2019年 11月 の投稿一覧

これは美味しい♪ 『インスタントタピオカ』 お湯を入れるだけで簡単に美味しいタピオカミルクティーが作れる!

最近タピオカドリンクって流行ってますよね♪

僕達も大好きです(〃艸〃)

ある時インスタントタピオカなるものを発見!

試しに買ってみると・・・

う!うまいΣd(゚д゚,,★)

もっと買っておけば良かった(A;´・ω・)アセアセ

と、後悔していたところ見つけました(((o(*゚▽゚*)o)))

という事で作る所から全部公開します( ̄^ ̄ゞ

これがそのインスタントタピオカです(^-^)/

これがその中身♪至ってシンプルです。

作り方は

  1. 全部入れる
  2. お湯を入れる
  3. 混ぜる
  4. 5分待つ

たったこれだけ♪

ホットとアイス両方作れるみたいなので、今回は僕がホット

アルくんがアイスを飲むことになりました(^-^)/

乾燥タピオカ・・・豆みたいです( ̄▽ ̄;)

お湯を入れて5分・・・おっとかき混ぜるの忘れた(A;´・ω・)アセアセ

ホットとアイスのお湯の量両方ラインが書いてあるので、わかりやすいです。

5分たった後、アイスの方には氷をラインまで入れます。

完成ヾ(●´∇`●)ノ

カバーを外すとこんな感じです♪

いざ実食♪

(ง°̀ロ°́)งウオォォwwww

熱い٩( >̶̥̥̥᷄♦<̶̥̥̥᷅ )۶

よくよく考えたら熱いドリンクをストローで飲むって・・・(T_T)

少し冷めてから飲んでみると、ホットも美味しいヾ(*´ω`*)ノ

最近ホットのタピオカドリンクが流行ってるって聞いたけど、納得(o・v・)♪

アルくんはアイスだったのでさっさと飲みきってしまいました(笑)

これは普段から買って置いておく事決定(((o(*゚▽゚*)o)))

それでネットで調べてみたら・・・

ありましたヾ(●´∇`●)ノ

なんと抹茶味のグリーンミルクティーもありました。

お店によって金額に随分ばらつきがあるので、金額を確認してから買う事をおすすめします(^-^)/

皆さんも是非飲んでみて下さい♪

GEN(ジェン)

​亀戸大道芸2019 Vol.10 思い入れのあるイベントが亀戸の名物へと成長しました。

2019年12月15日日曜日に行われる 亀戸大道芸2019 Vol.10 に『アルジェントさーかす』が出演することが決定しました。

亀戸大道芸は毎月行われている大道芸イベントで、亀戸の名物となっているイベントです。

今回は競争率が高かったみたいです。
なのにそんな中、選んでくれたことに大感謝です♪

亀戸大道芸が新体制になってからは初めての出演となります。

『アルジェントさーかす』はもちろん初参加です。

大道芸人 GEN(ジェン)個人としては前の体制の時に2回ほど出演したことがあります。

でもそれが最初ではないのです。

10年以上前、まだ亀戸大道芸という体制がないころにイベントとして『GちょこMarble』で出演したことがあるんです。

いつだったかはっきりは覚えていないですが・・・(;^_^A

そんな思い出深い大道芸イベントに前から『アルジェントさーかす』で出たかったのですが、なぜか開催する日に都合が合わずエントリーする事が出来ずにいたのです(´;ω;`)ウゥゥ

今回その願いが叶ってついに出演する事が出来るので、その思いを思い切りぶつけてこようと思います(*゚▽゚)ノ

場所
JR亀戸駅の北口へ行くと亀戸十三間通商店街があります。
12時~17時の間歩行者天国となってそこが大道芸イベントの会場となります。

グーグルマップ
〒136-0071 東京都江東区亀戸15
https://goo.gl/maps/iGdRpxPkgLR6e6z49

今回の出演者

ショー
・アルジェントさーかす(サーカスコメディー)
・clownものまる(ジャグリングクラウン)
・ハードパンチャーしんのすけ(ジャグリング)

アトモスフィア
・アートパフォーマー☆ファイター☆(ライブペイント)
・アストロノーツ(スタチュー)
・しろみときみ(人形振り)

・グレイスト(スタチュー(ロービング))
・猫のアーサー(ロービング)
・YAMAHA/ソらと晴れ女(舞踏)
・Pirates of the Kameido(バルーングリーティング)

僕とは初めての人が沢山いるので、みんなのパフォーマンスもすごく楽しみです♪

ハードパンチャーしんのすけ君とはすごく長い付き合いで、昔一度限りのコラボパフォーマンスを大勢で行ったこともあります。
20年近く前、彼が練習していた所に行ってずいぶん技を盗ませてもらったため、当時僕が一番うまいジャグリングとなったのがデビルスティックでした。
彼がいなかったら、僕はファイヤーデビルを行っていなかったかもしれないです(;^_^A
もちろん専門的に行っているしんちゃんとのジャグリングのレベルは相当開いてますけど(笑)

ファイターくんとアストロノーツくんは草津湯畑大道芸で一緒に行っているメンバーです。
特にファイターくんとは、上野公園でもよく会う大道芸仲間です(*゚▽゚)ノ

亀戸食べ歩き

亀戸と言えば亀戸餃子が有名ですが、他にもおいしいものが沢山あります。

僕も現場の帰り道などで亀戸で食事していくことがしばしばあります。


いろいろ探してみてください(*゚▽゚)ノ

いいお店あったら教えてね 人´ω`)オネガイ~!

草津湯畑大道芸のことが知りたい方はこちらをご覧ください。

上野公園のことを知りたい方はこちらをご覧ください。

GEN(ジェン)

ここから買い物すると『アルジェントさーかす』に投げ銭が入るので、よろしくお願いします。

『アルカキット錦糸町での大道芸イベント』サーカスを見た!クラウン(ピエロ)を見た! 僕たちです♪

「錦糸町で大道芸やってる!」「錦糸町にピエロがいたよ!」「錦糸町でなんか楽しそうなイベントやってたよ!」「錦糸町でサーカス見た。」などなど、SNSでよく見かけるようになってきました。

アルカキット錦糸町は大道芸人GEN(ジェン)がオープン当初からパフォーマンスしている場所です。

もうかれこれ15年を超える期間ここで大道芸パフォーマンスを行い続けています。

ここが大道芸人GEN(ジェン)のホームだと言ってもおかしくない場所です。

最近では『アルジェントさーかす』と『大道芸人GEN(ジェン)』の2種類のパフォーマンスを行っています。

サーカス芸人GEN(ジェン)と、クラウン(ピエロ)のアルくん・ロイくんが良く活動しているのがアルカキット錦糸町前の広場なのです。

錦糸町で『大きな(巨大な)風船』と『木の椅子』を使った大道芸を見たらそれは間違いなく僕達です。

アルカキット錦糸町の場所

錦糸町北口を出てロータリーを見ると、大きなオブジェが目に入る。

これは墨田区が、1987年「音楽都市」をめざして街づくりをすることを宣言し、音楽都市すみだを象徴する作品として設置された。
名称:ECHO
曲玉の部分は、楽譜のへ音記号をモチーフにデザインし、左右5本ずつのワイヤーは五線譜を表している。

このオブジェに向かって左へ行くとアルカキット錦糸町があります。

Googleマップ
〒130-0013 東京都墨田区錦糸2丁目2−1 アルカキット錦糸町
https://maps.app.goo.gl/WZCgjTnZecwiSXsd6

ここは巨大なダイソーや赤ちゃん本舗が入っているショッピングモールで、多くの人がショッピングに来ています。

アルカキット錦糸町のホームページはこちら

アルカキット錦糸町はららぽーと系列なので、三井ショッピングパーク系のポイントカードが使えるので、持ってる方はお忘れなく!

