クラウン

かわいいピエロ(クラウン)アルくんとロイくんのイメージ曲『royal』

クラウン(ピエロ)のアルくんとロイくんの絵

アルジェントさーかすのGEN(ジェン)です。
ちょっと前に『アルジェントさーかす』をイメージしてKyodochanがRemix曲を作ってくれました。

曲のタイトルは
『Luck’ Algento(幸運のアルジェント)』

その第2弾としてかわいいピエロ(クラウン)のアルくんとロイくんをイメージして作られた『royal』が完成しました。

今回はノリと可愛さが入ったいい感じの曲に仕上がっています。

royalを使ったフォトムービー

Remix曲作成 : Kyodochan

写真出演 : アルジェントさーかす(アルくん・ロイくん・GEN(ジェン))

画像選別と構成 : Kyodochan

royal誕生秘話

Twitter上で仲良くなったきょどちゃんが、僕たちのイメージでRemix曲を作ってくれました。

それがうれしくてうれしくて早速ショーでも使えるように練習を始めていたのですが、数日後メッセンジャーに連絡が・・・

「 GENさん~ あの・・・ ロイさん の事についてなのですが、、
動画に入れてなかったのですが、大丈夫ですか?
今日、知ったので・・
ごめんなさい・・・ 」

それもそのはず、『アルジェントさーかす』は、通常GEN(ジェン)とアルくんの二人で行っていて、たまにアルくんに変わってロイくんが出演することがあるのですが、ふつうそこまで知ってる人はまだまだ少ないはずです(;^_^A

ここからがきょどちゃんの凄い所!

何とアルくんとロイくんをイメージしてもう一曲作ってくれるとのことです。

これにはアルくんもロイくんも大喜び♪

ところがここからが大変でした・・・あ!僕達じゃないですよ!きょどちゃんがです(;^_^A

アルくんとロイくんの違いやら、そもそもクラウンとは何ぞや?などなど凄く勉強してくれたのです。 (-人-) ありがたや~!

この時期たまたま僕がクラウンやピエロについてのブログ記事を増やしている最中だったので、その記事をしっかり読んでくれました♪

そのブログ記事の一覧がこちら
ピエロとはクラウン(道化師)の事を指します。ピエロ・クラウン(Clown)・道化師のすべて!!

この記事を読んでもう一度曲を聴くと、なるほど!と思えてくるはずです♪

そして今回はきょどちゃんの娘さんがアルくんとロイくんの絵を描いてくれました(((o(*゚▽゚*)o)))

クラウン(ピエロ)のアルくんとロイくんの絵

かわいい絵ですよね♪
ありがとうございました。

アルジェントさーかすとは

サーカス芸を使ったドタバタコメディーで、お届けする大道芸ユニットです。

サーカス芸を行うGEN(ジェン)とクラウン(ピエロ)のアルくんによるドタバタな関係は笑いなくしてみることはできません。

通常はGEN(ジェン)とアルくんでパフォーマンスを行っていますが、たまにアルくんに変わってロイくんとGEN(ジェン)でパフォーマンスを行うことがあります。

アルくんは底抜けに明るいいたずらっ子です。
純粋無垢なキャラクターがみんなに愛されています。

ロイくんは少しのんびり系クラウンです。
今はまだアルくんのショーの流れを真似っこしているのですが、いずれはロイくんならではの流れも作っていきたいと思っています。

アルジェントさーかすについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
アルジェントさーかすとは?

Kyodochan(きょどちゃん)とは

元DJを行っていた方で、Remix曲をいくつも作っています。

GEN(ジェン)とは、Twitterで知り合い、よくお話をしています。

きょどちゃんがアルジェントさーかすをイメージして作ってくれたRemix曲第一弾

Luck’ Algento(幸運のアルジェント)はこちらです。

現在はこの曲になれるために、GEN(ジェン)のソロでウォーミングアップで使用しています。
ジャグリングの演目です。

僕のジャグリングのリズムよりは少し早いテンポなので、なれるまで時間がかかりそうですが、バッチリできるようになれば、かなりかっこいい感じの作品になりそうです。

その他のきょどちゃんの作品はYouTubeのきょどちゃんのチャンネルで聞く事が出来ます。

kyodochannel はこちら

Twitter上では作った作品をお気に入りのパフォーマーさんの画像と一緒に発表したりしています。

きょどちゃんのTwitterはこちら

皆さんチャンネル登録やフォローなどしてきょどちゃんの活動を応援してあげてください 人´ω`)

追伸

今回で2曲目となったきょどちゃんのRemix曲
どちらもカッコよくて、すごく気に入ってしまいました。

作ってくれたきょどちゃん本当にありがとうございました。

いずれこの曲を使ったパフォーマンスを行っていきたいと思います。

楽しみにしていてください。

Luck’ Algento(幸運のアルジェント)を作ってもらった時のブログ記事はこちらです。
大道芸やイベントでおすすめ!凄くて面白くて笑える!!アルジェントさーかすのPV2020

アルジェントさーかすやハッピーメリーサーカスの動画をもっと見たい方は
YouTubeのハッピーメリーサーカスジェンのチャンネルをご覧ください。
良かったらチャンネル登録をお願いします。

クラウンアルくんのTwitterはこちら

クラウンロイくんのTwitterはこちら

GEN(ジェン)のTwitterはこちら

フォローお願いします。

GEN(ジェン)

#クラウンをジャックしよう!1月27日開催

#クラウン このハッシュタグを道化師やピエロでジャックしよう♪

クラウン(道化師)と言う言葉がインターネット上で広がらない理由として、車のクラウンの情報発信量が圧倒的に多い為というのがあります。

だけど、一日だけなら勝つ事は可能では無いかな?そんな思いからこの企画を考えました。

これは挑戦になります。賛同してくれる方は参加してください。

#クラウンジャックの日

クラウン(ピエロ)アルくんの顔のイラスト

1週間後の1月27日にTwitterとInstagramの『#クラウン』を車や王冠では無く道化師やピエロのクラウンでハッシュタグジャックに挑戦してみたいと思います。

1週間あればそこそこ拡散してできるのではないか?と思い、1週間後の月曜日に設定させて頂きました。

パフォーマーの方、ファンの方、できるだけ多くの方の参加を待っています.・゚゚(>ω<。人)

参加方法

Twitter

  • #クラウン と付けてツイートする
  • リツイートの場合 コメントを付けてリツイートを選択し、#クラウン を着ける。
  • 可能な限り写真や動画や絵を付けて目立つようにする。
  • 写真や動画や絵が無かったらつぶやきだけでももちろんOK
  • ハッシュタグは他の物も載せても良いが必ずシンプルな #クラウン も付ける。※#クラウン(ピエロ) など補足を付けると別のハッシュタグとして認識されてしまいます。
  • クラウンのイメージアップも兼ねて行いたいので、ホラー系のものやマイナスイメージのものは避けていただけると嬉しいです。

Instagram

  • クラウンの写真や動画や絵を #クラウン と付けて投稿する。
  • ハッシュタグは他の物も載せても良いが必ずシンプルな #クラウン も付ける。※#クラウン(ピエロ) など補足を付けると別のハッシュタグとして認識されてしまいます。

参加して欲しい人

クラウン(ピエロ)ロイくんの顔のイラスト

クラウンを行っているパフォーマーはもちろんクラウンが好きな人みんな参加して欲しいです.・゚゚(>ω<。人)

クラウンを行っているパフォーマーさんはもちろん自分の写真を使って、ガンガン宣伝してください(ㅅ´ ˘ `)

お気に入りのクラウンが居る方は応援してるクラウンパフォーマーさんの写真や動画を使うといいと思いますが、もし、本人が載せないでくれ!という希望を出してる場合は使わないであげてください。

掲載する写真や動画が無い人へ

アルジェントさーかすの『クラウンアルくん』『クラウンロイくん』の写真や動画を使ってください(^-^)/

自分で撮った物や描いた絵も、もちろんOKですヾ(●´∇`●)ノ

アルくんとロイくんの写真や動画は下に貼り付けておきます。

クラウンを行っているパフォーマーの方へ

自分の写真や動画を使って良いよという方はどんどん名乗り出て頂けると皆さんが参加しやすくなります。

よろしくお願いしますm(_ _)m

参加回数

何度でも参加して下さい(ㅅ´ ˘ `)

クラウンと言う言葉が日本に根付かない理由

クラウン(clown)を和訳すると道化師なのですが、メディアや映画や本などではピエロと和訳される事が多いです。

それはクラウンとカタカナで書くと、車のクラウンや王冠と言う意味のクラウン(crown)と混乱してしまう為、と言うのとピエロという言葉の意味がクラウンを指していると言葉上では思われている為では無いでしょうか?

ピエロとは、本来は数あるクラウンの中の1キャラクターなので、正確に言うとクラウン(clown)の和訳はピエロでは無いのですが、何故かピエロを和訳として使っています。

この辺の事を詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧下さい。

クラウン(道化師・ピエロ)について!クラウンと言う言葉が日本に根付かない理由。

#クラウン ジャックを企画した理由

検索しても調べることが出来ないクラウン

これは検索エンジンでも、SNS検索でも一緒です。

ですが、TwitterとInstagramのハッシュタグに限定して1日だけクラウンがファンみんなが一致団結したらどうでしょうか?

これはやってみないと分かりません。

この呼び掛けがどこまで広がるのか?

どれくらいの人が参加してくれるのか?

今回のイベントはメリットこそはあっても、誰のデメリットにもなりません。

であれば、やってみよう!と思いました。

もしかしたら話題になってクラウンが広まるかもしれない。

そんな期待を込めて今回企画させて頂きました。

#クラウン ジャック

クラウン(道化師)をもっとメジャーな言葉にする為にも皆さんの参加お待ちしています。

クラウン、道化師、ピエロ、clownについて詳しく知りたい

そもそもクラウンて何?
ピエロとクラウン何が違うの?
など色々な事についてブログ記事を書いています。

少しでも気になった方は是非こちらをご覧下さいm(_ _)m

ピエロとはクラウン(道化師)の事を指します。ピエロ・クラウン(Clown)・道化師のすべて!!

