2019年 12月 の投稿一覧

大道芸やイベントで大人気!アルジェントさーかすのパフォーマンスを見たら笑うしかない。

2019年アルジェントさーかすは様々なイベントでパフォーマンスを披露してきました。
大道芸、イベント、お祭り、企業イベント、町おこしイベント、商業施設イベント、保育園、老人ホーム、大道芸フェスティバル、観光地、などなど

驚くべき点は一切のハズレがなく、すべての現場で大人気となり、高評価をいただいたということでした。

そんなあらゆるイベントで大人気となった『アルジェントさーかす』の大道芸パフォーマンスを紹介します。

大道芸イベントの魅力

今、全国で広がりを見せる大道芸イベント。
なぜ大道芸イベントがこんなにも沢山普及したのでしょうか?

これは大道芸人達が宣伝や現場スタッフによる観客の呼び込みや音響のオペレーターなど含めて、そういった準備が一切ない場所であったとしても成立させてしまう力を持っているところにあります。

もちろんあったほうがいいですよ!
特に告知や宣伝ははあったほうが沢山の人が集まります。

だけど・・・

大道芸人達は、普段路上や公園でパフォーマンスを行っているため、
司会や客集めのスタッフ、場合によってはステージや音響これらがなくてもパフォーマンスを行うことができます。(音響は持ち込みが可能という意味です。)

簡単にイベントを打つ事が出来る大変お手軽なイベントなのです。
さらに人目を惹きやすく、盛り上がりやすく、観客とのコミュニケーション能力が高い。

こういった理由から大道芸人を使うイベントが急激に増えてきています。

そんな大道芸業界の中でも特に派手で、笑いに包まれる大人気のパフォーマンスがあります。

アクロバットコメディ アルジェントさーかす

彼らの周りには歓声と笑い声と叫び声がこだましています。

大道芸イベントの魅力についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
大道芸がイベントで人気がある9つの理由

アルジェントさーかすとは?

まずはこちらの動画をご覧ください。

アルジェントさーかすとは、サーカス芸を使ったドタバタコメディを行う大道芸ユニットです。

アルくんのいたずらによってどんどん危険な重なり方になっていく5つの椅子、1メートルを超える大きな風船に入ってしまったGEN(ジェン)。この二人が繰り広げるドタバタな関係は笑わずにはいられない。サーカスから飛び出した2人のショーはドキドキワクワクの連続。『アルジェントさーかす』のショーを見て、笑って叫んで一緒に盛り上がりましょう!

サーカス芸という超絶技を笑いにこだわって見せていき、ハイレベルのコミュニケーションで観客を巻き込んでいくパフォーマンスは、その場を盛り上げることはもちろん、帰って食卓で話題に上がるような心に残るパフォーマンスをお届けします。

どんな芸が見れるの?

椅子倒立

木の椅子を積み上げたうえで行う逆立ちショーはサーカスでしか見れない迫力満点のパフォーマンスです。
しかもGEN(ジェン)が行う逆立ちは、レベルが高いと言われていたころの日本のサーカス技術を引き継いだ椅子倒立です。
その超絶技をコメディーで見せるパフォーマンスは世界中探しても珍しいパフォーマンスとなります。

ジャイアントバルーン

風船人間

巨大な風船の中に入ってしまうパフォーマンス。

日本でも風船に入るパフォーマンスを行うパフォーマーは何人かいますが、二人で行っているのは世界的にも珍しいです。
アルジェントさーかすの一番人気のパフォーマンスです。

風船飛ばし

ジャイアントバルーンを竿に付けて客席に投げ入れる観客参加型のパフォーマンスです。世界中で行っている人がいない完全オリジナルパフォーマンスです。

コメディ

笑いが持つ力を何よりも信じる二人が行うコメディは、クラウンコメディ・スラップスティック・コント・スタンドアップコメディ・サイレントコメディなど、様々なジャンルのコメディを複合させたパフォーマンスです。

笑わせて、笑われて、自らも笑う。
笑いにあふれたコメディです。

笑いとは人の心を豊かにし、人間関係を豊かにし、健康をももたらします。

笑いにこだわったパフォーマンス

笑うことが心を豊かにし、人生を明るく前向きにしてくれます。

最近笑ってますか?

ストレス社会と言われる現代、いやなことが沢山あります。

アルジェントさーかすのパフォーマンスを見ればそんなことは忘れて、思い切り笑う事が出来ます。

笑うことが明日への活力を与えてくれます。

笑う効果について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
笑う効果! 笑う事が人生の成功者へと導く。

メンバー

GEN(ジェン)

世紀末に大道芸を始めた芸歴20年の大道芸人
日本で唯一のサーカス学校でサーカス芸を学び、その他様々なアーティストと交流を持ち、数々の芸を学んできた。

年間500回前後のショーを行い、行ってきたグループショーの数は100種類を超える。

現在は『アルジェントさーかす』と『ハッピーメリーサーカス』を中心に関東を中心に活動している。

GEN(ジェン)についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
GEN(ジェン)のページ

アルくん

底抜けに明るいクラウン(ピエロ)のアルくん
自由奔放でいたずら大好きなアルくんが観客を巻き込みながら大暴れ!
アルくんの飛び切りの笑顔は老若男女問わず全ての観客の心をわしづかみにします。

アルくんの笑い声は、観客を巻き込み、会場中を笑いの渦へと変えていきます。

アルくんについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
アルくんとロイくんのページ

どこで見れるの?アルジェントさーかすを見る方法!

イベント

依頼があれば全国どこへでも行きます。

かわいい軽バンに荷物を詰めて全国各地を飛び回っています。

その情報はブログでお知らせしているので、近くに来たときは是非遊びに来てください。

また、出演依頼もお受けしています。お問い合わせは気軽にしてください。

皆さんへのお願い

クラウンアルくんからのお願い
  • お祭り・イベント・催し物・忘年会・新年会・企業イベントなど、提案できるところがあったら是非提案だけでもしてください。
    皆さんのこういった提案が、僕たちを全国各地に連れて行ってくれています。
  • ショッピングモールなどの商業施設に「お客様の声」のようなご意見箱があるところに「アルジェントさーかすのパフォーマンスが見たいので、呼んでください。」と書いていただけると、呼ばれる可能性があがります。
    (これで呼ばれることが定期的にあります。)

東京近辺の方へ

  • 平日のパフォーマンスに関しては多少安くてもお伺いさせていただきます。
    特に保育園・幼稚園などの子供たちのところには可能な限り対応させていただいています。
  • 老人ホームや障碍者福祉施設なども平日であれば多少安くても構いません。

イベント会社や大道芸フェスティバルの運営者の方へ

通常のパフォーマンスの他に、企画ものや、時間が短いなどの特殊なもの、季節の音楽などを使った季節もの様々なものに対応します。
是非一度お問い合わせください。

大道芸

アルジェントさーかすは、イベント出演の他に活動許可が出るところで大道芸も行っています。

イベントやフェスティバルと違って時間の制約がなく、その時の観客の状況に合わせて長く行ったり、短く行ったり、できるところもあります。
長く行えるところだと、45分から1時間位行うこともあります。

アルジェントさーかすが時間に縛られることなく、その時の状況に合わせてのびのびと行える場所は、2019年12月現在はアルカキット錦糸町と草津湯畑大道芸だけです。是非遊びに来てください。

アルカキット錦糸町の大道芸
草津湯畑大道芸2019夏

大道芸はイベントと違って投げ銭というスタイルで行います。
この時の投げ銭の取り方も大道芸の醍醐味です。

投げ銭の取り方をサラッと終わらせるパフォーマーもいますが、大道芸をやりこんでいるパフォーマー達は、これ自体がエンターテイメントショーとなっています。

アルジェントさーかすのパフォーマンスも、投げ銭のやり取りの駆け引きが楽しめるように作っています。

そこまで行うのが本当の大道芸パフォーマンスです。是非皆さんも本物の大道芸を見に来てください。

そして楽しかったら投げ銭をお願いします。

スケジュール

『アルジェントさーかす』『ハッピーメリーサーカス』『大道芸人GEN(ジェン)』『HMC(ハッピーメリーカンパニー)から派遣されたパフォーマー』のスケジュールです。

※注意事項

  • ヘブン活動に関しては現場が入るとキャンセルする可能性があります。
     『アルジェントさーかす』や『ハッピーメリーサーカス』のお問い合わせお待ちしています。
  • 平日のヘブン活動は天候やその他の理由によりキャンセルする場合があります。見に来る予定の方はお問い合わせすることをお勧めします。
      (ここのコメント欄・TwitterFacebookメールなどでお問い合わせください。)

情報発信

アルジェントさーかすのGEN(ジェン)はブログ・Twitter・Facebook・インスタグラムで
大道芸・クラウン・パフォーマンス業界をもっとメジャーな娯楽にする為に情報発信しています。
盛り上げて行くためにも、絡めそうな内容があったら気軽によろしくお願いします(ㅅ´ ˘ `)

Twitter・Facebookページ・インスタグラムでまだフォローしてない人は是非フォローしてください。(無言申請でも構いません)
GEN(ジェン)のTwitter
アルジェントさーかすのFacebookページ
GEN(ジェン)のインスタグラム
Twitterとインスタグラムはフォローしていただければフォローバックします

