follow us in feedly

集客の本当の意味!本質を理解すれば売れる♪【大道芸人の集客理論】

コミュニケーション

ビジネスの本質は良い人間関係を作ることにあります。
お金が発生することを『ビジネス』
お金が発生しないことを『良い人間関係を作る』
僕はこのように定義しています。

本質は同じものです。
今回お話する『集客』も
あなたが好きな人をあなたの周りに集める。
その為のものである。
ともいえるのです。

今回はビジネスをベースに話していきますが、
『あなたを好きな人をあなたの周りに集める為のもの』と置き換えて
考えればビジネスに興味がない人でも「ため」になるお話です。

集客に悩む人は沢山いますよね。

その反面、人はいるのに売れないo(TヘTo) くぅ

そう悩んでいる人も多いです。

それ、集客の本来の目的を無視してないですか?

集客の本質とは、あなたの商品を必要としている人に情報を届け、集まってもらう事です。
集める人自体がすでに必要性を感じている人だからこそ売り上げが立つのです。

ただやみくもに人を集めればいいわけではありません。

あなたが集客する目的を明確にし、誰に何を届けたいのか?
そしてそれを欲しいと思う人を集める。

これが集客です。

1000人必要がない人を集めても売り上げは立ちません。
それなら、たった1人あなたの商品が欲しいと思う人に情報を届けること。
この考えが必要なのです。

文章で書いた場所がビジネスとしての見方

この写真とともに書いている部分が人間関係構築の為の部分だと思ってください。

集客の意味(本質)

集客とは、あなたの商品を必要としている人、
欲しいと思っている人に情報を届けて、来てもらう事が本来の目的です。

必要じゃない人に売り込むと、それはただただ嫌われて終わってしまいます。

また、顧客は必要なのに、気が付いていない場合もあります。
これを気付かせてあげる事も大切な事です。

ここで言う商品とは物だけとは限りません。

サービスで在ったり、情報で在ったり、あなた自身であったりします。

お金が絡むと商売となります。

お金が絡まなければ人間関係構築(よい人間関係を作る為のもの)という事になります。

集客する前設定をする

集客をする前に何がゴールなのかを設定しておく必要があります。

  • 何かを販売する為
  • 何かを宣伝する為
  • ファンを獲得する為

などなど。

ぼくの業界、大道芸業界で言うとこのような事が考えられます。

  • 投げ銭を取る為
  • ファンを増やす為
  • クライアントの商品を宣伝する為
  • リピートしてもらう為(自分に対して、クライアントの施設に対してなどいろいろあります)

あなたの目的は集客することが目的ではないですよね。
集客した後の売上を目的としてませんか?

集客して集まったお客様にどう行動してほしいのか?
これがとても大切なのです。

人間関係構築で考えると
あなたのどの部分が好きな人を集めるのか?
ここを前設定として考える必要があります。

  • 考え方
  • 趣味
  • ファッション(見られ方)

などいろいろ考えられます。
あなたのどの部分を好きになってもらいたいのかを考えてみましょう。

あなたの商品を必要とする人が「どんな人か?」を考える

ゴール設定ができたら、あなたの商品が欲しいと考える人がどのような人なのかを考える必要があります。

あなたの商品を顧客自らが「売ってくれ!」という人はどのような人なのかを考えるのです。
そのためにはあなたの商品が誰のどのようなメリットになるのかを考える必要があります。

  • 誰のどんな悩みを解決するのか?(苦痛を取り除く)
  • どのような欲しいという欲求を満たしているのか?(快楽を求める)

売れる商品とは、この二つのどちらかに当てはまります。

具体的な例がないとわかりずらいので、
大道芸を例にあげてみましょう。

苦痛を取り除く

  • ストレスをため込んでいて、発散させたい人
  • 家族や恋人や友達間で共通の楽しい思い出が欲しい人
  • 自分も頑張ろうとやる気が出させてほしい人
  • 日常を忘れ、リフレッシュしたい人
  • ポジティブな考え方を手に入れたい人