#クラウン ジャック の時に使ってもいい写真

クラウンジャックで使う画像がない方はご自由に使ってください。

ここ以外でも、『アルジェントさーかす』のブログで使用している写真や動画は何を使っても構いません。

アルくんとロイくんの他にも、この写真自由に使っていいよ!と言ってくれたパフォーマーさんがいるので、そちらも紹介させていただきます。

NUTS the CLOWN

国内外でパフォーマンスしているクラウン。
最近はアジアを中心に活動中。
ストリートやシアターなど、色々な形のパフォーマンススタイルを持つ。
お客さんを巻き込んでのパフォーマンスは会場に自然と一体感が生まれる。
ジャグリング、高い一輪車、エアリアルティシューなど色々な芸をコミカルにパフォーマンスに、取り込んでる。
名古屋を中心に活動中

アルくんとロイくんの写真

自分の写真も使っていいよ!というプロのパフォーマーさんがいましたら、ぜひ連絡ください。

GEN(ジェン)

ピエロを使った言葉や歌詞の意味!そこからわかるピエロのイメージ!

クラウン(ピエロ)ロイくんがストリートオルガンを演奏しているときの写真

ピエロを例えに出した言葉や歌詞は沢山あります。
これ等の意味を考えていくと日本人が考えるピエロのイメージを理解する事が出来ます。

特に歌の歌詞はセカオワ(世界の終わり)やB’zをはじめとして多くの方が歌っています。
これらの歌の意味にはピエロのイメージが物凄く濃く描かれています。

調べて分かった驚くべき事実がありました。

ピエロとクラウン(道化師)

クラウン(ピエロ)アルくんの顔

サーカスやイベントや大道芸などで大人気のクラウンこのクラウン(道化師)のことを日本ではピエロと呼ぶことが多いです。
ですが、本来ピエロとは、星の数ほどいるクラウン(道化師)の中の一キャラクターにすぎません。

ところが、ピエロという言葉を使った例文や歌の歌詞を見てみると、そこにはピエロのキャラクター像がかなり正しく描かれていることがわかりました。

ピエロとは

クラウン(ピエロ)ロイくんの顔

ピエロはフランス語でPIERROT
ヨーロッパの喜劇に登場した人物(役の名前)で、様々なストーリーに登場していたそうです。

また、演じる役者によっても微妙にキャラクターが違ったりするため、ズバリこれがピエロだ!というものは存在しません。

何となくの人物像だけが語り継がれている感じです。

PIERROT(ピエロ)自体も実在した人物ではなく、お芝居の中で必要となったキャラクターで、その元っとなったキャラクターがいると言われています。
しかもその元となったキャラクターもいくつかの説があるため、どれが正しいのか、僕にはまだわかっていない状態です。

日本に伝わるピエロのイメージ

日本には人をピエロだと例える言葉やピエロを題材にした歌がいくつもあります。

これ等を調べていくうちに驚いたことは、PIERROT(ピエロ)のキャラクター像がかなり忠実に使われている。と言うことでした。

これを調べる前は、クラウン(道化師)のイメージがピエロとして使われているのかな?
クラウンを日本人はどういうイメージでとらえているのだろう?

そんな気持ちで調べ始めたのですが、クラウン全体をイメージしたものや、ピエロ以外の他のクラウンのイメージを使ったものは殆どなく、PIERROT(ピエロ)の人物像を描いたものばかりでした。

PIERROT(ピエロ)の舞台や喜劇を日本で行ったという記録はなく(僕が見つけられてないだけかもしれませんが)、フランスでもPIERROT(ピエロ)というキャラクターがこのままの名前でそこまで浸透しているわけでもないのに、なぜ?

ものすごく不思議なのですが、例文や歌の歌詞で使われているピエロの人物像はPIERROT(ピエロ)のキャラクター像とほぼほぼ一緒だというかなり不思議な事が起きていました。

ピエロを使った言葉

これじゃまるでピエロじゃないか

恋愛関係や三角関係でたまに出てくる言葉

相手からとって自分は恋愛対象ではなく、楽しませるだけの道化役でしかない。という意味
捨てられたり利用されただけの人 に対して使う言葉

俺はピエロ

本来の目的の逆をやってしまった人のこと。
自分の目的とは逆の結果になってしまった時に使う言葉。
本人は真剣にやっていても、結果が付いてこないで笑いものになってしまった時に使う言葉

とんだピエロだぜ

恥をかかされた時に使う言葉
笑いものになるだけの人という意味

人の事をピエロという場合

笑い者、三枚目、ひょうきん者、こっけい者といった、どちらかというと軽いあざけりの対象として 使われる。

あの人はピエロのようだ

あの人は他人にいいように利用されている
あの人は操られている
あの人は馬鹿馬鹿しい真似をしている などの意味

ピエロみたい

一所懸命やったことが全く結果を出さず、人から嘲笑された時や足蹴にされた時に指す言葉

まるであの子はピエロだね

本心を隠していい顔ばかりしている子供のことを指す。
顔色を窺ってばかりの人に対して指す言葉

ピエロを使った言葉まとめ

基本人に対して比喩した言葉として使う場合いいイメージはありません。
ズバリ悪く言うのではなく、皮肉を込めた言葉として使われることが多いです。

見ている分には楽しいが、自分がなりたくないと考える人が多いということですかね?

ピエロというタイトルがついている歌詞の意味

セカオワ( SEKAI NO OWARI )ピエロ

森の中のサーカスの君はそこのピエロで
いつもおどけてみせて、皆を笑わせようとする
どんな悲しいときも笑って
皆を笑わせようとする
本当はとても気にしてる、そのヘンテコな赤い鼻も
からかわれても知らんぷり
踊って転んで笑ってたね
つまづいたんだから涙が出るのが普通なんだよ

どんなに辛くて悲しいときも笑い飛ばしてみんなを笑わせそうとするそんな存在。
自分が馬鹿にされても気にしないで人を笑わせようとする存在。

B’z (上木彩矢) ピエロ

オレはピエロ
ひたむきで滑稽な 逃亡者
涙は流さないでおくれ
悲しいけど美しいのがLIFE
暗い未来はもう描かない
夢のスピードはもう緩めない

辛く悲しい過去から逃げ、夢ある未来に向かって突き進む。
バカバカしくてみじめに見えるかもしれないけど、強い意志を持っている存在。

KEI feat.初音ミク (伊藤歌詞太郎・鹿乃・96猫) ピエロ

大丈夫 おどけてみせてる僕は小さなさーかすの名も無きピエロ・・・
笑われるのが僕の仕事・・・
君の涙に僕は気付いた 拭ってあげなくちゃ・・・
大丈夫きみが見つけてくれた忘れかけてた僕の顔・・・
ほら嘘つきピエロはもう消えていなくなった

おどけてみせているというところからそう演じていることがわかる。
笑わせるではなくて、笑われる。
他人の涙を取り除こうとする。
うそをつき悲しい思いをする。
消えて無くなったほうがいいと思われる。
このような存在。

TOSHIMITSU  ピエロ

遊びが仕事に変わった 嫌な事は全部隠した
だけど辛くなんてないさ 俺は1人じゃないから
今日も君のために ピエロになってみせるよ
ねぇ聞こえるかい? ちっぽけな俺からのメッセージ

君という主役に寄り添い、主役の君のためにいる嫌な事を忘れさせる存在。

40mP からくりピエロ

待ちゆく人 流れる雲 僕のことを嘲笑っていた・・・
君の中できっと僕は道化師なんでしょ・・・
僕は君が望むピエロだ 君が思うままに操ってよ

周囲から見て自分はおろかでバカバカしく見える事をしている。
君から見ても僕は主役ではなく、脇役。
脇役のままでいいから、君が望むままに自由に僕を利用してほしい。

おそらくこれは自分が本命ではなく、浮気相手だということを理解し、受け入れている心境を歌った歌詞ではないでしょうか?

おかゆ  ピエロ

雨の日も 風吹く日も 笑い届ける その目には ほら 一筋の涙・・・
おどけ ふざけて 笑われ 後ろ指指されても・・・
喜劇の舞台 華やかに ・・・
私はピエロ 泣かないピエロ

辛いときでも人を笑わせる為に存在する。本心は涙心
華やかな楽しい舞台で笑われ、バカにされる存在。涙が出てくるくらい悲しいけど、涙は見せない。

タイトルにピエロが使われている歌詞から見られるピエロのイメージまとめ

悲しい、切ない、辛いこういった感情を隠して笑っている。
もしくはこういった感情の人を励まそうとする存在。
自分が笑われることによって周囲の人を楽しませようとする存在。
本当はこうなりたくないという本心を隠して笑いものになっている。

こういったイメージがあることがわかります。

ピエロという言葉が使われている歌詞の意味

meme tokyo. メランコリックサーカス

お道化てるピエロじゃ終われない

笑われて馬鹿にされている存在

忘れらんねえよ だっせー恋ばっかしやがって

がんばったってピエロ 無理して笑っている 本日もやらかしました

頑張ってはいるが、上手くいかない。だけど笑っている存在

久保田早紀 4月25日橋

私はピエロね 三人芝居の わき役だなんて すこしも気がつかなかったの

主役を引き立たせるための脇役

Da-iCE Damn IT!

側から見たらただのピエロかも

周囲の人から見たらただ愚かでバカな光景に見えているのかもしれない

ティーライズ社歌 Jin-Machine

ピエロの輪舞曲 今始まる悲しい喜劇

楽しいけど悲しい、楽しいはずなのに切ない。

玉井詩織(ももいろクローバーZ) ×ドレスコーズ×TeddyLoid  コミック雑誌なんかいらない

俺の周りはピエロばかり

笑っている人ばかりいる笑いが絶えない場所にいる。

AKB48 #好きなんだ

空気の読めないピエロ達か

ピエロとは、空気を読まずに行動してしまうもの。
そんなピエロみたいな行動をあの人たちは取っている。

ピエロという言葉を使った歌詞の意味まとめ

歌詞検索を描けると、700曲以上あったので、全部を載せることはできませんでしたが、気になったものだけ抜粋しました。

これ等から受け取れるのは、
一生懸命に行っているが、上手くいかず、バカにされて、笑われる存在。
主役にはなれず、主役を引き立たせるための脇役である。
本心を隠しておどけてはいるが、心では泣いている。そんなキャラクター。

こんな感じのことを歌っている歌詞が多かったです。

言葉や歌詞から読み解くピエロのイメージ

  • サーカスで笑わせてくれる存在。
  • 悲しい、切ない、辛い、いやだなどの本心を隠して行動してしまう。
  • 主役に離れず、主役を盛り上げる脇役である。
  • 常に笑っている。
  • 誰かを笑わせようとしている(励まそうとしている)。
  • バカにされて笑われる存在である。
  • 涙を流している。
  • 見ている分には面白いが、自分はなりたくないキャラクターだと思われている。
  • 皮肉を込めたあまりよくないイメージとして例に挙げられることが多い。

日本人がピエロに対して持っているイメージはこんな感じになります。

では、実際のPIERROT(ピエロ)はどのようなキャラクターなのでしょうか?

