体験出来るという事です。

 これは芸事に限ったことではありません。

 「必要な段階に来た時、師は必ず現れる」

 チャンスと思った時に教わる事に躊躇せずにしっかり飛び込むこと。

 これがチャンスをものにする大きな秘訣だと僕は考えます。

 ちなみにこのことわざで言う師とは、人とは限りません。

 先生(人間)はもちろん書物・教材・自然・反面教師・出来事などあなたに必要な知識を与えてくれる全てという事だそうです。


GEN(ジェン)

秦野たばこ祭り詳細追加分

秦野たばこ祭り詳細追加分 たばこ祭りの詳細が来たのでお伝えします。

アルジェントさーかすの出演時間は

13:00~観音前

14:30~駐車場

16:00~お休み処

となります。

※天候やパレードの兼ね合いによって変更がある場合があります。

場所神奈川県秦野市本町1丁目6 県道704号付近

Googleマップはこちら↓

https://maps.app.goo.gl/2VDB4sRjLoYqsivf9


です(^-^)/

『ユキンコアキラ』と『SPEC』も一緒です(^-^)/

Twitterで教えてもらった情報だとこんなポスターも貼ってあるそうです♪

これで迷わないで来れますね♪

秦野たばこ祭りの大道芸についてもっと詳しく知りたい方はこちらもご覧下さい。

たばこ祭の活動報告はこちらです。

GEN(ジェン)

「あなたは何をされてる人なの?」明確に答えられる人は売れる。

自分のやっていることをちゃんと伝えられないと覚えてもらえないですよね!
そして同業者との差別化ができて初めて自分を売り込むことができます。
そんな自分のことを自分で理解する方法です。

「あなたは何されてる人なの?」 この問いに明確に答えられる人は売れる!

逆の言い方をすると、自分のことを明確に説明できない人は売れないということです。

他のパフォーマーとの違いを明確に説明できることがあなたが選ばれる理由になります。

「あなたは何をされてる人なの?」 お客さんやプロダクションの人など、良く聞かれると思います。

あなたはどう答えてますか? 

「ジャグラーです。」 

「ローラーボーラーを使った大道芸人です。」 

「パントマイムやってます。」  

こんな感じですかね? 

もう少し詳しく答えていたとしても 

「○○が得意なジャグラーです。」 

「○○を使った大道芸人で、○○のチャンピオンです。」  

こういった答え方をする人がほとんどだと思います。  

あなたを見たことない人はこの説明でピンときますかね?  

同じ言い方をするパフォーマーは何人くらいいますかね?  

この説明で仕事を頼みたいと思う人は、
同じ言い方をするパフォーマーであればあなたでなくてもいい。


ということなんです。

同じ言い方をするパフォーマーが仮に10人いるとしたら、自分のところに依頼が来る確率は10分の1ということになります。  

タイトルを持っている人は若干有利ではありますが、果たしてその大会は何年続いてるのでしょうか? 

10年続いているならチャンピオンは10人いますよね? 

同じような大会が3つあってそれぞれ10年続いていたとしたら、単純計算で30人いることになります。(;^_^A 

これって、正直決め手になるほどの武器では無いですよね。  

それにタイトルを取っていないパフォーマーも多くいます。  

きっとあなたの資料は他のパフォーマーの中に埋もれてしまってる事でしょう。

これはあなたがほかのパフォーマーとどう違うのか? 

何が自分のほうが優れているのか? 

ここのところを考えていないからです。  

そりゃ売れるわけがない!  

たまたまあなたを見た人には売ることができますが、最終クライアント(決定権を持っている人)があなたを見ている可能性は極めて低いです。  

ここをちゃんと説明できる人の方が決定しやすいですし、提案を出す人(あなたを見た人や、プロダクションの人)もあなたを提案しやすくなり、押しやすくなります。  

そして・・・  あなた自身が自分のショーを理解し、他のパフォーマーとの違いを理解することにより、個性が立ってあなたにしかできないオリジナリティーあふれるショーを作るきっかけになるのです。  