快楽を求める

  • とにかく楽しみたい人
  • 直接自分に向かって楽しませようとしてもらいたい人
  • 家族や友人や恋人に楽しかった。ありがとう。と言ってもらいたい人
  • 笑顔を手に入れたい人
  • 楽しい話題を求めてる人(人に伝えたい)

上げだしたらきりがありませんが、このような事が考えられます。

緊急性が高いのは、苦痛を和らげることです。
苦痛を和らげることが思い浮かばない時に快楽を求めるメリットを考えるといいでしょう。

ただ、これらの事を全て全力で伝えると、逆に何が伝えたいのかぼやけてしまいます。
つよく前面に押し出すのは3つくらいがいいと言われています。

人は3次元までは把握できるけど、4次元以降は把握できないため。
と言われています。

ぼくが行う大道芸ではこの3つを強く意識しています。

  • ストレスをため込んでいて、発散させたい人
  • 家族や恋人や友達間で共通の楽しい思い出が欲しい人
  • ポジティブな考え方を手に入れたい人

人間関係構築で考えると、あなたの好きになってもらいたい部分。
これがどのような人が求めているのかを考えます。

ここがぼやけていると、相手はあなたとどのようにかかわったらいいのかが分かりにくくなります。

一つに絞る必要はありませんが、一つ一つ落とし込んでいく必要はあります。

あなたの商品を必要とする人がどこにいるのかを考える

ここのニーズ(パート)はとても大切になります。

あなたの商品が誰のどんな悩みを解決し、どのような人が欲しいのか?
それが分かっても、
欲しい人が居ない所でPR活動をしても意味がないですからね。

これは恋人探しでも良く言われることです。
あなたの理想とする異性は、どこにいるのかを考えてそこに出向く頻度を高める。
この考え方はとても重要になります。

サラリーマンがターゲットの場合は、サラリーマンが集まるところに行かないといけません。
主婦がターゲットの場合は、主婦が集まるところに行かないといけません。

一つだけ例外があって、支払い能力がない子供のようなターゲットの場合はその子供に与えたいと思う親を相手にしないといけない。という事です。

大道芸でもよくあるのですが、「子供の為にショーを行いたい。だけど、収入がついてこない」
と悩んでいるパフォーマーをよく見かけます。

この場合は、「子供にこのショーを見せてあげたい」と思う大人をターゲットにしないといけないのです。
支払い能力がない人にいくら売り込んでも、売上にはなかなか結び付かないですからね。

例外はひとまず置いといて □/(-_-/)(\-_-)\□オイトイテ…

あなたの商品が欲しいと思う人はどこにいるのかを考えましょう。
できるだけ沢山集まる場所を見つける必要があります。

あなたの好きになってもらいたい部分を必要としている人は、どこにいるのかを考えます。

公園でしょうか?
バーでしょうか?
アパレルショップでしょうか?
何かの集まり(会合等)でしょうか?

これらは、あなたを好きになる人が増えやすい環境となるのです。

提案をする

集客したうえでのゴールを明確にし、
あなたの商品を必要としている人がどのような人かを考え、
その人たちがどこに大勢集まるのかを考えたら、
提案が必要になります。

よくここで、売り込もうとする人が居ますが、
売り込みをしてしまうと、ほとんどの人が
拒絶反応を起こしてしまいます。

売込みとは本来必要ないのです。

理由はこの章を全部読めば理解できると思います。

ここで意識するのはあくまで提案です。

相手の為を想って、相手のメリットになることを提案していく。
これが大切なのです。

あなたの商品を必要としている人が沢山いる場所で
相手の為を想って相手のメリットになることを提案するベストな商品は何でしょうか?