アルカキット錦糸町前での大道芸イベント

アルカキット錦糸町の入口前にちょっとした広場があってそこで定期的に行われているのが大道芸パフォーマンスショーです。

僕のショーを長年見ていた方は知っていると思うのですが、昔はここでファイヤーショーが行えたのですが、今は行政からの指導で火が使えなくなってしまいました。

その結果悪戦苦闘して様々なことを試させていただいたおかげで、今の僕のスタイルが出来上がりました。

ファイヤーショーに頼ってパフォーマンスを行っていた僕が、火を一切頼ることなく人を楽しませられるようになったのは、このアルカキット錦糸町があったからこそなのです。

今パフォーマンスしている『アルジェントさーかす』と『大道芸人 GEN(ジェン)』はサーカス芸をコメディーで見せていくパフォーマンスです。

サーカスでしか見れないような派手な超絶技を笑いとともに見せていくパフォーマンススタイルは、ファイヤーショーという武器が使えなくなったことで、このアルカキットでのパフォーマンスとともに成長していったパフォーマンスです。

そんな現場でたたき上げられたパフォーマンスを皆さん是非見に来てください。

この辺は全部アルカキット錦糸町での写真です。

『アルジェントさーかす』ができたルーツもこのアルカキット錦糸町がすべての始まりでした。

先日、「小学生の頃よく来てたのですが、わかりますか?」と、子供をベビーカーに載せて声をかけてくれた人がいました。
一瞬わからなかったのですが、話を聞いていると、だんだんそのころの様子を思い出してきました。
「え!?あの時の子が君?」なんて驚きも長く同じ場所で行っているとあります。
嬉しいですね♪

アルカキット錦糸町の魅力

アルカキット錦糸町にあるお店は巨大なものが多いです。
2019年11月末時点の情報です。

日本一の売り上げを上げるダイソー

ダイソーに関しては日本で一番売り上げを上げているお店だそうです。

ワンフロアー丸まるダイソーなので、他の店舗では見たことがないものも沢山あります。

僕もネタを考えるとき、このダイソーをうろうろしていることがよくあります。

このような本を片手にアルカキットのダイソーを散策してみるのも楽しいと思います。

育児の味方 赤ちゃん本舗

アルカキット錦糸町の赤ちゃん本舗も巨大です。

育児をしている知り合いから「大道芸をやるとき、ついでに買ってきてほしい。」と言われることもしばしば・・・(;^_^A

調べてみるとこんな本がありました。

ママであること、パパであることの誇りを胸に、赤ちゃんと過ごす日々を、もっと素敵に、もっとハッピーにしたい! そんな、大きな希望と感動に包まれたママとパパに読んでほしい。赤ちゃんがママのお腹に宿ったときから、少しずつママ・パパになり、家族になっていく。それは、とても誇らしいこと。けれど、出産や子育てに大変なことや不安なこともあります。

「スマイルな育児」のメッセージとともに、これまで出産や子育てをみつめてきた「アカチャンホンポ」の本には、スマイルな育児のヒントがいっぱいです。

お店や商品などを知ってほしいことはもちろん、憧れの先輩に聞く子育て、先輩ママからの応援メッセージ、赤ちゃんが1歳になるまでの過ごし方をまとめたカレンダー、そして、離乳食レシピまで、盛り沢山の特集でママ・パパの毎日をお手伝いします。

充実のファッション

ファッション系のお店は何と34店舗も入っています。

僕が良くいくのはユニクロですね♪

このユニクロも巨大で、ついつい長居してしまいます。

生活雑貨も充実

12店舗入っている生活雑貨もおしゃれなものもそろっていて、よく見て回っています。

アルくんはここの無印良品に買い物に来た帰りに僕のショーを見て、声をかけてくれました♪

おいしいグルメがいっぱい

飲食関係は19店舗

定番の飲食店から、本当においしいこだわりのお店までいろいろそろっています。

恐らく全部行ったことあるんじゃないかな?

今日は何を食べよう?と悩みながら店舗を見て回るのも僕は好きです。

食事をしていると、「あ!下でやってた人だ!!」と声をかけてくれる人もいます。これもまたうれしいです♪

ビューティ・サービス・その他(すべて)

他にも様々なお店が入っています。一通り何でもそろってるのではないか?と、思ってしまうくらい充実しています。

本や、ライフなども巨大なので、他の店舗では見れない珍しい商品が置いてあったりするので、いろいろ散策してみるのも楽しいです。

大道芸にショッピングに飲食、あっという間に一日が過ぎてしまう。

そんなアルカキット錦糸町での僕たちのパフォーマンスを是非見に来てください。

パフォーマンススケジュールはこちらをご覧ください。

注意事項

アルカキット錦糸町でのパフォーマンスは天候により中止となることがあるので、見に来るときはお問い合わせいただく方が確実です。

お願い

ここでのパフォーマンスを長く続けていくために、アルカキット錦糸町での大道芸を口コミやSNSなどで広めてくれると嬉しいです。

それと、楽しかったら投げ銭をよろしくお願いします。

GEN(ジェン)

『アルジェントさーかす』の12月の大道芸・イベントのパフォーマンススケジュール

寒くなってきましたね(;^ω^)
そろそろ大道芸を行う方も見る方もだんだんきつくなってくると思います。
皆さん風邪をひかないように暖かい恰好をして遊びに来てください。

僕たちは、今年1年間の締めくくりです。思い切り楽しんできます。

お待たせしました。12月の大道芸の予定がだいたい出そろいました。

決まるまでの間次はいつやるの?というような問い合わせをたくさんいただきました。

本当にうれしいです♪

12月はどこかでロイくんが行う日もあるかもしれません。

皆さん是非遊びに来てください。

2019年12月の『アルジェントさーかす』のスケジュール

12月

1日 日曜日 アルカキット錦糸町前 13時頃~17時頃まで 大道芸

7日 土曜日 川口オートレース場 イベント(一般閲覧可能)雨天決行

8日 日曜日 アルカキット錦糸町 13時頃~17時頃まで 大道芸

14日 土曜日 アルカキット錦糸町 13時頃~17時頃まで 大道芸

15日 日曜日 ​亀戸大道芸2019 Vol.10 12時頃〜17時頃まで 大道芸

22日 日曜日 かめいど勝運大道芸 12時頃~16時30分頃まで 大道芸

29日 日曜日 アルカキット錦糸町 13時頃~17時頃まで 大道芸

30日 月曜日 かめいど勝運大道芸 12時頃~16時30分頃まで 大道芸

川口オートレース場(イベント)