アルくんもツイッターやってます。
フォローすると飛び跳ねて喜びます。
アルくんのTwitter

お問い合わせ先

アルジェントさーかすの出演依頼・お問い合わせなどなど何でも気軽にお問い合わせください。

ご連絡お待ちしています。

アルジェントさーかすのその他の動画

アルジェントさーかすのその他の動画を見たい方はこちらをご覧ください。

GEN(ジェン)

亀戸香取神社へ続く、亀戸勝運商店街で行われた大道芸イベント!かめいど勝運大道芸2019

クラウンアルくんのお散歩

スポーツ振興の神 亀戸香取神社の参道にある勝運商店街は昭和30年代をイメージしたレトロな商店街が広がります。

その亀戸香取神社のスポーツ灯籠ライトアップイベントに合わせて勝運商店街でかめいど勝運大道芸が行われました。

12月22日アルジェントさーかすが初出演してきました。

かめいど勝運大道芸とは

亀戸香取神社が主催となり、そこに通じる参道の勝運商店街が協力して行われている大道芸イベントで、地元のパフォーマー(和風ポールダンス)である鷹島姫乃と共に年に数回行われているイベントです。

出演パフォーマーも超大御所のメンバーから、これから期待できる若手パフォーマーまで幅広く出演しています。
若手にも出演チャンスがあるってのはいいですよね♪

若手が伸びてくれることが僕のテーマでもある大道芸やイベント業界をメジャーな娯楽にしていく上でもとても大切なことなので、こういった現場はありがたいです。

また、今ではなかなか見る事が出来ないファイヤーショーが見れる大道芸イベントなので、長く続いてほしいと切に願っています。

お願い

なので、皆さんにお願いがあります。人´ω`)オネガイ~!
お友達をお誘いあわせの上来ていただきたいのはもちろんなのですが、SNSでの拡散など、ぜひこのかめいど勝運大道芸を宣伝してください。

今回2019年12月22日の出演者

アルジェントさーかす(アクロバットコメディ)
パオパオ堂。(生演奏)
しろみときみ(人形振り)
Universal Gipsy(ファイヤーパフォーマンス)
鷹島姫乃(和風ダンス)
雪狐(生人形)
もんぷち&Toko(回遊パフォーマンス)
Timo(手回しオルガン)
金魚姫(スタチュー)

アルジェントさーかすとは

大道芸人GEN(ジェン)とクラウンアルくんによるサーカス芸を使ったドタバタコメディーで観客を笑いの渦に巻き込んでいく大道芸ユニットです。

アルジェントさーかすの紹介文

アルくんのいたずらによってどんどん危険な重なり方になっていく5つの椅子、1メートルを超える大きな風船に入ってしまったGEN(ジェン)。この二人が繰り広げるドタバタな関係は笑わずにはいられない。サーカスから飛び出した2人のショーはドキドキワクワクの連続。『アルジェントさーかす』のショーを見て、笑って叫んで一緒に盛り上がりましょう!

アルジェントさーかすのことを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
アルジェントさーかすの大道芸

撮影して頂いた写真の数々

今回はショーの流れ通りに並べてみました♪

アップロードして頂いた動画

動画撮影 くりん

https://twitter.com/tamakoromeri/status/1209118950899892224

写真や動画をお持ちの方お知らせください。

この他の写真や動画をお持ちの方は是非ください。

写真や動画をお持ちの方はこちらから連絡お願いします。

亀戸香取神社とは

飛鳥時代天智天皇4年(665年)に創建したと伝えられています。

社殿は第二次世界大戦で燃えてしまったが、戦後木造で再建されているそうです。

歴代の天皇をはじめ源頼朝や徳川家康などの武将達、剣豪塚原卜伝や千葉周作をはじめとする多くの武道家達の篤い崇敬を受けてまいりました。

このような由来から、現在亀戸香取神社は「スポーツ振興の神」として、全国に知られるようになりました。毎年、スポーツ選手をはじめ、スポーツ大会・試合の勝利を願う多くの参拝者が訪れ篤い祈りを奉げており、また、そうしたみなさんの勝利をご祈願しております。

勝守や勝運袋など、勝つにかかわるものには様々なものに効果があるそうです。
スポーツ・病気・受験・仕事など、白星や勝ち星にかかわることに良いそうです。

勝運商店街とは

亀戸香取勝運商店街は江東区で最も古い歴史を持つ商店街だそうです。
もともとは亀戸香取神社の境内だったという参道に明治頃から発展していった商店街だそうです。

昭和23年にリニューアルオープンした時に昭和30年代をキーワードにレトロな雰囲気を持つ観光商店街として地域一帯で盛り上がっています。

かめいど勝運大道芸を見に来た時に、いい感じのお店やスポットを見つけた方は是非教えてください。

コメントの送り先

このブログのコメント欄は下の方にあります。
メールはこちらから
アルジェントさーかすのFacebookページ
GEN(ジェン)のTwitter

追伸

皆さんが盛り上げてくれることがこのイベントを長く続けていけることにつながります。今後ともかめいど勝運大道芸をよろしくお願いします。

今回の告知記事はこちらです。

2019年12月29日~2020年1月4日までのかめいど勝運大道芸の情報はこちらです。

アルジェントさーかすは12月30日の出演も決定しました。
詳しくはこちらをご覧ください。

GEN(ジェン)

かめいど勝運大道芸2019~2020!!スポーツ灯籠ライトアップ&お正月大道芸

亀戸香取神社のスポーツ灯籠ライトアップイベントとお正月の参拝に合わせて行われる大道芸イベント。

参道にあたる亀戸香取勝運商店街で数々の大道芸人が芸を振るって皆さんをお迎えします。

昭和30年をテーマにした亀戸香取勝運商店街で行われる『かめいど勝運大道芸』は他ではなかなか見る事が出来ないレトロな雰囲気の中で行われる大道芸イベントです。

アルジェントさーかす出演

12月22日に続いて30日もアルジェントさーかすが出演します。
アルジェントさーかすとは、大道芸人GEN(ジェン)とクラウンアルくんによるサーカス芸を使ったドタバタコメディーで観客を笑わせるパフォーマンスをしている大道芸ユニットです。

アルジェントさーかすのことを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
アルジェントさーかすの大道芸

かめいど勝運大道芸12月22日の告知ブログ記事はこちらをご覧ください。
かめいど勝運大道芸12月22日の告知記事

かめいど勝運大道芸12月22日の活動報告ブログ記事はこちらをご覧ください。
かめいど勝運大道芸12月22日の活動報告記事

22日のパフォーマンスの様子

3回行ったパフォーマンスの3回目。
この回は不運にも雨の中でのパフォーマンスとなってしまいました。
映像には雨が移ってないですが、皆さん傘をさしてみてくれています。

動画撮影 くりん さん
映像ありがとうございました。

イベント情報

かめいど勝運大道芸2020

開催日

2019年12月21日・22日(すでに終了)
 22日の様子はこちらをご覧ください。
29日(日)・30日(月)
2020年1月2日(木)・3日(金)・4日(土)

開催時間

12時~16時30分頃

場所

亀戸香取勝運商店街
〒136-0071 東京都江東区亀戸3丁目61−9
https://maps.app.goo.gl/9KYwRkf29YB48n9p9

かめいど勝運大道芸開催場所マップ

公式情報の場所のリンク

場所 亀戸香取勝運商店街 (亀戸駅北口より徒歩5分)
MAP https://koto-kanko.jp/event/detail.php?eid=1012

ポイント情報

かめいど勝運大道芸のポイントマップ

出演者

アルジェントさーかすは12月30日のみとなります。

12月29日(日)

サンキュー手塚(コメディ)
小林智裕(ジャグリング)
ぱふぉーまー まめ(ヴィジュアルコメディ)
Universal Gypsy (ファイヤーパフォーマンス)
鷹島姫乃(和風ポールダンス)
アストロノーツ(スタチュー)
金魚姫 (スタチュー)
ピエロのましら (バルーンアート)
茶運び人形 鈴 (スタチュー)

29日 定点ショースケジュール

12:00 小林智裕
12:30 サンキュー手塚
13:00 ぱふぉーまーまめ
13:30 Universal Gypsy
14:00 鷹島姫乃
14:30 小林智裕
15:00 サンキュー手塚
15:30 ぱふぉーまーまめ
16:00 Universal Gypsy

12月30日(月)

アルジェントさーかす(アクロバットコメディ)
虹たまや(しゃぼん玉)
アストロノーツ(スタチュー)
ジェンガ金次郎(スタチュー)
Universal Gypsy (ファイヤーパフォーマンス)
鷹島姫乃(和風ポールダンス)
clownものまる(ジャグリングクラウン)
マイミー(人形振り)
史絃(筑前琵琶)
Timo &Shibaraku(カホンと手回しオルガン)
淳慶仏(スタチュー)

30日定点ショースケジュール

12:00 虹たまや 川銀
12:30 アルジェントさーかす 中央
13:00 clownものまる スミレ
13:30 鷹島姫乃 川銀
14:00 虹たまや 中央
14:30 アルジェントさーかす スミレ
15:00 clownものまる 中央
15:30 鷹島姫乃 川銀
16:00 淺草十一寸&Timo+Universal Gypsy(コラボ) スミレ
終了後 2019フィナーレ 中央