PIERROT(ピエロ)のキャラクター

メイクから見えてくる人物像

PIERROT(ピエロ)は白塗りをして涙が描かれています。

白塗りは感情を表に出さない無表情を意味しますが、本心を隠しているキャラクターだというときも使います。

は、本人の涙、本人の心の涙、他人を思いやっての涙などを表現するときに使います。

なので、PIERROT(ピエロ)は本心を隠して、心では泣いているキャラクターだということがわかります。

ピエロメイクの意味をもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

喜劇作品から見える。PIERROT(ピエロ)の人物像

人気を誇ったPIERROT(ピエロ)ですが、PIERROT(ピエロ)が主役の物語はおそらく存在しません。

主役を盛り上げるための名脇役として誕生し、ストーリーを進めていく上で欠かすことのできない人物です。

一つの物語の例として、

PIERROT(ピエロ)と主役の男の人、それとヒロインがいます。
主役とヒロインの恋がうまくいくようにPIERROT(ピエロ)は、ドジで間抜けな役を演じ、二人を笑わせ、楽しい空間を作っていきます。
その結果二人の恋はうまくいく事が出来ました。
でも本当はPIERROT(ピエロ)もヒロインのことが好きだったのです。
その涙がピエロの涙である。

要約ですが、このような物語があります。

ここから見れるキャラクター像は、

自分を後回しにして、人の笑顔のために笑われようがバカにされようが楽しい空間を作り出していく健気で無垢なPIERROT(ピエロ)のキャラクター像があります。
そして、そのPIERROT(ピエロ)の本心は涙が出そうなほど悲しくなるもの。
それでも人のために笑われようとするそんなキャラクター像が見えてきます。

他にも、

人から笑われバカにされ続けてきたPIERROT(ピエロ)は、人の心の痛みをよく知っている。
その為人の心の痛みもよく理解してしまう。
心の傷を負った人を見て、一生懸命励まそうとしていく。

この話は人づてに聞いたことがある程度なので、実際に公演された内容なのかどうかはわかりませんが、聞いたことがあるPIERROT(ピエロ)のお話しです。

PIERROT(ピエロ)のキャラクターまとめ

PIERROT(ピエロ)はドジで間抜けでバカにされて笑われることが人々を楽しませられることを知っている。
そしてそういった行為を行うのは人のためである。
その為に自分の本心を殺して、嘘をつきながらでも楽しい空間を作って、笑わせることによって相手を救い出そうとしていく。
そして、自分の本心や相手の心の苦しみを心の涙として流している悲しみを背負ったキャラクターである。

これが僕が今現在理解しているピエロのキャラクター像です。

アルジェントさーかすのクラウン(ピエロ)アルくんとロイくん

全体のまとめ

両方を比較してみるとイメージとしてかぶっている部分が非常に多いことがわかります。

僕がクラウンやピエロに興味を持って調べ始めてから20年ほど経ちますが、PIERROT(ピエロ)の物語やキャラクター像を知っている人はほとんどいませんでした。

なのに、日本の人たちがピエロに持っているイメージというのはほぼほぼ一致している。

PIERROT(ピエロ)という言葉がフランス語から来ているとはいっても、クラウンの世界では、ピエロという言葉は日本でしかほとんど聞くことがありません。

フランスに行った時もクラウン(Clown)という単語で会話をしていたので、フランス人アーティストからもPIERROT(ピエロ)の名前は聞いたことがないのが現状です(聞かなかっただけなのかもしれませんが)。

であれば、どうやって日本にPIERROT(ピエロ)のイメージが伝わって、根付いていったのでしょうか?

この謎は今後も探っていこうと思っています。

ピエロ(クラウン)についてもっと詳しく知りたい。

この記事を書いているアルジェントさーかすのGEN(ジェン)はピエロ(クラウン)に関する記事をいくつも書いています。

他の記事を見たい方はこちらをご覧ください。

ピエロとはクラウン(道化師)の事を指します。ピエロ・クラウン(Clown)・道化師のすべて!!

GEN(ジェン)

ピエロ(クラウン)メイクには意味がある!メイクからキャラクターがわかる。

ピエロとは数あるクラウンの中の一つですが、日本ではピエロ=クラウンと言う認識が一般的です。
今回はピエロも含めてクラウン全体のメイクがもたらす意味について考えていきたいと思います。
そこにはクラウンの歴史とも大きな関係があります。決して適当にメイクしているわけではないのです。

ピエロ(クラウン)のイメージ

日本におけるピエロのイメージは顔を白く塗り、赤い鼻をつけたおどけて人々を笑わせる存在です。

  • サーカスでは人気者。
  • 街中やイベント会場にいれば何か楽しそうなことをしてくれそうなワクワク感を出してくれる人。
  • かわいいマスコットキャラクター的な存在。

こういったイメージですね。

ピエロ(クラウン)がいるだけで非日常的な夢の世界をイメージさせてくれる。
これが日本におけるピエロが持つ大きな役割だと思います。

だから夢を売りたいお店やワクワク感を演出したいお店、子供たちが集まってほしいお店などでイメージキャラクターとして使われていることも多いです。

ピエロ(クラウン)のもともとの役割

ピエロ(クラウン)メイクの説明をする前にピエロ(クラウン)がもともと持つ役割について説明しないといけないです。

これはサーカスができるはるか昔に遡ります。

人間の社会(集まり)ができると、そこには娯楽というものが必要不可欠となります。

そこで生まれたのが見世物という文化です。

見世物とは、曲芸や怪力男や音楽などのイメージが今はありますが、そのもっと前は奇形児や心身障碍者を見世物として使われていた歴史があります。
手足がない芋虫男、小人症の人を使った小人、ひどいやけどを負い顔がただれた人を使った化け物、知的障碍者を使ったおかしな人(阿呆)。

こういった人達を見世物として、娯楽として人々を楽しませる歴史が存在しました。

これは、大衆娯楽としてだけではなく、王族や貴族や宮廷などでも人気がありました。

特に知的障碍者は世間体を考えないで発言してしまうことから神と通じていると考えらえ、王族に唯一意見できる存在として重宝されてきた歴史もありました。

街中で政治に対する不満が高まるとき、それをまともに演説してしまうと、殺されたり罰せられる時代、唯一意見が言える存在である知的障碍者(阿呆)を取り入れた見世物として民衆に訴えかけていたそうです。

これが大衆娯楽として発展していきました。
なので、人々が集まる娯楽を作って人々が楽しみ、その中に社会風刺も入れて間接的に政治に訴えかける。
このような娯楽が広がっていきました。

大衆娯楽として発展していくと、障碍者を真似たキャラクターが出てきます。
心身障碍者も身体障碍者も一緒くたに考えられていた時代、神と通じる阿呆を演じるにあたり、まねされ、誇張されてきたのがクラウンメイクの原型であると考えられています。

ピエロ(クラウン)メイクの意味

クラウンアルくんのグリーティングパフォーマンス!うさちゃんと一緒にお散歩♪

ピエロ(クラウン)メイクにはいくつかの種類があります。
顔を白く塗るホワイト
部分的に白く塗るオーギュスト
それ以外のキャラクター(真っ黒な口ひげを描かれるなど)

言い方は団体や国によって違ってくるとは思いますが、ざっくりとはこの3タイプに分かれます。

先ほどの歴史背景が大きく関わってくるのがオーギュストです。

目の周りを白く塗る

これはギョロ目をイメージして描かれ始めたメイクです。

口の周りを白く塗る

これは大口をイメージして描かれ始めたメイクです。

この二つのメイクは、奇形児(障碍者)を思わせる誇張されたメイクだと言われています。

赤い鼻

赤く腫れあがった鼻をイメージしたメイクです。

  • 酔っ払っている。
  • 蜂に刺された。
  • こすりすぎた。

など、理由は様々です。

顔を白く塗る

ホワイトクラウンと呼ばれるもの

感情が表に出ないことをイメージしたメイクです。

  • クールなキャラクター
  • 何があっても動じないキャラクター
  • 引っ込み思案なキャラクター

など、これも理由は様々ですが、中には一部だけ色を付けて、その部分を引き立たせて感情を豊かに見せる為に使われている場合もあります。

ちなみにアルジェントさーかすのロイくんは、アルビノを表現しています。

顎ヒゲを真っ黒に描く

アメリカの労働者をイメージしたメイクが始まりだと言われています。

ピエロ(クラウン)は時代とともに社会風刺を行うキャラクターが多いため、アメリカの労働者を皮肉ったり、その時代の政治に対する皮肉を行うときに作られたと言われています。

目の上や下に黒点を描く

これもギョロ目の延長上で、黒目が大きい事を意味します。
現代では、目が大きく見えてかわいく見せる為のテクニックとして使われることもあります。

目の上下に縦線を描く

これは目が見えないことを表現した事が始まりだと言われています。

現在ではこの意味がなくなり、ピエロ(クラウン)のイメージとして残っていることから、盲目とは関係なく使われていることが多いです。

この縦線が横にも書かれて✖印になり、太くしたところから星形になる。
ピエロ(クラウン)の目の周りに星形があるイメージの原型はこれではないでしょうか?