このイベントについては結構ガッツリブログ書いているので、是非見てください。

亀戸大道芸(大道芸)

GEN(ジェン)のソロで出たことがあり、新体制になってからは、初めて出演させていただきます。

しかも、『アルジェントさーかす』を見てもらうのは初めてなので、すごく楽しみです。

アルカキット錦糸町(大道芸)

アルカキット錦糸町はオープン当初からお世話になっているGEN(ジェン)のホームです。

Tim Tam GちょこMarble など様々なパフォーマンスでお世話になってきました。

現在は『アルジェントさーかす』のホームでもあります。

GEN(ジェン)のソロと二種類のパフォーマンスを行う予定です。

かめいど勝運大道芸12月22日

亀戸香取神社 のライトアップと正月大道芸のうちの1日に出演します。

かめいど勝運大道芸12月30日

注意事項

大道芸は、雨天中止になる可能性があるので、微妙なときはお問い合わせください。

その他の予定

その他のGEN(ジェン)のパフォーマンス(ヘブンアーティスト活動)の予定はこちらをご覧ください。

GEN(ジェン)

『アルジェントさーかす』について詳しく知りたい方はこちら

大道芸人GEN(ジェン)について詳しく知りたい方はこちら

クラウンアルくんとロイくんについて詳しく知りたい方はこちら

理想の道化師 こんなクラウンになりたい。僕が描く理想のクラウン像 怖くないおすすめ映画はこちら

クラウンロイくん

クラウン(ピエロ)って本当に色んな種類の考え方だったり、パフォーマンスがあるんです。

その中でも僕がなりたいクラウン像ってのがあるんです。

今はクラウンと名乗っていない僕ですが、心の中はいつだってクラウン

BP ZOOMに感銘を受けて『あなたのクラウンを一生かけて探しなさい。それが見つかった時が引退する時だ!』と言われたのが15年くらい前。

その頃はクラウンとしての活動も行っていました。

今でも自分の中のクラウンを探し続けています。

僕が好きなクラウン、目指すクラウンを語る上でクラウンの歴史に触れた方が理解しやすいと思ったので、クラウンの歴史に着いて触れてみようと思います。

クラウンのルーツ

クラウンのルーツには色々な説があり、色々な見方ができます。

特にクラウンという言い方を取り除いてしまうと、その歴史は天井知らずで遡っていきます。

この前書いた”『クラウン恐怖症』(ピエロ恐怖症)これが原因なら日本は救われる可能性がある。“の中にでてきたアメリカの動画の中には古代エジプトとか、紀元前2500年と出ていました。

この話しは他でも、「クラウンの歴史は壁画の時代には既に存在している。」と言っている人がいる。と聞いた事があります。

おどけて人を楽しませる。これが人類の歴史の中でいかに重要な事なのかがわかると思います。

これは仮説ですが、もしかしたら世界最古の娯楽というのはクラウンの祖先だった可能性・・・ってありますよね♪

人が人を笑わせる。楽しませる。これが人類史上一番最初の娯楽である可能性・・・僕はかなり高いと考えています。

もしかしたら人類にとどまらず、猿やイルカなど、脳があってコミュニケーションが取れる全ての生物を含めて最も古い娯楽の可能性だってあると思います。

そしてこのクラウンの歴史は一度も途切れることなく現在まで続いているのです。

ちょっと広げすぎですかね( ̄▽ ̄;)

でも、いかに笑いが必要で、大切なものなのかということをクラウンの歴史が証明しています。

クラウンの種類は無限にある

そんなルーツをもつクラウンだから種類もスタイルも無限に存在するんです。

それこそどんな人間が尊者するの?と聞かれても、全てを説明しきれないのと同じです。

また、日本人、アメリカ人、ロシア人、フランス人など、国によって人の違いがあるように、クラウンの世界も国によって違いがあります。

更に団体によっても違いは存在します。

時代によっても違いがあります。

どれがあってて、どれが間違っている。こんなものも存在しない(するべきでは無い)と考えています。

何が言いたいかと言うと、

クラウンとはこうあるべきだ、とかこうしなければいけない。という決まり事は大きな意味では無いのです。

(団体毎に細かいルールが存在する所はありますけど( ̄▽ ̄;))

もちろんクラウンの型というのはそれぞれ存在するので、それらを学ぶ事は大切です。むしろ勉強した方が良いと思います。

要するにクラウンは自由なのです。

ただ1つ共通して存在しているものが、

人を楽しませたい。笑わせたい。そういった心なんです。

クラウンメイクの歴史

日本では可愛いキャラクターのイメージが強いクラウンですが、その原点は少しダークなお話しになってしまいます。

オーギュストと呼ばれるクラウンメイクがあります。
(『アルジェントさーかす』のアルくんの顔がオーギュストです)

これはギョロ目で大口で赤鼻である人間の顔を誇張して書いているのです。

要するに元々は身体障害者(奇形児)がモデルになっている。と考えられている説があります。

これは社会風刺を唱えることで目を付けられたり、殺されるとされた時代にお芝居の中で知的障害者を登場させて政治や王族などの悪口を言ってコメディに変えてしまい、罰を逃れると同時に広く広めていきたいという考え方から起こったそうです。

アホが言うのだからしょうがない。バカが言うから笑いになる。

という点を利用した社会批判の物語りだったそうです。

こうしないと公演中止となったり、殺されてしまったりするので仕方なくと言う事と、こういった作品の方が人気が出て夜に広まりやすい。
というふたつの考え方から身体障害者や精神障害者が大衆娯楽にたびたび登場するようになり、
その象徴となるようにギョロ目で大口で鼻が赤いオーギュストクラウンが人気を取って行くようになったと考えられます。

ですが演じる方としては障碍者であったり、アホであったり、バカを真剣に演じ切らないといけません。

クラウンの悲しみ

見てくれだけではなく、その内面も演じていきます。

人から虐げられて、バカだのアホだの言われ続けた人物を演じるのです。

本人は真剣にまじめに社会と溶け込もうとすればするほど周囲の人からは笑われていく。そういった人物を演じる必要があったのです。

そのため、人一倍人の苦しみを知り、悲しみを知っている。そんなキャラクターなのです。

だから僕が好きな海外クラウンが悲しいシーンを表現するときは、ものすごく感動します。
クラウンのセンチメンタルなシーンは大好きです。

そんなクラウン達がおどけて笑わせてくれるから、

「悲しまないで!楽しく笑っていこうよ!!」というメッセージが強く心に刺さるのです。

クラウンの笑顔

クラウンを演じてる人で、子供心を大切にしている人は多いと思います。
子供の放つ屈託のない笑顔、これには心をこきめかせられます。

それと、先ほど述べたクラウンメイクの歴史とも大きく関係があるのですが、

たとえ大人であっても、知的障碍者の中には何かに無心で一生懸命取り組んでいたり、相手の事だけを考えて見返りを求めないで頑張っていたりする方が実際に多いです。

これは『からふる・ぽけっと』時代にそういった福祉施設をたくさん回ったことや、その時こういった人たちを楽しませられる。ということを知り、『からぽけ』を抜けた後もそういったところでパフォーマンスを行ったり、知り合いのそういった人たちとかかわってきたので、自分自身の体験からもわかっています。

