何か面白い事ないかな?面白い事が何なのかわかると見つかります!

何か面白い事ないかな? パフォーマンス雑学

暇を持て余す事はよくあります。
そんな時何か面白い事ない無いかな?とよく思いますが、全然見つからないなんて事ありますよね。
面白い事ってなんなのでしょうか?
それは人によって違います。
面白い事が何なのかがわかっていればすぐに見つかるのです。
面白い事とはなにかを理解して有意義な生活をしましょう!

なんだろう?

面白い事とはなんだろう?

面白い事ってなーに?説明して?

と言われると、ほとんどの人は楽しい事、笑える事を想像する人が多いと思います。

でもそれでは1部しかあってないのです。

面白い事があるから結果楽しいし、結果笑えるのです。

その過程をすっ飛ばして楽しい事や笑える事を探すからなかなか見つからないのです。

では面白い事とはなんなのでしょうか?

それは夢中になる事です。夢中になれるものを目の前にした時あなたは暇ったことや退屈だった事など忘れて熱中しているあなたが居ることに気が付くことでしょう。

夢中になれる事とはなんだろう?

夢中になれる事とはなんなのでしょうか?

それは興味深いもの、熱中できるものなのですが、言葉を変えただけだとピンと来ないですよね。

もう少し紐解いてみましょう。

人は何かを得られて楽しいと感じた時に夢中になります。

何かとは、知識、経験、成長、達成感、優越感、などです。

知識を得るとは

知らなかった事を知るという事です。
これは勉強に限ったことではありません。

こんなやり方があるんだ!
こんな考え方があるんだ!
こんなものが作れるんだ!
こんなストーリーになるのか!
こんな世界があるのか?
こんなボケ方があるのか!
こんな行動をとるのか!

これらすべてが新しい知識として入ってきます。

新しい知識を得るというと勉強するイメージが強いですが、
夢中になっているものに大しては勉強している印象は起きないと思います。

例えばドラマや漫画
新しいストーリーを知ることを勉強だと思ってみる人はいないですよね!

バルーンアートにはまってる人であれば、新しい作品の作り方を習ったり調べたり考えたりすることが楽しいはずです。

動物が好きな人であれば次どんな行動をとるのか?何を考えているのか?(感じているのか?)ずっと見てられると思います。
これは好きでない人から見たら研究熱心だね!と言われてもおかしくない観察という勉強になります。

何に対して興味をもって夢中になれるかは人それぞれですが、人は知識を得ようとする生き物です。

現在はインターネットが普及しているため、家にいても多くの知識を得る事ができます。
インターネット、YouTube、SNS、映画、その気になればほとんどの知識は家にいて手に入れられる時代です。気になること、好きなものに関して調べてみるということは夢中になれるものを探す良いきっかけになると思います。

アルジェントさーかすのお客さんで「私、座学が苦手なの!」と言いながら僕たちとツイキャスで会話したりTwitterで会話したり、バルーンアートの事や大道芸の事を話す人がいますが、これ、立派な座学なんですよね♪
好きな事だから勉強だと思ってないだけなのです( *´艸`)

先日70を超えた父が、たまってた映画全部見ちゃったんだけど何か方法ないか?
と言われたので、Amazonのプライム映画の見方を教えたら、夢中になって使い方の勉強をしていました。これも知識を得るための勉強なので、本人からしたらワクワク感しかなかったと思います♪

わーい!と喜んでいるクラウン(ピエロ)

経験を得るとは

これは今まで自分がやっていなかったことに対する経験です。
一部知識を得ると被るところがありますが、習い事であったり、旅行であったり、日常では行わないことを経験していくというもの。

簡単なところではお散歩などもこれに入ります。
季節の移り変わりを感じたり、動物や植物を見たり、人と会って何かを話す。
これ等も全て経験です。

体験と言ってもいいですね!

