エンターテイメント

大道芸とは?大道芸人とアーティストとエンターテイナーの違いとは?ショーをもっと楽しむ方法!

大道芸とは何だろう?大道芸人とアーティストとエンターテイナーの違いって判りますか?

世の中にはいろいろなパフォーマンスが存在するけど、この辺がわかるともっと大道芸が面白く見ることができます。

パフォーマーが何にこだわっているのか?
どうなりたいと思っているのかが見えてくる。

今が面白いパフォーマーを見るのも楽しいですが、その人がどう成長していくのかを見るのも楽しいものです。

その為に、今回の記事の内容がわかっているとより楽しく見ることができるはずです。


大道芸と一括りに言っても様々なものが存在する。

言い方も様々、大道芸・ストリートパフォーマンス・路上パフォーマンス・路上演劇・路上ライブ・パフォーマンス・ショー・エンターテインメントなど

演じる人の事を指す言い方も沢山ある。

大道芸人・ストリートパフォーマー・ショーマン・アーティスト・表現者・アクター(役者)・エンターテイナーなど

この中で大道芸とは、一体何なのであろうか?

一般の人が考えるものと行っている人との間に違いが存在する場合もある。

パフォーマー側からしても、大道芸と言いたい人と、大道芸とは言いたくない人、様々である。

また、なぜイベントのタイトルで大道芸とうたうのか?考えてみたいと思う。

僕は芸歴20年の大道芸人だ。

自らも大道芸人GEN(ジェン)と名乗っているくらいである。しかし、大道芸では無いショーを行うこともある。

『ハッピーメリーサーカス』では、大道芸で行うこともあるが、基本はエンターテインメントショーなのである。

だから『ハッピーメリーサーカス』の時はサーカス芸人GEN(ジェン)と言っている。

大道芸とはどのようなものなのだろうか?

単純なことから考えると、道や公園で芸を披露してお金を貰うものこれが大道芸である。

何を行っているかではない。ジャグリング、バランス芸、マジシャン、ダンサー、ミュージシャン、パントマイマー、書道家、ヘアスタイリスト、詩人、いろんな人が大道芸を行っている。

だが、路上でパフォーマンスしているのに、大道芸人ではない!と言い張る人もいる。

「ストリートパフォーマンスは行っているけど、大道芸人ではない!」どういうこと?

大道芸やストリートパフォーマンスを行っているものすべてが大道芸人というわけではない。

明確な定義はないが、 分かりやすく考える為にミュージシャンを例に出してみる。

音楽や歌を聞かせてギターケースや帽子にお金を入れてもらっている人は間違いなく大道芸を行っている。と言える。

ところが、CDやライブチケットやグッズを売ってはいるが、投げ銭やお気持ちやハットマネーやチップの類は受け取っていない。

だから大道芸では無い。私はミュージシャンだ!という人もいる。

僕自身はこれは正しいと思う。

ミュージシャンやアーティストが何を目指しているのか?

どこにプライドを持っているのか?によって大道芸と言いたくない人はいるはずだし、いても良いと思う。

パフォーマンスを行ってる人においても同じことが言える。

道や公園で芸を披露していてお金を取らない人は、そうそう見た事がないがこういった行為を行わないで、イベントや依頼に基づいたパフォーマンスしか行っていないパフォーマーも存在する。

この人達を果たして大道芸人と呼んでいいものなのか?

本人達からすると、恐らくは呼んでもらいたくないのだと思う。

たが、もちろんこういった人達も大道芸を行う事もある。

例えば大道芸フェスティバルから出演依頼があれば出演して大道芸を行う事は多分にして有り得る。

だけど、大道芸人だと呼ばれると違和感かあったり、嫌だ!という人も多い。

また、その逆もある。

大道芸イベントなのに投げ銭NGってどういうこと?

僕から言うと、大道芸イベントだと言うのになぜ投げ銭をとっては行けないのか?疑問に思うことがある。

もちろん投げ銭NGの場所は沢山存在する。

そんな時、イベントタイトルはどうしますか?と、ちゃんと聞いてくれるイベント会社もある。

そんな時、僕のパフォーマンスであるならば、『サーカスコメディーショー』『アクロバットコメディパフォーマンス』などの名前を使ってもらう様にして大道芸とは言わないで貰っている。

大道芸であるならば、『投げ銭を貰うための駆け引き』これも楽しめるように作っている。

このショーで投げ銭部分だけ外すといまいち盛り上がりや面白みにかけてしまうのだ。

逆に投げ銭NGの場所でショーをする時はお金のにおいを感じさせないエンターテインメントショーにする必要がある。

微妙にではあるが、違いがあるのである。

おそらくこれは、様々なパフォーマーに出演してもらっているイベントで、どういったらお客さんにわかりやすく伝えられるだろうか?と考えた結果、いろんなジャンルが存在し、近年盛んに行われるようになってきてイメージが付きやすい『大道芸』という言葉を使った方が、客を呼べるだろう。と思った結果ではないだろうか?