目の周りの星形

上記の縦線を描いたものの発展から星形に変わっていったという仮説も成り立ちますが、
殴られて字になったとか、目から星が出るという表現があるようにそういった性格を表現している場合もあります。

頬を赤く塗る

オーギュストメイクの口の周りの輪郭の赤も含まれます。

これは頬が赤くなっていることを誇張したメイクです。

  • 酒を飲んで赤くなっている。
  • 恥ずかしくて赤くなっている。
  • 興奮しすぎて赤くなっている。

これ等を誇張して描かれたメイクです。

クラウンの中のキャラクターの一つピエロにも涙が描かれています。

  • ピエロ(クラウン)の心の涙
  • 人のことを思いやり流す涙
  • 人の心の痛みを知って流す涙

これらを表現したメイクです。

舞台メイクの延長

現代では舞台メイクのかわいく見せる、きれいに見せる、格好よく見せる為のメイクを誇張して描かれていることがよくあります。

ピエロ(クラウン)じゃなく、街中でそんなメイクをしていたらちょっと恥ずかしい!位大げさに描かれていることが多いです。

ピエロ(クラウン)メイクまとめ

これらからもわかるように、ピエロ(クラウン)メイクには大きく三つの意味があります。

  • 顔のパーツの誇張
  • 心模様や性格を表現したもの
  • 舞台メイクの誇張

ピエロ(クラウン)メイクとは、これらのものを使ってピエロ(クラウン)一人一人のキャラクターを表現したメイク行っているのです。

ピエロ(クラウン)メイクを見ればその人がどのようなキャラクターなのかがわかる。

これがピエロ(クラウン)メイクです。

メイクと行っていることがマッチしていると、ショーを見ている観客の心に入りやすくなりますし、それを裏切った時に笑いに変わるポイントとしても使えます。

ピエロ(クラウン)メイクの効果

アルジェントさーかすのクラウン(ピエロ)アルくんとロイくん

現代、特に日本でのピエロ(クラウン)にはディ●ニーランドのミッ●ーマウスのようにマスコットキャラクター的な人気があります。
その為、人気が出やすいようにかわいいメイクを行うパフォーマーが多いです。

そのため、メイクの意味とキャラクターをマッチさせるために一人一人研究して、自分ならではのメイクを考えています。

だからミッ●ーマウスのようにすべてのピエロ(クラウン)が同じではなく、一人一人違う個性を持ったピエロ(クラウン)が誕生するのです。

ピエロ(クラウン)メイクを行うときの注意点

クラウン(ピエロ)のアルくん。アルジェントさーかす

ピエロ(クラウン)メイクをやってみたいと思う人も多いと思います。

その時よく見られるのが、本来顔にはないハートやオンプなどを描く人がいますが、それを描いてしまうとそのイメージがものすごく強くなってしまいます。

時には個人のキャラクターを消してしまうほどに!

キャラを消してしまうほどのイメージを植え付けてしまうと、あなたがメイクする意味が無くなってしまうため、あなたのキャラクターを消さないように、よく考えて描くようにしないと第三者から見て違和感が凄く出てしまうので注意しましょう。

ピエロ(クラウン)メイクを行った後の注意点

クラウン(ピエロ)のロイくん。アルジェントさーかす

ピエロ=すべての人に人気者ではありません。

特に子供からしたら化け物に見えてしまうこともあります。

その理由はクラウンメイク自体が奇形児をモチーフにしているところが原点であることから、潜在的に怖いと思わせてしまうことがあります。

そのため、第三者にはいきなり近づかずに、コミュニケーションを取りながらゆっくり近づいていく事を心がけましょう。

一般的にはピエロ(クラウン)=かわいい・人気者というイメージが強いため、
周囲の人が喜んだり、笑っているところを見て小さな子供たちも楽しいものだという印象が入ってきます。

少しでも怖がっている人がいるときは、先に周りの人たちを楽しませて、楽しい空間を作ってから徐々に怖がっている人とコミュニケーションを取って行きましょう。

ピエロ(クラウン)についてもっと詳しく知りたい。

この記事を書いているアルジェントさーかすのGEN(ジェン)はピエロ(クラウン)に関する記事をいくつも書いています。

他の記事を見たい方はこちらをご覧ください。

ピエロとはクラウン(道化師)の事を指します。ピエロ・クラウン(Clown)・道化師のすべて!!

GEN(ジェン)

大道芸やイベントでおすすめ!凄くて面白くて笑える!!アルジェントさーかすのPV2020 

大道芸やイベントなどで今大注目を集めているアルジェントさーかすはおすすめです。
嬉しいことに2019年年末頃から問い合わせの数も急激に伸びてきています。

サーカス芸というド派手な凄技をドタバタコメディで笑いと共に見せていく大道芸で、凄くて面白くて笑えるパフォーマンスと言えばアルジェントさーかすで間違いないです。

しかもかわいくて愛くるしいクラウン(ピエロ)が出てくるとなると注目度はかなり高いです。

2020年おすすめの大道芸パフォーマンスです。

アルジェントさーかすPV2020

今回のこのPVはTwitterで知り合ってアルジェントさーかすを好きになってくれた Kyodochan が作ってくれたものです。

Kyodochanは元DJで、 Remix 曲を自分で作っているアーティストさんです。

今回は僕たちのイメージでリミックス曲を作って、その曲に写真や動画をつけてくれたそんな流れです。

だからこのRemix曲にも楽曲名があります。

曲名は 『Luck’ Algento』(幸運のアルジェント)

*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。わーい嬉しすぎる♪*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。

では、そのKyodochanの作品をご覧ください♪

YouTubeで直接見る場合はこちらから

滅茶苦茶かっこいい感じになってますよね♪

『Luck’ Algento』(幸運のアルジェント) 曲名も嬉しいです(*^▽^*)

Kyodochanありがとうございましたm(__)m

良かったらこのPVの感想なんか頂けると凄くうれしいです。

Twitterからのコメントはこちらからお願いします。

Facebookページからのコメントはこちらからお願いします。

Instagramからのコメントはこちら

https://www.instagram.com/p/B7BeUBvA-B8/

このブログへのコメントは下の方にあります。

コメント欄をここに持ってくる方法ってないのかな?
知ってる方は教えてください。人´ω`)オネガイ~!

Kyodochanとは

Kyodochanのアイコン画像

Kyodochanについて

Kyodochanは、りずむらいすが好きで、大道芸にも興味を持っている女性です。
元DJで、Remix曲を自分で作っています。

今回アルジェントさーかすのイメージで曲を作ってくれるとのことだったので、ブログに載ってる写真や動画を使ってミュージックビデを的なものを作ってもらうことになりました。

Kyodochanのその他の作品はYouTubeで聞く事が出来ます。

KyodochanのYouTubeチャンネル
Kyodochannelはこちら
皆さんチャンネル登録お願いします♪

新しい作品の情報はTwitterでお知らせしています。

KyodochanのTwitterはこちら

Kyodochanおすすめの曲

Kyodochanに聞きました。おすすめの曲ある?

『We for Me』 曲説明:待ち望んでいた人がやっと自分の所へ来るワクワク感をイメージし、作りました。 はい、お分かりですね?地方の皆さんっ♥

とのことでした(*゚▽゚)ノ

YouTubeで直接見る方はこちらから

アルジェントさーかすについて

アルジェントさーかすとは、大道芸人(サーカス芸人)GEN(ジェン)とクラウン(ピエロ)のアルくんによるサーカス芸をドタバタコメディで見せていく大道芸ユニットです。

紹介文

アルくんのいたずらによってどんどん危険な重なり方になっていく5つの椅子、1メートルを超える大きな風船に入ってしまったGEN(ジェン)。
この二人が繰り広げるドタバタな関係は笑わずにはいられない。
サーカスから飛び出した2人のショーはドキドキワクワクの連続。
『アルジェントさーかす』のショーを見て、笑って叫んで一緒に盛り上がりましょう!

メンバー

大道芸人GEN(ジェン)

1999年世紀末から大道芸を行っている大道芸人です。
サーカスやクラウン(ピエロ)が大好きで、サーカス芸人としてコメディパフォーマンスを行っています。

クラウン(ピエロ)のアルくん

自由奔放で愛くるしいクラウン(ピエロ)のアルくんです。
アルくんが行ういたずらは何をやっても許せてしまいます。
アルジェントさーかすのアイドル的存在です。

クラウン(ピエロ)のロイくん

アルビノの肌を持つちょっと遅い系クラウンのロイくんです。
たまにアルくんに変わってアルジェントさーかすでパフォーマンスしています。

アルジェントさーかすの事をもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

アルジェントさーかすとは?

募集中

Kyodochanのように音楽に限らずアルジェントさーかすをモチーフにした皆さんの作品を募集したいと思います。

フォトムービー・絵・ショートムービー何でもオッケイです。

いい作品はどんどん紹介させていただきます♪

皆さんのご応募お待ちしています。

メール・Twitter・Facebookどこからでもご連絡ください。

GEN(ジェン)

ピエロとはクラウン(道化師)の事を指します。ピエロ・クラウン(Clown)・道化師のすべて!!

アルジェントさーかすのクラウン(ピエロ)アルくんとロイくん
クラウン(ピエロ)ロイくんがストリートオルガンを演奏しているときの写真

ピエロとはクラウンの中のキャラクターのひとつです。

日本ではクラウン(道化師)の事をピエロと呼ぶことが多いです。

このページはピエロ・クラウン・道化師・ClownについてアルジェントさーかすのGEN(ジェン)が書いてきたブログ記事の一覧のページになります。

クラウンやピエロの事を知る為の辞書的な内容になっていく予定です。

ピエロとは

ピエロとは数あるクラウンのキャラクターの一つです。
一般認識としてはクラウン全体のことを指すことが多いです。

  • ピエロの涙の意味!クラウン(道化師)のピエロとはどういうキャラクターなのか?
    クラウン(道化師)の中のピエロというキャラクターについての記事です。
    ピエロの大きな特徴は涙を流しているキャラクターだということです。
    その涙の理由について書いてあります。
  • ピエロを使った言葉や歌詞の意味!そこからわかるピエロのイメージ!
    ピエロを使った言葉や歌詞等を調べていくうちに驚いたことは、PIERROT(ピエロ)のキャラクター像がかなり忠実に使われている。と言うことでした。

    これを調べる前は、クラウン(道化師)のイメージがピエロとして使われているのかな?
    クラウンを日本人はどういうイメージでとらえているのだろう?