おそらく先人のクラウン達もそういった方たちの心を打つ姿を見逃さなかったのでしょう。

この子供と障碍者の共通して持っている

『純粋無垢なこころ』この心模様から出てくる、飛び切りの笑顔

これが僕は大好きです。

ここまでクラウンについていろいろ書いてきましたが、僕の好きなクラウン、なりたいクラウンについてまとめます。

まとめ

  • 人の持つ悲しみや苦しみを人一倍理解しているがために笑ってほしい。楽しんでほしい。という気持ちがすごく強い。
  • 純粋無垢であるために心から楽しむことができ、飛び切りの笑顔を持っている。
  • 笑顔が笑いがいかに大切であるか知っていて、笑いが持つ力を何よりも信じている。
  • 何かに縛られることなく自由である。

こういったクラウンに僕はなりたいと思っています。

その為には当然もっともっと勉強しないといけないですし、まだまだ足りないことがあります。

自分のクラウンを探す旅はまだまだ終わらないです。

おすすめ映画

ここでクラウンだ出てくる映画や、歴史を知るために見ておいた方がいいお勧めの映画を紹介させていただきます。

ピエロの赤い鼻

BP ZOOMの Bernie が出演している映画です。
クラウンが登場するシーンの作品などにも監修しているそうです。
この映画の中でクラウンをやっているのは、俳優さんですが、ドイツ兵として出演しています。
ストーリーもよくて、是非見てもらいたい映画です。

パッチアダムス

ケアリングクラウンのお話しです。
実在したパッチアダムスの半生を描いた映画で、愛に満ち溢れた感動の作品です。『からふる・ぽけっと』を立ち上げた時にケアリングクラウンを理解するために一番最初にじっきぃから進められて見た映画です。

地上最大のショウ

リングリングサーカスがモデルの映画で、ここにもクラウンがキーマンとして出てきます。
150年の歴史に幕を下ろしてしまったサーカスリングが3つある巨大なサーカスで、伝説のサーカストレインのことも出てくるので、サーカス好きの人にはたまらない映画です。

フェデリコフェリーニ監督の映画
これ超おすすめです(*゚▽゚)ノ僕も何回見たかわかりません。
イタリアの大道芸人のお話しで、クラウンを演じるシーンは少ないですが、大道芸や旅芸人やイタリアの昔のサーカス事情などを知るにはもってこいです。
大道芸人やそれを取り巻く周囲の人々事情が理解できてしまうだけに、心にぐっと来てしまいます。

サーカス チャップリン

チャップリンの名作 この作品に出てくるクラウンのしぐさがかわいいことかわいいこと♪クラウンギャグもサーカスでやってそうな作品が出てきます。
だけど、その上を行ってしまうチャップリンのドタバタ喜劇は絶対に見ておいた方がいいです。

他にもホラー映画とかもあるのですが、アメリカで起きているクラウン恐怖症の風評被害で日本のクラウンが活動できなくならないように、ここでの紹介はいないでおきたいと思います。

もし他にクラウンが出ていたり、クラウンの話が出てくる怖くない映画知ってる人がいたら是非教えてください。

追伸

僕が『ハッピーメリーサーカス』や『アルジェントさーかす』を行うときに僕は主役でなくてもよい。と考えています。

これは恐らく前に描いたピエロッタの物語の影響だと思います。

この考え方もクラウンの物語の影響だとすると、やはり僕を語るうえでクラウンを外すことはできないですね♪

GEN(ジェン)

ピエロッタの話が載っているブログ記事はこちら

みんなでクラウン恐怖症に打ち勝とう!というブログ記事はこちら

『アルジェントさーかす』のクラウン アルくんとロイくんのページはこちら

『アルジェントさーかす』について詳しく知りたい方はこちら

GEN(ジェン)について詳しく知りたい方はこちら

『ハッピーメリーサーカス』について詳しく知りたい方はこちら

こちらから商品を買うと『アルジェントさーかす』に投げ銭が入ります。

『クラウン恐怖症』(ピエロ恐怖症)これが原因なら日本は救われる可能性がある。

先日クラウンアルくんがこんな動画を見つけてきました。

クラウン恐怖症、アメリカではマジで問題になってるみたいですね(´;ω;`)ウゥゥ

凄く悲しいです。

でも、クラウン恐怖症の正体がこの通りだとしたら、日本はクラウンの聖地になる可能性もあります。

その理由を書いていこうと思います。

まずはその動画のリンクを張ったので、ご覧ください。

クラウン恐怖症が発生した理由

クラウン恐怖症はアメリカで発生した大問題です。
これは、映画やテレビ番組そしてクラウンの格好をした人が起こした殺人事件これらが強く影響しています。

実際のクラウン(世界共通)

見ているものを楽しませようとして活動しているのがクラウンです。
おどけてみせたり、技を見せたり、ボケたり・・・
いろんなクラウンがいますが、その全てが観客を楽しませ、笑わせ、喜ばせるために活動しています。

中には怖い系のキャラ設定をしているクラウンもいますが、それらも全て楽しませるために行っているキャラ設定です。

動画を見て気になった事

気になったことがあったので、字幕を文字に起こしてみました。

今は かつてないほど
ピエロが危険な存在だと
思われている
怖いピエロを生んだのは
スティーヴン・キングの・・・
「IT」だよ
殺人ピエロのペニーワイズが
アメリカ中に浸透した
あれほど人気が出て
影響力があったのは
全国放送の
テレビ番組だったからだろう

僕が気になったところは太文字にした部分です。

アメリカでピエロ恐怖症がテレビ番組の影響が大きいとしたら、

日本では全国放送のテレビ番組で「IT」は流れていないはずです。

だとすると、メディアにあおられて『ピエロ恐怖症』を必要以上に過敏になってる可能性はありますよね!
特にインターネットを見る人の中だけで起きている『ピエロ=危険な存在』という『ピエロ恐怖症』だという可能性が高い。

ということになります。

映画の影響が全くないとは言いませんが。

特に子供には『ピエロが危険な存在』だという認識は殆どないものかと思います。

日本の子供に起こる『ピエロ恐怖症』は以前も書きましたが、思いやりを持たないピエロ(クラウン)が子供を脅かしたり、追いかけまわしたことによって起きたものの可能性のほうが高いですね。

今するべきこと

アメリカのテレビ番組がどのようなものだったのかは知りませんが、少なくても今の日本の子供たちには殺人ピエロのイメージはまだ少ないものだと考えます。

だとすれば、クラウン恐怖症に怒りを覚えたり、恐怖を感じたりしている場合ではありません。

何よりも優先しないといけないことは、

「ピエロは面白いんだよ!」「楽しいんだよ!」と言うことを広めていくことです。

どこかのテレビでピエロが人気出るような番組作ってくれないかな?