これから僕の考え方を説明していきたいと思います。

自分のショーをちゃんと説明できない理由

本来自分のショーを明確に説明できるようになるまでの流れの多くは、  

①大道芸を始める。 

②自分のショーが完成する。 

③結果自分の事をちゃんと説明できる。  

という流れになります。 

ざっくりしてますが、今回は③がちゃんとできるようになることが目的なので、ここはざっくり進んでいきます。  

そのうち詳しく解説してみようと思います。  

①→②→③の流れを行っている人がほとんどだと思います。  

これだと自分のショーが完成しないと先に進めません。  

むしろここは一生かけて作っていく部分なので、いつまでたっても説明できない。ということになります。  

これが明確に説明できない理由です。  

僕が指導するときは順番が違います。 

①→③→②です。  

③→①→②でもいいですが、とりあえず人前に立って行動することのほうが大事であると考えているので先に始めてしまうことをお勧めします。  

こうすることによって、自分のショーのコンセプトが明確になるので、自分のショーを作っていく上でも格段に成長速度が速くなります。  

結果売りやすくなります。

では、考え方を説明していきましょう。

ここでは僕が活動しているアルジェントさーかすを例にとって話を進めていきます。


ステップ1
まず説明することはおいといて、自分が何をやってるのかリストアップします。

アルジェントさーかすだとこうなります。 

椅子倒立・ジャイアントバルーン・アクロバット・コメディー・サーカス


ステップ2
これをさらに掘り下げていきます。

(思いつくことなんでも・・・技・イメージ・お客さんのリアクションなどなど思いつく限り全部) 

(自分が、やってる事・やりたい事・意識している事なども)  

この作業がちょっと大変です( ̄▽ ̄;) 

もう出てこないと思ってからさらにひねり出してください。 

僕みたいに教えるのでなければ、表に出ることはないので、恥ずかしがらずに理想なんかも書いてください。 

内容が被っても構いません。  

椅子倒立 

木の椅子を積み上げて行う逆立ち・危険な重ね方でハラハラドキドキする・五丁椅子・二人で行う掛け合い・二人で行う技・クランがいたずらをして危険になっていくストーリー・アルくんのイタズラ・盛り上がっている客・落ちる!と思わせるお客さんの疑似体験・超絶技に対する感動

ジャイアントバルーン 

大きな風船・大きな風船を触ることでおきる子供たちの満面の笑み・風船の中に人が入ってしまう驚き・風船の面白い動き・この風船と直面した時に子供たちがやってみたいことの代弁・風船とクラウンとの関係・割れそうで怖いという軽い恐怖体験  

アクロバット 

逆立ち・派手に転ぶ・人の上に平気で乗ってくるクラウンの姿・ジャイアントバルーンを行っていくときに必要なアクロバット技術・スローモーションで使う特殊技術  

コメディー 

サーカス芸人GEN(ジェン)とクラウンアルの人間関係・アルくんのイタズラに引っかき回されるGEN(ジェン)・ドタバタコメディー・人間の心理面を想像させるコメディー・アルくんのおかしな考え方・GEN(ジェン)の思い通り進まない姿・GEN(ジェン)の失敗・人前で見せる情けない姿  

サーカス 

超絶技・楽しい雰囲気・規模が大きい・派手・笑い声・叫び声・歓声・ワクワク・ドキドキ  

最初はなかなか出てこないかも知れません。 

だけど、やり慣れてくるうちにいろいろ出てくると思います。


ステップ3-1
次に演目ごとにまとめられそうな内容をまとめます。 

無理矢理でいいです。  

椅子倒立  

木の椅子を積み上げて行う逆立ち・危険な重ね方でハラハラドキドキする・五丁椅子 

↓ 

5つの木の椅子を危険な重ね方で積み上げて行う逆立ちはお客さんをハラハラドキドキさせます。  

二人で行う掛け合い・二人で行う技・クラウンがいたずらをして危険になっていくストーリー・アルくんのイタズラ 

↓ 

アルくんのイタズラで起こるハプニングによりどんどん危険な重ね方になっていく。  

盛り上がっている客・落ちる!と思わせるお客さんの疑似体験・超絶技に対する感動 

↓ 

今にも落ちると思うような状況を超絶技で乗り越えていく姿はお客様を感動させ、盛り上がること間違いなし。  

こんな感じです。


ステップ3-2

さらに無理やりまとめます。

まとめるとこうなります。  

アルくんのイタズラによってどんどん危険な重なり方になっていく5つの椅子、その上で行われる逆立ちはまさに超人技!盛り上がること間違いありません。  

そこには笑いと感動があります。  

椅子倒立に関する説明文としてはこんな感じですかね? 