もうお分かりですね!
あなたの商品がベスト商品という事になります。

ここで、売りつけるのではなく、
相手の事を想った提案ができるかどうかがポイントになってくるのです。

必要な人に
必要な人が集まる場所で
必要な提案を出す。

これがとてもとても大切になってくるのです。
売込みは必要ないのです。

売り込まなくても、必用な人に認知され、正しく提案していれば、相手から「売ってほしい」
となるのです。

では、正しい提案とは何でしょうか?

オファーを投げることです。
相手が買いたいと思っても買うための窓口がないと困っちゃいますよね。

どう行動したらいいのかを明確に教えてあげる。
これがオファーです。

提案にはオファーが必要不可欠となってきます。

売り込むとは、自分主体の自分の事を想った発言です。

提案とは、相手主体で、相手の事を想って選択肢を広げてあげる事です。

人付き合いにおいての提案とは、次回の約束という事になります。

連絡先を交換する。
会う約束をする。
自分の好きな場所や物を紹介する。
相手の好きな場所や物を紹介してもらう。

せっかく仲良くなった人とは、その場限りで終わらせるのはもったいないですからね。

次につながる提案をしていきましょう。

GEN(ジェン)の事例

対企業や商業施設

ぼくの事例をお話します。

コロナ時代に突入し、大道芸人の活動場所がどんどんなくなっていきました。
今、この時代だからこそ大道芸が必要だと考えるところはどこだ?
と、考えたわけです。

・予算がかからない。
・営業(オープン)はしないといけない。
・集客が減っていて悩んでいる。
こういった施設を40か所くらいリストアップし、片っ端から連絡を取っていきました。

今考えると、ビジネスの勉強を始めてすぐだったという事もあり、
前半は売込みをしていましたね(;^_^A

断られるたびに、何がいけなかったのかを考え、改善していきました。

その結果『宇都宮動物園 大道芸イベント』が誕生したのです。

ほかにもいくつか候補はあったのですが、
今の僕が集中して行えるのは、1現場だと判断した結果、宇都宮動物園とタッグを組ませていただくことにしました。

この事例は、対企業を相手にする時は、参考になると思います。

どこに僕の商品が必要な人が居るのか?
これは、インターネットの検索キーワードで絞り込んでいきました。

コロナ時代でも営業している商業施設。
イベントを行っていた所。
客が来ないと困っているところ。

こういった内容で検索し、自分が通える範囲の場所をリストアップしていったのです。

対個人

ぼくのTwitter運用もブログ記事を出すたびに、その記事を誰が必要としているのか?
どのようなキーワードで検索したらそういう人たちがヒットするのか?

これを考えてアプローチをかけています。

また、『宇都宮動物園 大道芸イベント』のアカウントでは、大道芸が好きな人、宇都宮動物園が好きな人、栃木県を中心に家族で遊びに行くところを探している人。
こういった人にアプローチをかけています。

ただツイートしているだけではないのです。

大道芸の時に意識している集客

大道芸人は通行人に興味を持ってもらい、そのまま見てもらい、楽しんだ対価を投げ銭という形でいただくパフォーマンスです。

では、大道芸人達はどのように集客を意識しているのでしょうか?

ワクワク感と違和感

楽しそうな雰囲気を作り出し、「なぜ街中で!」という違和感を作って通行人の足を止めています。

この段階で、「楽しみたい」「気になる」という人だけを集めていきます。
時間がない、興味がないという人は自然と離れていきます。

気になる、興味がある

技や芸、そしてトークなどで、「凄い」「楽しい」「もっとみたい」
と思わせます。

観客にとってもっと見たいと思える価値提供を行います。
ここで観客のメリットになるものが無いと離れていってしまいます。

近づきたい

「もっと近くに行ったらさらに楽しめそうだ」
「この人に近くに行きたい」

このような環境を作って人だかりに人だかりを集めていきます。

演者の「人としての魅力」で、好きになってもらい、このパフォーマーのショーが見たいと思ってもらいます。

環境を作る

「ここは笑っていい場所」「騒いでいい場所」「楽しむための場所」
こういった環境を作り、観客と一緒に楽しい空間を作って行きます。

大道芸はテレビではありません。
観客も一緒に参加できる。この環境を作り出していきます。

演者に対する価値

「この人を応援したい」「楽しませてもらったお礼をしたい」「また見たい」「もっと多くの人に見せたい」
このように思ってもらい、投げ銭という形で金額を決めてもらいます。