1月2日(木祝)

華のぶりうり組(コメディジャグリング)
鷹島姫乃(和風ポールダンス)
Universal Gypsy (ファイヤーパフォーマンス)
結城敬介(ジャグリング)
Yo-Yo Entertainer TOMMY(ヨーヨー)
しろみときみ(人形振り)
雪狐(生人形)
Timo &Shibaraku(カホンと手回しオルガン)
茶運び人形 鈴(スタチュー)
招福(スタチュー)
アンティークドールリリー(オルゴール人形)

2日定点ショースケジュール

※11:30よりTimo&Universal Gypsyによる演奏&勝運手袋お振る舞い有。
入り口鳥居にて。
12:00 結城敬介 スミレ
12:30 Yo-Yo Entertainer TOMMY 中央
華のぶりうり組 神社前
13:00 Universal Gypsy スミレ
13:30 鷹島姫乃 神社前
14:00 結城敬介 中央
14:30 Timo &Shibaraku スミレ
華のぶりうり組 神社前
15:00 Yo-Yo Entertainer TOMMY 川銀
15:30 鷹島姫乃 神社前
16:00 Universal Gypsy スミレ
フィナーレ

1月3日(金祝)

三雲いおり(コメディジャグリング)
太平洋(和風曲芸)
ちゅうサン(パントマイム)
鷹島姫乃(和風ポールダンス)
マイミー(人形振り)
雪狐(生人形)
もんぷち&Toko(回遊パフォーマンス)
Timo & Shibaraku(カホンと手回しオルガン)
アンティークドールリリー(オルゴール人形)
茶運び人形 鈴(スタチュー)

3日定点ショースケジュール

12:00 Timo & Shibaraku スミレ
太平洋 神社前
12:30 三雲いおり 中央
13:00 鷹島姫乃 川銀
13:30 ちゅうサン 中央
14:00 太平洋 神社前
Universal Gypsy スミレ
14:30 鷹島姫乃 川銀
15:00 Timo & Shibaraku スミレ
三雲いおり 神社前
15:30 ちゅうサン 中央
16:00 Universal Gypsy スミレ
フィナーレ

1月4日(土)

三雲いおり(コメディジャグリング)
虹たまや(しゃぼん玉)
Hi2(スタイリッシュコメディ)
プリコロハウス(ミニミニバンド)
鷹島姫乃(和風ポールダンス)
をぢこ。(スタチュー)
もんぷち&Toko(回遊パフォーマンス)
Timo & Shibaraku(カホンと手回しオルガン)
アンティークドールリリー(オルゴール人形)
バルーン&足長のKeyくん!(回遊)
YAMAHA/ソらと晴れ女(舞踏)

4日定点ショースケジュール

12:00 Entertainer Hi2 スミレ
12:30 三雲いおり 中央
13:00 Timo & Shibaraku スミレ
鷹島姫乃 神社前
13:30 Entertainer Hi2 中央
14:00 プリコロハウス スミレ
虹たまや 神社前
14:30 三雲いおり 川銀
15:00 Timo & Shibaraku スミレ
鷹島姫乃 神社前
15:30 虹たまや 川銀
16:00 プリコロハウス スミレ
フィナーレ

出演者情報 総勢36組

当日のお知らせ

30日に関して

アルジェントさーかすのFacebookページとGEN(ジェン)のTwitterでもお知らせしています。

アルジェントさーかすのFacebookページ

GEN(ジェン)のTwitter

公式

荒天時などの開催情報は、Facebookページにて
かめいど勝運大道芸の公式ページ
https://www.facebook.com/KachiunStreetperformance/

イベントの主催と協力

主催/亀戸香取神社

亀戸香取神社とは、665年(天智天皇4年)に創建とされています。
第二次世界大戦の空襲で社殿を焼失するが、1948(昭和23)年に再建したらしいです。

スポーツ振興の神として著名であり、白星と言うことから仕事での勝運祈願としてもOKだそうです。

協力/亀戸香取勝運商店街(香取大門通り会)

昭和30年代をキーワードとしたレトロな雰囲気の商店街です。
元々は亀戸香取神社の境内だった参道に明治のころから発展していった商店街だそうです。

長野県の第25回野辺山高原アイスキャンドルフェスティバルの大道芸イベント

長野県のイベントにアルジェントさーかすが出演します。

長野県にはなかなか行く機会がないので、お近くの方は是非遊びに来てください。

大道芸イベントの他にも、アイスキャンドルコンテスト、キャンプファイヤー、タコ作り体験・タコ上げワークショップ、餅つき、大ビンゴゲーム、打ち上げ花火、多数のバルと呼ばれる飲食店など、一日楽しめるイベントです。

宿泊の問い合わせもできる為、県内外から遊びに行けるイベントです。

アクロバットコメディ アルジェントさーかす

アルジェントさーかすのことを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

アルジェントさーかすの大道芸


長野県は『ハッピーメリーサーカス』では行ったことがあるのですが、『アルジェントさーかす』としては初じめて伺うことになります。

ハッピーメリーサーカスのことを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

ハッピーメリーサーカスのパフォーマンスショー


しかも2月のスキーシーズンのイベント。

元スキーヤーのGEN(ジェン)にとっては嬉しい限りです♪

専門学校が長野県の菅平高原にあった為、会場の近くは車ではよく通っていたはずなのですが、降りたことがない場所なので、これまた楽しみです(^-^)/

と思っていたのですが、現場を調べてみると関越から行くのではなく、中央道から行くみたいですね(;^ω^)

僕が良く通っていたのは佐久
今回の現場は南佐久でした(;’∀’)

イベント情報

日時

2020年2月8日土曜日

イベントは12:00~スタートします。

アルジェントさーかすの出演時間は17:00~17:30を予定しています。

場所

南牧村農村文化情報交流館ベジタボールウィズ
〒384-1305 長野県南佐久郡南牧村大字野辺山412−1
0267-98-2505
https://maps.app.goo.gl/qSicnyrNhu5zqfVH6

車でお越しの方は雪国なので、スタッドレスタイヤなどの装備をお忘れなくお願いします(ㅅ´ ˘ `)

イベントのお問い合わせ先

南牧村商工会 0267-96-2134

宿泊のお問い合わせ

野辺山観光案内所 0267-98-2091

アイスキャンドルフェスティバル・・・ポスター見ていても結構面白そうですよね。

大道芸以外にもいろんな催し物が沢山あるので、一日楽しめそうです。

キャンプファイヤーの点火式・・・火吹きショーが映えそうですが、今回はそこまで依頼がないので、行いませんが・・・やりたい(*´艸`*)

声がかかれば喜んでやらせていただきますが、当然何か点火式は考えている事だろうと思います。

アイスキャンドルコンテストも気になります。
アルくんに参加してみたら?って言おうと思ったのですが、『氷で作った』と書いてあるので、東京から作って持ち込むことは難しそうですね(;^ω^)

第25回って結構続いてますよね♪
調べてみると昨年はマジカルTOMくんが出演していたみたいです(*゚▽゚)ノ
負けないように頑張ります(≧∀≦ゞ ビシッ

マジカルTOMくんとは、昔バルーンバトルというショーでじっきぃと三人で作品作ったり、一緒に練習したりしていた仲間なのです♪

今回僕たちのショーは室内なので、そこまでは寒くないのかな?

皆さんも旅行がてら是非遊びに来てくださいネ♪

GEN(ジェン)

皆さんの寒さ対策を教えてください。 皆さんの対策方法も公開中! (更新していくブログ記事)

記事の後半、皆さんから教えていただいた寒さ対策の方法を載せてあります。(更新していくブログ記事にしていきたいと思います。)

これから寒い日々が続きます。
大道芸を見るのもしんどくなってきますね。

ですが、我々は寒い中でも頑張ってパフォーマンス行っていくしかないのですが、
見る方は頑張って見てると拍手もしづらくなります。
声も出しづらくなります。
笑えるところも笑えなくなってしまいます。

そこでみなさんが知ってる寒さ対策情報知りたい寒さ対策情報を教えてくたさい。

  • 皆さんが行っている寒さ対策
  • 使用している防寒対策グッズ
  • 気になっている防寒対策グッズ
  • ここが暖かくなる方法知ってるよ!
  • もしくは知りませんか?

なんでもいいです。
情報を共有した方が、快適に大道芸を見る事が出来ると思うので、皆さんの意見お待ちしてます(^-^)/

後ほどその内容をまとめて皆さんと情報共有できるようにしていきたいと思います。

タイトルの横の日にちは記事を書き足した時の日にちです。

コメントの記入方法

みんなで寒さ対策してこの冬も大道芸を盛り上げていきましょう!

少しでも沢山の人の意見が聞きたいので、拡散よろしくお願いします。

皆さんからのコメントをもとに調べたこと!

※タイトルの横の日付は記事を書き足した時の日にちです。

SOBUKI君からの情報

光電子の極厚インナー 12/20

光電子とは?Wikipediaによると・・・

光電子(こうでんし、英: photoelectron)は、光電効果によって、光のエネルギーを吸収し、物質表面から外部に放出された自由電子と、固体の内部に留まるが励起されて伝導(光伝導)に寄与するようになった電子の総称である。また、光電子による電流を光電流と呼ぶ。

教えてもらった「光電子の極厚インナー上下」極厚インナー上下」で検索するとこれが出てきました。

他にも光電子インナーで検索するといろいろ出てきます。

情報提供してくれたSOBUKI君のおすすめ!