なんて他力本願ではなくて、みんなで子供たちに夢を与えて子供たちの笑顔を引き出すために頑張っていきましょう。

海外から入ってくるピエロ恐怖症のイメージを跳ね返すことができれば、もしかしたら日本はピエロ(クラウン)の聖地になって世界中のクラウンが憧れる国になれるかもしれないですね♪

そうしたら世界中のレベルの高いクラウン(ピエロ)達が日本にパフォーマンスしに来るかもしれません。

そうなればそういったクラウン達を多く見る機会がたくさんできる為、日本の・・・日本人の、クラウンのレベルが世界トップクラスになる。なんて日が来るかもしれません。

紀元前2500年てことは、4500年以上昔から楽しまれていたピエロ(クラウン)が人々を引き付けないわけがないのです。

ピエロ恐怖症を恐れるよりも、ピエロの力を信じて行きましょう♪

GEN(ジェン)

以前書いたクラウンとピエロに関するブログ記事も合わせてごらんください。

大道芸とは?大道芸人とアーティストとエンターテイナーの違いとは?ショーをもっと楽しむ方法!

大道芸とは何だろう?大道芸人とアーティストとエンターテイナーの違いって判りますか?

世の中にはいろいろなパフォーマンスが存在するけど、この辺がわかるともっと大道芸が面白く見ることができます。

パフォーマーが何にこだわっているのか?
どうなりたいと思っているのかが見えてくる。

今が面白いパフォーマーを見るのも楽しいですが、その人がどう成長していくのかを見るのも楽しいものです。

その為に、今回の記事の内容がわかっているとより楽しく見ることができるはずです。


大道芸と一括りに言っても様々なものが存在する。

言い方も様々、大道芸・ストリートパフォーマンス・路上パフォーマンス・路上演劇・路上ライブ・パフォーマンス・ショー・エンターテインメントなど

演じる人の事を指す言い方も沢山ある。

大道芸人・ストリートパフォーマー・ショーマン・アーティスト・表現者・アクター(役者)・エンターテイナーなど

この中で大道芸とは、一体何なのであろうか?

一般の人が考えるものと行っている人との間に違いが存在する場合もある。

パフォーマー側からしても、大道芸と言いたい人と、大道芸とは言いたくない人、様々である。

また、なぜイベントのタイトルで大道芸とうたうのか?考えてみたいと思う。

僕は芸歴20年の大道芸人だ。

自らも大道芸人GEN(ジェン)と名乗っているくらいである。しかし、大道芸では無いショーを行うこともある。

『ハッピーメリーサーカス』では、大道芸で行うこともあるが、基本はエンターテインメントショーなのである。

だから『ハッピーメリーサーカス』の時はサーカス芸人GEN(ジェン)と言っている。

大道芸とはどのようなものなのだろうか?

単純なことから考えると、道や公園で芸を披露してお金を貰うものこれが大道芸である。

何を行っているかではない。ジャグリング、バランス芸、マジシャン、ダンサー、ミュージシャン、パントマイマー、書道家、ヘアスタイリスト、詩人、いろんな人が大道芸を行っている。

だが、路上でパフォーマンスしているのに、大道芸人ではない!と言い張る人もいる。

「ストリートパフォーマンスは行っているけど、大道芸人ではない!」どういうこと?

大道芸やストリートパフォーマンスを行っているものすべてが大道芸人というわけではない。

明確な定義はないが、 分かりやすく考える為にミュージシャンを例に出してみる。

音楽や歌を聞かせてギターケースや帽子にお金を入れてもらっている人は間違いなく大道芸を行っている。と言える。

ところが、CDやライブチケットやグッズを売ってはいるが、投げ銭やお気持ちやハットマネーやチップの類は受け取っていない。

だから大道芸では無い。私はミュージシャンだ!という人もいる。

僕自身はこれは正しいと思う。

ミュージシャンやアーティストが何を目指しているのか?

どこにプライドを持っているのか?によって大道芸と言いたくない人はいるはずだし、いても良いと思う。

パフォーマンスを行ってる人においても同じことが言える。

道や公園で芸を披露していてお金を取らない人は、そうそう見た事がないがこういった行為を行わないで、イベントや依頼に基づいたパフォーマンスしか行っていないパフォーマーも存在する。

この人達を果たして大道芸人と呼んでいいものなのか?

本人達からすると、恐らくは呼んでもらいたくないのだと思う。

たが、もちろんこういった人達も大道芸を行う事もある。

例えば大道芸フェスティバルから出演依頼があれば出演して大道芸を行う事は多分にして有り得る。

だけど、大道芸人だと呼ばれると違和感かあったり、嫌だ!という人も多い。

また、その逆もある。

大道芸イベントなのに投げ銭NGってどういうこと?

僕から言うと、大道芸イベントだと言うのになぜ投げ銭をとっては行けないのか?疑問に思うことがある。

もちろん投げ銭NGの場所は沢山存在する。

そんな時、イベントタイトルはどうしますか?と、ちゃんと聞いてくれるイベント会社もある。

そんな時、僕のパフォーマンスであるならば、『サーカスコメディーショー』『アクロバットコメディパフォーマンス』などの名前を使ってもらう様にして大道芸とは言わないで貰っている。

大道芸であるならば、『投げ銭を貰うための駆け引き』これも楽しめるように作っている。

このショーで投げ銭部分だけ外すといまいち盛り上がりや面白みにかけてしまうのだ。

逆に投げ銭NGの場所でショーをする時はお金のにおいを感じさせないエンターテインメントショーにする必要がある。

微妙にではあるが、違いがあるのである。

おそらくこれは、様々なパフォーマーに出演してもらっているイベントで、どういったらお客さんにわかりやすく伝えられるだろうか?と考えた結果、いろんなジャンルが存在し、近年盛んに行われるようになってきてイメージが付きやすい『大道芸』という言葉を使った方が、客を呼べるだろう。と思った結果ではないだろうか?

ストリートパフォーマンスではあるけど、大道芸でないものってあるの?

舞台を道や公園に戻してみよう。

先程道でお金を取らないパフォーマーは見たことないとは言ったが、存在はする。

みんなが聞いたことがあるような有名な所では、フラッシュモブもそうである。

また、劇場や舞台の宣伝の為のパフォーマンスなどもそうだ。

ストリートパフォーマンスではあるが、大道芸では無い。

ストリートパフォーマンスの中にお金を求める大道芸と、その場でお金を求めないパフォーマンスが存在するのだ。

これって大道芸?