コピーライターではないからもっと良い言い方があるとは思いますが、とりあえずアルジェントさーかすの椅子倒立の内容は説明できますよね♪  

こんな感じでまとめることもできます。

ステップ3の違うやり方‐1

ジャイアントバルーン

まとめてみます。

見たこともない大きな風船を触れた時に子供達は最高の笑顔になります。 

その中になんと人が入ってしまいます。 

その動く風船とアルくんとの関係は、笑わずにはいられません。 

今にも割れそうなドキドキ感と一緒にお楽しみください。


ステップ3の違うやり方‐2

さらにまとめます。

1mを超える巨大な風船と触れ合う子供達は最高の笑顔になります。  

なんとその中に何とGEN(ジェン)が!!  

今にも割れそうな巨大風船から出ようともがくGEN(ジェン)に対し、勝手に動く風船が楽しくてしょうがないアルくん。  

この2人の関係は笑わずにはいられません。  

1度文章構成を考えないで思いついたまま文章にして、その後まとめます。  

こんな感じで他の項目もまとめます。


ステップ4  

これらの文章を無理やりまとめます。  

アルくんのイタズラによってどんどん危険な重なり方になっていく5つの椅子、1mを超える巨大な風船に入ってしまったGEN(ジェン)。  

この2人が繰り広げるドタバタな関係は笑わずにはいられない。  

サーカスから飛び出した2人のショーはドキドキワクワクの連続。  

アルジェントさーかすのショーを見て笑って叫んで、一緒に盛り上がりましょう!  

こんな感じになります。

ステップ4おまけ  

ためしにさらに短くしてみます。  

5つの椅子を複雑に重ねていく逆立ち芸と巨大な風船の中に入ってしまう芸をクラウンのイタズラによってとんでもない事になってしまうドタバタコメディー。

 短すぎると他の人との違いが出にくくなってしまいますが、こういったことを考えておくと自分のショーがどこに向かっているのかがわかりやすいです。


まとめ

自分のショーを明確に説明できるということは他のパフォーマーとの差別化ができ、その他大勢の中から一歩も二歩も進むことができるので、クライアントに選ばれやすくなる。

そして自分のことを知ることになりどこに向かっているのかを理解できるため、今後の成長速度が加速する。

追伸

この文章を考える作業は自分が選ばれやすくなるだけでなく、自分を成長させる事にも大きく役に立ちます。  

人に文章を考えてもらうのではなく、自分で考える事をおすすめします。


GEN(ジェン)

秦野たばこ祭り2019

次の日曜日10月29日日曜日秦野たばこ祭りアルジェントさーかすが出演決定!

秦野のたばこ祭りと言えば花火が有名ですが、昼間も物凄く賑わっています♪

大道芸やったり、よさこいやったり超巨大なお祭りです(^-^)/

GEN(ジェン)が初めて参加した頃は昼間はそこまで凄くは無かったのですが・・・  

とは言っても一般的なお祭りの大型なもの位は賑わっていましたけど( ̄▽ ̄;)

 それが年々半端なく大規模になってきました゚+。:.゚おぉ(*゚O゚ *)ぉぉ゚.:。+゚

ここ2~3年出演していなかったので、どうなっているのかもはやわからないです( ̄▽ ̄;)  

出演していた頃は年々大きくなってるイメージがあったので、 そのまま成長し続けていたとしたら・・・ヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ

具体的な場所は当日行ってみないと分からないので、アルジェントさーかすのポイントがわかったら TwitterとアルジェントさーかすのFacebookページでお知らせしますね(^-^)/

GEN(ジェン)Twitter

https://twitter.com/algento_GEN/  

アルジェントさーかすのFacebookページ

https://www.facebook.com/algentocircus/

(後日追加分)
細かい詳細が分かったので、こちらをご覧ください。   https://algento.site/tabakomaturi2019-2/


お祭り自体は72回目という事で物凄く歴史のあるお祭りで、お祭り自体は28日と29日の2日間行っているそうです。 

僕達は29日曜日一日だけです。  

そして夜の部は・・・ 

今年は過去最多の3000発の花火を打ち上げる予定だそうです♪  

神奈川県内5位の人気のある花火大会だそうです。 花火は29日のみ。 大道芸と一緒ですね♪  

今年花火大会に来る予定の方は、是非昼間から来て大道芸やよさこいなども
楽しんでくださいネ\(⌒ω⌒)>


GEN(ジェン)

集まれ!池袋みんなの大道芸2019秋

アルジェントさーかす

東京芸術劇場『 集まれ!池袋みんなの大道芸』11月2日と4日アルジェントさーかすで出演決定!