ハヤブサ フリーノット レイヤーテックアンダータイツ超厚手 ブラック Y5614 (発熱肌着 防寒インナー)

SOBUKI君からのアドバイス

とのことです(*゚▽゚)ノ

電熱ベスト 12/20

USB充電可能な加熱式のベスト
調べてみるとデザインも豊富だし、インナーとして使えるものもあります。

インナーとして使えるものもありますね♪

今、衣装として作り直せそうなものを探し中です(*゚▽゚)ノ

ユニクロダウンとウィンドブレーカーの合わせ技 12/20

これまたSOBUKI君からの情報です。
ダウンジャケットの上から風を通さない素材のものを着るといいそうです。

楽天やAmazonだとユニクロ製品がなかったので、中古になりますが、ご案内。


【中古】ユニクロ UNIQLO ダウンジャケット アウター 長袖 ジップアップ XL ダークブラウン ※EKM メンズ 【ベクトル 古着】 191204 ベクトルプレミアム店

ユニクロのダウンジャケットは薄手のものがあるため、重ね着するにはユニクロのものが金額的にも手ごろなのかな?と思いました。

ウィンドブレーカーは何でもいいと思うのですが、探してみるとウィンドブレーカーダウンジャケットなるものを発見♪

ここまでのお知らせはSOBUKI君からの情報です。

大道芸業界の釣り人としても有名なSOBUKI君だから、寒さ対策の知識は凄いですね♪

よかったらSOBUKI君のTwitterもフォローしてくださいネ♪

KS*コロメチチコってる②サンからの情報

カイロは僕も使うときがあります。

他にも足裏に貼るカイロとかも結構効果的かと思います♪

カイロの中ではこのマグマというのがいいと、聞いたことがあります。

カイロを使った寒さ対策 12/20

足裏カイロ 12/20

空白「」さんからの情報

https://twitter.com/n_asuka0514/status/1207952517339865089

てっきりヒートテックの事かと思ったら、違うらしいです。

https://twitter.com/n_asuka0514/status/1207956500582256640

薬局やなどではそのようなもの確かに見覚えがあるのですが、発熱性で調べると範囲が凄く広いものを指してるみたいですね。
でも、アルくんが履いているのも発熱性の裏起毛のレギンスらしいのですが、かなり暖かいらしいです(^^)/

発熱性のタイツ 12/20

こんな感じのものですかね?

調べてみるとタイツだけではなく、ウエアーもあるみたいですね!

発熱性のウエアー 12/20

さらにこんなのも見つけました。

電熱 ヒーターパンツ 12/20

熱電タイツとでもいうのですかね?

熱電タイツで検索したら出てこなかったです(´;ω;`)ウゥゥ

ヒーターパンツで検索したら出てきました(*゚▽゚)ノ

他にも種類はあるみたいです。

ダンボさんからの情報

https://twitter.com/dumbo_circus/status/1208194843165380610

パフォーマンスをする人には動きやすいほうがいいですよね♪
実際に僕も寒さ対策をすればするだけ動きにくくなるため、その辺が悩みの種なんですが、スポーツウエア―なら、動きやすそうですね。

ダンボさんがおすすめしてくれたメーカーのものを見つけました。

スポーツウエア― アンダーアーマー発熱機能付き 12/21

Sakuraさんからの情報

裏起毛のものを着ることはあるのですが、その下にヒートテックを着こむってのはいいかもしれないですね♪

裏起毛のものは汗を吸わないから気持ち悪いってこともないですし。

ヒートテック+裏起毛ジャージ 12/21

裏起毛ジャージやトレーナーは沢山ありますね♪

それでも寒かったらmizunoのブレスサーモ
mizunoと言えばスポーツウエア―だから動きやすいのかな?

しかもヒートテックよりも暖かいってことなのかな?
気になりますね♪

ロボティン(しろみときみ)さんからの情報

ロボティン(しろみときみ)さんからの情報

かめいど勝運大道芸で一緒だったロボティンさんと話をしていたら、このブログ記事の話になりました。

僕のブログ見てくれてるみたいで嬉しかったですね♪

バイクに乗るときは電熱系のヒーターパンツ履いてるよ!との情報をいただきました。

さらに話を聞いていると、バイク用品で電熱ヒーター付きのグローブがあるとの事。

調べてみました(*゚▽゚)ノ

電熱グローブ 12/23

バイク用のグローブは見た目のごつさよりは使い勝手がいいそうです。

ゆずピーちさんからの問い合わせ

https://twitter.com/iDa6UQ80hR5Th6o/status/1209066571856896000

あったか靴下 12/27

とにかくあったかい靴下って何だろう?
ヒートテックにも靴下はあります。
それ以外だとどんなのがあるのかな?

調べてみました。

桐灰科学さんと言えば、ホッカイロも出してるメーカーなので、いいかもです。

電熱ソックス 12/27

靴下にも電熱シリーズがありました。

バッテリーを足に巻き付けるタイプと、靴下にしまえるタイプがあったのですが、しまえるタイプのほうが使いやすそうだったので、こっちにしました。
金額の差は、バッテリーの金額が大多数かな?

大道芸を見るうえで比較的持ちのいいものを探してみました。

電熱インソール 12/27

インソール(靴の中敷き)にも電熱シリーズありました。

バッテリーを足首に巻き付けるものと、インソール内部に埋め込まれているものがありました。

いろいろ見て、良さそうなものを選んでみました。

えり|ω·)さんからの情報

カイロ6個は凄いですね!
でもカイロの効果的な貼りかたは把握しておいた方がよさそうですね♪

カイを張るのにの効果的な場所 12/27

いろいろ調べてみました。

  • 一番おすすめは 首の部分だそうです。
    太い血管と大椎(だいつい)というツボがあるため、全身を温めるには首下の部分を温めるとよいとのことでした。
  • 次が 丹田おへその下5~9センチ位の所
    腰のほうがいいと思っていたのですが、お腹の方が体を温める為にも健康のためにも良いそうです。
    気海(きかい)というツボがあるそうです。
  • 次に肩甲骨(背中)
    大きな筋肉があり、冷えると筋肉が血管を押しつぶしてしまうらしく、血行が悪くなって冷えやすい体になるそうです。
    風門(ふうもん)というツボをはじめとするいろんなツボが沢山あるそうです。

  • 腰は腰周辺を温めるには一番いいそうです。
    命門(めいもん)というツボがあるそうです。
  • 足首くるぶし周辺とアキレス腱あたり
    太谿(たいけい)というツボがあるそうです。

知っておくと便利ですよね♪

GEN(ジェン)の対策

いろいろ出てきますね♪

僕が今まで行っていた方法も紹介します。

ヒートテック二重履きを上下行って、靴下も二重履きにしています。

どちらも、下に薄手のもの、上に厚手のものを着たり履いたりしています。

他にやっていたことと言えば、生姜のチューブを持ち歩いてたってことも寒さ対策ですかね?

これから寒い場所に行くぞって言う前の食事の時に生姜をしこたま入れて食事する。

そばとかだとかなり入れてもおいしく食べられます。
生姜意外だと、七味唐辛子とか、一味唐辛子もやりますが、生姜のほうが長続きする気がします。

ですが、これだとショーが始まって動いている僕らはなんとかなりますが、動かないとなると、ちょっと寒いかな?

まとめ

皆さんからいただいた情報から対策方法をジャンル分けすると、

  • 日常生活系
  • スポーツ系
  • 釣り人系
  • バイク系

の対策が出てきましたね♪
やはり聞いてみるものですね。

他にもまだありそうですよね。

まだ他の情報をお持ちの方、皆さんの意見お待ちしています。

コメントの記入方法

みんなで寒さ対策してこの冬も大道芸を盛り上げていきましょう!

少しでも沢山の人の意見が聞きたいので、拡散よろしくお願いします。

GEN(ジェン)

東京の大道芸イベント 亀戸大道芸2019Vol.10 人が集まる商店街イベント

亀戸の北口に広がる十三間通商店街が日曜日・祝日に歩行者天国になります。

明治通りが歩行者天国になるなんてちょっと信じられないような話であるが、
その商店街で毎月行われている大道芸イベントが回を増すごとに認知され、人が増えていっています。

そんな大道芸イベントに『アルジェントさーかす』で出演してきました。

2019年12月15日 亀戸大道芸2019Vol.10が行われました。

毎月行われているイベントなのですが、この日は2019年を締めくくるイベントとのことで、いつもよりも多いパフォーマーが出演していました。

今回の出演者

ショー
・アルジェントさーかす(サーカスコメディー)
・clownものまる(ジャグリングクラウン)
・ハードパンチャーしんのすけ(ジャグリング)

アトモスフィア
・アートパフォーマー☆ファイター☆(ライブペイント)
・アストロノーツ(スタチュー)
・しろみときみ(人形振り)

・グレイスト(スタチュー(ロービング))
・猫のアーサー(ロービング)
・YAMAHA/ソらと晴れ女(舞踏)
・Pirates of the Kameido(バルーングリーティング)

アルジェントさーかす初出演

僕たちアルジェントさーかすは実は初出場♪
初めての出演にもかかわらず多くの方が見に来てくれて、すごく楽しいイベントとなりました。

『アルジェントさーかす』というのは、『大道芸人 GEN(ジェン)』と『クラウンアルくん』によるサーカス芸を使ったドタバタコメディを行う大道芸ユニットです。

アルジェントさーかす宣材写真

アルくんのいたずらによってどんどん危険な重なり方になっていく5つの椅子、1メートルを超える大きな風船に入ってしまったGEN(ジェン)。この二人が繰り広げるドタバタな関係は笑わずにはいられない。サーカスから飛び出した2人のショーはドキドキワクワクの連続。『アルジェントさーかす』のショーを見て、笑って叫んで一緒に盛り上がりましょう!

アルジェントさーかすのことをもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

アルジェントさーかすの大道芸パフォーマンス

今回行ったショーの回数は2回そして最後のフィナーレを入れて全部で3回

どれもすごく楽しかったです。

出演者の数的にも、これはもうフェスティバルと呼んでも問題がないレベルではないでしょうか?

イベントの名前にVol.10となっていますが、実はその前からこのイベントは行われていました。

そのころは僕『大道芸人GEN(ジェン)』も何回か出演させてもらっていました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

ここでロイくんを先頭にぬいぐるみたちが大行進しまーす!!
ちゃっちゃかちゃっちゃちゃっちゃかちゃっちゃちゃーちゃっちゃちゃー((((*・ω・)

こら!ロイくんいたずらしてはいかん!!

え!?ちがうよ!わがはいなにもしてないよ!?(・A・;)ノノ

アル か~ヽ(`⌒´メ)ノプンスカピー

あ!ロイくんというのは、アルジェントさーかすは通常GEN(ジェン)とアルくんの二人で行っている大道芸ユニットなのですが、たまにアルくんに変わってロイくんが出演することがあるのです。

これがロイくん

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

ごめんなさい。話を戻します。

亀戸大道芸は『大道芸人 GEN(ジェン)』として2回出演させてもらったことがあるのです。

新体制になってからは、初めて参加させていただきました。

前に出演したころと比べてかなり大道芸目当ての人が増えてきた感じがしました。
というか、確実に増えている♪

長く続けるってことはこう言った力が出てくるんですね♪

大道芸は町おこしイベントで使われることが多いのですが、亀戸大道芸はそれが非常にうまくいっているモデルと言っても問題ないのではないでしょうか?

もっと予算をかけて年に1回行っている大きな大道芸フェスティバルは沢山存在しますが、予算を極力抑えて月1ペースで継続することによって生まれる街の賑わいは、単発で大人数来るというものではなく、平均的に集客を増やして、街を知ってもらい、普段から人が集まりやすい街にしていく。

こういった取り組みを行い、成功している例としてのモデルケースと言えます。

大道芸がイベントで選ばれている理由をまとめた記事があるので、そちらもご覧ください。

大道芸イベントが人気な理由!

出演していた僕たちも楽しくて、長く続いてほしい大道芸イベントなので、皆さんもぜひ足を運んでみてください。

今回のイベントの告知記事があるので、そちらも合わせてご覧ください。

​亀戸大道芸2019 Vol.10 思い入れのあるイベントが亀戸の名物へと成長しました。

写真もたくさん撮っていただきました。

正直、三茶de大道芸やあつぎ国際大道芸の時と同じくらい写真を撮っていただけました。
撮ってくださった皆さんありがとうございます♪

動画も撮ってくれました*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。

また亀戸大道芸に出たいので、応募させていただきます。

出演が決まった時はブログではもちろん、Facebookページ、Twitterでもお知らせしているので、フォローよろしくお願いします。

アルジェントさーかすのFacebookページ

GEN(ジェン)のTwitter

GEN(ジェン)

道化師を学ぶ! 人の心をつかむ方法!クラウン芸の本質がわかれば人はついてくる。

道化師とはクラウンのことである。
最近クラウンが増えてきている。だがちゃんとしたクラウンを教えてくれるところが圧倒的に不足している。
そんなクラウン達の手助けになればいいなと考える。
これはクラウンだけではなく、すべてのパフォーマーができた方がいいことである。
観客の心をつかめるパフォーマーが一人でも増えてほしい。

道化師を学びたい

最近、大道芸やパフォーマンス業界で道化師(クラウン)が増えている。

しかし、しっかりした道化師を学べる所は意外と少ない。

道化師の格好を指導してくれる所はあるし、道化師の格好をして風船を作ったりジャグリングをしたりするだけの人を指導する所もある。

もちろんちゃんとした道化師を勉強する方法もあるが、日本全国を考えるとまだまだその場所はごく僅かである。

道化師を習いたいが、どこで習えば良いか分からない。
でも道化師が好きでやりたい。

そのような人が多い事がわかってきた。

かく言う僕もとあるパントマイムスクールで仕事があると言うからやってみたらピエロの格好をして風船を配るもの。そんな所から道化師をスタートした。

パントマイムスクールの仕事なのに、パントマイムを必要としない仕事なのだ。
しかも道化師の事は何も教えて貰えなかった。

恰好だけではなく、中身を学びたいが、どうしたらよいかわからない。
そんなあなたの手助けができればうれしい。
中身も道化師となることにより、より多くの観客の心をつかむことができるようになる。

クラウン アルくん アルジェントさーかすで三茶de大道芸2019に出演した時の夜会での1枚

道化師とは?

道化師とはクラウンのことである。
ピエロはクラウンの中の一キャラクターである。

日本の大道芸・パフォーマンスの業界ではクラウンと言った方がなじみやすいため、ここからはクラウンと言うことにする。

では、クラウンとはなんだろう?

おどけて魅せる人の事である。
おどけるというのは、

  • 滑稽なことを言ったり、したりする。
  • ふざける。
  • たわむれる。

と言うことである。

人前でおどけたり、悪乗りをしたり、ボケたりしながら見るものを魅了していく。これが日本で考えられる一般的なクラウンである。

世界のクラウンはこう一言で言えないところがある。
国によったり、団体によってもいろんな考え方があり、海外アーティストとクラウンの話を始めると、それだけで一晩中語り明かせられるくらい。それぞれが自分のクラウンを持っている。

僕が影響を受けたBPZOOMの Bernie に言われたことは、「自分のクラウンを一生かかって探しなさい。それが見つかった時が引退するときだ。」と言われるくらい奥が深いものなのである。

だが、これを言ってしまうとなかなか先に進まないため、日本で求められるクラウンに絞って話をしていきたいと思う。

おどければクラウンなのか?

おどけてみせればいいのか?と考える人が多いと思うのだけど、その前に考えて欲しいことがある。

おどけた手口を知っていればクラウンとして成立するのか?
クラウン芸やクラウニングやクラウンの作品を行えばいいのか?

答えはNOである。

おどけた人は面白いが、その何が面白いのか?これがわかっていないとどんなにクラウンの芸を身に付けても人の心をつかむことはできない。

逆の言い方をすると、そこさえわかっていれば クラウン芸やクラウニングやクラウンの作品 が完璧でなくても人の心はつかむことができるのだ。

クラウンが人の心をつかむ理由

観客はおどけているクラウンの心理状態を見ているのだ。

クラウン芸とは、心境や心理状態を見せることによって観客と共感したり、笑いを誘ったりしていくもの、だから世界には物悲しいクラウン、涙を誘う感動するクラウンが存在するのである。

ただクラウンの手口を行っても、観客の心をつかむことはできない。
観客の心をつかむ根本がわかっていればちょっとしたクラウンの手口でもがっちりと観客の心をつかむことができる。

これはクラウンに限らずすべてのパフォーマーが取り入れられる、行うべき考え方だと僕は考える。

では、心理状態を見せるというのはどういうことなのだろうか?

クラウンのよくある行動を例にとって説明してみたいと思う。

集まれ!池袋みんなの大道芸2019秋 アルジェントさーかす 怒るアルくん

クラウンはよく失敗する。

クラウン芸を思い返してみてもらいたい。
良く失敗したり、上手くいかない、思い通り進まない。
こういった手口がよく使われる。

クラウン=失敗する人というイメージを持っている人も多いのではないだろうか?

だがこれは、失敗することが面白いわけではない。
失敗した時の心理状態が面白いのだ。

どうしよう?と悩んでいたり、
恥ずかしくなったり、
ごまかそうとしてみたり、
なかったことにしようと必死になってみたり…。

こういった心理が読み取れるから観客は笑ったり、共感したりするのである。

  • 何かを行う前の心理状況
    (楽しませようと思っている。絶対に成功させようと思っている。など)
  • 何かを行っているときの心理状況
    (一心不乱に打ち込んでいる。集中している。必死になっている。余裕で行っている。意識がそこにない。など)
  • 失敗した時の心理状況
    (ショック。恥ずかしくなる。やばいと思う。悲しくなる。など)
  • リカバリーしたときの心理状況
    (ごまかそうとする。なかったことにしようとする。言い訳をする。人のせいや物のせいにしようとする。など)

こういった時の心理状況が観客に伝わって、共感したり、共感できなかったり、裏切られたり、思いもよらない行動に笑ったり、驚いたりする。

この時の前の心理状況とのギャップがあればあるほど観客はその世界に没頭していき、笑ったり、声を出して驚いたりするのである。

ここに書いたのはほんの一例である。

クラウンの心理状態や考え方が一般人とかけ離れていけばかけ離れていくほど観客は興味を持つ。
そして、観客と同じであればあるほど共感していく。
これはどちらか一つではだめなのだ。
両方取り入れていく事によって観客の心を揺さぶり、虜にしていけるのである。

これは漫才などでも使われている手口である。

ボケの人が一般人からかけ離れていき、突っ込みの人が一般人の考え方に戻す。
この「あり得ない!」と「そうだよね!」という観客の感情を頻繁に繰り返すことによって観客を自分の世界にひこんでいく。

そしてそのギャップがあればあるほど笑いにつながっていく。

コメディとしても外せない手口であるし、コメディに限らず一般ドラマや映画などでも多用されている考え方だ。

心理状況を観客に伝える方法

まずは感じろ!