パフォーマーに価値がないと投げ銭をしてもらうことができません。
この価値提供は、パフォーマンスであったり、トークであったり、立ち振る舞い(キャラクター)であったり、人それぞれです。

パフォーマーの価値イコール観客のメリットでもあります。
「楽しめる」「ストレス発散できる」「やる気が出てくる」「嫌なことが忘れられる」「ポジティブになれる」などが考えられます。

パフォーマーによって与えるメリットも様々です。

心に残る思い出

「楽しかった」「感動した」「笑った」
このような心に残る思い出を残すことで、
また大道芸が見たい。

このような感情になってもらいます。
もちろん次に自分を見に来るかもしれませんし、他の大道芸人かもしれません。
だけど、大道芸が楽しい。
そう思ってもらう事によって、大道芸業界全体の客を増やしていっているのです。

自分のファンや大道芸のファンを作り、リピーターを増やしていきます。
このリピートこそが業界の発展につながっていきます。

事例を参考にして自分に当てはめてみましょう。

知識とは、具体的な事例とセットになって初めて実戦で使えるようになります。

その事例を自分に置き換えたらどうなるか?
この考え方が大切になります。

お金が発生しない関係であれば人間関係構築ですので、プライベートでもドンドン役にたてて行ってください。

特に、考え方はビジネスもプライベートも全く同じです。

提案の決定率を上げる方法

商品は売ればいいというものではありません。
どんなに商品が素晴らしいか?これだけ説明すると、類似品との検討に入ってしまいます。

それを解決する為には、
□あなたの商品が買いたい。
□あなたから商品を買いたい。

そう思ってもらうことが大切なのです。

そのために必要な事は、
■あなたが何を考えているのか?
■あなたが何を目指しているのか?
■あなたが私の為に(顧客目線)何をしてくれようとしているのか?
こう言ったことが見えてこないといけないのです。

その為に
◆あなたの考え方。
◆何をどう行動しているのか?
◆顧客にどうなってもらいたいのか?
◆顧客を救う事で、あなたにどんなメリットがあるのか?
(そのメリットは顧客が共感できるのか?)
このような事を伝える必要があります。