人は生きている以上何かしら経験をしています。
それならば有意義な経験をして見たいと思いませんか?
通勤途中であってもいつもと違う何かを探してみるなんてのもいいかもしれませんね♪

大道芸やライブを見に行くというのも経験や体験に入ります。
好きな大道芸や歌手などのライブ、展示会や美術館回り、ショッピングなどもおすすめです。

最近僕たちが行っている無観客大道芸のライブ配信も体験ですね♪
YouTubeや録画を見るのは知識を得るにはいるのかな?
あえてジャンル分けする必要はないと思いますが、ちょっと気になったので…(;^_^A

同じ旅行でもグーグルアースで現地に行ったつもりのエア旅行などは知識を得るになるかもしれませんね。

成長を得るとは

これは趣味、習い事、仕事などに多く見られますが、ゲームなどもこれに入ります。

努力した結果が何かわかる形で残っていく。これに夢中になる人は実はすごく多いです。

できなかった事ができるようになったり、早くできるようになったり、上手にできるようになったり。

体系についても成長ですね♪
筋肉が付いたり、ダイエットしたり、きれいなボディーラインが出るようになったり、きれいな動きが出来るようになったり、かわいい(かっこいい)しぐさが出来るようになったり。

実はこの経験を得るというのは夢中になる人が結構多いのです。

わかりやすくしたのがゲームですよね。
全てを数値化して成長の具合をわかりやすくしたもの。これがゲームです。

考え方の問題なのですが、僕なんかは人生というRPGを行ってる間隔で考える事が多いです。

GEN(ジェン)は○○の知識を得た!
GEN(ジェン)は初めて倒立が出来た!
GEN(ジェン)は大道芸で多くの人を集めて笑わせることに成功した!

Twitterのフォロワー数やブログのアクセス数などは数値化されているのでわかりやすいですね♪

そう考えて行動していると、何かしらのレベルを上げるために何かをしていることが多いです。

僕の場合残念なところは優先順位そっちのけでやりたいことからやってしまうところですかね(;^_^A

レベルアップしたぞ!

達成感を得るとは

これは何かを達成した時の高揚感を得るということです。

作っていたものが完成した!
目標を達成した!
結果がともなった!
評価された!

実はこれ自分が面白い事を探すときだけではなく、仕事などを面白いと感じてもらう為にも結構大切な事なんです。

プロジェクト全体が終わった時だけではなく、一つ一つ達成していく楽しみがわかってくると仕事も面白く感じるようになってきます。
多くの達成感を得た結果が成長を得るにつながっていくのです。

これは技術を習得して行く時にも使えます。

出口が見えない道よりも小さな目標を立てて小さな達成感をたくさん作る。
これ凄く大切です。

昔マラソンランナーのインタビューで、走ってるときに何を考えてるんですか?
という質問に、次の電信柱までがんばろう!って考えてます。というアスリートがいました。

出口が見れる目標には頑張りやすい。ということなのでしょうね♪

これも昔見たドラマですが、柴田恭兵が仕事をひとつ終わるたびに自分にお疲れ!と言って缶ビールをひとつ開ける。
こんなシーンがありました。
凄く古いドラマなのに、いまだに覚えている名シーンです。
ビールまではいかなくても、一つ達成するごとに「おつかれ!」と自分の中で言う癖はこのドラマの影響かもしれませんね♪

気になったのでなんてドラマか調べてみましたが・・・よくわからない( ノД`)シクシク…

何となくの時期と童話作家という職業から『子供が寝たあとで』というドラマではないかな?とは思いますが、正しくは不明のままです。

大きな目標も大切ですが、小さな目標をたくさん立てて達成感を得ることは夢中になれる事を作っていく為には大切なことです。

アルジェントさーかすの記録

優越感を得るとは

これは大きくは二つあります。

ひとつは周囲から評価されてうれしいと思う感覚。

もう一つは他の誰かよりも上手にできる。早くできるなどの比較によるものです。(人よりも優れていると思える感覚)

評価されてうれしい感覚

評価を受けると嫌な気分になる人はいないですよね♪
ついついテレ隠しで否定してしまう人がいますが、褒めて否定されるとほめたくないと思ってしまうものです。ちょっともったいないので、褒めてもらった時は素直にありがとう!と言いましょう♪

人は誰かに評価してほしくて生きている人がほとんどです。
誰かの役に立っている。
誰かに感謝される。

また、そうでなくても、評価されたり感謝されて心底嫌な思いをする人はほとんどいないはずです。

そうであれば、誰かの役に立ったり、感謝されるようなことを勉強してみるのも夢中になれるものを探すときにはいい選択肢の一つです。

世の中のすべての職業が誰かの役に立つもの、誰かに感謝されるもの、誰かの必要とされるもので成り立っています。

なので、あなたが行うすべてのものは誰かしらの役に立つものである可能性が高いです。

それを意識して何かに取り組むと案外夢中になれるかもしれませんよ!