    そんな気持ちで調べ始めたのですが、クラウン全体をイメージしたものや、ピエロ以外の他のクラウンのイメージを使ったものは殆どなく、PIERROT(ピエロ)の人物像を描いたものばかりでした。

    ものすごく不思議なのですが、例文や歌の歌詞で使われているピエロの人物像はPIERROT(ピエロ)のキャラクター像とほぼほぼ一緒だというかなり不思議な事が起きていました。
クラウンアルくんのお散歩

クラウンとは

クラウンとは道化師のことです。
道化師のクラウンは英語で書くとClown
ト●タの車や王冠はCrown
一文字違いですが別の単語です。

ピエロ(クラウン)のロイくんが椅子の上で泣きそうになっています。かめいど勝運大道芸2019で行われたアルジェントさーかすでのワンシーン

クラウンが抱える問題

クラウンにはクラウンパフォーマーが抱えている問題があります。
中にはパフォーマー個人が考えればどうにかなる問題もありますが、ここでは個人だけではどうすることもできない問題を上げてみました。

  • クラウン(道化師・ピエロ)について!クラウンと言う言葉が日本に根付かない理由。
    日本ではクラウン(Clown)という言葉ではなく、ピエロとして広まっている道化師。
    なぜクラウンと言う言葉が定着しないのか?その理由について書いてあります。
  • 『クラウン恐怖症』(ピエロ恐怖症)これが原因なら日本は救われる可能性がある。
    アメリカから入ってきたクラウン恐怖症!!
    これは映画やテレビの影響から来ています。

    そしてネット社会となった今、数多くのブロガー達が多くのアクセスを獲得しようと、その恐怖をあおる投稿記事が増えてきています。

    だけど日本ではアメリカで発生したクラウン恐怖症の決定打となる全国放送のテレビ番組は放映されていません。
    今であれば日本はクラウン恐怖症に負けない、クラウンの聖地となる可能性だって残っています。

    クラウンが楽しくて笑わせてくれる人気者であり続ける為に書いた記事です。
ピエロ(クラウン)のアルくんの「5つ~」アルジェントさーかすかめいど勝運大道芸2019にて

クラウンを学ぶ

僕が書いているブログの中にパフォーマー育成に関する記事がいくつもあります。
その中で、クラウンに関する記事がこちらです。

アルジェントさーかすのクラウン

クラウンアルくんとクラウンロイくんの二人がいます。
そのどちらか片方と大道芸人GEN(ジェン)による大道芸ユニット、
ドタバタアクロバットコメディパフォーマンスが『アルジェントさーかす』です。

追伸

クラウン・ピエロ・道化師に関する記事はまだまだたくさん書いていく予定です。
新しい記事を書いたらまたここに追加していこうと思っています。

クラウンが好きな皆さんへのお願い

クラウンを行っているパフォーマーはもちろんですが、クラウンパフォーマンスを見るのが好きな人、クラウンそのものが好きな人、クラウングッズを販売してる人そういった人達にお願いがあります。

クラウン業界を盛り上げていくためにもSNSやブログなどでクラウン(道化師・ピエロ)に関する話題を発信したり、会話したりしてください。

これは上記カテゴリーにある、クラウンが抱える問題を解決していく為にすごく必要なことです。

「こんなぴえろを見た!」「クラウンのショーやってた!おもしろかった♪」こんな気軽なものでも多くの人がSNSで発信していただけると凄い力になります。

パフォーマーや観客の皆さんのブログなども増えてくれると凄くうれしいです。

もし自分で発信できない方は、クラウンパフォーマーの発信にいいねしたり、拡散リツイートシェアー)したり、コメントを残してくれると業界が盛り上がっていきます。

誰の発信にリアクションしたらいいかわからないという方は、僕の情報発信にリアクションしてください。
(もちろん他でリアクションしてる方も是非僕にもリアクションしてください。人´ω`)オネガイ~!)

情報発信に力を入れ始めてからのコメント返信率はおそらく100%です。(見落としてる方がいたらごめんなさい。)

皆さんの思いを受け止めて、クラウン業界の発展のために役立たせていただきます。

GEN(ジェン)が情報発信しているもの

皆さんからのリアクションお待ちしています。

GEN(ジェン)

ピエロの涙の意味!クラウン(道化師)のピエロとはどういうキャラクターなのか?

ピエロとはクラウン(道化師)のキャラクターの一つです。
ではピエロとは何なのでしょうか?

白塗りで涙を流しているキャラクターこれがピエロなのですが、他のクラウン(道化師)達とは何が違うのか?

それはピエロが流している涙に意味が込められています。

ピエロが涙を流している意味とは心の涙なのです。

クラウン(道化師)とは?

ピエロをはじめとするクラウン(道化師)とは、おどけたりバカをやったりボケたりしながら人々を笑わせていく存在です。
サーカスでクラウン(道化師)が使われるようになって、その知名度は広がっていきました。

現在では、サーカスの他にイベントや大道芸などで見る事が多い子供たちに大人気の存在です。

ピエロの涙の意味とは?

数あるクラウン(道化師)の中でもピエロとは、涙を流しているキャラクターだというところが大きな特徴です。

これは何の涙なのでしょうか?

ピエロの物語にはいくつかの説があります。その物語を紐解いていく事によって涙の意味を知る事が出来ます。
ではなぜいくつも物語があるのかというと、ピエロというキャラクター、ピエロのもととなったであろうキャラクターが登場する物語がいくつも存在しているからなのです。

そもそもピエロ(pierrot)とはフランス語で、様々な人がピエロを演じてきました。
当然演じる人によっても微妙に違うキャラクターになってきます。

長い歴史の中で、同じピエロのキャラクターであっても、いろんな物語が出来上がり、いろんなキャラクターが出来上がってきました。
でも共通しているのが、涙を流しているキャラクターだということなのです。

心の奥底にある本音の涙

ここには人を笑わせているピエロ自身が抱える本音の部分を指します。

この物語には、一人の特定の人を笑わせることにより、恋愛を応援する物語があります。

この物語を調べてみると2~3種類のお話が出てきましたが、やはり全部微妙に内容が違っていました。

その全部をまとめて要約すると、

男女3人の物語です。
ピエロ(男の子)ともう一人の男の子そして女の子の3人
ピエロはもう一人の男の子と女の子の恋愛がうまくいくように応援し、楽しくなるようにおどけてみせたりしながら笑わせることによっていい雰囲気を作り、その結果二人の恋愛はうまくいく。

でも本当はピエロもその女の子のことが好きだった。
だから涙を流している。

というものでした。

僕が知っていた物語では、ピエロの親友のもう一人の男の子という設定だったのですが、今回調べて新たに出てきたのが、

ピエロが大好きな女の子にある日好きな人がいる。と打ち明けられるところからスタートするお話しでした。

どの物語も要約したものしか残っていなかったため、本当にあったお芝居なのかどうかも裏付けを取ることはできませんでした。

人の悲しさを理解して流す涙

悲しむ人を笑わせようとしていく物語です。

悲しんでいる人がいる。その気持ちを誰よりも理解していくピエロはもうこれ以上悲しまないで!という気持ちからその人たちを笑わせていくというお話。

そこには僕もそうだったからその気持ちはよくわかるよ!というものとか、悲しんでいる人と深くかかわることからその人の気持ちを理解していくもの。いろいろあります。

その相手の涙を表現しているというものでした。

自分の本心の涙

このピエロは笑わせる存在というよりは笑われる存在だというところが大きく違います。

見世物の歴史をさかのぼっていくと、奇形児や心身障碍者を見世物として行われていた歴史があります。

こういった障碍者を犬などと同じように飼うという歴史も存在してきました。

そこには心身障碍者は神と通じていると思われていたこともあることから、唯一王族に意見できる存在として飼われていたという歴史もあります。

これ等の人たちが見世物として大衆娯楽の笑い物として人気を出していくのですが、笑われて人気者となっている彼らの本音は、笑われていることに対して涙を流している。

こういった解釈をピエロというキャラクターで表現しているものだというお話です。

これ等のピエロの涙に纏わるお話は、ピエロというキャラクターの涙の理由なのか、クラウンで涙を流している他のキャラクターの解説なのかはよく分からなくなっています。
みんなピエロの涙として載っているのですが(;^_^A

クラウンの中で涙を流しているのがピエロしかいないと考えるとこういったいろんな解釈が出てくるのだと思いますが、数あるクラウンの中でピエロしか涙を流しているキャラがいない。
と考えるのもちょっと無理があるので、もしかしたらピエロではない他のキャラクターの涙をピエロの涙の解釈として広まったお話しである可能性もあります。

長い歴史の中で変わっていくピエロのキャラクター

クラウン(道化師)の中の一つのキャラクターピエロ
このキャラクターは調べれば調べるほど確かに存在したキャラクターだということがわかってきます。

けれど、その長すぎる歴史の中で時代や場所によってそのキャラクターも微妙に違ってきます。

また、ピエロ(pierrot)のもとになったであろうキャラクターというところまで坂登ってしまうと、その幅はもっと広がっていきます。

日本にピエロが入ってきたのがいつどのタイミングなのか?と言うことも正確に分かっているものは見つけられませんでした。

この辺も日本におけるピエロのキャラクターがぼやけてしまっている理由の一つだと思われます。

そんな中ピエロのイメージを定着させたと言われる映画があります。

ピエロのイメージを定着させたと言われる映画

これは古いフランスの映画で、天井桟敷の人々という映画です。

この中に出てくる主人公のバチストが今のピエロのイメージを定着させたのではないかと言われています。

このピエロ役を演じるバチストの活躍と涙のシーンこのイメージがピエロのイメージを広めたのではないか?と言われています。

日本人が持つピエロのイメージとは?

正確に言うとピエロとは、クラウン(道化師)の中のキャラクターの一つなのですが、一般の人はそんなことを知るはずもなく、クラウン(道化師)すべてをピエロと認識しています。

これはクラウン(英語で書くとClown)の和訳がピエロとなっているためです。

さまざまな辞書でクラウン(Clown)を調べると必ずと言っていいほどピエロ・道化師と出てきます。

クラウン映画の和訳でもクラウンのことをピエロと訳しています。

なぜクラウンと言う言葉が浸透していないかというと、カタカナでクラウン(Clown)と書くと車のクラウン(Crown)、王冠のクラウン(Crown)のイメージのほうが強いため、クラウン(Clown)という言葉が埋もれてしまうことから浸透していかないのではないでしょうか?