ストリートパフォーマンスではあるけど、大道芸でないものってあるの?

舞台を道や公園に戻してみよう。

先程道でお金を取らないパフォーマーは見たことないとは言ったが、存在はする。

みんなが聞いたことがあるような有名な所では、フラッシュモブもそうである。

また、劇場や舞台の宣伝の為のパフォーマンスなどもそうだ。

ストリートパフォーマンスではあるが、大道芸では無い。

ストリートパフォーマンスの中にお金を求める大道芸と、その場でお金を求めないパフォーマンスが存在するのだ。

これって大道芸?

もう少し枠を広げてみよう。

実演販売はどうなのか?
実演販売も路上で行う事がある。

これは違うだろう!と、声が聞こえてきそうだが、よく考えると、実演販売員の人を引きつける面白いトーク、実演する時の技術どちらも1級品の人が存在する。

これは明らかにパフォーマンスなのである。

もし売っているものがジャグリング道具だとしたら・・・と考えるとイメージは着きやすいのでは無いだろうか?

しかもその場でお金を求めている。

だがこれはやはり大道芸では無い。

では大道芸人やパフォーマーと実演販売員とは何が違うのだろうか?

大道芸人やパフォーマーは演じている人が主役なのである。

実演販売員は商品が主役なのである。

これは大道芸人が実演販売を行ったらどうなるか考えてみたら分かる。

きっと人は集まるだろう♪

笑ったり拍手したり盛り上がるだろう♪

しかし、商品のイメージはほとんど残らないと思う。

皆さんのお気に入りのパフォーマーがどこのメーカーのなんという商品を使って芸をしているか知っているであろうか?
他の道具と比べて何が良いのか分かるだろうか?
そう考えてみると良い。

だが、共通していることもある。

パフォーマーが自分を引き立たせるために・・・
実演販売員が商品を引き立たせるために・・・
両方で使っているのが技術なのである。

パフォーマーで考えると、技術が主役なのでは無く、パフォーマー個人が主役だということである。

大道芸って、技術より個人の魅力のほうが大事なの?

技術ばかり凄くて個人が出ていないパフォーマーも世の中には沢山いる。が、それを否定しないで欲しい。

自分を前に出すのが先か、技術を身につけるのが先か順番が違うだけなのである。

自分を引き立たせるために事に長けている人はデビューは早いが、技術畑の人より技のレベルが低いことはよくある。

逆に技術はあるけど、面白くないという事もよくある。

得意な方から伸ばせば良いだけなのである。

最終的に両方必要なのは間違いないが、50%&50%である必要も無い。

まだまだ発展途中なだけなのである。

技術の習得には年齢的な制限もある。

僕もアクロバットに関しては34までは技術習得の方に趣きを置いた。

(*´-ω・)ン?大道芸とは?という話しだった( ̄▽ ̄;)

ついつい脱線して熱が入ってしまうのが僕の悪い癖である。

いちど整理!

ここまでを軽くまとめてみると、

大道芸とは、路上や公園などで投げ銭を貰うことを目的としたパフォーマンスである。
このお金の貰い方は、商品を売って収入を得るのではなく、己の魅力を見せて(きかせて)それに対価を払ってもらうものである。

こう言いきれると思う。

大道芸人とアーティストとエンターテイナー

大道芸人とアーティストは何が違うのだろうか?