もう少し枠を広げてみよう。

実演販売はどうなのか?
実演販売も路上で行う事がある。

これは違うだろう!と、声が聞こえてきそうだが、よく考えると、実演販売員の人を引きつける面白いトーク、実演する時の技術どちらも1級品の人が存在する。

これは明らかにパフォーマンスなのである。

もし売っているものがジャグリング道具だとしたら・・・と考えるとイメージは着きやすいのでは無いだろうか?

しかもその場でお金を求めている。

だがこれはやはり大道芸では無い。

では大道芸人やパフォーマーと実演販売員とは何が違うのだろうか?

大道芸人やパフォーマーは演じている人が主役なのである。

実演販売員は商品が主役なのである。

これは大道芸人が実演販売を行ったらどうなるか考えてみたら分かる。

きっと人は集まるだろう♪

笑ったり拍手したり盛り上がるだろう♪

しかし、商品のイメージはほとんど残らないと思う。

皆さんのお気に入りのパフォーマーがどこのメーカーのなんという商品を使って芸をしているか知っているであろうか?
他の道具と比べて何が良いのか分かるだろうか?
そう考えてみると良い。

だが、共通していることもある。

パフォーマーが自分を引き立たせるために・・・
実演販売員が商品を引き立たせるために・・・
両方で使っているのが技術なのである。

パフォーマーで考えると、技術が主役なのでは無く、パフォーマー個人が主役だということである。

大道芸って、技術より個人の魅力のほうが大事なの?

技術ばかり凄くて個人が出ていないパフォーマーも世の中には沢山いる。が、それを否定しないで欲しい。

自分を前に出すのが先か、技術を身につけるのが先か順番が違うだけなのである。

自分を引き立たせるために事に長けている人はデビューは早いが、技術畑の人より技のレベルが低いことはよくある。

逆に技術はあるけど、面白くないという事もよくある。

得意な方から伸ばせば良いだけなのである。

最終的に両方必要なのは間違いないが、50%&50%である必要も無い。

まだまだ発展途中なだけなのである。

技術の習得には年齢的な制限もある。

僕もアクロバットに関しては34までは技術習得の方に趣きを置いた。

(*´-ω・)ン?大道芸とは?という話しだった( ̄▽ ̄;)

ついつい脱線して熱が入ってしまうのが僕の悪い癖である。

いちど整理!

ここまでを軽くまとめてみると、

大道芸とは、路上や公園などで投げ銭を貰うことを目的としたパフォーマンスである。
このお金の貰い方は、商品を売って収入を得るのではなく、己の魅力を見せて(きかせて)それに対価を払ってもらうものである。

こう言いきれると思う。

大道芸人とアーティストとエンターテイナー

大道芸人とアーティストは何が違うのだろうか?

これは僕自身が『GちょこMarble』を行っていた時に大道芸人としてのショーと、アーティストとしてのショーを使い分けていたので、自分の経験談で話してみたいと思う。

大道芸人とは、最終目的がお金なのである。

お金を稼ぐために盛り上げ、笑わせ、楽しませる。

これを行った結果人を引きつける面白くて楽しいエンターテインメントショーが出来上がる

一方アーティストは自分が納得行く作品や表現や内面を磨き続けているのである。お金や観客はその結果着いてくるものなのである。

もう一つエンターテイナーとは何かについても触れておこう。

これは大道芸人とアーティストで考えると、どちらかと言えば大道芸人寄りだと思う。

面白いショー、楽しいショーなどを作る目的がショーを売るためであったり、人を集める為、であったりするのだ。

この3つを軽くまとめてみよう。

大道芸
お金が目的でその結果人を楽しませ、人を引きつける魅力的なショーができ上がる。
(お金を目的としているので、仕事として成立する。)

エンターテインメント
観客を楽しませたり共感できる人が多いショーを作って、そのショーを売ることが目的。(売れるショーを作ることが目的)
(ショーを売ることが目的なので、これも仕事として成立する。)

アーティスト
自分の表現が目的で、その結果観客やお金が着いてくる。
(表現活動を優先していて、お金は二の次なので、仕事として成立していない人もいる。)

だが、これらは現実的には複雑に絡み合っている。
アーティストが大道芸の要素を取り入れていたり、
エンターテインメントショーにアーティストや大道芸人が参加していたり、
大道芸人の中にもエンターテインメントショーが好きでそっちよりに構成していたり、ここだけは譲れないと、アーティストとしての一面を持っていたりする。

もちろん僕自身も全ての要素が絡み合っていて、どれか一つ選べと言われると困ってしまう。

その為、大道芸アーティストと、名乗ることもある。

まとめ

それぞれのパフォーマーが何にこだわり、どういったところにこだわっているのか?

ざっくりジャンル分けできるところを書いてみたけど、もちろんこれだけですべてを説明することは不可能である。

だけど、こういったことをわかってパフォーマンスを見ていると、今まで気が付かなかった新しい魅力が見えてくるはずである。

僕自身この考え方をするようになってから、今まで興味がなかった人が面白くなったり、若手パフォーマーが何を目指しているのか?どうなりたいのかを考えてアドバイスや指導していくことができるようになった。

初めて間がないであろうパフォーマーのショーを見た時、つまらないと思ってバッサリ切ってしまうのは簡単なことです。
ですが、その人がどうなりたいのか?
何にこだわっているのかを想像するのも楽しいし、何に悩んでいるのかも見えてきます。
どう成長していくのかを見ていくことは、楽しいものです。

大道芸をはじめとするパフォーマンスが好きになる人が一人でも多くなっていくことを願って今回の記事を書いてみました。

GEN(ジェン)

盛り上がったお祭り あつぎ国際大道芸フェスティバル2019 アルジェントさーかすの動画

アルジェントさーかすの看板を持ってる二人、おいおい看板が逆さまになってるぞ!

にぎわい爆発!あつぎ国際大道芸フェスティバル2019に出演した『アルジェントさーかす』の動画を作りました。

もっと長いものを作ろうかとも思ったのですが、時間がかかりそうだったので、今回は5分にまとめました。

まずは動画をご覧ください。

映像の中でタイトルが『高円寺びっくり大道芸』となっていますが、正しくは『あつぎ国際大道芸』です。大変失礼しましたm(_ _)m

いつその事炎上して『あつぎ国際大道芸』も『高円寺びっくり大道芸』も『アルジェントさーかす』も有名にならないかな?