クラウン(Clown)という言葉が日本で根付かない理由
についてはこちらをご覧ください。

なので、日本でピエロというと道化師のことを指し、クラウンのことを指します。

これはソニーがウォークマンを出した時に他社で出したカセットラジカセも全てウォークマンと呼んでいた時と同じ現象なのでしょうね(;^ω^)

でも正確に言うと

ピエロ=クラウンではなく、
ピエロ=クラウンの中のキャラクターの一つ

と言うことになります。

しかし、イベントにクラウンが来るとき

『クラウンのパフォーマンスショー』と書くよりも『ピエロのパフォーマンスショー』とイベントタイトルを打ち出した方が一般の人にわかりやすいため、まだまだピエロという名前が日本では使われていくものと思います。

イベントやるのに、どのようなイベントかわからずに観客が集まらないと意味がないですからね!

なので、ピエロと聞いたらクラウン(道化師)のことだと思ってまず間違いないと思っていいと思います。

アルジェントさーかすのクラウンアルくんとロイくん

アルくんとロイくんのことを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
クラウンアルくんとロイくんのページ

GEN(ジェン)

クラウン(道化師・ピエロ)について!クラウンと言う言葉が日本に根付かない理由。

パフォーマンスを行っているものやパフォーマンスが好きな人にはおなじみのクラウン(道化師)。
だけど一般の人にはなかなかその言葉が浸透していきません。

そこには日本独特の呼び方ピエロというものがあるから、と言う事もあるのですが、どうやらそれだけが原因ではなさそうです。

クラウンと検索してみると、車のクラウンばかり出てきて道化師のクラウンにたどり着かない。
これがクラウン(道化師)が日本でなかなか浸透していかない理由ではないでしょうか?

クラウン(道化師)という言葉を日本に定着させるための方法を考えてみたいと思います。

クラウンとは

クラウンアルくんのグリーティングパフォーマンス!うさちゃんと一緒にお散歩♪

クラウンとは、道化師のことです。

サーカスでおどけて人々に笑いを与える存在です。
サーカス以外でもイベントや大道芸でパフォーマンスを行うものもいます。

日本ではピエロという名称で広く知れ渡っていますが、ピエロというのは元々は一個人(キャラクター)のことなので、全体を指す場合はクラウンと言います。

ここで言うクラウンとは、ト●タの車ではありません。
ト●タのクラウンは王冠という意味から名前を取った高級車です。
道化師のクラウンには王冠という意味はありません。
但し、偽物の王冠という意味で名づけられ始めたのではないかという説はあります。

王冠のクラウンは英語で書くとCROWN
道化師のクラウンは英語で書くとCLOWN
一文字違いですが、別の単語です。

情報社会と言われる現代で情報に出てこないクラウン

クラウンをGoogleで検索してみた。

16ページほど検索結果が出てきました。
ですが、そのほとんどが車のクラウンについての記事でした。

それ以外にはクラウンと言う言葉についての記事が数個
会社名や施設名など、クラウンという名が付く団体に関するページが数個

では、道化師のクラウンについての記事は無いのでしょうか?

7ページ目にありました。
プレジャーB(名古屋のクラウンのカンパニー)に関するページがありました♪

これから出てくるかな?と思ってページをめくっていったのですが、ついに最後まで出てきませんでした(;▽;)

それだけト●タが凄いということですね!

むしろその中で頑張っているプレジャーBを褒めるべきですかね?

これだとせっかくクラウンと言う名前を聞いて検索した人も出てこなくて、すぐに忘れちゃいますね(;▽;)

ピエロをGoogleで検索してみた。

クラウンで検索しても出てこないとなると、恐らくはピエロで検索する人は多いのではないでしょうか?

今度は出てきました!

ところが・・・

商品・販売品が多くて、次に多いのがブロガーによるピエロ恐怖症関係の記事がほとんどです。

要するにちゃんとしたパフォーマーの意見が全くと言っていいほど入ってこないのです。

クラウンとして活動していくのに邪魔な知識が一般人に入って行ってしまいます。

ピエロという検索ワードでもプロのパフォーマーがちゃんと書いた記事が出てくるようにならないと、クラウン=ピエロと考えてしまう一般の人には、間違った悪いイメージが広がっていってしまうかもしれないですね。

道化師をGoogleで検索してみた。

一ページ目で静岡大道芸ワールドカップの市民クラウンで講師を行っている白井さんに関する記事が出てきましたが、後は物品販売・ゲーム・舞台・映画などの情報が出てくるだけでパフォーマーの記事やクラウンを見た人の記事が出てこないです(´;ω;`)ウゥゥ

クラウンで情報発信してる人はいないの?

クラウンを行っている人やクラウンが好きな人たちは情報発信していないのでしょうか?

そんなことはありません。

いま日本にはものすごい数のクラウンが存在し、ブログを行っている人たちも沢山います。
恐らくは皆さん『クラウン』と書いて情報発信しているため、それよりもはるかに情報が多い車のクラウンの情報に負けてネット検索で出てこないというのが現状ではないでしょうか?

クラウン(ピエロ)をどうやったら検索できるの?

では、どうやったらクラウンの情報をインターネットで探す事が出来るのでしょうか?

『クラウンアルくん』など、クラウン○○と個人名を入れればもちろん出てきます。
個人名やイベント名を入れれば検索することはできます。

ですが、日本国民のほとんどの人はそんなことは知らずに検索してしまうため、クラウンのことを調べてみようと思っても、すぐに行き詰ってしまうことでしょう。

今現在あまり詳しくない一般の人がクラウンのことを調べるのはものすごく難しいのが現状です。

特定の個人を検索するか大道芸関係からクラウンに関することを探すか、イベント会社のホームページからクラウンのことを調べるという形をとるしか、クラウンに関することを調べられないのです。

【重要】クラウンのことを記事にするときどうしたらいいの?

アルジェントさーかす椅子の上で膨れるクラウン(ピエロ)のアルくん

クラウンの活動をしてる人がブログを書いたり、ホームページを作ったり・・・
ファンの人や見た!という人がブログを書いたり・・・
クラウンの団体や教室を行ってる人たちがホームページを作ったり・・・
せっかく情報発信をしても読む人がいないと意味がありません。

検索に引っかからないと読む人は極端に減ってしまうのです。

でも、クラウンで記事を上げても車の圧倒的な情報量にかき消されてしまいます。

おすすめの方法としては、

  1. クラウンというキーワード以外で検索に引っかかるようにする。
  2. ピエロ・道化師
    これ等のキーワードを使って情報発信する。
  3. クラウンに続くセカンドキーワードを使って情報発信する。
    ピエロ・道化師・大道芸・パフォーマンス・パフォーマー・イベントなど。

それぞれの検索ボリュームを調べてみました。

検索ボリュームとは、そのキーワードが一か月間で何人くらい検索しているのか?というデーターです。

  • ピエロ 49500
  • 道化師 6600
  • クラウン ピエロ 1000
  • クラウン 道化師 260
  • クラウン 大道芸 30
  • クラウン イベント 40 (車関係のイベントを調べる人が多い)
  • クラウン パフォーマンス 40 
  • クラウン パフォーマー 10
  • ピエロ クラウン 720
  • ピエロ 道化師 50
  • ピエロ 大道芸 30
  • ピエロ イベント 10
  • ピエロ パフォーマンス 20
  • ピエロ パフォーマー 0
  • 道化師 ピエロ 90
  • 道化師 大道芸 0
  • 道化師 イベント 0
  • 道化師 パフォーマンス 0
  • 道化師 パフォーマー 0

この結果から見ても、ピエロというキーワードを使わないで検索に引っ掛けようとするとかなり頑張らないと行けない事が分かります。

道化師が意外と行けそうに見えますが、サブキーワードの大道芸・イベント・パフォーマンス・パフォーマーの所のボリュームが0という所を見る限り、映画、舞台、本、ゲーム辺りで検索する人がほとんどで、ショーを行う道化師について検索してる人はいないと考えて良いかと思います。

なぜプロのパフォーマーはピエロというキーワードを使わないの?

これは、クラウンを行うパフォーマーのこだわりだと思います。

僕がクラウンを行っていた19年くらい前は・・・
僕はピエロじゃない!クラウンだ!と、プロならば言うものだ。と言われてきました。

ところが、それがプロだから!という理由だけで、その違いを明確に答えられる人はあまりいませんでした。

そんな中答えられる人は、ピエロはクラウンの中の1キャラクターだから、ピエロをやりたいなら涙を描きなさい。というものでした。

要するに演劇のロミオとジュリエットならばロミオ役をしっかりやりなさい。

ということですね。

こういった事から・・・僕はピエロじゃ無いよ!クラウンだよ!!

と言ってる人が多いのです。

一般人の考え方

これはズバリ クラウン=ピエロ=道化師です。

そのイメージの強い順番としては、

ピエロ>道化師>クラウンです。

これはテレビや映画や本などの全てのメディアでクラウンの事をピエロと言っているという現実がある為です。

海外映画で、せっかくクラウンという言葉が出てきても、翻訳でピエロに直されてしまいます。

こういった理由からクラウンの言葉が浸透せずにピエロとして広がってしまってるのす。

クラウンのことを広く知ってもらうためにはどうしたらいいの?

