follow us in feedly

大道芸がイベントで人気がある9つの理由 「大道芸イベントって面白い!」

アルジェントさーかすの椅子倒立、五丁椅子の上での逆立ち!あつぎ国際大道芸フェスティバル パフォーマンス雑学
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

大道芸人が出演するイベント増えてきましたよね♪

僕が始めた20年前は、大道芸を売り込もうとしても、「大道芸って何?」と言われることが本当に多かったです。

それが今では、大道芸というとどんなことを行うのか想像つく人が格段に増えたと思います。

第一の理由としては、大道芸人の数が圧倒的に増えてきたということですね。

大道芸を推奨し、場所を提供してくれるライセンス制の活動場所が増えたことも大きな要素の一つです。

大道芸人が増えたということは、参考にできるパフォーマーが増えたということでもあるので、レベルの高い大道芸人がたくさん増えてきました。

そう、今レベルが高い大道芸人が沢山いるんです。

では、他のイベントと比べてなぜ大道芸が選ばれるのでしょうか?

アルジェントさーかすの三茶de大道芸でのワンシーン!狭い路地で人ごみの中逆立ちをしているシーン

1.見た目が派手

ジャグリング、バランス芸、サーカス芸などをはじめ、見た目が派手な技が多いです。
また、コメディー中心のネタで笑わせていく芸人においても、見た目が派手なパフォーマーが多いです。
さらに、パフォーマーが行う行動は、日常ではなかなか見る事が出来ない奇抜な行動をとる人が多いため、パフォーマーの行動も派手だと言えます。

イベントにおいて派手だということは、人目を引き、人を集めやすいだけではなく、見た人の心に残りやすいという事です。

イベントとは、何かをアピールする為に行ったり、感謝の気持ちをイベントという形で還元する事が多いですが、人々の印象に残った方が断然良いです。

その為に大道芸イベントを活用する事が増えています。

2.盛り上がりやすい

大道芸は、拍手のポイントや、笑いのポイントがわかりやすいです。
そのため、観客が同時に歓声を上げたり、笑ったり、拍手したりしやすいため、盛り上がりやすくなります。
さらに、大道芸パフォーマンスにはそういったポイントがものすごく沢山あるので、盛り上がりの連鎖が起きてさらに盛り上がりやすい環境を作っていきます。

イベントにおいて盛り上がっているかそうでないかはとても大切になってきます。

盛り上がったイベントは来場者に好印象を与え、また来たいと思わせる事に結びつきます。

その為、次回イベントを行った時にリピーターとして見込める為、盛り上がるイベントを重ねれば重ねるほど来場者が増えていきます。

3.年齢層が幅広い

大道芸には、子供からお年寄りまで幅広い年齢層の観客を楽しませられるのもが多いです。

キャラクターショーだと子供向け、音楽イベントだと、年齢層をある程度制限されてしまうのに対し、どの年齢層に対しても対応できることが人気の理由の一つでもあります。

当然パフォーマーによっては得意不得意がありますが、普段路上や公園で行っている大道芸は、通行人を相手にしている為、あらゆる層の人を楽しませる必要が出てきます。

その為、子供から御年寄まで楽しませる事が出来るパフォーマーが多いのです。

イベントが子供向けだったとしても、そこには保護者という大人が着いてきます。大人向けだったとしてもその子供や、通りすがりの人など、必ず対象年齢以外の人がいます。

対象年齢の方が7割だったとしても3割はそのイベントに好印象を持てない可能性があります。

1000人集まるイベントだったとしたら、300人が好印象を持てないイベントだということになってしまいます。

対象年齢の幅が広ければそれだけ好印象を持つ観客がが増えるということになります。

4.観客とコミュニケーションを取りながら行うショーが多い。

ショーの最中風船飛ばしでお客さんと遊ぶアルジェントさーかす

音楽やダンスなどと違い一方的に演じるのではなく、観客とコミュニケーションを取りながら行っていくパフォーマーが多いです。
これは普段投げ銭を求めることによって収入を受けている大道芸人は、観客といかに良質のコミュニケーションがとれるか?ということが収入に直結してしまうため、すごく大切になってきます。

エンターテイメント業界においてもコミュニケーション能力は相当高い方です。

コミュニケーションを大切にする大道芸人は観客のリアクションや声を拾いながらショーを作っていくパフォーマーが多いです。

その為、同じ内容でも微妙に違うショーができます。

舞台やサーカスなどでは、100回やったら100回同じショーができないといけないと言われる中、大道芸は100回やったら100回違うショーにならないといけないと言われています。