なんて考えるのはダメですかね( ̄▽ ̄;)

しばらく様子見てみようと思います(A;´・ω・)アセアセ

『アルジェントさーかす』を結成して3年目に入りました。

今年の大道芸フェスティバルは 三茶de大道芸・みんな集まれ!池袋みんなの大道芸と、このあつぎ国際大道芸に出させて頂きました。

フェスティバル自体『アルジェントさーかす』が結成して間もない頃に出させてもらった以来だった為、久しぶりのフェスティバルでした。

そんな中多くの人が楽しみに待っていてくれた事に凄く感動しました。

あつぎ国際大道芸フェスティバルは神奈川を代表する巨大なイベントのひとつに成長してきました。

2008年から始まったこのフェスティバルの昨年の来場者数は15万3000人いたらしく、今年はその記録を超えた!と聞いています。

(インターネットで調べると、初日で7万5000人という記事は見つけました。)

年々大きくなっていく巨大なイベントです。

今年のフェスティバルはもう出演予定はありませんが、来年はもっと多くのフェスティバルに出たいと思っています。

フェスティバル情報も集めないと行けませんね( ̄▽ ̄;)

何か情報があったら教えてくださいm(_ _)m

GちょこMarble時代は依頼が来たフェスティバルにしか基本的には出演していなかったのですが、『アルジェントさーかす』は積極的に応募もしてみようかと考えています。

ただ、1つ問題が・・・(T_T)

GちょこMarble時代に応募で動画をほとんど作っていなかった為、動画制作が苦手なのです(´;ω;`)

パフォーマー、ファンの方、一般の方、フェスティバル関係者問わず動画に関する感想やアドバイスを頂けると凄く嬉しいです。

このブログのコメント欄はこの記事の下の方にあります。

助けてください.・゚゚(>ω<。人)

よろしくお願いしますm(_ _)m

GEN(ジェン)

あつぎ国際大道芸フェスティバル2019活動記録ブログはこちらです。

告知ブログはこちらです。

多摩動物公園での大道芸イベント 入口前で行われるショーは、動物園の楽しみ方の1つです。

ヘブンアーティストTOKYO2019 大道芸人GEN(ジェン) 上野公園 顔が風船

多摩動物公園で大道芸人GEN(ジェン)のパフォーマンスを行ってきました。

多摩動物公園の正門前は東京都が発行する大道芸のライセンス、ヘブンアーティストの指定ポイントのひとつなのです。

多摩動物公園は物凄く広い動物園で、評判の良い動物園です。

少し肌寒くなってきた11月の後半なのに、この日は暖かい陽気になりました。

多摩動物公園も混雑する秋から、人が少なくなってきてのんびり動物を見るには良い冬が近づきました。

大道芸を行うにはちょっと心配だったのですが、この日は天気も味方してくれて、多くの人が足を止めてくれました。

サーカス芸を行うには過酷な坂道にあるポイントなのですが、ハプニング大歓迎の僕としては大好きなポイントなのです。

スタート時は少し人が少ないな?と思いながらも準備を開始。

だけど、足を止めてくれる人の比率が多かったためか、いいショーを行うことができました。

「多摩動物園で大道芸を見たことがある人?」と質問すると、そこそこの人が手を上げるようになってきました。

大道芸のみが目当てという人はここでは見た事がないため、動物園のリピーターがいかに多いのかが分かります。

「大道芸を楽しみにしてた人?」と聞くと、まだ手を上げる人はパラパラ( ̄▽ ̄;)

動物園で告知はしていないだろうから、口コミがもっと増えていって欲しいものです。

とはいえ、動物園の来場者数が少ない冬と夏は大道芸に来る人もほとんど居ないだろうから、口コミを増やす事も難しいのかもしれませんが・・・(T_T)

すぐ近くにそこまで住宅が多い訳でもない。

しかも山の中にあり、車で来る時に坂をずっと上がってくるような所にあるのに、何故か自転車が多い。

みんなどこから来ているのですかね?

とは言っても、車の人も多いけど、ほとんどが電車客なので、早めの時間はモノレールが来る時に人が増えて、モノレールが来ない時は閑散としている。そんなイメージの場所です。

1回ショーが終わると、「何かやるんですか?」「何始まるの?」というくらいすぐに足を止めてくれる人がいたため、今日は比較的とんとん拍子でショーをスタートできました。

普段だと、人集めにちょっと苦労する感じなのですが(;^_^A

気が付けば、4回もショーを行うことができて体はバキバキ(;▽;)

そういえば最近こんなに休憩なしの連続でショーを行ってなかったかもしれないですね(;^_^A

フェスティバルシーズンに突入してからは、上野公園でも3回連続位がマックスかな?

ヘブンアーティストでは、パフォーマンスの枠が時間で決められているため、沢山やろうと思ったら、休憩が取れないのがちょっとしんどいですね(;^ω^)

帰ってTwitterを見てみると今日客上げした人から、動画付きでメッセージが( ・◡・ )♫•*¨*•.¸¸♪

嬉しいですね(#^.^#)

その動画がこちらです。

この回は乗りの良いお客さんが多くて楽しかったです♪

(。´・ω・)ん?そういえば最近お客さんの人数は多いときと、少ないときはもちろんあるのですが、辛かったり、きついと思うときが減ったような?

もしかしたらブログでパフォーマンスのことを書いているのが、良い方向に出てきているのかもしれません。

漠然とわかっていた内容を人に伝えようと、しっかりと落とし込むことによって自分自身しっかりと理解できるようになってきたって事ですね(*^^)v

「一定レベルから上を目指すためには、教えるようにならないとだめだ!」

僕の人生の中で、何回か聞いてきた言葉なんです。

特にHMCを立ち上げてからはその事を実践しようと、身近にいた後輩には指導してきたつもりなのですが、もしかしたらブログを書いている今が一番自分が成長できてる可能性があります。

少なくても自分が成長していると実感している間は、この情報発信は続けて行こうと思います。

次の多摩動物園は11月30日を予定しているので、お時間ある方は是非遊びに来てください。

GEN(ジェン)のスケジュールはこちらをご覧ください。

GEN(ジェン)の事を詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。

GEN(ジェン)はソロパフォーマンス以外にこんなパフォーマンスも行っています。

多摩動物園の過去の記事も合わせて読んでください。

GEN(ジェン)

GEN(ジェン)の軌跡5~被災地に笑顔を届けたい~避難所の様子・千葉にエールを!

前の記事、
GEN(ジェン)の軌跡4~被災地に笑顔を届けたい~東日本大震災の時僕達が取った行動
は、こちらをご覧ください。

避難所に着くと、まず見慣れない光景が目に入った。
自衛隊の車が並び、仮設浴場だったり、炊き出しの準備をしているのだ。

防衛庁とは鉄砲やミサイル、戦車や戦闘機などを使って日本を防衛したり、侵略された地を取り戻す為の戦闘をする為のもの。だと思っていたのだが、 今回の被災地支援の旅は、 こういった救助や被災地支援も行っている。という事を知り、僕の中の防衛庁のイメージがガラリと変わるきっかけとなった旅でもあった。

そしていよいよ避難所の中に・・・

過去にテレビで見たことがあるような、みんな暗い顔をしてどんよりした空気なのかな?などと想像しながら車を下りて入口に向かうと、ちょっと意外な光景があった。

外で子供達が無邪気に走り回っている。
そう、震災があっても、子供達は遊びたいのである。

これからどうなるかわからない先の見えない不安とは関係なく、今を楽しみたいのである。

ただし、中の雰囲気はテレビで見た事のある空間がそこにはあった。

K氏が避難所の責任者と何か話している。

どうやら何をしに来たのか具体的には伝わっていなかったようだ!