『 集まれ!池袋みんなの大道芸』は、GEN(ジェン)が骨折をして、GEN(ジェン)と森田智博のコラボ、GEN(ジェン)とたいちのコラボで参加させてもらって以来なので・・・何年ぶりだ?  

あの時は骨折したまま出演したんですよね( ̄▽ ̄;)  

まぁそれはおいといて・・・  

もちろんアルジェントさーかすとしての参加は初めてです♪  

しかも・・・

この日の出演者がやばい!!

海外からの招聘パフォーマーで、 高い所でグワングワン揺れながらフラフープを回す

『Julot(ジュロ)』(フランス)

と 素晴らしい音楽と共に最高の景色を見せてくれる

『THECHIPOLATAS(チポラタス)』(イギリス)


そして巨大なひつじのウォーキングアクト『せせらぎ』(日本)と一緒に出演(o・v・)♪


この人達と一緒に出演だなんて、最高に幸せ(*´▽*)♬*゜

 (*´-ω・)ン?説明からじゃよく分からないって? 

 そうなんです、特にこの海外アーティスト達は言葉では説明できない

(°∀° )/キッパリ

 むしろ言葉にしたくないパフォーマーです♪

 え?

 「僕の文章力が足りないだけじゃ無いかって?」

 そんなことは・・・

 あると思いますが・・・(T_T)

 でも絶対に見た方が良いですよ(^-^)/

 間違いなく世界レベルのパフォーマンスですから♪

 海外に行かなくても日本でみれるのは凄くラッキーです٩(ˊᗜˋ*)و

当日のタイムスケジュールは

となっています♪

詳しい場所は ここら辺 

東京芸術劇場前 〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目12−1 

03-5952-7077

Googleマップ↓

https://maps.app.goo.gl/RimGfPinfaZtNgyA9  

ここら辺と、ハッキリしてないのはいつもはこの辺でやってるのですが、今池袋西口公園を大改装中なので、どうなるかよくわかってない為なのです( ̄▽ ̄;)

(*´-ω・)ン?待てよ??工事終わるのか?  

調べてくる・・・……シタタタッ ヘ(*¨)ノ  

調べてきました(^-^)/ 

一応11月オープン予定との事なので・・・微妙( ̄▽ ̄;)  

まだオープンできないとしたらヘブンアーティスト審査会やった場所辺りになるのかな?  

そこにジュロのポールが常設されるから、空きスペースはあまり無いかも(笑)

まぁアルジェントさーかすは狭くても可能って言えば可能だけど・・・ 

広い方がいいな( ̄▽ ̄;)  

ジュロやチポラタスに アルジェントさーかすを見てもらいたい♪  

あ!2組とも何回も会ってる知り合いです(^-^)/  

僕がGちょこMarbleやってた頃からの知り合いなので、

今の僕達のショーを見てもらいたいな(((o(*゚▽゚*)o)))  

大きなフェスティバルじゃ無いから、きっと見てもらえるはず(〃艸〃)  

楽しみですヾ(●´∇`●)ノ

皆さんも是非今から予定立てておいてくださいね(ㅅ´ ˘)


GEN(ジェン)

アルジェントさーかすが語る草津温泉の魅力1

アルジェントさーかすは今年の夏も草津湯畑大道芸に出演してきました。

去年の夏から始まって今年で2年目ゴールデンウィークを含めると3回目となります。

3回も行くと草津温泉の良いところが色々わかってきたので、紹介してみようと思います。

まずは温泉の事から。

実はアル君が超敏感肌で今までは単純温泉以外は入れなかったので、草津行っても「アル君は温泉入れないんだろうな・・・」と初めて行かせていただいた時は思っていました。

ところが、初日大浴場から出てきたアル君が・・・

「入れた♪((‹( ‘ω’ )›))♪身体痒くならないヾ(●´∇`●)ノ」

と、滅茶苦茶喜んで出てきました。 

宿の人に話を聞くと、「草津温泉は慢性皮膚病にも効くから入れるんじゃないかと思ってたよ♪」と言われました。

しかもただ入れただけじゃなかったΣ(゚ロ゚;)

2,3日後効果は出てきました。

アル君は普通の化粧品でもメイクをすると肌が荒れてしまうのですが、草津温泉に入っていると肌が荒れない!