これは僕自身が『GちょこMarble』を行っていた時に大道芸人としてのショーと、アーティストとしてのショーを使い分けていたので、自分の経験談で話してみたいと思う。

大道芸人とは、最終目的がお金なのである。

お金を稼ぐために盛り上げ、笑わせ、楽しませる。

これを行った結果人を引きつける面白くて楽しいエンターテインメントショーが出来上がる

一方アーティストは自分が納得行く作品や表現や内面を磨き続けているのである。お金や観客はその結果着いてくるものなのである。

もう一つエンターテイナーとは何かについても触れておこう。

これは大道芸人とアーティストで考えると、どちらかと言えば大道芸人寄りだと思う。

面白いショー、楽しいショーなどを作る目的がショーを売るためであったり、人を集める為、であったりするのだ。

この3つを軽くまとめてみよう。

大道芸
お金が目的でその結果人を楽しませ、人を引きつける魅力的なショーができ上がる。
(お金を目的としているので、仕事として成立する。)

エンターテインメント
観客を楽しませたり共感できる人が多いショーを作って、そのショーを売ることが目的。(売れるショーを作ることが目的)
(ショーを売ることが目的なので、これも仕事として成立する。)

アーティスト
自分の表現が目的で、その結果観客やお金が着いてくる。
(表現活動を優先していて、お金は二の次なので、仕事として成立していない人もいる。)

だが、これらは現実的には複雑に絡み合っている。
アーティストが大道芸の要素を取り入れていたり、
エンターテインメントショーにアーティストや大道芸人が参加していたり、
大道芸人の中にもエンターテインメントショーが好きでそっちよりに構成していたり、ここだけは譲れないと、アーティストとしての一面を持っていたりする。

もちろん僕自身も全ての要素が絡み合っていて、どれか一つ選べと言われると困ってしまう。

その為、大道芸アーティストと、名乗ることもある。

まとめ

それぞれのパフォーマーが何にこだわり、どういったところにこだわっているのか?

ざっくりジャンル分けできるところを書いてみたけど、もちろんこれだけですべてを説明することは不可能である。

だけど、こういったことをわかってパフォーマンスを見ていると、今まで気が付かなかった新しい魅力が見えてくるはずである。

僕自身この考え方をするようになってから、今まで興味がなかった人が面白くなったり、若手パフォーマーが何を目指しているのか?どうなりたいのかを考えてアドバイスや指導していくことができるようになった。

初めて間がないであろうパフォーマーのショーを見た時、つまらないと思ってバッサリ切ってしまうのは簡単なことです。
ですが、その人がどうなりたいのか?
何にこだわっているのかを想像するのも楽しいし、何に悩んでいるのかも見えてきます。
どう成長していくのかを見ていくことは、楽しいものです。

大道芸をはじめとするパフォーマンスが好きになる人が一人でも多くなっていくことを願って今回の記事を書いてみました。

GEN(ジェン)

コメディーの作り方 ~障害を乗り越えていく姿を見せる!~ ストーリーが人の心をつかむ

コメディーショーをつくりたい!でもどうやって作ればみんな笑ってくれるの?

そんなあなたに教えちゃいます。

大道芸人GEN(ジェン)が行っているコメディーの作り方の一つです。

コメディーを勉強すればコメディー作品でなくても面白いショーが作れるようになります。

コメディーを勉強すると言うことは、人の心を動かしやすくする方法を考えていくこと言うことなので、コメディーをやらない人でも勉強した方が良いと僕は考えます。

ショーやパフォーマンスを行ったり、作ったりする人は是非コメディーのことを勉強して下さい。

そうすれば人の心を打つ良い作品が作れるようになるはずです。

『障害を乗り越えていく姿を見せる。』

実はこれ、コメディーに限ったことではないのです。
ストーリーのあるドラマ、映画、小説それもあらゆるジャンルで使われていることなのです。

これをコメディーで使うと、いわゆるいじめ的な笑いではない、人を中傷罵倒して笑いを取る手口ではないコメディーを作ることができるので、僕が多用しているテクニックの一つです。

障害を乗り越えていく姿は人の心を動かす。

何かにつまづき、それを乗り越えていく姿って、人の心をつかみやすいのです。

例えば恋愛映画を例にとると…

男と女が出合う。
恋に落ちる。
何かの障害があってその恋がうまくいかなくなる。
それを乗り越えて再び結びつく。
ハッピーエンド

よくあるストーリーですが、これがもし障害がなかったらどうでしょうか?

男と女が出合う。
恋に落ちる。
そのまま結びつく。
ハッピーエンド

2つの映画があるとしたらあなたはどちらが見たいですか?

答えは決まってると思います。

障害を目の前にしたときその人はどうやって乗り越えるのか?
多くの人はそこに関心を持ちます。

その時自分だったらどうするか?
これを考えながら見たり、過去の自分と照らし合わせてみたりするのです。

自分の体験と重なることにより、そのストーリーに深く入り込んでいきます。

感動モノのストーリーも当然この『障害』というキーワードを大切に使っています。

障害をどのように使ったらコメディーになるのか?