もしかしたらパフォーマンスさせてもらえないかもしれない。

そう思った僕達は、外で遊んでる子供達だけでもさらに楽しい思い出を残してあげたいと思って子供達とあそび始めた。

言い忘れていたが、この時被災地に行ったのは、パフォーマーはGちょこMarbleの2人だけで、何があってもすぐ対応できるように身軽な体制で来たのである。

子供達と風船やジャグリングなどで遊んでいると、ぞくぞくと人が集まってきた。

奥ではK氏と避難所の責任者それに橋本氏が参加して話し合っている。

しばらく経つと、「じぇーん!やれるぞ!部屋も用意してくれるって!!」と、橋本氏の声が響く。

さすが橋本さん♪こういう時の説得力は抜群にある!

さすがに避難所の中でパフォーマンスを行う事は生活空間の中で行う事になってしまうから出来ないらしい。

考えてみれば当たり前の話である。

なので近場で空いている施設の部屋で行ってほしい。という事だった。

ところが、もう少ししたら食事の時間になってしまう為、直ぐに始めるのなら・・・と、着替えもメイクも無いままパフォーマンスする事になった。

一応避難所の中でパフォーマンスを行う事を告知はしてくれるみたいなのだが、予定になかった事なので、もちろん事前の告知は何もしていない。

しかも指定された会場は避難所からは少し離れている。

そこで、一緒に遊んでいた子供達に「ショーやるから場所変えるよ!みんなおいで!」と言って子供達を会場まで連れて行き、直ぐに始められる環境を半分無理やり作った。

会場に着き、いざパフォーマンスを始めると、たちまち会場内に子供達の笑い声と歓声が鳴り響いた。恐らく会場の外にも響いていたのではなかろうか・・・。

その様子はまるで今までのストレスを発散させるべく騒いでいるかのようである。

子供達は震災とは関係なく遊びたい!とは言っても、普段とは違う環境での生活。ストレスが溜まっていないわけが無い。

その笑い声に誘われて大人たちも集まってきた。

終わる頃には小規模ながらしっかりしたイベント位の人が集まっていた。

ショーが終わってから、食事までに少し時間があったので、来ていた子供達全員に風船をプレゼントさせてもらった。

あの時の子供たちの笑顔は一生忘れられないと思うし、パフォーマーとしてのやりがいを一番感じた瞬間でもあったように思う。

そして、小規模でもあれだけ盛り上がったイベントも少ない。

スタート前に子供達と遊んでいた事により、ショースタート前から子供達の心を掴めていた事。 
その子供達が、最初から笑ったり歓声を上げてくれた事により、後から来た人達も直ぐに素直に声を出す事ができた事。

何より震災と津波という巨大なストレスから一時でも解放されたという現実。

これら全てが良い方向に転がった結果だった。

むかし『からふる・ぽけっと』をじっきぃと立ち上げた時にボランティアの事やケアリングパフォーマンスや被災地支援について少し勉強したことがあったのだが、日本の被災地支援の先行部隊にはカウンセラー(心のケア)のチームが入っていないそうだ。

海外の被災地支援部隊にはカウンセラーが一番最初に現地に行く部隊に入ってる所が多いと聞いた。
地震大国日本としてその遅れは如何なものかと、当時疑問に思った事を覚えている。

もっとも20年近く前に調べた事なので、今どうなっているかは知らないが、2012年に被災地支援に行った時、心のケアがいかに大切なのかを気付かされた。

子供達とその家族と少し交流した後、また来る事を約束してその場を去った。

遠刈田(とおがった)に行く予定だけだったのが、こうして被災した場所に直接行ってパフォーマンスをする機会をくれたK氏、そしてちゃんとパフォーマンスが出来るように交渉してくれた橋本氏には感謝の言葉しかない。

この経験は僕がパフォーマンスとどう向き合っていくのか、なんの為にパフォーマンスをしているのかその根本を考えるいい機会になった。

被災地を後にした我々は、いよいよ目的の地の遠刈田温泉に向かった。

その日は宿泊して翌日にパフォーマンスを行う予定だ。

現地に着くとフェスティバルの時いつもお世話になってる旅館に案内された。

旅館の女将さんとご主人と我々が無事に再会できたことを喜んだ後、旅館の温泉に入り食事をさせてもらった。

いつも通りのすごく美味しい立派な食事だった。

この瞬間は被災地支援に来たのか、旅行に来たのか分からない状態となり、その日あった凄まじい体験の数々をリセットして、翌日のパフォーマンスに集中する為の良い時間となった。

食事の後、K氏がラベルが真っ赤に染まったワインを持ってきて・・・

「これはワインを被ったワインで、売り物にならなくなったものだから、一緒に飲もう!」と言ってくれた。

棚に陳列してあったワインが地震で割れてその下にあったワインが被ってしまったという事らしい。

この頃の僕は酒に目がなく、かなりの量飲むことを知っていたK氏の心使いだった。

震災の時の話、これからどうして行くのか?どうするべきなのか?様々な話しをしていると、何人か挨拶に来てくれた。

どの人達もフェスティバルの時見た事のある顔ぶれだった。

心のどこかにパフォーマンスに押しかけた事がかえって迷惑にはならないだろうか?と、不安だった僕達の心を完全に拭い去ってくれるほど感謝された飲み会だった。

その夜は、皆さんのあたたかい心遣いのおかげでグッスリと寝る事ができた。

この『被災地に笑顔を届けたい』の第2話でようやく初日終了。

第2話を書き始めた時は遠刈田が終わるくらいまで書こうと思っていたのだが、やはり内容が増えていってしまった。

第3話では遠刈田の終わりまでは行きたいと思う。

本当なら全てをサラッと書き上げて千葉で頑張っている仲間にエールを送る内容にしたかったのだが、どうやら最後まで書き上げるには時間が足りなすぎるらしい。

そう、今日と明日。

『復興応援 千葉大道芸』

が行われている最中なのだ。

今日は残念ながら雨のため、一部縮小したらしいが、天気予報を見ると明日は午後には雨が上がるらしい。

今からでも明日(2019年11月24日)予定がつけられる人は是非千葉に大道芸をぜひ見に行ってもらいたい。

千葉に笑顔を届けるために仲間の大道芸人たちが頑張っているのだ。

正直今回このブログの企画を思いついたのが、ちょっと遅すぎました・・・。

千葉にエールが送れないとあまり意味がないため、今回も写真の選別は後回しにし、シリーズ最後まで書き上げられないが、先に『復興支援 千葉大道芸』の宣伝をさせてもらうことにしました。

『アルジェントさーかす』は今回参加してはいないが、千葉に笑顔が届くようにイベントの成功を心から祈っています。

がんばれ!

GEN(ジェン)

GEN(ジェン)の軌跡一覧はこちらです。