それどころか、荒れていた肌が綺麗になっている゚+。:.゚おぉ(*゚O゚ *)ぉぉ゚.:。+゚

今では、草津温泉にパフォーマンスしに行ってるのか、 肌の湯治に行っているのか・・・

どっちがメインなのかわからないくらいアル君は草津温泉を楽しみにしています(〃艸〃)

草津温泉には公的に管理している大源泉が6つ存在するほかホテル等が所有している小源泉も多数存在します。

僕達が宿泊させてもらった宿には2つの源泉かひかれていました。

白旗源泉

※殺菌効果が高いし、強い酸性だから慣れるまでは少しピリピリきた。だけど慣れたあとはこの温泉が1番効果が高い気がします。

万代鉱源泉

※初めて入った時でもそんなにピリピリした感じはなく、のんびりお肌に効果がありそうな感じがします。

この二つに入ってみて超敏感肌のアルくんからの注意点

※初めはお肌が慣れてないので、何日かは流してからでてたのですが、いまでは流さなくても平気になりました。(はじめは流してからでないとキツイし、保湿は全身しっかりやってください)

(GEN(ジェン)は平気でした。)

※1回皮膚がボロボロになりますが、すぐなおります。っていうか、生まれ変わってくれます。

(GEN(ジェン)はなりませんでした。)

※太陽と近い土地なので強い紫外線でアル君の頭の頂点の頭皮が火傷になり、膿んでしまうまでになるほど日焼けしてしまいましたが、温泉で流してたら3日程でかなり回復。

(GEN(ジェン)は唇がスキーやけみたいになりましたが、すぐに治りました。)

※印のコメントはあくまで個人の意見です。

なんだかよくある化粧品とかの宣伝みたいな書き方に

なってしまいました( ̄▽ ̄;) 

今後草津の他の源泉の温泉にも入ってみようと思います♪

アルジェントさーかすの宣材写真は草津湯畑大道芸でお客さんに撮ってもらったものをベースに作られています。

GEN(ジェン)

アルジェントさーかすが語る草津の魅力2もご覧下さい。

活動記録草津湯畑大道芸2019夏も合わせて呼んでくださいね(ㅅ´ ˘ `)

緊張をなくす方法!これをマスターすれば緊張しなくなる。

これだけ考えろ!
考えが変われば緊張をしなくなる!
本番でこれができれば緊張なんてしている暇が無くなる。


「緊張さえしなければ・・・くそ!」そんな悔しい思いはもうしなくなる。
その方法を教えます。

みんなが楽しいショーをすれば見た人は「大道芸って楽しいんだ!」とおもい、違う人であったとしても「また見よう!」と思ってくれるはずです。

そうやって大道芸が好きな人が増えれば我々芸人はもっと活動しやすい環境が作っていけると信じて普段身近にいる人にしか教えていなかったことを記事にしました。

僕はサーカスショーや大道芸をやってるものなのでパフォーマー目線でお話ししますが、一般の人にも応用可能なので、このブログにたどり着いた人は「何とか緊張を取り除きたい。」と思っている人だと思うので、参考になると思います。

またショーのスタイルによって、例や内容が自分のスタイルに当てはまらない人は「自分のスタイルだったらこういうことかな?」と、言葉を置き換えて考えてみてください。

きっと答えは見つかるはずです。

先日ヘブンアーティスト(大道芸の東京都のライセンス)の審査会に友達や後輩が出るので見に行きました。

懐かしいですね!僕も7回受けました。もちろん不合格だった時もあります。

3回落ちて4回合格(現在は3つ失効して1つしかライセンス持っていませんが)
あそこには魔物がいる。緊張して当たり前!僕もずっとそう考えていました。

初めて試験受けた時なんか緊張して何をやったのか全く覚えていません(笑)
そりゃぁ落ちるわ!

案の定後輩たちも緊張で間はおかしくなるわ、ミスは増えるわ・・・(;^^A

のびのびショーをやっていた人なんてほんの一握りでした。

「いつも通りやれていれば・・・」 終わってから思うことはいつもこれ!

見ている方としてはその姿が滑稽で面白いんですけどね(*´艸*) ん?面白い?

ならそれってコメディーになるんじゃない?