① ピエロに関する情報発信を行う。

プロのパフォーマーがピエロに関する情報発信を行っていくべきだと僕は考えます。

一人一人がクラウンとピエロの違いを認識したうえで、ピエロの記事を増やして、その中でクラウンのことをお話しする。

入り口をピエロにしていく事が一番良いと思います。

② 道化師に関する情報発信を行う。

一般の人がパッと道化師という言葉にたどり着くかどうかというと、ちょっと難しいかもしれませんが、やっとたどり着いたのにパフォーマンスに関することが見つけられないよりは見つけられるように道化師に関する情報をもっと増やした方がいいと思います。

③ 車のクラウンに負けないくらいクラウンに関する情報を発信し続ける。

これは現実的には相当難しいと思います。

  • ト●タという大会社に勝つくらいの個人になる。
    団体であればまだ可能性はありますが、今現在それが成功しているプレジャーBであっても7ページ目まで出てこないことを考えると、検索で1ページ目に持ってくることは相当難しいと思います。
    (1ページ目以外はほとんどみられることはないと思っていい。という考え方がSEOでは一般的です。)
    ※SEOとは 検索エンジンに向けてWebサイトを最適な状態に近づけること(検索エンジン最適化) を意味します。
  • クラウン(車)のファンに勝つくらいのクラウン(道化師)のファンを作る。

それでもいずれは何とかしたい問題ではあるため、クラウンとしての情報発信は必要ではありますが、優先順位は3番目と言うことになってしまいますね(;^ω^)

追伸

集まれ!池袋みんなの大道芸2019秋 アルジェントさーかす 看板

この記事を書こうと思ってから書き上げるまで1週間くらいかかってしまいました。

それでも何度読み返してみてもしっくりこない(;▽;)
わかりづらい(´;ω;`)ウゥゥ

それくらい難しい問題なのだと思います。

誰かわかりやすく書き直してほしいくらいです。オネガイ(-人-;)(;-人-)オネガイ

でも何とかしないといけない問題だと思ったので、記事としてはわかりづらくてもいいからとりあえず上げてしまうことにしました。

これはみんなで考えて、みんなで努力していかないといけないことだと思ったからです。

クラウンのことを知ってもらうためにも僕は今後もクラウンについて情報発信を続けていきますが、少しでも多くの人が賛同してくれて情報発信を行ってくれることを祈っています。

この記事を書いているGEN(ジェン)について

芸歴20年を超える大道芸人GEN(ジェン)と申します。
僕のパフォーマンスはクラウンから始まったといっても間違いではありません。
日本のクラウンはもちろん海外アーティストのクラウンワークショップなどにも積極的に出て、クラウンとしての活動を行っていました。

今現在はクラウンの格好を行うことは殆どありませんが、気持ちは常にクラウン。

そして、『アルジェントさーかす』や『ハッピーメリーサーカス』という僕が活動している団体でクラウンと一緒にショーを作っています。

インターネット上では、クラウン・大道芸・パフォーマンスをもっとメジャーな娯楽にするために情報発信を行っています。

GEN(ジェン)

新年のご挨拶2020

昨年後半から情報発信を行い、そのおかげで多くの人にアルジェントさーかすを知ってもらう事ができました。

今年は活動の場所も増やしながらさらに多くの人に知っていただけるように、GEN(ジェン)・アルくん・ロイくん3人で頑張っていきたいと思います。

皆さんよろしくお願いしますヾ(●´∇`●)ノ

道化師を学ぶ! 人の心をつかむ方法!クラウン芸の本質がわかれば人はついてくる。

道化師とはクラウンのことである。
最近クラウンが増えてきている。だがちゃんとしたクラウンを教えてくれるところが圧倒的に不足している。
そんなクラウン達の手助けになればいいなと考える。
これはクラウンだけではなく、すべてのパフォーマーができた方がいいことである。
観客の心をつかめるパフォーマーが一人でも増えてほしい。

道化師を学びたい

最近、大道芸やパフォーマンス業界で道化師(クラウン)が増えている。

しかし、しっかりした道化師を学べる所は意外と少ない。

道化師の格好を指導してくれる所はあるし、道化師の格好をして風船を作ったりジャグリングをしたりするだけの人を指導する所もある。

もちろんちゃんとした道化師を勉強する方法もあるが、日本全国を考えるとまだまだその場所はごく僅かである。

道化師を習いたいが、どこで習えば良いか分からない。
でも道化師が好きでやりたい。

そのような人が多い事がわかってきた。

かく言う僕もとあるパントマイムスクールで仕事があると言うからやってみたらピエロの格好をして風船を配るもの。そんな所から道化師をスタートした。

パントマイムスクールの仕事なのに、パントマイムを必要としない仕事なのだ。
しかも道化師の事は何も教えて貰えなかった。

恰好だけではなく、中身を学びたいが、どうしたらよいかわからない。
そんなあなたの手助けができればうれしい。
中身も道化師となることにより、より多くの観客の心をつかむことができるようになる。

クラウン アルくん アルジェントさーかすで三茶de大道芸2019に出演した時の夜会での1枚

道化師とは?

道化師とはクラウンのことである。
ピエロはクラウンの中の一キャラクターである。

日本の大道芸・パフォーマンスの業界ではクラウンと言った方がなじみやすいため、ここからはクラウンと言うことにする。

では、クラウンとはなんだろう?

おどけて魅せる人の事である。
おどけるというのは、

  • 滑稽なことを言ったり、したりする。
  • ふざける。
  • たわむれる。

と言うことである。

人前でおどけたり、悪乗りをしたり、ボケたりしながら見るものを魅了していく。これが日本で考えられる一般的なクラウンである。

世界のクラウンはこう一言で言えないところがある。
国によったり、団体によってもいろんな考え方があり、海外アーティストとクラウンの話を始めると、それだけで一晩中語り明かせられるくらい。それぞれが自分のクラウンを持っている。

僕が影響を受けたBPZOOMの Bernie に言われたことは、「自分のクラウンを一生かかって探しなさい。それが見つかった時が引退するときだ。」と言われるくらい奥が深いものなのである。

だが、これを言ってしまうとなかなか先に進まないため、日本で求められるクラウンに絞って話をしていきたいと思う。

おどければクラウンなのか?

おどけてみせればいいのか?と考える人が多いと思うのだけど、その前に考えて欲しいことがある。

おどけた手口を知っていればクラウンとして成立するのか?
クラウン芸やクラウニングやクラウンの作品を行えばいいのか?

答えはNOである。

おどけた人は面白いが、その何が面白いのか?これがわかっていないとどんなにクラウンの芸を身に付けても人の心をつかむことはできない。

逆の言い方をすると、そこさえわかっていれば クラウン芸やクラウニングやクラウンの作品 が完璧でなくても人の心はつかむことができるのだ。

クラウンが人の心をつかむ理由

観客はおどけているクラウンの心理状態を見ているのだ。

クラウン芸とは、心境や心理状態を見せることによって観客と共感したり、笑いを誘ったりしていくもの、だから世界には物悲しいクラウン、涙を誘う感動するクラウンが存在するのである。

ただクラウンの手口を行っても、観客の心をつかむことはできない。
観客の心をつかむ根本がわかっていればちょっとしたクラウンの手口でもがっちりと観客の心をつかむことができる。

これはクラウンに限らずすべてのパフォーマーが取り入れられる、行うべき考え方だと僕は考える。

では、心理状態を見せるというのはどういうことなのだろうか?

クラウンのよくある行動を例にとって説明してみたいと思う。

集まれ!池袋みんなの大道芸2019秋 アルジェントさーかす 怒るアルくん

クラウンはよく失敗する。

クラウン芸を思い返してみてもらいたい。
良く失敗したり、上手くいかない、思い通り進まない。
こういった手口がよく使われる。

クラウン=失敗する人というイメージを持っている人も多いのではないだろうか?

だがこれは、失敗することが面白いわけではない。
失敗した時の心理状態が面白いのだ。

どうしよう?と悩んでいたり、
恥ずかしくなったり、
ごまかそうとしてみたり、
なかったことにしようと必死になってみたり…。

こういった心理が読み取れるから観客は笑ったり、共感したりするのである。

  • 何かを行う前の心理状況
    (楽しませようと思っている。絶対に成功させようと思っている。など)
  • 何かを行っているときの心理状況
    (一心不乱に打ち込んでいる。集中している。必死になっている。余裕で行っている。意識がそこにない。など)
  • 失敗した時の心理状況
    (ショック。恥ずかしくなる。やばいと思う。悲しくなる。など)
  • リカバリーしたときの心理状況
    (ごまかそうとする。なかったことにしようとする。言い訳をする。人のせいや物のせいにしようとする。など)

こういった時の心理状況が観客に伝わって、共感したり、共感できなかったり、裏切られたり、思いもよらない行動に笑ったり、驚いたりする。

この時の前の心理状況とのギャップがあればあるほど観客はその世界に没頭していき、笑ったり、声を出して驚いたりするのである。

ここに書いたのはほんの一例である。

クラウンの心理状態や考え方が一般人とかけ離れていけばかけ離れていくほど観客は興味を持つ。
そして、観客と同じであればあるほど共感していく。
これはどちらか一つではだめなのだ。
両方取り入れていく事によって観客の心を揺さぶり、虜にしていけるのである。

これは漫才などでも使われている手口である。

ボケの人が一般人からかけ離れていき、突っ込みの人が一般人の考え方に戻す。
この「あり得ない!」と「そうだよね!」という観客の感情を頻繁に繰り返すことによって観客を自分の世界にひこんでいく。

そしてそのギャップがあればあるほど笑いにつながっていく。

コメディとしても外せない手口であるし、コメディに限らず一般ドラマや映画などでも多用されている考え方だ。

心理状況を観客に伝える方法

まずは感じろ!

一番大切になってくることは、演者自身がしっかりと感じ取っているかどうか?である。
これは、表現するということだけではない!

演者が感じる事が出来ない状態で表現だけ行うと、嘘くさい演技になってしまうため、そこにリアリティーが無くなってしまうのだ。

表現したり演じようとするのではなく、感じる。これが大切になってくる。

感じる事が出来て、その次に演じることを意識する。こういった順番になってくる。

まず第一に考えないといけないのは、感じる事なのである。

そしてその感じるにはワンパターンであってはならない。

例えば、宝くじが当たった時嬉しいと思うはずだ。
これを感じるとき、100円当たったのか?1000円当たったのか?1万円当たったのか?10万なのか?100万なのか?1千万なのか?1億なのか?
喜びを感じる度合いは全部違うはずである。

嬉しい表現するうえで、当たった金額がどうであっても、1億円当たったと表現しているパフォーマーをよく目にする。

それぞれを適切に感じられるようになることが大切である。

その上で100円当たった時に1億当たった時の感情を表現し、1億当たった時に100円当たった時の感情を表現するなど、の演出を加えると笑いにつながるのである。

自分の間で行ってはいけない。

我々パフォーマーが演技をするとき、我々はすでに結論を知っていたり、次に何を行うべきかがわかっているため、演技の間や、テンポが速くなってしまう。

だから演者が思っている通りの間で行うと観客はついていけないのである。
最低限リアルの間が必要である。

では、リアルの間が出来ればそれでいいのかというと、実はこれも観客には理解できないことが多い。特に導入部分において、観客は心理状態を読み取ろうとしていないことが多く、テレビを見ているときのようにボーっと見ていることが多い。

これだと観客を自分の世界に引き込むことができない。

ではどのくらいゆっくりやればいいのかというと、

自分が感じる→客に伝わる→客が理解する→客がリアクションする

僕が意識しているのはこういったところである。

さらに言うと、観客のリアクションが大きくなっていく間はやめない。
場合によっては、さらにリアクションが加速する方向へ導く(もっと長くやったり、さらにもうワンアクション加えたり)

やめるタイミングは観客が教えてくれる。
観客のリアクションがMAXから下がってきたのがわかったらようやく次の行動に移る。

だが、当然すべてこれだけ時間を取って演じているのかというとそうではない。

長い間と短い間これらを複雑に組み合わせている。

こうすることによって強弱や緩急が付き、より観客を自分の世界に引き込めるのだ。

なんにせよゆっくりとゆったりと行う事が出来なければ伝える事が出来ない。

まとめ

クラウンに限ったことではないのだが、特にクラウンのパフォーマンスを見ている観客は技や手口を見ているわけではない。
クラウン(演者)を見ているのだ。

  • クラウンがどのような人なのか?
  • 何を考えているのか?
  • どういう心理状態でこういった行動をとるのか?