一番大切になってくることは、演者自身がしっかりと感じ取っているかどうか?である。
これは、表現するということだけではない!

演者が感じる事が出来ない状態で表現だけ行うと、嘘くさい演技になってしまうため、そこにリアリティーが無くなってしまうのだ。

表現したり演じようとするのではなく、感じる。これが大切になってくる。

感じる事が出来て、その次に演じることを意識する。こういった順番になってくる。

まず第一に考えないといけないのは、感じる事なのである。

そしてその感じるにはワンパターンであってはならない。

例えば、宝くじが当たった時嬉しいと思うはずだ。
これを感じるとき、100円当たったのか?1000円当たったのか?1万円当たったのか?10万なのか?100万なのか?1千万なのか?1億なのか?
喜びを感じる度合いは全部違うはずである。

嬉しい表現するうえで、当たった金額がどうであっても、1億円当たったと表現しているパフォーマーをよく目にする。

それぞれを適切に感じられるようになることが大切である。

その上で100円当たった時に1億当たった時の感情を表現し、1億当たった時に100円当たった時の感情を表現するなど、の演出を加えると笑いにつながるのである。

自分の間で行ってはいけない。

我々パフォーマーが演技をするとき、我々はすでに結論を知っていたり、次に何を行うべきかがわかっているため、演技の間や、テンポが速くなってしまう。

だから演者が思っている通りの間で行うと観客はついていけないのである。
最低限リアルの間が必要である。

では、リアルの間が出来ればそれでいいのかというと、実はこれも観客には理解できないことが多い。特に導入部分において、観客は心理状態を読み取ろうとしていないことが多く、テレビを見ているときのようにボーっと見ていることが多い。

これだと観客を自分の世界に引き込むことができない。

ではどのくらいゆっくりやればいいのかというと、

自分が感じる→客に伝わる→客が理解する→客がリアクションする

僕が意識しているのはこういったところである。

さらに言うと、観客のリアクションが大きくなっていく間はやめない。
場合によっては、さらにリアクションが加速する方向へ導く(もっと長くやったり、さらにもうワンアクション加えたり)

やめるタイミングは観客が教えてくれる。
観客のリアクションがMAXから下がってきたのがわかったらようやく次の行動に移る。

だが、当然すべてこれだけ時間を取って演じているのかというとそうではない。

長い間と短い間これらを複雑に組み合わせている。

こうすることによって強弱や緩急が付き、より観客を自分の世界に引き込めるのだ。

なんにせよゆっくりとゆったりと行う事が出来なければ伝える事が出来ない。

まとめ

クラウンに限ったことではないのだが、特にクラウンのパフォーマンスを見ている観客は技や手口を見ているわけではない。
クラウン(演者)を見ているのだ。

  • クラウンがどのような人なのか?
  • 何を考えているのか?
  • どういう心理状態でこういった行動をとるのか?

技術や手口はクラウンを引き立たせるためのアイテムでしかないのだ。

その為に大切なのが、自分の心理状態を観客に伝える事なのである。

ここからは応用編

正直これは公開しようかどうか悩んだマル秘テクニックです(;^_^A
なので、やるからにはちゃんと身に付けてください。

心理状態を想像させる楽しみを作る。

自分の心理状態を伝えることができた後は、このようなことに挑戦してもらいたい。

心理状態や考え方を観客に見せて、共感したり裏切ったりすることによって笑わせたり、拍手や歓声を上げさせたり、泣かせたりするのだが、実はその先がある。

それが演者の心理状態を観客に想像させる。というものだ。

想像力というのは、無限にあるだけではなく、観客一人一人が自分の価値観で想像を膨らませていくため、想像しているすべての観客を楽しませることができる究極の武器なのである。

それだけに、一朝一夕ではできないので、あきらめずに続けてほしい。

やり方は他にも方法はあるであろうが、僕が行っているやり方を説明してみたいと思う。

完全静止

人は動いているものに目が行く。
なので、道具や体が動いているとどうしてもそっちに目が行く。

では道具や体が一切動かなくなるとどうなるか?

人は本能的に動いているものを探し始める。

そこで唯一動くものを与えると、観客の視線はそこにくぎ付けになる。

これはフォーカスの与え方としてもよく使う技法なのだが、この時唯一動いているものを心の心理状態にする。
それも激しくうごめいている状態の心理状態にする。

そうすると微妙な顔色の変化だったり、微妙な目の動きであったり、微妙な表情の変化が起きる。完全静止の世界で唯一動いているものが心模様になると、観客はその心理状態を探ろうとして想像を始めるのだ。

これはドラマや映画などの映像の世界で、役者をアップにしているシーンを思い浮かべてもらえるといい。
ドラマや映画の名シーンと呼ばれるところでは必ずと言っていいほど使われている。

ドアップにすることによって他の情報をシャットアウトし、顔に集中させると、主人公の心理状態によって微妙に変化していく表情が見えてくる。

この時当然であるが、「はい!そこで瞬きして!」「そこで眉毛を数ミリぴくっと動かして!」などという演出は入らない。

役者の心模様が激しくうごめいた結果出てくるものなのだ。

パフォーマンスだとカメラのようにアップにすることはできない。

その為、すべての動きを止めることによって観客の視線を心模様に集める必要がある。

この時の心理状態が激しくうごめいていればうごめいているほど観客はその心理状態を探ろうとし、想像し始めるのである。

こうして観客が想像し始めると、それぞれの観客が自分が面白いと思う方向であったり、感動できる方向であったり、観客自身の心が一番動く方向に想像を始めるのだ。

後はこのテクニックをいつどのようなシーンでどのタイミングで使うかなのだが、これはそれぞれのストーリーなどで変わってくるので、いろいろ試してもらいたい。

ちなみに僕はこのテクニックを結構多用している。

長く静止しているときもあれば、一瞬しか静止しないときもある。スローモーションに応用することもある。
いろいろなシーンでいろいろな用い方をしている。

是非いろいろ試してほしい。

心がうごめくってどういうこと?

僕も初めてこれを聞いたときは、何のことかよくわからなかった。
心が激しくうごめくって何だ?

うごめく(蠢く)というのは、虫のようにもぞもぞと動くとか、 全体がわずかに絶えず動く という意味だ。それが激しく動くってどういう状態なんだ?
激しくもぞもぞと動くってどういうことだ?

これはあまりにショックな情報を受けて、言葉にできないような状況を指している。

ここからは実際にやりながら読み進めてもらった方が実感できると思います。

想像してもらいたい。

たまたま銀行から全財産引き出して家に置いているときに出かけたとする。
出先でふと気になる。
「あれ?今日カギをかけた記憶がない!」

想像できたであろうか?

こうなった時あなたはどのような心理状態になるだろうか?
ものすごく激しい不安に押しつぶされそうになるだろう。
その瞬間は言葉では処理できないくらい多くの感情が入り交ざって説明できない状態になる。

それなのに、笑ったり泣いたりというはっきりとした感情にはなっていないはずだ。

もちろんしばらくたって情報の整理が出来たら発狂したり、うろたえたりと、はっきりとした感情にはなってくるのだが、このふと思い出した瞬間が「心が激しくうごめいている瞬間」なのである。

できなかった人はもう一度しっかり想像してみてほしい。

これは一つの例である。

他には予期せぬところでおもいもかけない幸福が与えられたときとか、人は様々なシーンで心を激しくうごめかせるときがある。

この感覚をつかんでしまうと早いのであるが、これをなかなか理解できない人もいる。

そんな人はこんな訓練をしてみてもらいたい。

例えば技を失敗した時に心をうごめくシーを入れたいとする。

その技が失敗した時に起こりえるありとあらゆる感情を書き出してほしい。


失敗した。かっこ悪い。恥ずかしい。盛り下がってしまう。なんだ決まらないじゃん。帰ろ!と客が帰っていく。仕事がなくなる。収入がなくなる。パフォーマンス人生終わりだ。恋人に愛想をつかされる。自分のファンが離れていく。次も失敗したらどうしよう。ここで失敗したってことは、失敗の連鎖でずっと決まらない可能性がある。失敗している間に観客がどんどん帰っていく。これから先人前で成功することがないのではないか?笑われる。馬鹿にされる。仕事を振ってくれた人に怒られる。パフォーマー人生終わるかもしれない。いや、もう終わったのかもしれない。人生終わりだ。家賃が払えなくなる。ご飯が食べられなくなる。・・・などなど

ストーリーになっている必要もないので、ありったけのあらゆる感情を書き出してほしい。

例に書いた内容だと声に出すと1分位かかる文章だろうか?
声に出さなければ慣れてくれば20秒くらいかな?