障害が発生したときに真剣に向き合うがために見落としてしまったりすることってありますよね!

必死になることで空回りしてとんでもないことをしでかしてしまうことがありますよね!

一つのことに集中ししすぎてやりすぎてしまうことってありますよね!

正にこれなんです。

何かに集中しすぎるがためにとんでもない方向に進んでしまう。

これがコメディーになるのです。

コメディー映画ホームアローンを例にとってみると、「泥棒に入られたくない!」「泥棒をやっつけたい!」この思いから、やりすぎてしまう。

「そこまでやる?」「それ相手死ぬよ!」「あり得ない!」「バッカだな~!」

こういった想いを共感させることにより笑いが起きてくるのです。

陥りがちなミス!

ここで大切になってくるのが、障害と真剣に向き合う。ということなのです。

多くの新人パフォーマーにありがちなのが、「こうやったらおもしろいでしょ!」とか、「このストーリー面白いでしょ!」といった具合に、ストーリーやネタができたことで満足して真剣に障害と向き合っていない人が多いのです。

これでは見ている人の心を動かすことができません。

真剣に何かをやろうとしているがために・・・「あ~あ!」となってしまうことが必要なのです。

「あり得ないバッカだな!」と思う反面、「その思考だとそうなっちゃうよね!」「わかるわかる!」という共感が必要となってくるのです。

チャップリンやバスターキートンがすごくいい例になってきます。

どのシーンを見ても本人たちはものすごく真剣ですよね!

これが大切なのです。

ドジで間抜けなクラウン達にしても同じです。

これがもし、「僕はドジだからしょうがないでしょ!」「間抜けなキャラを演じてるんだから笑って!」という演技をしていたとしたらどうでしょう?

わかりやすく言うと、こういったキャラの人が日常で隣にいたらあなたはどう思いますか?

「うざい!」「関わりたくない!」と思いませんか?

パフォーマーであったとしても同じなのです。

ステージと客席距離があるから、人は見ていられます。

だけど、関わりたくはないのです。(・∀・)/キッパリ!

これがもし、真剣に一生懸命、そして無垢に取り組んでいたらどうでしょう?

そこには愛着が持てて、応援したくなるはずです。

そういったクラウン達がショーを行っているから・・・笑っていい空間で演じているから人々は笑うのです。

笑っていい環境をもし作っていなかったとしたら、人々は笑わなくなります。

パフォーマーが失敗したことを見てる人が笑ったとします。それに対して、目くじらを立てて否定し続けたとしたら、どうでしょう?

見てる人たちはそのうち怖くなり、いやな思いをし始めて、笑わなくなっていってしまいます。

もちろんそういった手口もありますが、そこには、否定することによりさらに大きな笑いが起きるようにするお客様との駆け引きが存在するのです。

それを理解しないで、手口だけ真似すると痛い目に合うので、注意しましょう。

まとめ

障害を乗り越えていく姿を真剣に、一生懸命に、無垢に取り組む。

その結果あり得ない出来事が起こる。(だけどそれは共感できる内容。)

だけど、それらは笑っていい環境の下で行う。

コメディーの手法とはいろいろあります。

今回書いた障害を乗り越えていく姿を見せる。というテーマもその一つにすぎません。

いろいろな手口、様々な手法を使って複雑に絡み合いながら行うことで、大きな笑いを起こすことができるのです。

とはいっても、最初からいろいろな手法を同時進行で取り入れてもすごく浅い作品になってしまうため、一つ一つしっかりと取り組み、身に着けていってください。

追伸

僕はコメディーが大好きですが、いじめや人を中傷罵倒して笑いを取る手口は好きではありません。
というか、大嫌いです。

だけどグループで、コメディーをやるには虐げられるものが必ず出てきます。
では、どうやったらこれらがいじめに見えないのでしょうか?

強いもの(強そうに見えるもの)が弱いもの(弱そうにみえるもの)に仕掛けるとこれはリアルないじめに見えてしまいます。

ところが、弱いもの(弱そうに見えるもの)が強いもの(強そうに見えるもの)に仕掛けると、コメディーになります。

間違わないでほしいのが、立場の強い人であっても、気の弱い人に立場が低い人が仕掛けてもこれはいじめになってしまいます。

わかりやすく言うと、気の弱い上司を部下たちがいびる。そんな図式が成立してしまうのです。

誰が誰を虐げるのか、よく考えてコメディーを作ってください。

GEN(ジェン)