それだけ観客を大切にし、観客と一緒にショーを作っていく事を大切にしています。

結果、客あげをしないショーだとしても、観客が参加した感覚を強く持ちやすいので、心に残るイベントを作り出すことができるのです。

5.出演人数が少ないから、料金を抑えられる。

一人当たりの出演料としては決して安いほうではないが、トータル人数が少ないため、結果として料金を安く抑える事が出来ます。

また、イベント会場の設営費を出すことが出来ない低予算のイベントであった場合、大道芸人に直で依頼し、イベント会場の運営・設営費を抑えてイベントを打つ事もできます。

ダンスイベントにしろ音楽イベントにしろ、イベントを盛り上げようと思うとそれなりに出演者の人数は必要になります。

人数が多ければその人達をまとめるマネージャー的な存在も必要になります。

もちろん大道芸も人数が多い方が掛け合いが見れたり、技のバリエーションが増えたり、テンポ良く見れたりしますが、大道芸であれば周辺スタッフ入れて1人か2人いれば相当盛り上がるインパクトのあるイベントが打てます。

人数が多ければ出演費の他にも交通費やケイタリングの費用などもその他経費もバカになりません。

出演人数が少ないという事はトータル予算が下げられるということになります。

6.どこでも対応可能

ステージの上でも、駐車場でも、ちょっとしたスペースがあれば行うことができる為、どのようなスペースであっても対応できるパフォーマーを探すことができます。
また、大道芸を行っているパフォーマーは電源がない場所でもショーを行えるような工夫をしているため、ステージや音響がない場所でも対応できるパフォーマーが多いです。

これはステージを用意されていない路上や公園などの街中で普段からパフォーマンスを行っている為、あらゆる環境でショーを行っている大道芸人の強みでもあります。

パフォーマーによっては雨の中でも行えるパフォーマーも存在します。

普段外で伸び伸びやってるパフォーマーを見ると狭い場所や、天井高の低い室内だと行えないだろうと考える人が多いと思いますが、意外とそういったスペースでも行えるパフォーマーが多いです。

アルジェントさーかすも一般家庭と同じ天井高でパフォーマンスしたこともありますし、スペースも凄く狭い所でも可能です。

もちろんそういったところ用のショー構成にはなってしまいますけど、パフォーマーに直接確認してみる事をお勧めします。

アルジェントさーかすの演技スペースが狭い所でのパフォーマンス風景

7.現場でのハプニングに強い

普段路上や公園には、いろんな人がいます。そんな環境でパフォーマンスを行っている大道芸人は、あらゆる状況を経験しています。
そのため、思いがけないハプニングが起こった時でも対応していく力を身に付けています。

大道芸を行う場所には色んな人がいます。

酔っ払った人、興奮して間近まで来てしまう子供、時には緊急車両が通行する事もあります。

また、パフォーマー個人個人が自分達でショーを行っている為、音響トラブルなどのハプニングを乗り越える力を持っています。

これは専門の音響屋が居なかったり、ガードマンやイベント運営者が居ない場所でのショーを物凄い数こなしている事から身につけているのです。

ちなみにこの記事を書いているGEN(ジェン)はちゃんとは数えていないですが、年間500回は余裕で超えています。

こういったショーを行う回数が多い事もあらゆるハプニングに対応できる事に繋がっています。

大道芸人の対応力の高さは、様々なイベント会社の方から高評価を受けています。
我々からしたら、普通にいつも通りのことをしているだけなのですけどね(;^ω^)

8.パフォーマンスのジャンルが豊富で様々なパフォーマーを見る事が出来る。

一度大道芸イベントで成功すると、様々なパフォーマーを使って違う内容のイベントを打つ事が出来ます。
さらに続けることによって、次は何を見る事が出来るか楽しみにして来るリピーターが増えるため、長く続ければ続けるだけ集客を見込めるようになってきます。

パフォーマンスの系統

  • 凄技系
  • コメディ系
  • 不思議系
  • ためになる系
  • 雰囲気重視系
  • 季節イベント系
  • カントリー系(和風・フランス風・ハワイアン風・ジプシー風など)

主なパフォーマンスジャンルと演目

ジャグリング
  • ボール
  • クラブ
  • リング
  • ディアボロ
  • デビルスティック
  • シガーボックス
  • シェイカーカップ
  • ヨーヨー
  • ダイススタッキング
  • 剣玉
  • コンタクトジャグリング
  • エイトリング
  • ルービックキューブ

第4回八幡山公園祭り 宇都宮タワーのふもとでの大道芸イベント ハッピーメリーカス大道芸人たいちダイススタッキング森田智博ボールジャグリング何をやるにも必死で、真剣に頑張るタッキィ!でもそのやる気が空回り。数々の巻き起こるハプニングは笑いなくしては見られません。森田智博クラブジャグリング

パントマイム
  • コメディ
  • メルヘン
  • パントマイムイリュージョン(壁やロープ等の見えない物が見えてくる技術)
  • 演劇
  • 人形ぶり
  • スタチュー
クラウン(道化師)
  • キャラクター
  • クラウニング
  • おどけ
  • スラップスティック

クラウン(ピエロ)のアルくんの最高の笑顔無邪気にはしゃぐクラウン(ピエロ)のロイくんサーカスで培ったワクワク感と、大道芸ならではのコミュニケーション能力でショーを組み立てていくタッキィのパフォーマンスは、お客さんと一緒にショーを作っていきます。

サーカス
  • 椅子倒立
  • 綱渡り
  • 空中芸
  • ローラーボーラ
  • ラダー
  • チャイニーズポール
  • コントーション(軟体芸)