これを全部同時進行にいっぺんに頭の中に流れてくる感じで5秒から7秒くらいで感じ取る。

読み上げるのではなく、感じ取る!

中には絵で頭に入ってくるものもあるだろうし、映像で頭の中に流れるものいろいろなものがあるだろう。

もはや言葉にしている場合じゃないほど多くの情報を同時に順不同に頭の中を駆け巡らせるのだ。

難しい人は、徐々に時間を短くしていって最終的に5秒から7秒できるように訓練してみよう。

これが強制的に心をうごめかせるための訓練方法である。

失敗した時だけではなく、うれしいとき、ハプニングが起こってどうした良いかわからないとき、感動した時など、いろいろ訓練しておくと様々なシーンで使えるようになってくる。

この訓練を真剣にやると、気が付くことがあると思う。

まだ真剣にやっていない人は、例で書いた内容で構わないので、何度か真剣にやってみてから次の文章を読んでほしい。

やってみただろうか?

これを行っているとき、激しく心をうごめかせているとき、体は固まっていないだろうか?
完全静止もしくは、スローになっていると思う。

そう!この技術は実は人形ぶりをするときの完全静止するときの技術の応用なのである。

僕がこの技術を学んだのは、ちゅうサンと『男と女』という作品を作っているときに大切な場所で完全静止できていない僕にちゅうサンが教えてくれた技術なのだ。

最近の人形ぶりを行う人のかなりの人が目を隠しているが、目を隠さずに瞬きすらしない人形を演じるときにこの技法を使うという。

その時のやり方は少し違うのだが、
目の前で自宅が火事になっているところを想像する。
バンバン燃えている。
今までも思い出が燃えてしまう。
今後の不安などいろんな思いが巡ってくる。

などというイメージトレーニングを
1分・3分・5分・10分と徐々に増やしていくのだ。

この時大切なのは、

  • 全身の力を抜抜くこと。
  • 取りたいポーズをとるための最低限の力以外のすべての力を抜いて行うこと。

ここまでは僕が言う『心理状態を想像させる楽しみを与える方法』と同じなのだが、
人形ぶりの時は、完全静止することを前提に行うというところが少し違う。

どちらにしても脱力した状態で行うことが大切となってくる。

応用編まとめ

今回なぜ火事のシーンで説明しなかったのかというと、指導していく中で火事に嫌な思い出があって、この手のことを想像したくない。という人がいた。
そこで別のやり方を探ったところ、悲劇以外でもいろんな感情で応用できることが分かったためだった。

そして、普通に動いて演技している人が突然完全停止するとなぜ止まったのか?と言うことが気になり、内面を探ろうとし始めることに気が付いたため、そこの部分をさらに研究した結果たどり着いた方法である。

調べてみると、想像する楽しみを与える。と言うことを言ってる人は沢山いるのだが、その方法を上げている記事はなく、自分で考えたことと、何人かそのことを言っている人達と会話をして何となくこう言うことだろう!という感じで行っていたものを今回説明できるように初めて落とし込んでみた。

初めてまとめたことなので、抜けていることもあるかもしれないが、抜けているものがあったら書き足していこうと思う。

追伸

正直今回2つの記事の内容量を一つにまとめてしまったのだが、別々に読むよりも絶対にいい。と思って一つにまとめてみた。

どちらの技術も読めばすぐに実践できるようなものではないが、理解できた時、必ずあなたのショーはいい方向に変わっていると思う。

あきらめずに何度も読み直して自分の中に深く落とし込んでほしい。

GEN(ジェン)

大道芸イベント 東京都 かめいど勝運大道芸 12月22日日曜日 『アルジェントさーかす』出演決定

出演決定!

急な話ですが、今週末の日曜日 2019年12月22日に かめいど勝運大道芸にアルジェントさーかすが出演することになりました。

わ~い*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。わ~い

急な話だったので、皆さんの予定の都合がつくかわからないですが、何とか都合付けてきてくれるとすごくうれしいです♪

かめいど勝運大道芸とは

スポーツと勝負の神様を祀る、亀戸香取神社の灯籠がリニューアルしてライトアップするイベントと正月の大道芸イベントを合わせたイベントです。

イベントの開催期間
2019年12月21日(土)22日(日)29日(土)30日(日)
2020年 1月 2日(祝) 3日(祝) 4日(土)

アルジェントさーかすは22日(日)のみ出演となります。

12月22日の出演者
アルジェントさーかす(アクロバットコメディ)
パオパオ堂。(生演奏)
しろみときみ(人形振り)
Universal Gipsy(ファイヤーパフォーマンス)
鷹島姫乃(和風ダンス)
雪狐(生人形)
もんぷち&Toko(回遊パフォーマンス)
Timo(手回しオルガン)
金魚姫(スタチュー)

開催時間
12:00~16:30

タイムスケジュール
12:00 アルジェントさーかす   スミレ
12:30 鷹島姫乃         川銀
13:00 Universal Gypsy     中央→スミレ
13:30 アルジェントさーかす   スミレ→中央
14:00 鷹島姫乃         川銀
14:30 パオパオ堂。       スミレ
15:00 アルジェントさーかす   中央
15:30 パオパオ堂。       スミレ
16:00  Universal Gypsy      スミレ

ポイントに変更がありました。

スミレ、川銀、中央はポイント名です。詳しくはこちら。

かめいど勝運大道芸のポイントマップ

開催場所

亀戸香取勝運商店街
〒136-0071 東京都江東区亀戸3丁目61−9
https://maps.app.goo.gl/9KYwRkf29YB48n9p9

住所からするとグーグルマップの印が付いているあたりで、画像の青丸の香取神社に通じる道、赤ラインが 亀戸香取勝運商店街 だと思われます。
初めての場所なので、はっきりとはわかってないです。

かめいど勝運大道芸は、今回が初めてではなくて、定期的に行われているらしいです。

僕たちアルジェントさーかすの出演は初めてなので、どんなイベントになるかすごく楽しみです♪

今回の出演者である
パオパオ堂。とは、からふ・ぽけっと時代からの知り合です。なのにすごく久しぶりに会うので、すごく楽しみです。
しろみときみ とは、ついこの間も同じ現場でした(*´艸`*)二週続けて同じ現場だなんてなんて偶然だ!
Universal Gipsy は初めてです。どんな人たちなのだろう?ファイヤーパフォーマンスと言うことですが、どのようなショーなのか楽しみです。
鷹島姫乃はストリートアーティスト時代の仲間で、新体制になる前の亀戸大道芸でコラボもしたことがあります。今回ポールダンスじゃないんですね。
後は初めての人たちばかりで、情報がないです(´;ω;`)ウゥゥ申し訳ない。

このメンバーにアルジェントさーかすが入って12月22日を盛り上げていきます。

皆さん是非遊びに来てください。

当日の様子は
アルジェントさーかすのFacebookページ
https://www.facebook.com/algentocircus/

GEN(ジェン)のTwitter
https://twitter.com/Algento_GEN
でつぶやいているので、フォローされていない方は是非フォローしておいてください。

新しい現場なので、写真や動画を撮っていただけると凄くうれしいです(*゚▽゚)ノ

追伸

このイベントの活動報告はこちらをご覧ください。

12月30日にもう一度出演することが決まりました。

詳しくはこちらをご覧ください。

GEN(ジェン)

習うより慣れろとは言うけど、習わないと時間がかかりすぎる!習う事の本当の意味とは?

「習うより慣れろ」と言われた事ありませんか?でもそれって教えられないから言ってる可能性高くないですか?習いもせずに実践しても時間がかかりすぎます。
「でもどこで習えば良いか分からない。」というあなた。それ、習うの本当の意味わかってないです。
これがわかった上で経験を積めば短時間で格段に成長する事ができます。
成長する事が実感できると楽しい日々が過ごせ、良好な人間関係を作ることができます。

どこで習えばいいの?

大道芸には大道芸を教えるという所はほとんど存在しません。

パントマイムスクール、ジャグリング教室、サーカス学校などのジャンルごとにスクールが行われている所はいくつも存在しますが、それを総合して教えている所はほとんどないです。

では、大道芸人達はどうやって大道芸を覚えているのでしょうか?

取っ掛りが大学のサークルや、スクールという人はそれなりに多いと思います。最近では大会(競技)をやっていてそこからエンターテインメントの世界に入って来る人もいます。

かなりの確率で何かしらの技術の土台を持ってる人が大道芸業界に参入するという人が多いのではないでしょうか?

そういった下積みがある方はまだ良いですがそういった下積みがないあなた、もしくは技術はあるけどその先へ進めないというあなた。

是非この考えを理解し、実践して見てください。必ず結果が着いてきます。

習うってどうやるの?