顧客が、あなたのファンになり、あなたから商品を買いたいと思うようになる。
それが大切なのです。

人が一番怖いのは、相手が何を考えているのかが分からない事です。

自分の考えを相手に伝え、あなたが何を考えているのかをわかってもらいましょう。

まとめ

集客とは、あなたの前にあなたやあなたの商品が欲しいと思う人を集める行為です。

集客がゴールではありません。
集客して顧客にどう行動してほしいかのゴール設定を行いましょう。

あなたの商品を必要としている人がどのような人なのかを把握しましょう。

あなたの商品を必要としている人がどこにいるのかを把握しましょう。

相手の事を想って、相手のメリットになる提案をしましょう。

あなたを知ってもらい、あなたから買いたい。
そう思ってもらえるようになりましょう。

これらの一連の流れを行う事で、本当に必要な人を集めるための集客ができます。
「とにかく多くの人に認知されればいい」
これは大企業がやる戦略です。

我々は低コスト低労力で集客していく必要があります。
そのためには集客の本質を理解し、実践していきましょう。

この記事に書いたことは、全部できなくても、
一部だけやっても効果は出てきます。
できることから意識して行動していきましょう。

ビジネスもプライベートも原理原則(変わりようのない不変のもの)は一緒です。

ビジネスが上手な人は人間関係を良好にするのも上手です。

人間関係を上手に作れる人はビジネスも上手です。

だけど、人間関係をよくするための教材はあまりないのも事実です。
なので、ビジネスを学ぶことで、良い人間関係を手に入れていくのがおすすめです。

GEN(ジェン)が学んでいるビジネス

テレビCMがドンドン予算が減り、番組予算が無くなってきている現代。
インターネット広告の需要が伸びています。

これは、多くの人がテレビよりもインターネットを沢山見るようになった証拠です。

であれば、CM料を払って広告を打たなくても、インターネットを活用してビジネスを加速していく方法があるはず。

そう思って探し当てたのが
『次世代起業家育成セミナー』です。

インターネットを使えばどのような事でも副業になる時代です。
その何でもない副業を1億円事業にするためのセミナーです。

今回書いた記事も、このセミナーで学んだことをぼくの体験談と共にお伝えさせていただいたものです。

今ならセミナーひとつ無料でもらえます。
このセミナーが自分に合うかどうかのお試しです。

無料ならもらっておいて損はないですよね。
僕が実際に受講し、自信を持ってお勧めできるセミナーです。

下記のバナーをクリックし、メール登録すればセミナーをもらうことができます。
ビジネスの為に、より良い人間関係を手に入れるために、試してみてください。

合わせて読みたい

今回は集客に照準を絞って記事を書きました。
この記事は「売る(セールス)」について書いています。

合わせて読むことで、さらに成長できます。

一緒に読んでみてください。

宇都宮動物園 大道芸イベント とは

記事の中にでて来た『宇都宮動物園 大道芸イベント』は、ぼくが企画運営している大道芸イベントです。

ぼくがどのようにビジネスを行っているのか?が分かると思います。

イベントは毎週土日と祝日に行ってます。

現地に来れない人でも楽しめるようにライブ配信も行ってます。
是非公式LINEに登録して、情報をゲットしてください。

大道芸人の紹介、大道芸人にちなんだ話など、見ていても楽しめるようになってます。

大道芸人GEN(ジェン)はこんな人

芸歴23年の大道芸人

サーカス芸・コメディー・コミュニケーションを磨き上げ
誰にもまねできない世界を作り出す。

GEN(ジェン)のショーには
「歓声」「笑い声」「叫び声」がこだまする。

GEN(ジェン)のショーを繰り返し見ると
このような変化があなたに訪れます。

■ストレスが取り除かれる
■自分も頑張ろうと、明日への活力が手に入る
■ポジティブ思考になれる
■コミュニケーション能力が上がる
■魅力的な人物になることができ、人間関係が良くなる。

その為の仕掛けが満載の大道芸人GEN(ジェン)のパフォーマンスを見て、
楽しみながら成長してください。

==============


コロナ時代に突入し、全ての活動が中止
GEN(ジェン)がとった道はビジネスを学ぶこと。


情報時代に必要な
インターネットを使った
ビジネスを開始。

コロナ期間中にもかかわらず
『宇都宮動物園 大道芸イベント』
をスタート。

2021年度 でおそらく
日本で一番活動した
大道芸人だと思われる。


インターネットビジネスをさらに拡大し、
大道芸イベントのスポンサーになるべく活動中。


逆境に負けないポジティブ思考と
ネットビジネスに必要な知識を
公式LINEで発信しています。

新着記事

コメディパフォーマー『松鶴家 天太』の 笑顔満載!心温まる大道芸
ネーミングする意味!『目的をハッキリさせ、理解しやすくするため』
伝わる文章の書き方!【裏ワザ】ネット翻訳できる文章は、伝わる!
伝わる!読みたい!行動したい!そんな文章の書き方【構成と役割】
今日は人少ない?と思ってたのに、開始時間になったら集まってきた🎵

コメント

タイトルとURLをコピーしました