技術や手口はクラウンを引き立たせるためのアイテムでしかないのだ。

その為に大切なのが、自分の心理状態を観客に伝える事なのである。

ここからは応用編

正直これは公開しようかどうか悩んだマル秘テクニックです(;^_^A
なので、やるからにはちゃんと身に付けてください。

心理状態を想像させる楽しみを作る。

自分の心理状態を伝えることができた後は、このようなことに挑戦してもらいたい。

心理状態や考え方を観客に見せて、共感したり裏切ったりすることによって笑わせたり、拍手や歓声を上げさせたり、泣かせたりするのだが、実はその先がある。

それが演者の心理状態を観客に想像させる。というものだ。

想像力というのは、無限にあるだけではなく、観客一人一人が自分の価値観で想像を膨らませていくため、想像しているすべての観客を楽しませることができる究極の武器なのである。

それだけに、一朝一夕ではできないので、あきらめずに続けてほしい。

やり方は他にも方法はあるであろうが、僕が行っているやり方を説明してみたいと思う。

完全静止

人は動いているものに目が行く。
なので、道具や体が動いているとどうしてもそっちに目が行く。

では道具や体が一切動かなくなるとどうなるか?

人は本能的に動いているものを探し始める。

そこで唯一動くものを与えると、観客の視線はそこにくぎ付けになる。

これはフォーカスの与え方としてもよく使う技法なのだが、この時唯一動いているものを心の心理状態にする。
それも激しくうごめいている状態の心理状態にする。

そうすると微妙な顔色の変化だったり、微妙な目の動きであったり、微妙な表情の変化が起きる。完全静止の世界で唯一動いているものが心模様になると、観客はその心理状態を探ろうとして想像を始めるのだ。

これはドラマや映画などの映像の世界で、役者をアップにしているシーンを思い浮かべてもらえるといい。
ドラマや映画の名シーンと呼ばれるところでは必ずと言っていいほど使われている。

ドアップにすることによって他の情報をシャットアウトし、顔に集中させると、主人公の心理状態によって微妙に変化していく表情が見えてくる。

この時当然であるが、「はい!そこで瞬きして!」「そこで眉毛を数ミリぴくっと動かして!」などという演出は入らない。

役者の心模様が激しくうごめいた結果出てくるものなのだ。

パフォーマンスだとカメラのようにアップにすることはできない。

その為、すべての動きを止めることによって観客の視線を心模様に集める必要がある。

この時の心理状態が激しくうごめいていればうごめいているほど観客はその心理状態を探ろうとし、想像し始めるのである。

こうして観客が想像し始めると、それぞれの観客が自分が面白いと思う方向であったり、感動できる方向であったり、観客自身の心が一番動く方向に想像を始めるのだ。

後はこのテクニックをいつどのようなシーンでどのタイミングで使うかなのだが、これはそれぞれのストーリーなどで変わってくるので、いろいろ試してもらいたい。

ちなみに僕はこのテクニックを結構多用している。

長く静止しているときもあれば、一瞬しか静止しないときもある。スローモーションに応用することもある。
いろいろなシーンでいろいろな用い方をしている。

是非いろいろ試してほしい。

心がうごめくってどういうこと?

僕も初めてこれを聞いたときは、何のことかよくわからなかった。
心が激しくうごめくって何だ?

うごめく(蠢く)というのは、虫のようにもぞもぞと動くとか、 全体がわずかに絶えず動く という意味だ。それが激しく動くってどういう状態なんだ?
激しくもぞもぞと動くってどういうことだ?

これはあまりにショックな情報を受けて、言葉にできないような状況を指している。

ここからは実際にやりながら読み進めてもらった方が実感できると思います。

想像してもらいたい。

たまたま銀行から全財産引き出して家に置いているときに出かけたとする。
出先でふと気になる。
「あれ?今日カギをかけた記憶がない!」

想像できたであろうか?

こうなった時あなたはどのような心理状態になるだろうか?
ものすごく激しい不安に押しつぶされそうになるだろう。
その瞬間は言葉では処理できないくらい多くの感情が入り交ざって説明できない状態になる。

それなのに、笑ったり泣いたりというはっきりとした感情にはなっていないはずだ。

もちろんしばらくたって情報の整理が出来たら発狂したり、うろたえたりと、はっきりとした感情にはなってくるのだが、このふと思い出した瞬間が「心が激しくうごめいている瞬間」なのである。

できなかった人はもう一度しっかり想像してみてほしい。

これは一つの例である。

他には予期せぬところでおもいもかけない幸福が与えられたときとか、人は様々なシーンで心を激しくうごめかせるときがある。

この感覚をつかんでしまうと早いのであるが、これをなかなか理解できない人もいる。

そんな人はこんな訓練をしてみてもらいたい。

例えば技を失敗した時に心をうごめくシーを入れたいとする。

その技が失敗した時に起こりえるありとあらゆる感情を書き出してほしい。


失敗した。かっこ悪い。恥ずかしい。盛り下がってしまう。なんだ決まらないじゃん。帰ろ!と客が帰っていく。仕事がなくなる。収入がなくなる。パフォーマンス人生終わりだ。恋人に愛想をつかされる。自分のファンが離れていく。次も失敗したらどうしよう。ここで失敗したってことは、失敗の連鎖でずっと決まらない可能性がある。失敗している間に観客がどんどん帰っていく。これから先人前で成功することがないのではないか?笑われる。馬鹿にされる。仕事を振ってくれた人に怒られる。パフォーマー人生終わるかもしれない。いや、もう終わったのかもしれない。人生終わりだ。家賃が払えなくなる。ご飯が食べられなくなる。・・・などなど

ストーリーになっている必要もないので、ありったけのあらゆる感情を書き出してほしい。

例に書いた内容だと声に出すと1分位かかる文章だろうか?
声に出さなければ慣れてくれば20秒くらいかな?

これを全部同時進行にいっぺんに頭の中に流れてくる感じで5秒から7秒くらいで感じ取る。

読み上げるのではなく、感じ取る!

中には絵で頭に入ってくるものもあるだろうし、映像で頭の中に流れるものいろいろなものがあるだろう。

もはや言葉にしている場合じゃないほど多くの情報を同時に順不同に頭の中を駆け巡らせるのだ。

難しい人は、徐々に時間を短くしていって最終的に5秒から7秒できるように訓練してみよう。

これが強制的に心をうごめかせるための訓練方法である。

失敗した時だけではなく、うれしいとき、ハプニングが起こってどうした良いかわからないとき、感動した時など、いろいろ訓練しておくと様々なシーンで使えるようになってくる。

この訓練を真剣にやると、気が付くことがあると思う。

まだ真剣にやっていない人は、例で書いた内容で構わないので、何度か真剣にやってみてから次の文章を読んでほしい。

やってみただろうか?

これを行っているとき、激しく心をうごめかせているとき、体は固まっていないだろうか?
完全静止もしくは、スローになっていると思う。

そう!この技術は実は人形ぶりをするときの完全静止するときの技術の応用なのである。

僕がこの技術を学んだのは、ちゅうサンと『男と女』という作品を作っているときに大切な場所で完全静止できていない僕にちゅうサンが教えてくれた技術なのだ。

最近の人形ぶりを行う人のかなりの人が目を隠しているが、目を隠さずに瞬きすらしない人形を演じるときにこの技法を使うという。

その時のやり方は少し違うのだが、
目の前で自宅が火事になっているところを想像する。
バンバン燃えている。
今までも思い出が燃えてしまう。
今後の不安などいろんな思いが巡ってくる。

などというイメージトレーニングを
1分・3分・5分・10分と徐々に増やしていくのだ。

この時大切なのは、

  • 全身の力を抜抜くこと。
  • 取りたいポーズをとるための最低限の力以外のすべての力を抜いて行うこと。

ここまでは僕が言う『心理状態を想像させる楽しみを与える方法』と同じなのだが、
人形ぶりの時は、完全静止することを前提に行うというところが少し違う。

どちらにしても脱力した状態で行うことが大切となってくる。

応用編まとめ

今回なぜ火事のシーンで説明しなかったのかというと、指導していく中で火事に嫌な思い出があって、この手のことを想像したくない。という人がいた。
そこで別のやり方を探ったところ、悲劇以外でもいろんな感情で応用できることが分かったためだった。

そして、普通に動いて演技している人が突然完全停止するとなぜ止まったのか?と言うことが気になり、内面を探ろうとし始めることに気が付いたため、そこの部分をさらに研究した結果たどり着いた方法である。

調べてみると、想像する楽しみを与える。と言うことを言ってる人は沢山いるのだが、その方法を上げている記事はなく、自分で考えたことと、何人かそのことを言っている人達と会話をして何となくこう言うことだろう!という感じで行っていたものを今回説明できるように初めて落とし込んでみた。

初めてまとめたことなので、抜けていることもあるかもしれないが、抜けているものがあったら書き足していこうと思う。

追伸

正直今回2つの記事の内容量を一つにまとめてしまったのだが、別々に読むよりも絶対にいい。と思って一つにまとめてみた。

どちらの技術も読めばすぐに実践できるようなものではないが、理解できた時、必ずあなたのショーはいい方向に変わっていると思う。

あきらめずに何度も読み直して自分の中に深く落とし込んでほしい。

GEN(ジェン)