僕が行ってきたことを例に取って説明していきたいと思います。

僕の場合はどうだったかと言うと、道に出ることの方が先でした。

  • 露天商に交じって風船を使って売る。
  • もっと売上を伸ばしたいから話しながら客を楽しませながら売る。
  • もっと客を増やしたいからジャグリングをやってみる。

当時バルーンアートも珍しかったため、結構売れたのですが独学でやっていくのはこの辺が限界でした。

当時表参道のホコ天(歩行者天国)があった頃の露天商仲間の中ではそこそこいい売上をあげていた方だと思いますが、1日行って物販して・・・『少しわりのいいアルバイト』の域を超えませんでした。

そして、大道芸と出会い、芸を見せるという事をやりたくなってそれから初めて習うという行動を取りました。

人から直接習った事

  • パントマイムを習う。
  • ジャグリングサークルに行ってジャグリングを習う。
  • 様々なワークショップで習う。
  • クラウンを習いたくてチーキーを追いかけてサーカス学校まで行き、クラウンを習う。
  • サーカス学校でアクロバットを習う。
  • 海外アーティストに教えをこい、技術や演出面、練習方法を習う。
  • フェスティバルプロデューサー橋本隆雄氏からパフォーマーのあり方やパフォーマンスの考え方を習う。
  • 先輩や憧れのパフォーマーと一緒に作品を作ったり、練習をする事によってその人が何を大切にしているのか、どんな事を考えているのかを学ぶ。

間接的に習った事

  • YouTubeや動画や生で物凄く多くのパフォーマンスを見て技や手口を学ぶ。
  • ミュージシャンや役者など他のジャンルのアーティストと交流をして考え方などを学ぶ。
  • 映画や音楽やテレビなどから世界観の作り方やインスピレーションを受けたり手口などを学ぶ。

指導する事によって学んだ事

  • 後輩に指導する事によって、他人の考え方を知ると同時に自分の理解力を育てる。
  • ブログを書くことによって、さらに深く理解し、読者との会話の中で新しい発見をして学び、より豊かな想像力と新しい発想力を育てる。

習うの本当の意味

直接習ったものや、間接的に習ったもの。

更には教える事によって教わるもの。

色々ありますが、これら全て自分一人ではたどり着けない、人から習ったものなのです。

完全独学と言っている人もいますが、例えば映像を見て勉強していたら、映像から学んでいることになります。要するに映像に出てる人もしくは映像を作った人から習っているということなんです。

そういう事をしないでもし100%オリジナルだとしたら、おそらくその人は物凄くレベルが低い事しか出来ないと思います。

人から直接的にしろ間接的にしろ習うという事は、その人の歴史を習い短時間で習得するという事です。

さらに教えてくれた人も誰かから習っているので、その人自体も短縮して習得しているはずです。

これがおよそ数千年間もの間、壁画に描かれていた、パフォーマンスだと思われるの絵、もしくは記録に残らないほどもっと昔から繰り返し短縮して様々なことを人から人へ教わってきている歴史があるのです。

意図的にしろ、知らず知らずにしろ、必ず誰かから習って1人では到底習得出来ないレベルの事を行う事ができるようになっているのです。

僕の場合、露天商の頃は独学と言っても、

  • バルーンアートの技術は他の露天商の技術を見て真似る。
  • 露店のやり方も他の人のやり方を見て真似る、アドバイスをもらって行う。

という感じで先輩達が行っている事を真似たりアドバイスを貰ったりと、結局は習って行っていました。

何かを見たり聞いたりして学ぶことはもちろん、何かの真似をする事も習うという事です。さらには人と関わって影響を受けることも習うという事になります。

習う事を躊躇するな

何が言いたいかと言うと、

どうせ習うなら映像よりも直接的生で見た方が教われる事は沢山あります。

生で見て盗むより会話した方が学べる事は沢山あります。

ただ会話するより、ちゃんと教えて貰った方が多くを学べ、早く習得する事ができます。

これはパフォーマンスに限ったことではありませんが、早く習得したいなら、人から習うという事をちゃんと認識し、可能な限りより良い形で習うに越したことが無いのです。

習うという事に躊躇せずにどんどん習ったり、学ばせてもらう。

この姿勢がないと先人達の歴史から習っている人達と張り合えるわけが無いのです。

また、後輩やレベルが自分よりも低い人であっても、その人はあなたが体験したことがない何かを体験しています。

あなたが持っていない特技や考え方を持っています。

また、なかなか習得できない人を教えるという事は自分を相当レベルアップさせてくれます。結果これも教わっているのです。

教わる事ができるのは先人達からだけでは無いのです。

様々な人から様々なことを学んで、より良いショーを作ってください。

みんなが良いショーを行う事が、大道芸やパフォーマンスの業界を発展させていく事になります。

みんなで頑張りましょう(^-^)/

GEN(ジェン)

大道芸のジャンル アクロバットコメディとは?ジャンル名誕生秘話!

アクロバットコメディというジャンルができた経緯

大道芸に数あるジャンルの中で『アクロバットコメディ』というのがあります。

これ実は僕達が作った名称なんです*\(^o^)/*

あ、アルジェントさーかすじゃないですよ!

GちょこMarbleでもないです( ̄▽ ̄;)

僕達というのは、『Cartoon Clown CHEEKY!』と『大道芸人GEN(ジェン)』の2人が行っていた『アクロバットコメディ Tim Tam』です。

この名称を作ったのは今から15年位前ですね!

当時僕達は『Cartoon Clown Tim Tam』と名乗ってました。

cartoonとは、アニメーションの事。

clownとは、道化師の事。

ワーナーのアニメーションのような世界をアクロバットを使ったクラウンなら表現できるのではないか?いや、それを行おう!

という気持ちでそう名乗っていたのですが、日本ではクラウンと言うと、メイクをして赤鼻を付けていないとクラウンとは認識して貰えません(´;ω;`)

それは昔も今も変わらないです。

現場に行っても、クラウン(ピエロ)じゃ無いじゃん。と言われる事もしばしば・・・(´;ω;`)

そんなある時、北海道のミニサーカスに出演させて貰うことになりました。

そこに海外アーティストが来ていたのですが、彼も同じような悩みを抱えていた時期があったそうです。

僕はクラウンなのに、日本ではクラウンと認めて貰えない!だけど、売る為にはお客さんにイメージしやすいジャンル設定を行う必要がある。

その為に日本ではクラウンと言わずにコメディジャグラーと名乗る様にしてる。

「君達何やるの?」と聞かれた時にカートゥーンクラウンと言うと、その説明から行わないと行けないので、その時点で弾かれてしまう可能性があるから、わかりやすいジャンルに変えた方が良いよ!

との事でした。

言われて見れば確かにそうです。

カートゥーンクラウンとしてのこだわりはあるものの、売れなければしょうがない。

と言う事で作ったのが『アクロバットコメディ』という日本ではまだ誰も名乗っていなかったジャンルだったのです。

当時アクロバット・・・特にハンドトゥハンドと呼ばれるサーカスアクロバットを大道芸で行っていたのはサブリミットさんとトランポリンのサスケさん位しか有名所ではいませんでした。

もっともハンドトゥハンドという性質上2人以上居ないと行えないので、その時点でパフォーマーの数が激減してしまう上に、今ほどパフォーマーの数も多くなかったので、日本の大道芸で行ってる人がほとんど居なかったという状態でした。

しかもコメディで見せてる人がほとんど居ない。

そんな状況の中アクロバットコメディというジャンルを名乗り始めました。

その後GちょこMarbleが誕生した時、初期の頃は「これはまだコメディでは無い」という事から、コミカルアクロバットと言っていました。

Gちょこがアクロバットコメディを名乗り始めたのは2~3年経ってからの事です。

この頃になるとパワーボムさんなどハンドトゥハンドを行うパフォーマーも増えては来ていたのですが、まだまだアクロバットコメディというジャンルがメジャーでは無かったので、気軽に名乗る事に抵抗があったんですね(;^ω^)

アクロバットコメディのイメージを悪くしたくなかったもので(^ω^;)

その後はアクロバットコメディを名乗る人やグループが増えてきて、それなりにメジャーなジャンルとなってきました♪

嬉しい事です\(^o^)/

アルジェントさーかすのジャンルは?

アルジェントさーかすが結成される頃には僕が関わってないパフォーマンスでもちょくちょくアクロバットコメディの名前を聞くようになり、ハンドトゥハンドに限らず幅広い種類のパフォーマンスで使われるようになっていました。

ジャンルを定着させる為には、色々な人が使ってくれないと定着しないので、色んな人が使ってくれる事には大賛成です(^-^)/

では、アルジェントさーかすでアクロバットコメディを名乗ってるの?と言われると・・・今現在は名乗ってないのです(;^ω^)

説明でアクロバットコメディと言う事はありますが、ジャンルは?と言われると、まだハッキリ決まってないのですが、

『コメディサーカス』『青空サーカス』などと言うことが多いです。

これはサーカス大好きなGEN(ジェン)とアルくんが『ハッピーメリーサーカス』というサーカスから飛び出して行っている大道芸なので、サーカスという名前を付けたかったというのが理由です。

ただ、ユニット名にもさーかすと入っている。

ジャンルと名前を続けてしまうと・・・

コメディサーカス アルジェントさーかす

とか

青空サーカス アルジェントさーかす

となってしまい、サーカスさーかすとちょっとうざい感じになってしまうため、アクロバットコメディをパフォーマンスジャンルとするか現在悩み中です(^ω^;);););)

GEN(ジェン)