人よりも優れていると思える感覚

これは人間に限らず動物が持っている本能的な感覚です。

何かに詳しい。
上手にできる。
早くできる。

誰かと比較した時に優位に立った時に得られる優越感は自分が気持ちよくなるだけではなく、周囲の人の憧れの対象ともなります。

そうでなくてはサル山の大将は存在しませんし、スポーツのプロが成立するわけがありませんから。

そこを理解したうえで夢中になれるものを探すと、結構いろいろ出てくると思います。

特定の物を深く勉強して詳しくなる。
料理やお菓子作りを勉強して人よりもおいしいものが作れるようになる。
何かのスポーツや競技に詳しくなったり、上手になる。

たとえ自慢しなくても自己優越感を得ることは凄く大切なことなのです。
※自慢しすぎると嫌われることがあるので、自慢はほどほどにしましょう(笑)

むむむ!!と、集中しているクラウン(道化師)

まとめ

面白い事を探そうと思った時は、楽しい事や笑えることを探すのではなく、好きな事、夢中になれる事を探しましょう。

楽しいや、笑える事はその結果生まれてくるものです。

おもしろいと思わなければやめればいいだけなので、気になったものはとりあえずやってみる事をお勧めします。
やらないまでも調べてみるだけでもいいと思います。

夢中になれる事を見つけられれば暇をもてあそぶことはなくなります。
現実的に僕は暇だ!と思うことは殆どありません。
なぜならば夢中になれる事がたくさん見つけられているからです。

スマホ一台あれば夢中になれる事を調べる事も出来ますし、夢中になれる事を探すこと自体が夢中になれることになってしまっているからです。

スマホがないときでも、芸事を練習している時は夢中になれている時です。

結果、体を動かしているか、何かの勉強をしているか、映画、ドラマ、漫画、音楽などで完成を育てているか、誰かのために何かをしているか?
寝てるか?(笑)

のどれかを行っていることが多いです。

もちろん仕事として書類を作ったりなどは嫌いなことですし、興味がない事に付き合わないといけない仕事なども存在します。・・・(;^_^A

だけど、度合いはそれぞれ違いますが、夢中になれる事を一つでも多く増やしていく事が有意義な生活を送る秘訣だと僕は考えています。

葛西臨海公園での大道芸!ジャイアントバルーン(風船人間)

おまけ

自分が面白いと思う事を突き詰めていくとテレビのコメンテーターや出演者などのほとんどは何かの専門家であることがわかる通り職業として成立することが多いです。

とくに現代はネット社会です。一番にならなくても充分に人を集められる時代になっています。

たとえ職業にしなくてもあなたが夢中になったことに憧れて人が集まってくる時代なのです。

あなたが面白いと思う事を好きな人とネットを使ってつながる事が出来ます。

共通の好きな事を持っている人同士意気投合する事も多いです。

Twitterやフェイスブックやブログなどを使って情報発信してみる事もおすすめします。

そうするとさらに多くの情報が入ってきて、今までより面白いと思えるようになったり、新しく面白いと思えるものが増えていくはずです。

このブログを書いた人

大道芸人GEN(ジェン)

大道芸人GEN(ジェン)

僕は自分が好きだと思ったことを片っ端から追及してきました。
職業としてきたものも多いです。

  • スキーのインストラクター
  • ダイビングショップの店員
  • 内装屋(ものつくりの延長)
  • 大道芸人

他にも職業とまではいかなくても多くのものに興味を持ち、深く追求してきました。

現在はサーカス芸をコメディーで見せるショーをアルジェントさーかすという大道芸ユニットで行っている傍らブログやSNSで情報発信を行っています。

多くの人に笑いを届けたい。
楽しい思いをしてほしい。
そう思ってパフォーマンスは21年行っています。

ブログを本格的に始めたのはまだ半年くらいですが、情報発信でも収入を得られるようになったらいいな!とおもっています。

そんな僕の事が気になった人はTwitterやフェイスブックページのフォローをお願いします。

僕が好きなものを一緒に楽しめる人を大募集中です。

Twitter

Facebookページ

もっと大道芸人GEN(ジェン)について知りたい方はこちら

アルジェントさーかすについて知りたい人はこちら


コメント

タイトルとURLをコピーしました