follow us in feedly

自己啓発が嫌いな人がいるのが分かってるのにぼくが書き続ける理由

GEN(ジェン)のブログ

「GEN(ジェン)から自己啓発の文章が届くのだけど、どうしちゃったの?」
そんなことを言っている人がいるという話を聞きました。

自己啓発が嫌いな人もいるという事はぼくもよく理解しています。

それでも僕が書き続けている理由は
自己暗示の為です。

ぼくには夢があります。
大道芸をもっとメジャーにし、
大道芸の価値を高めたい
という夢です。

具体的に言うと、
「ねぇ!ちょっとカラオケ行かない?」
という感覚で、
「ねぇ!大道芸見に行かない?」
という世界が作りたい。

という事です。

そのために『宇都宮動物園 大道芸イベント』を始めたし、
広めていく方法資金が必要だと思い、
ビジネスの勉強も始めようと思いました。

ところがここで一つ大問題があったのです。

ぼくは勉強がきらい!
という現実があったのです。

どれくらい嫌いかというと、
高校受験で、嫌になり、
入学した瞬間に
「大学受験はしない!」
と決めてしまうほどでした。

したくない」ではなくて、
しない!」と決めたのです。

事実、高校も出席日数を数えて通っていたし、
学校で起こったスポーツの事故を理由に
出席日数が足りなくても卒業できるように
仕向けてしまうほどの悪知恵の中で生きてきた人間です。

そんな僕が勉強をしないといけない
そのためには性格を変えないといけない
そう思い、取った方法が自己暗示でした。

何を自己暗示したのかというと、
行動する為の自己暗示です。

そもそも自己啓発とは何?

自己暗示とは、そもそも何でしょう?
調べると、『自ら意思で成長する為に勉強したり研修に参加する事』とありました。

ちょっと難しかったので、ぼくの解釈で説明すると、
自分が成長する為の考え方』です。

要するに、
自己啓発をすると行動力が生まれるのです。

僕に足りなかったもの

ぼくは元々身体を動かすこと以外の
行動力がほとんどない人間でした。

時間があればゴロゴロしマンガを読み
ゲームをしテレビや動画を見る
しかも理由を付けてそれが必要だ!
と一生懸命言い訳をする。

そんな人間だったのです。

その反面身体を動かすのは好きで、
スポーツをし、職人になり、
芸事の世界に入りました。

成長願望があったのは、
漫画の主人公に憧れがあった事と、
RPG(ロールプレイングゲーム)や
育成ゲーム好きだったためでしょうか?

勉強嫌いなのに成長願望があったため、
技術に走っていたのかもしれませんね。

だけど、勉強する為の行動力は
45年間全くなかったのです。
(唯一やったのが、高校受験の為の半年間だけでした)

何がぼくを変えたの?

実を言うと、何も僕を変えていません(;^_^A
小さな影響はいろんなところで沢山受けてきましたが・・・。

どういうこと?
そう思う人も沢山出てきてくれましたね。

「GEN(ジェン)君は行動力がすごいから!」
そう言ってもらえるようになりました。

「コロナ時代になってからも活動場所探すための行動しまくってたよね!」

いろんなメッセージをもらえるようになりました。

だけど、実を言うと、決定的に何かが
あったわけじゃないんです。

ぼくの根底にあったのは、
「大道芸以外働きたくない
「アルバイトすら嫌だ!
という、超ネガティブな考え方だったのです。

そのためにやったことは、
知ってるところ、
知らない所含めて40か所くらい
電話を掛けました

その中でたった2か所だけ大道芸を
やらせてもらえるところがありました。

そのうちの一つが宇都宮動物園さんだったのです。

勝手についたイメージ

宇都宮動物園で大道芸を行っていると、
(当時は月1回程度)