と思って作ったキャラが2017年の大須超人際のプレビューでやったキャラが「緊張した人」を演じたものでした。

それだけじゃちょっと物足りないかな?と思って、「人前に立つのが苦手な人」という設定を加えましたけどね! ほとんど「もじもじしたオタクが人前に立っちゃった!」みたいなキャラになっちゃいましたが、やってて面白かった♪

まぁ見た人は少ないと思いますけどね。

あ!この「緊張した人を演じる」も緊張を取る一つの方法ではあります。

前置きが長くなりましたが、本題に入りますか! 巷で聞く緊張を取る方法 まずよく聞く緊張を取る方法ってどんなのがありますか?

いいから早く教えてよ!と思うかもしれませんが、 根本を理解していないとやり方だけわかっても緊張を取ることはできません。

だから、緊張って何なのかをちゃんと理解する必要があります。

例1

手のひらに人の字を書いて飲み込む

全く効きません!

これも根本を理解していないとやっても意味がないことです。

これは自己暗示。

これさえやっておけば大丈夫と、真剣に信じることができれば自己暗示をかけて、緊張は取れるはずです。

僕自身がそんなわけないだろう!と思っているので、僕には効くわけがありません。

例2

大きく深呼吸して心を落ち着かせる。

一瞬しか効きません!

一瞬は落ち着くかもしれませんが、すぐに緊張に飲み込まれちゃいます。

一度緊張がほぐれて、もう大丈夫だ!と自己暗示がかけられる人には効くかもせれないです。

例3

練習不足!しっかり何度も練習すればそれが裏付けとなって緊張しなくて済む! 大変です!

これは確かに間違ってはいないのですが、技術練習だけやっていても効果がありません。

通し練習を、しかも本番をやっているつもりで何百回何千回と繰り返すことができればあるいは緊張しないで済むかもしれないです。

「あれだけ練習したんだから大丈夫!」自身の後押しをしてくれます。

僕が教わった時は、「練習は本番のつもりで、本番は練習のつもりで」と言われてやってきましたが、とにかく大変です。

ちなみに年間500回くらいショーをして、数年間行った芸でも緊張したことがあるので根本的な改善になるとは思ってないです。

例4

とにかく場数!そのうち緊張しないようになるよ!

てことは、今はあきらめろってこと? それって・・・教えられないってこと・・・ですよね・・・?

例5

早い段階で失敗すること。 

「なんのこっちゃ!」と思っていると思うので、これは先に解説します。

これは最初に超難しいことに挑戦して、成功すればその勢いで最後までやれるし、失敗したらもう諦められる。(開き直れるから緊張とは無縁になる)

という考え方です。 

技でもよいし、長台詞でも舌を噛みそうな口上でも何でもよいが、10回やって9回失敗するようなことが良い!というものです。

おそい!それにショー構成が難しくなる。

先に大技が入るってことは、少なくても最後にはもっと盛り上がれることをしないといけないということだよね(-_-;) 

相当演出にこだわった作品にしないと、もう一度最後に博打まがいのことをやらないといけなくなります。 

それと、緊張を解いてからその大技に挑んだほうが成功率も上がりますよね(;^_^A

例6

僕が過去実践してきた中で一番効果があったのが、緊張を飲み込むというやり方です。

だけど、欠点が・・・ 緊張をぐっと飲みこんで体を覆っている緊張を無理やり押さえつけて、小さくしていって体の奥底(丹田当たり)に閉じ込めてしまうやり方。

うーん文章で書くの難しい(;▽;)

この表現にたどり着くまでに20分位パソコンとにらめっこしていたのですが、うまく伝わったかな?

これの欠点は二つ 身体が固くなってしまって、表現がこわばってしまうのと動きが若干鈍くなってしまうこと。

もう一つは無理やり抑えてしまっているためか、抑えきれなくなって緊張が出てきてしまうことがあります。

そうなると・・・ 「ああ!おわった!!」という感じになります。

例7

これは大好きな先輩に言われたことですが、緊張している自分を隠さずに受け入れなさい。 そうしないと緊張から解放されることはないから。

受け入れたよ!でもそれからどうするの?

まあ最もちゃんと受け入れられるようになるまで2年くらいかかりましたけどね(笑)

演劇的な考え方で、ちゃんと指導を受けないと先に進まなかったです。

まぁちゃんと教わっていない僕が悪いのですけどね!

例8

いい加減にやる・適当にやる 「いい加減がよい加減なんだよ」「ふざけてる位でちょうどいい」

正解です!

だけど・・・ これができる人はほとんど緊張しません。

しかもできない人にはものすごくハードルが高い。

これは緊張に限らずパフォーマーとしては必要なことです。

最初からできてる人はいますが、できない人は何年かかってでもできるようになろうと考え続けてください。

ちなみに僕はできなかった人です(;^_^A

他にも方法は沢山あります。

全部書くとものすごい量になってしまうので今回はこの辺でやめておきますけど・・・ 「いまでもじゅうぶんながすぎるんだって!」∑ヽ(`□´о)!!

どれも正しくやればおそらくは緊張しないで済むと思うので、ここまででピンと来た人はここから先読まなくても大丈夫です。

ちなみに僕はダメでした。(´;ω;)ウゥゥ

しばらく通用したものもあったのですけどね(;^ω^)

そもそもなぜ緊張って起こるの?

この理由はいたって簡単です。 それはあなたが自分のことしか考えていないから!!

きびし~!と思うかもしれませんが、そういうことではないです(笑)

きっとあなたは『絶対に合格してやろう!』とか、『失敗できないぞ!』とか、『緊張したらどうしよう?』など考えていませんか?

僕の場合は、『伝説作ってやろう!』という変な意気込みが原因だったことが多いですね(笑)

そもそも緊張やプレッシャーというのは、自分が勝手に作ってしまって勝手に追い込んでいるだけなんですよね。

逆の言い方をすると、「失敗したらどうしよう?」

「盛り上がらなかったらどうしよう?」

「うまくいかなかったらどうしよう?」

など、先の見えない不安が悪い未来を想像させてしまっている弱気な部分が原因なのです。

「じゃ、強気になればいいんだ!」 それも一つの緊張を取る方法ではあります。(できる人は)

でもよく考えてください。

これって、見ている人のこと考えてないですよね?

緊張をするってことは見ている人のことを考えないで、自分のことを考えてしまった結果生まれるんです。

我々パフォーマーは見ている人を楽しませるためにショーをします。

考え方が根本的に間違えてしまってるんです。

ではどうすればよいのか? 簡単な話です。

本番中見ている人を楽しませることに全力投球すればよいのです。

普段の皆さんならやってるはずです。

通り過ぎる人を何とか止めようとしたり、拍手をしてもらえるようにしたり、笑ってもらえるようにしたりしているはずです。

そこに必死になってください。

自分のことなんか考えている場合ではないです。

緊張するってことは、自分のことを考える余裕があるってことです。 お客さんのことを全力で考えているなら、緊張している余裕なんてないはずです。

実践テクニック

もし・・・ それでも会場にのまれそうだったら、お客さんをよく見てください。

たった一人でいいです。

喜んでいる人はいませんか?

ワクワクしている人はいませんか?

拍手をたくさんしてくれている人はいませんか?

一人でもいてくれたらその人を楽しませることに全力投球してください。

一人もいなかったら、今いるお客さんの中で一番友好的な目をしている人を探してください。

そしてその人に向かってショーをしてください。

つまらないな!たいくつだな!見ている方もつらいな!という感情は伝染します。

もしあなたがすべてのお客さんを無視して自分のことばかり考えていたら会場全体がそんな空気になるでしょう?

しかし、楽しい!おもしろい!すごい!などの感情も伝染するのです。

一人に全力投球すればその思いは伝わり、その気持ちが伝染して二人になればその二人のためにショーを行ってください。

それが4人となり、8人となりだんだん自分が望む空間に変わっていくはずです。

審査員もお客さんです。

楽しませることができなければ合格するわけがありません。

一人でも多くの人を楽しませる事に全力をそそぐ。

これが緊張なんてしている暇がない。

結果緊張をしなくなる方法です。

ちなみに本番始まる前までは、僕も不安になったり、緊張したりします。

でも、この考え方を発見してからは本番で緊張することが無くなりました。

この考え方が癖づくまで頑張ってください。

一人でも多くの大道芸ファンを増やすためにお互い頑張っていきましょう!

※スポーツ選手など、自分と戦う人はまた違った考え方になりますが、ここでいうお客さんの部分を違う言葉に置き換えれば緊張をほぐすことはできると思います。

全ジャンルをここで説明するのは無理です(;^^A


個別に聞いてもらえれば対応できます。


GEN(ジェン)

三茶de大道芸2019 アルジェントさーかす出演

今年の10月19日・20日に行われる三茶de大道芸にアルジェントさーかすが初出演します♪

拍手喝采!(゚∀゚ノノ”☆(゚∀゚ノノ”☆(゚∀゚ノノ”☆パチパチパチ!!!

とはいってもGEN(ジェン)としては他の作品で何度も出演していますが(;^^A

三茶de大道芸はGEN(ジェン)が一番好きな大道芸フェスティバルです。

どれくらい好きかっていうと、もういつかはっきりとは覚えていませんが、サーカス学校に入るより前にさかのぼります。

まだヘブンアーティストもなかったころです。

まだ駆け出しだったころいろいろなフェスティバルを見てパフォーマンスを勉強していました。

その中で、三茶de大道芸・・・無謀にも「これに出たい!」と思ってしまったんですよね♪

静岡の大道芸ワールドカップや野毛大道芸なども見たのですけどね(;^^A

街の装飾・街全体が一体になって盛り上げている感じ・なのにゆったりと流れる空気間

要するに雰囲気が気に入ったんですね♪

そして人生で初めてフェスティバルの運営事務局に連絡したのが三茶でした。

窓口もよくわからず連絡したら「運営事務局としてはパフォーマーの選定はプロデューサーに一任してるので、電話されてもこちらではどうしようもない。」といわれてしまったんですよね(;^ω^)

電話でいろいろ話しているうちに、「ビデオとプロフィールを送ってくれればプロデューサーに渡しておくので、もしかしたら連絡来るかもしれません。」的なことを言われた気がします。

もちろん人生初のプロモーションビデオを撮ってビデオとプロフィールを送りました。

当然ですが、待てども待てども返事は来ずでしたけどね(笑)

その後大道芸ワールドカップのオフ部門をはじめとするいくつかのフェスティバルには出演していましたが、サーカス学校に入って Tim Tam を結成し、初めて三茶に出演できた時は・・・

うれしかったですね*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。

その後GちょこMarbleを結成したときは舞台カルメンで大抜擢!翌年のアリスでは主役のポジションで出演しました。


GちょこMarbleとしては3年目でやっと外でのパフォーマンスを行ったという状態です。(笑)


さらに 男と女 この時はグループショーをプロデューサーがいくつか手掛けていたので、先にこっちで作ってしまって、売り込むという方向で行いました。


GちょこMarble や 男と女 のことが知りたい方は HMCのホームページの動画(過去の作品例)で見ることができます。

http://www.hmc.jp/performance.html

GEN(ジェン)のソロでも出たことありましたね!
ここ数年はご無沙汰だったのですが・・・


結成して2年・・・やっと アルジェントさーかす に声がかかりました♪


いや~!連絡もらった時はうれしかったですね♪

とはいえ、アルジェントさーかすとしては三茶ではやっとスタートライン。認めてもらわないと来年からの出演はありません。

だから頑張らねば・・・と、ここまで記事を書いたときにふと思い出しました。(;^_^A

プロデューサーさんの言葉です。GちょこMarbleでフランスのナンテールのフェスティバルに出演が決まった時に

「じえ~ん。死ぬ気でがんばれ!あ、でもがんばるな。お前が頑張ると力が入りすぎて・・・(以下省略・・・この時の電話はこのことだけで20~30分くらい話していたような)」

だから、大好きな三茶de大道芸を思い切り楽しみたいと思います♪

余談ですが、プロデューサーさんに「昔三茶にビデオ送った事があったんですよ!」

といったら・・・「そんなのしらんよ!」

後日「家にビデオあったぞ!」

「あまりにつまらなかったから、ほっといた!」ですって(;^ω^)

この三茶de大道芸のプロデューサーは僕にアーティストとしてのいろはを叩き込んでくれた師匠であり、父親のような存在です。

そしてナンテールに連れてってもらった時に見たカンパニー作品に影響を受けて、プロデューサーに「カンパニー作品が作りたい」と相談した結果、

「日本ではアーティストに助成金が出ないから、それだけに費やすのは無理だ!だからコラボのさくひんをつくれ!」といわれたのがきっかけで男と女を作り、もっと日本で売りやすく改良してメンバー固定にしない現場の需要に合わせたのがハッピーメリーサーカスなのです。

いずれこのプロデューサーさんについても記事を書いていきたいですね(*゚▽゚)ノ

GEN(ジェン)

三茶de大道芸の直前レポートもお読み下さい。タイムスケジュールあります。

活動報告

フォトムービー