アルジェントさーかす椅子倒立エアリアルティシューハッピーメリーサーカス第4回八幡山公園祭り 宇都宮タワーのふもとでの大道芸イベント ハッピーメリーカス

アクロバット
  • 宙返り系(飛んだり跳ねたり回転したり)
  • ハンドtoハンド
  • 倒立

第4回八幡山公園祭り 宇都宮タワーのふもとでの大道芸イベント ハッピーメリーカスアクロバット足足アルジェントさーかすアクロバット宙返りハッピーメリーサーカスGちょこMarbleマーブルハンドtoハンド第4回八幡山公園祭り 宇都宮タワーのふもとでの大道芸イベント ハッピーメリーサーカス

ファイヤーショー
  • ファイヤージャグリング
  • ファイヤーダンス
  • 火吹き

大道芸人GEN(ジェン)ファイヤ―グリーティング大道芸人GEN(ジェン)ファイヤ―椅子倒立大道芸人GEN(ジェン)火吹き

マジック
  • クローズアップマジック
  • イリュージョン
バルーン
  • バルーンパフォーマンス
  • 風船配り
  • バルーングリーティング
  • ジャイアントバルーン

バルーンアートアルジェントさーかすジャイアントバルーンアルジェントさーかす

ダンス
  • アニメーションダンス
  • ブレイクダンス
  • 舞踏
ミュージック(音楽)
  • ジャス
  • ブラスバンド
  • クラシック
  • 面白楽器
  • チンドン
  • スプレーアート
  • リズムペイント
  • 似顔絵
アトモスフィア
  • グリーティング
  • ロービング
  • スタチュー

※とりあえずジャンル分けしてみましたが、明確な定義はありません。

種類の豊富さを見せたかったため、とりあえず分けたという感じです。

例として、僕が行っている椅子倒立も人によってはサーカス芸と言ったり、アクロバットパフォーマンスと言ったり、バランス芸と言ったり様々です。これはショーの見せ方的にどのジャンルで言うのが良いかパフォーマー個人個人が考えた上でベストなものをチョイスしているため、パフォーマーによってどのジャンルかを選んでいるのです。

周囲が勝手に決めてしまうと、「そうじゃ無いんだけどね・・・」と言って、こだわっているパフォーマーの意見もたまに聞きます。

※実際のパフォーマンスではいくつかを複合的に行ってる事が多いです。

9.イベント目的でない観客も虜にしていく力がある。

大道芸とは、路上や公園などで観客ゼロから始めていくパフォーマンスです。
そのため、通行人さえいればそういった人たちを集めて、虜にしていき、楽しませていく事にたけています。

路上や公園で行う大道芸とは、前宣伝も何もない状態でパフォーマンスすることがほとんどです。
その為、通行人の興味を引き、見たいと思わせる事をして、目を離す事が出来なくする。
大道芸人達は普段からこのようなパフォーマンスを行っています。

イベントのために集まった人だけでなく、たまたまその場を通った人達を釘付けにしていくイベントは、他になかなかないのではないでしょうか?

まとめ

以上の事から、手軽に打てて、観客を楽しませられる確率が高いイベントとして大道芸イベントは近年盛んに行われるようになってきました。

今では全国の街のお祭りや、大型の商業施設に行けば、大道芸イベントを見ることができます。

さらに町おこしイベントとして、大道芸フェスティバルもあちこちで開催されています。

大道芸イベントを行いたい人へ

こういった理由から大道芸をイベントで使っているところが増えていっています。

だけど注意しないといけないのは、ここで言ったのは大道芸全体を見てあげた特徴であるため、パフォーマー一人一人の得意分野はそれぞれ違います。
そのため、

大道芸人のことをよく知っていて、適材適所でパフォーマーを選別できるイベント会社を選ぶべきです。

大道芸イベントを行いたいが、大道芸人のことをよく知らないし、知ってるイベント会社を知らないという方。
もしくは大道芸人に詳しくないが大道芸イベントを行いたいというイベント会社の方。
は是非連絡して下さい。

適材適所で大道芸人を選別できさえすれば大道芸イベントは必ず成功します。

また、適材適所で選別しても毎回違うパフォーマーを入れていけるだけ現在は多くのパフォーマーが存在します。

僕自身がHMCから芸人派遣を行うこともできるし、ブッキングだけ手伝っているイベント会社も数社あります。
何かしら協力できることがあると思います。

「大道芸イベントは面白い!」これを広げていくためにこれからも活動を行っていきます。

大道芸がストレス社会を救うお話しはこちらです。合わせてご覧下さい。

楽しんでストレスを発散させる方法!!大道芸を見て日常から解放されよう♪

GEN(ジェン)

GEN(ジェン)のTwitter

  • ブログの更新情報
  • パフォーマンス情報
  • パフォーマンス当日のお知らせ
  • 皆さんとのコミュニケーション

などをTwitterで行っています。フォローお願いします。

GEN(ジェン)


コメント

タイトルとURLをコピーしました