ジェン君は凄い
行動力がある」と
勝手に言われるようになっていったのです。

そうなってくると怖いのが
『宇都宮動物園ですら
大道芸ができなくなった時の事』です。

それが怖くて怖くて
もっとしっかりしたイベントにしたい。
宇都宮動物園さんが
ぼくを捨てられない位の状態に持っていきたい。

そう思いました。

その結果人生で初めて
ビジネスを学ぼう
と思ったのです。

ベースの考えは、
ネガティブワールド全開
ですよね(;^_^A

考え方を足していく

大道芸でも言ってる事なのですが・・・

『僕は元々超ネガティブな人間でした。

どれくらい?と言われると
小学校5年生の時に胃潰瘍で入院しちゃうくらい
何でも抱え込む性格だったのです。

この性格を変えてくれたのが大道芸です。

大道芸のポジティブなショーを見て、
影響を受けてだんだん
ポジティブな考え方に
変わってきました。』

このお話はウソではありません

ただ、ショーの最中だと、時間が足りないので、
全部説明できないのですが・・・、

残念ながら
ネガティブな性格は消せません

性格とは、考え方から出来上がります。
その性格を消すという事は、過去の自分の存在を消す
という事なので、本能的拒否するらしいです。

では、僕はどうしたのか?

ネガティブな性格はそのまま
ポジティブな性格を足していったのです。

他の人の話しを沢山聞いて
沢山影響を受けて
その人の考え方もできるくらいに
理解しようとしていったのです。

だから僕の中に超ネガティブな考え方と、
ポジティブな考え方
二つの考え方が存在しています

自己暗示

この考え方のうち、ポジティブな考え方が勝ってきたのは、
後輩ができてからです。

後輩を指導する時、当然ポジティブな考え方で
話すことが多くなります。

するとやはり「ジェンくんてポジティブだよね
と言われるようになります。

これ、実は気分いいんですよね♪
もともとネガティブ思考の自分が
だったわけですから、
ポジティブだよね!」と言われると
嬉しいのです。

「ジェンくんてネガティブだよね!」
と、もう言われたくないのです。
(これもネガティブな考え方)

するとポジティブ発言
より一層多くなっていきます。

Twitterブログでも
ポジティブ発言
多くなっていきます。

すると、もともと持っていた
ネガティブ思考よりも
ポジティブ思考で考えることが
多くなってくるのです。

後々知ったのですが、
自己暗示として、
王道な事をやっていたそうです。

人目に触れるところで言い切る
それも沢山言う

そうする事で、
引っ込みがつかなくなる
潜在的にはその方がいいとわかっているから、
自己暗示にもかかりやすくなる

続ければ続けるだけ、
ベースの考え方も変わっていく
というものだそうです。

これは実体験の中から発見したものでした。

それをたまたま読んだ(聞いた?)
自己暗示の本の知識
混ざっていったのです。

※ぼくは8割くらいの本をAmazon audible(オーディオブック)で聞いています。
 そのため、読むというより、聞くことの方が多いです。

今、自己暗示をかけている事

ぼくは元々勉強が嫌いです。
でも、働きたくないという理由から
ビジネスの勉強をするようになりました。

それでも、気を許してしまうと、いまだに漫画を読んだり、
深夜まで動画(YouTube系)を見たりしてしまいます。

自己暗示による成功事例体験しています。

ビジネスを学んだことによって
大道芸をもっとメジャーな娯楽にする
という
不可能ではない事を知りました。

自己啓発行動力生む
という事がわかっています。

その結果自分が行動力を生むための発言を
ブログTwitterでし続けているのです。

実は反応率結構いいんです。

嫌いな人は嫌いかもしれませんが、
求めている人も多いのもまた事実です。

何よりも自分行動力を生むためには
必要な事だと思っています。

大道芸がもっと多くの人に知ってもらうために、
大道芸がもっとメジャーになるために、
大道芸をもっと求められるようになるため

今後も自分の勉強中断しないために
自己啓発的な発言は続けていくと思います。

自己啓発とは、
行動力を生むための考え方でしかありません。
誰かを否定する為のものではありませんので、

その辺はご理解ください。

アフィリエイトの為に書いた記事ではないので、
今回はアフィリエイトリンクは張っていません。

ヘッダーやフッダーやサイドバーにあるのはご了承ください。

アドセンス広告は外し方が分からなかったです( TДT)


ぼくが自己啓発的な発言をするもう一つの理由

それは今現在大道芸人の数に対し
マーケット(市場)規模が狭すぎるというところです。

今まで大道芸に興味が無かった人
大道芸を知ってもらい見に来てもらう

その為に今までとは違う客層への
アプローチが必要だったのです。

実際に僕にできることは何か?
と考えた時に、このような事を考えました。
是非合わせて読んでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました