パフォーマー

#クラウンをジャックしよう!1月27日開催

#クラウン このハッシュタグを道化師やピエロでジャックしよう♪

クラウン(道化師)と言う言葉がインターネット上で広がらない理由として、車のクラウンの情報発信量が圧倒的に多い為というのがあります。

だけど、一日だけなら勝つ事は可能では無いかな?そんな思いからこの企画を考えました。

これは挑戦になります。賛同してくれる方は参加してください。

#クラウンジャックの日

クラウン(ピエロ)アルくんの顔のイラスト

1週間後の1月27日にTwitterとInstagramの『#クラウン』を車や王冠では無く道化師やピエロのクラウンでハッシュタグジャックに挑戦してみたいと思います。

1週間あればそこそこ拡散してできるのではないか?と思い、1週間後の月曜日に設定させて頂きました。

パフォーマーの方、ファンの方、できるだけ多くの方の参加を待っています.・゚゚(>ω<。人)

参加方法

Twitter

  • #クラウン と付けてツイートする
  • リツイートの場合 コメントを付けてリツイートを選択し、#クラウン を着ける。
  • 可能な限り写真や動画や絵を付けて目立つようにする。
  • 写真や動画や絵が無かったらつぶやきだけでももちろんOK
  • ハッシュタグは他の物も載せても良いが必ずシンプルな #クラウン も付ける。※#クラウン(ピエロ) など補足を付けると別のハッシュタグとして認識されてしまいます。
  • クラウンのイメージアップも兼ねて行いたいので、ホラー系のものやマイナスイメージのものは避けていただけると嬉しいです。

Instagram

  • クラウンの写真や動画や絵を #クラウン と付けて投稿する。
  • ハッシュタグは他の物も載せても良いが必ずシンプルな #クラウン も付ける。※#クラウン(ピエロ) など補足を付けると別のハッシュタグとして認識されてしまいます。

参加して欲しい人

クラウン(ピエロ)ロイくんの顔のイラスト

クラウンを行っているパフォーマーはもちろんクラウンが好きな人みんな参加して欲しいです.・゚゚(>ω<。人)

クラウンを行っているパフォーマーさんはもちろん自分の写真を使って、ガンガン宣伝してください(ㅅ´ ˘ `)

お気に入りのクラウンが居る方は応援してるクラウンパフォーマーさんの写真や動画を使うといいと思いますが、もし、本人が載せないでくれ!という希望を出してる場合は使わないであげてください。

掲載する写真や動画が無い人へ

アルジェントさーかすの『クラウンアルくん』『クラウンロイくん』の写真や動画を使ってください(^-^)/

自分で撮った物や描いた絵も、もちろんOKですヾ(●´∇`●)ノ

アルくんとロイくんの写真や動画は下に貼り付けておきます。

クラウンを行っているパフォーマーの方へ

自分の写真や動画を使って良いよという方はどんどん名乗り出て頂けると皆さんが参加しやすくなります。

よろしくお願いしますm(_ _)m

参加回数

何度でも参加して下さい(ㅅ´ ˘ `)

クラウンと言う言葉が日本に根付かない理由

クラウン(clown)を和訳すると道化師なのですが、メディアや映画や本などではピエロと和訳される事が多いです。

それはクラウンとカタカナで書くと、車のクラウンや王冠と言う意味のクラウン(crown)と混乱してしまう為、と言うのとピエロという言葉の意味がクラウンを指していると言葉上では思われている為では無いでしょうか?

ピエロとは、本来は数あるクラウンの中の1キャラクターなので、正確に言うとクラウン(clown)の和訳はピエロでは無いのですが、何故かピエロを和訳として使っています。

この辺の事を詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧下さい。

クラウン(道化師・ピエロ)について!クラウンと言う言葉が日本に根付かない理由。

#クラウン ジャックを企画した理由

検索しても調べることが出来ないクラウン

これは検索エンジンでも、SNS検索でも一緒です。

ですが、TwitterとInstagramのハッシュタグに限定して1日だけクラウンがファンみんなが一致団結したらどうでしょうか?

これはやってみないと分かりません。

この呼び掛けがどこまで広がるのか?

どれくらいの人が参加してくれるのか?

今回のイベントはメリットこそはあっても、誰のデメリットにもなりません。

であれば、やってみよう!と思いました。

もしかしたら話題になってクラウンが広まるかもしれない。

そんな期待を込めて今回企画させて頂きました。

#クラウン ジャック

クラウン(道化師)をもっとメジャーな言葉にする為にも皆さんの参加お待ちしています。

クラウン、道化師、ピエロ、clownについて詳しく知りたい

そもそもクラウンて何?
ピエロとクラウン何が違うの?
など色々な事についてブログ記事を書いています。

少しでも気になった方は是非こちらをご覧下さいm(_ _)m

ピエロとはクラウン(道化師)の事を指します。ピエロ・クラウン(Clown)・道化師のすべて!!

#クラウン ジャック の時に使ってもいい写真

クラウンジャックで使う画像がない方はご自由に使ってください。

ここ以外でも、『アルジェントさーかす』のブログで使用している写真や動画は何を使っても構いません。

アルくんとロイくんの他にも、この写真自由に使っていいよ!と言ってくれたパフォーマーさんがいるので、そちらも紹介させていただきます。

このイベントを期に活動しているクラウンを紹介出来ればと思っています。クラウンパフォーマンスを行ってる方で写真使ってもいいよ!という方はDMやメールなどの個別通信で連絡ください。

なお、今回はクラウンのイメージアップを目的としている事もあるので、ホラー系などの写真の場合はお断りする場合もありますが、ご理解下さいm(_ _)m

NUTS the CLOWN

国内外でパフォーマンスしているクラウン。
最近はアジアを中心に活動中。
ストリートやシアターなど、色々な形のパフォーマンススタイルを持つ。
お客さんを巻き込んでのパフォーマンスは会場に自然と一体感が生まれる。
ジャグリング、高い一輪車、エアリアルティシューなど色々な芸をコミカルにパフォーマンスに、取り込んでる。
名古屋を中心に活動中

clown タッキィ

キグレnewサーカス出身のクラウン
サーカステントから出てきたclownタッキィがお客様と一緒にshowを作っていきます。
愛嬌たっぷりのキャラクターでお届けします。
東京を中心に活動中

クラウン じっきぃ

明るく・楽しく・元気よく♪笑顔はみんなの元気の源! 
アートからコメディまで、真面目から不真面目まで、鼻が赤かったり赤くなかったり、 ショースタイルやバージョンは十数種類にも及ぶ 変幻自在のエンターテイナーじっきぃのパフォーマンス!  

クラウン るな

キュートな笑顔のしっかりモノ! 
子供から大人まで男性も女性も虜にしちゃう 
ちょっぴりお茶目で優しさあふれるコミュニケーションパフォーマンス☆ 

クラウン・リオ

くすくす笑って時々びっくり!
東京から全国まで、おもちゃ箱抱えて飛び回ってます!

楽しいこと大好き、お着替え大好き。興味があること何でも挑戦してみます。
見かけたら、みんなも一緒に遊んでくださいね♪

クラウンとっぽ

え?
プレジャーBのとっぽですー。

アルくんとロイくんの写真

自分の写真も使っていいよ!というパフォーマーさんがいましたら、ぜひ連絡ください。

GEN(ジェン)

上野公園の大道芸!ヘブンアーティスト達が毎日パフォーマンスしています。

ヘブンアーティストの看板GEN(ジェン)上野恩賜公園蛙噴水

東京都台東区にある上野恩賜公園、ここでは毎日のように大道芸が行われています。

東京都が発行するヘブンアーティストというライセンスを取得したアーティスト達がパフォーマンスを行っています。

平日含めてほぼ毎日大道芸が行われている場所は日本全国でも少なく、それも数箇所でとなると大変珍しいです。

上野公園に行けばきっとお気に入りの大道芸が見つかるはずです。

上野公園の大道芸

東京都が発行するヘブンアーティストというライセンスを取得したアーティスト達が活動できる場所として、ヘブンアーティスト事務局が指定している場所のひとつです。

上野公園で活動できるポイントも7個所あり、平日から多くの人が集まる公園であることからヘブンアーティストライセンスを取得したパフォーマーにも人気の公園です。

土日祝日は大変多くの人が居るため、パフォーマンスも盛り上がりやすく、歓声や拍手や笑い声が鳴り響くイベント会場の様になります。

一方平日は人数が少なく、比較的空いている為、のんびりと大道芸を楽しむことができます。

同じ内容を行っていてもその見え方は休日と平日では変わってきます。

パフォーマーは1枠1時間の枠(最大2枠)を予約して行っている為、休日は回数を回そうとテンポよく行うパフォーマーもいます。

平日は丁寧にのんびり行うパフォーマーが多い気がします。

ヘブンアーティストのライセンスを取得しているパフォーマーは450組を超えています。

これだけアーティストがいると、そのパフォーマンスも様々です。

これ等のパフォーマーに人気がある上野公園に行けば、きっとあなたのお気に入りのパフォーマーが見つかると思います。

是非上野公園に足を運んで、お気に入りのパフォーマーを探してみてください。

このブログ記事を書いているGEN(ジェン)の過去の活動記録はこちらです。
参考までにご覧ください。
2019年12月3日上野公園での大道芸

上野公園での大道芸ポイント

上野公園での大道芸が行える活動ポイントとしては全部で7か所認められています。

  • 噴水前
  • 小松野宮像前
  • 五条天神前
  • すり鉢山
  • 西郷像
  • 蛙噴水
  • 下町風俗資料館前

それぞれイベントや催し物があると活動できないときはありますが、基本この7か所で行われています。

それぞれの詳しい場所についてはこちらの記事をご覧ください。

上野公園のヘブンアーティスト活動ポイント

※お花見時期など上野公園が混雑するときはポイントが大幅に変更するときがあります。

※ギャラが出ていないため、拘束力はなく、天候などの理由でキャンセルするときの判断はパフォーマー個人にゆだねられています。

大道芸が見れる時間と枠

上野公園では、11時から16時まで活動が認められています。

一枠1時間、最大一人2時間まで予約を取ることができ、その枠の中でそれぞれのアーティストが自由に行えることになっています。

パフォーマーによっては、時間が許す限り目いっぱいパフォーマンスする者もいるし、1回だけ行って終了する者もいます。

二枠(ニ時間)連続で予約を取ったり、別々で取ったりする者もいます。

休日、平日問わず人気がある公園であるため、毎月2回予約のための電話戦争があって、予約を取ること自体が大変です。

平日がおすすめ

これだけ人気がある上野公園ですが、見る側の観客としては平日がおすすめです。

休日は多くの人が集まり、盛り上がりやすい一方人気のパフォーマーは人が多すぎて見れなかった。などの話も聞いています。

ところが、平日は公園自体の人通りが少ないため、のんびりとゆったりと見る事が出来ます。

過去にこんな記事を書いています。参考までに!

平日おすすめ! 上野恩賜公園での大道芸 大道芸人GEN(ジェン) ヘブンアーティスト Photo

ヘブンアーティストとは

東京都が発行するアーティスト達が指定の場所で活動する事ができるライセンスです。

その為、多くの大道芸人がライセンスを取得する為の厳しい審査に挑戦しています。

上野公園で活動しているパフォーマーは全てその合格者達です。

ライセンスを取得する為の試験は年に1回行われています。

この試験に合格したアーティストだけが指定した場所を予約してパフォーマンスを行えます。

アーティスト達は交通費や活動費は出ない為、投げ銭という形で活動しています。(物販も認められていません)

2002年に当時の東京都知事、石原慎太郎氏によって作られた制度で、審査会でライセンス取得をしたパフォーマーに活動場所の提供とその予約にによる活動者の管理、大道芸フェスティバル、被災地支援などを行っています。

三茶de大道芸や日立国際大道芸など数々の大道芸フェスティバルのプロデューサーである橋本孝雄氏を総合プロデューサーとし、数々の実績を収めています。

ヘブンアーティストのライセンス制度

ヘブンアーティストにはパフォーマンス部門と音楽部門の二種類があります。

それぞれ審査員が異なり、審査会でも審査する日が違います。

活動場所ではすべてのパフォーマーが一斉に予約をし、活動しています。

審査会

両部門とも1次審査と2次審査があり、1次審査(書類審査と映像審査)の合格者だけが二次審査(人前で行うパフォーマンス)を行います。

その合格基準は明確には表明されていないため、どうやったら合格できるのか?審査を受けるものが頭を悩ませるところです。

審査会は年1回行われています。

ヘブンアーティストライセンス取得者

2020年1月現在、 パフォーマンス部門363組、音楽部門98組が登録しています。

この登録パフォーマーが人気のポイントを狙って予約しているのですから、予約が取りにくいことは当たり前ですね。

大道芸フェスティバル ヘブンアーティストTOKYO

ヘブンアーティストTOKYO2019 大道芸人GEN(ジェン)椅子倒立スタート

上野公園では、年に一度、毎年10月にヘブンアーティストに登録しているパフォーマーで希望者のほとんど全員が出演する事が出来る大道芸フェスティバルがあります。

おそらくは世界中の大道芸フェスティバルを見ても、ここまで出演者が多い大道芸フェスティバルはそうそうないのではないでしょうか?

2019年に行われたヘブンアーティストTOKYOに関するブログ記事はこちらをご覧ください。

ヘブンアーティストTOKYO2019 告知ブログ

ヘブンアーティストTOKYO2019 活動報告

GEN(ジェン)

クラウン(道化師・ピエロ)について!クラウンと言う言葉が日本に根付かない理由。

パフォーマンスを行っているものやパフォーマンスが好きな人にはおなじみのクラウン(道化師)。
だけど一般の人にはなかなかその言葉が浸透していきません。

そこには日本独特の呼び方ピエロというものがあるから、と言う事もあるのですが、どうやらそれだけが原因ではなさそうです。

クラウンと検索してみると、車のクラウンばかり出てきて道化師のクラウンにたどり着かない。
これがクラウン(道化師)が日本でなかなか浸透していかない理由ではないでしょうか?

クラウン(道化師)という言葉を日本に定着させるための方法を考えてみたいと思います。

クラウンとは

クラウンアルくんのグリーティングパフォーマンス!うさちゃんと一緒にお散歩♪

クラウンとは、道化師のことです。

サーカスでおどけて人々に笑いを与える存在です。
サーカス以外でもイベントや大道芸でパフォーマンスを行うものもいます。

日本ではピエロという名称で広く知れ渡っていますが、ピエロというのは元々は一個人(キャラクター)のことなので、全体を指す場合はクラウンと言います。

ここで言うクラウンとは、ト●タの車ではありません。
ト●タのクラウンは王冠という意味から名前を取った高級車です。
道化師のクラウンには王冠という意味はありません。
但し、偽物の王冠という意味で名づけられ始めたのではないかという説はあります。

王冠のクラウンは英語で書くとCROWN
道化師のクラウンは英語で書くとCLOWN
一文字違いですが、別の単語です。

情報社会と言われる現代で情報に出てこないクラウン

クラウンをGoogleで検索してみた。

16ページほど検索結果が出てきました。
ですが、そのほとんどが車のクラウンについての記事でした。

それ以外にはクラウンと言う言葉についての記事が数個
会社名や施設名など、クラウンという名が付く団体に関するページが数個

では、道化師のクラウンについての記事は無いのでしょうか?

7ページ目にありました。
プレジャーB(名古屋のクラウンのカンパニー)に関するページがありました♪

これから出てくるかな?と思ってページをめくっていったのですが、ついに最後まで出てきませんでした(;▽;)

それだけト●タが凄いということですね!

むしろその中で頑張っているプレジャーBを褒めるべきですかね?

これだとせっかくクラウンと言う名前を聞いて検索した人も出てこなくて、すぐに忘れちゃいますね(;▽;)

ピエロをGoogleで検索してみた。

クラウンで検索しても出てこないとなると、恐らくはピエロで検索する人は多いのではないでしょうか?

今度は出てきました!

ところが・・・

商品・販売品が多くて、次に多いのがブロガーによるピエロ恐怖症関係の記事がほとんどです。

要するにちゃんとしたパフォーマーの意見が全くと言っていいほど入ってこないのです。

クラウンとして活動していくのに邪魔な知識が一般人に入って行ってしまいます。

ピエロという検索ワードでもプロのパフォーマーがちゃんと書いた記事が出てくるようにならないと、クラウン=ピエロと考えてしまう一般の人には、間違った悪いイメージが広がっていってしまうかもしれないですね。

道化師をGoogleで検索してみた。

一ページ目で静岡大道芸ワールドカップの市民クラウンで講師を行っている白井さんに関する記事が出てきましたが、後は物品販売・ゲーム・舞台・映画などの情報が出てくるだけでパフォーマーの記事やクラウンを見た人の記事が出てこないです(´;ω;`)ウゥゥ

クラウンで情報発信してる人はいないの?

クラウンを行っている人やクラウンが好きな人たちは情報発信していないのでしょうか?

そんなことはありません。

いま日本にはものすごい数のクラウンが存在し、ブログを行っている人たちも沢山います。
恐らくは皆さん『クラウン』と書いて情報発信しているため、それよりもはるかに情報が多い車のクラウンの情報に負けてネット検索で出てこないというのが現状ではないでしょうか?

クラウン(ピエロ)をどうやったら検索できるの?

では、どうやったらクラウンの情報をインターネットで探す事が出来るのでしょうか?

『クラウンアルくん』など、クラウン○○と個人名を入れればもちろん出てきます。
個人名やイベント名を入れれば検索することはできます。

ですが、日本国民のほとんどの人はそんなことは知らずに検索してしまうため、クラウンのことを調べてみようと思っても、すぐに行き詰ってしまうことでしょう。

今現在あまり詳しくない一般の人がクラウンのことを調べるのはものすごく難しいのが現状です。

特定の個人を検索するか大道芸関係からクラウンに関することを探すか、イベント会社のホームページからクラウンのことを調べるという形をとるしか、クラウンに関することを調べられないのです。

【重要】クラウンのことを記事にするときどうしたらいいの?

アルジェントさーかす椅子の上で膨れるクラウン(ピエロ)のアルくん

クラウンの活動をしてる人がブログを書いたり、ホームページを作ったり・・・
ファンの人や見た!という人がブログを書いたり・・・
クラウンの団体や教室を行ってる人たちがホームページを作ったり・・・
せっかく情報発信をしても読む人がいないと意味がありません。

検索に引っかからないと読む人は極端に減ってしまうのです。

でも、クラウンで記事を上げても車の圧倒的な情報量にかき消されてしまいます。

おすすめの方法としては、

  1. クラウンというキーワード以外で検索に引っかかるようにする。
  2. ピエロ・道化師
    これ等のキーワードを使って情報発信する。
  3. クラウンに続くセカンドキーワードを使って情報発信する。
    ピエロ・道化師・大道芸・パフォーマンス・パフォーマー・イベントなど。

それぞれの検索ボリュームを調べてみました。

検索ボリュームとは、そのキーワードが一か月間で何人くらい検索しているのか?というデーターです。

  • ピエロ 49500
  • 道化師 6600
  • クラウン ピエロ 1000
  • クラウン 道化師 260
  • クラウン 大道芸 30
  • クラウン イベント 40 (車関係のイベントを調べる人が多い)
  • クラウン パフォーマンス 40 
  • クラウン パフォーマー 10
  • ピエロ クラウン 720
  • ピエロ 道化師 50
  • ピエロ 大道芸 30
  • ピエロ イベント 10
  • ピエロ パフォーマンス 20
  • ピエロ パフォーマー 0
  • 道化師 ピエロ 90
  • 道化師 大道芸 0
  • 道化師 イベント 0
  • 道化師 パフォーマンス 0
  • 道化師 パフォーマー 0

この結果から見ても、ピエロというキーワードを使わないで検索に引っ掛けようとするとかなり頑張らないと行けない事が分かります。

道化師が意外と行けそうに見えますが、サブキーワードの大道芸・イベント・パフォーマンス・パフォーマーの所のボリュームが0という所を見る限り、映画、舞台、本、ゲーム辺りで検索する人がほとんどで、ショーを行う道化師について検索してる人はいないと考えて良いかと思います。

なぜプロのパフォーマーはピエロというキーワードを使わないの?

これは、クラウンを行うパフォーマーのこだわりだと思います。

僕がクラウンを行っていた19年くらい前は・・・
僕はピエロじゃない!クラウンだ!と、プロならば言うものだ。と言われてきました。

ところが、それがプロだから!という理由だけで、その違いを明確に答えられる人はあまりいませんでした。

そんな中答えられる人は、ピエロはクラウンの中の1キャラクターだから、ピエロをやりたいなら涙を描きなさい。というものでした。

要するに演劇のロミオとジュリエットならばロミオ役をしっかりやりなさい。

ということですね。

こういった事から・・・僕はピエロじゃ無いよ!クラウンだよ!!

と言ってる人が多いのです。

一般人の考え方

これはズバリ クラウン=ピエロ=道化師です。

そのイメージの強い順番としては、

ピエロ>道化師>クラウンです。

これはテレビや映画や本などの全てのメディアでクラウンの事をピエロと言っているという現実がある為です。

海外映画で、せっかくクラウンという言葉が出てきても、翻訳でピエロに直されてしまいます。

こういった理由からクラウンの言葉が浸透せずにピエロとして広がってしまってるのす。

クラウンのことを広く知ってもらうためにはどうしたらいいの?

① ピエロに関する情報発信を行う。

プロのパフォーマーがピエロに関する情報発信を行っていくべきだと僕は考えます。

一人一人がクラウンとピエロの違いを認識したうえで、ピエロの記事を増やして、その中でクラウンのことをお話しする。

入り口をピエロにしていく事が一番良いと思います。

② 道化師に関する情報発信を行う。

一般の人がパッと道化師という言葉にたどり着くかどうかというと、ちょっと難しいかもしれませんが、やっとたどり着いたのにパフォーマンスに関することが見つけられないよりは見つけられるように道化師に関する情報をもっと増やした方がいいと思います。

③ 車のクラウンに負けないくらいクラウンに関する情報を発信し続ける。

これは現実的には相当難しいと思います。

  • ト●タという大会社に勝つくらいの個人になる。
    団体であればまだ可能性はありますが、今現在それが成功しているプレジャーBであっても7ページ目まで出てこないことを考えると、検索で1ページ目に持ってくることは相当難しいと思います。
    (1ページ目以外はほとんどみられることはないと思っていい。という考え方がSEOでは一般的です。)
    ※SEOとは 検索エンジンに向けてWebサイトを最適な状態に近づけること(検索エンジン最適化) を意味します。
  • クラウン(車)のファンに勝つくらいのクラウン(道化師)のファンを作る。

それでもいずれは何とかしたい問題ではあるため、クラウンとしての情報発信は必要ではありますが、優先順位は3番目と言うことになってしまいますね(;^ω^)

追伸

集まれ!池袋みんなの大道芸2019秋 アルジェントさーかす 看板

この記事を書こうと思ってから書き上げるまで1週間くらいかかってしまいました。

それでも何度読み返してみてもしっくりこない(;▽;)
わかりづらい(´;ω;`)ウゥゥ

それくらい難しい問題なのだと思います。

誰かわかりやすく書き直してほしいくらいです。オネガイ(-人-;)(;-人-)オネガイ

でも何とかしないといけない問題だと思ったので、記事としてはわかりづらくてもいいからとりあえず上げてしまうことにしました。

これはみんなで考えて、みんなで努力していかないといけないことだと思ったからです。

クラウンのことを知ってもらうためにも僕は今後もクラウンについて情報発信を続けていきますが、少しでも多くの人が賛同してくれて情報発信を行ってくれることを祈っています。

この記事を書いているGEN(ジェン)について

芸歴20年を超える大道芸人GEN(ジェン)と申します。
僕のパフォーマンスはクラウンから始まったといっても間違いではありません。
日本のクラウンはもちろん海外アーティストのクラウンワークショップなどにも積極的に出て、クラウンとしての活動を行っていました。

今現在はクラウンの格好を行うことは殆どありませんが、気持ちは常にクラウン。

そして、『アルジェントさーかす』や『ハッピーメリーサーカス』という僕が活動している団体でクラウンと一緒にショーを作っています。

インターネット上では、クラウン・大道芸・パフォーマンスをもっとメジャーな娯楽にするために情報発信を行っています。

GEN(ジェン)

大道芸のジャンル アクロバットコメディとは?ジャンル名誕生秘話!

アクロバットコメディというジャンルができた経緯

大道芸に数あるジャンルの中で『アクロバットコメディ』というのがあります。

これ実は僕達が作った名称なんです*\(^o^)/*

あ、アルジェントさーかすじゃないですよ!

GちょこMarbleでもないです( ̄▽ ̄;)

僕達というのは、『Cartoon Clown CHEEKY!』と『大道芸人GEN(ジェン)』の2人が行っていた『アクロバットコメディ Tim Tam』です。

この名称を作ったのは今から15年位前ですね!

当時僕達は『Cartoon Clown Tim Tam』と名乗ってました。

cartoonとは、アニメーションの事。

clownとは、道化師の事。

ワーナーのアニメーションのような世界をアクロバットを使ったクラウンなら表現できるのではないか?いや、それを行おう!

という気持ちでそう名乗っていたのですが、日本ではクラウンと言うと、メイクをして赤鼻を付けていないとクラウンとは認識して貰えません(´;ω;`)

それは昔も今も変わらないです。

現場に行っても、クラウン(ピエロ)じゃ無いじゃん。と言われる事もしばしば・・・(´;ω;`)

そんなある時、北海道のミニサーカスに出演させて貰うことになりました。

そこに海外アーティストが来ていたのですが、彼も同じような悩みを抱えていた時期があったそうです。

僕はクラウンなのに、日本ではクラウンと認めて貰えない!だけど、売る為にはお客さんにイメージしやすいジャンル設定を行う必要がある。

その為に日本ではクラウンと言わずにコメディジャグラーと名乗る様にしてる。

「君達何やるの?」と聞かれた時にカートゥーンクラウンと言うと、その説明から行わないと行けないので、その時点で弾かれてしまう可能性があるから、わかりやすいジャンルに変えた方が良いよ!

との事でした。

言われて見れば確かにそうです。

カートゥーンクラウンとしてのこだわりはあるものの、売れなければしょうがない。

と言う事で作ったのが『アクロバットコメディ』という日本ではまだ誰も名乗っていなかったジャンルだったのです。

当時アクロバット・・・特にハンドトゥハンドと呼ばれるサーカスアクロバットを大道芸で行っていたのはサブリミットさんとトランポリンのサスケさん位しか有名所ではいませんでした。

もっともハンドトゥハンドという性質上2人以上居ないと行えないので、その時点でパフォーマーの数が激減してしまう上に、今ほどパフォーマーの数も多くなかったので、日本の大道芸で行ってる人がほとんど居なかったという状態でした。

しかもコメディで見せてる人がほとんど居ない。

そんな状況の中アクロバットコメディというジャンルを名乗り始めました。

その後GちょこMarbleが誕生した時、初期の頃は「これはまだコメディでは無い」という事から、コミカルアクロバットと言っていました。

Gちょこがアクロバットコメディを名乗り始めたのは2~3年経ってからの事です。

この頃になるとパワーボムさんなどハンドトゥハンドを行うパフォーマーも増えては来ていたのですが、まだまだアクロバットコメディというジャンルがメジャーでは無かったので、気軽に名乗る事に抵抗があったんですね(;^ω^)

アクロバットコメディのイメージを悪くしたくなかったもので(^ω^;)

その後はアクロバットコメディを名乗る人やグループが増えてきて、それなりにメジャーなジャンルとなってきました♪

嬉しい事です\(^o^)/

アルジェントさーかすのジャンルは?

アルジェントさーかすが結成される頃には僕が関わってないパフォーマンスでもちょくちょくアクロバットコメディの名前を聞くようになり、ハンドトゥハンドに限らず幅広い種類のパフォーマンスで使われるようになっていました。

ジャンルを定着させる為には、色々な人が使ってくれないと定着しないので、色んな人が使ってくれる事には大賛成です(^-^)/

では、アルジェントさーかすでアクロバットコメディを名乗ってるの?と言われると・・・今現在は名乗ってないのです(;^ω^)

説明でアクロバットコメディと言う事はありますが、ジャンルは?と言われると、まだハッキリ決まってないのですが、

『コメディサーカス』『青空サーカス』などと言うことが多いです。

これはサーカス大好きなGEN(ジェン)とアルくんが『ハッピーメリーサーカス』というサーカスから飛び出して行っている大道芸なので、サーカスという名前を付けたかったというのが理由です。

ただ、ユニット名にもさーかすと入っている。

ジャンルと名前を続けてしまうと・・・

コメディサーカス アルジェントさーかす

とか

青空サーカス アルジェントさーかす

となってしまい、サーカスさーかすとちょっとうざい感じになってしまうため、アクロバットコメディをパフォーマンスジャンルとするか現在悩み中です(^ω^;);););)

GEN(ジェン)

大道芸がイベントで人気がある9つの理由 「大道芸イベントって面白い!」

大道芸人が出演するイベント増えてきましたよね♪

僕が始めた20年前は、大道芸を売り込もうとしても、「大道芸って何?」と言われることが本当に多かったです。

それが今では、大道芸というとどんなことを行うのか想像つく人が格段に増えたと思います。

第一の理由としては、大道芸人の数が圧倒的に増えてきたということですね。

大道芸を推奨し、場所を提供してくれるライセンス制の活動場所が増えたことも大きな要素の一つです。

大道芸人が増えたということは、参考にできるパフォーマーが増えたということでもあるので、レベルの高い大道芸人がたくさん増えてきました。

そう、今レベルが高い大道芸人が沢山いるんです。

では、他のイベントと比べてなぜ大道芸が選ばれるのでしょうか?

1.見た目が派手

ジャグリング、バランス芸、サーカス芸などをはじめ、見た目が派手な技が多いです。
また、コメディー中心のネタで笑わせていく芸人においても、見た目が派手なパフォーマーが多いです。
さらに、パフォーマーが行う行動は、日常ではなかなか見る事が出来ない奇抜な行動をとる人が多いため、パフォーマーの行動も派手だと言えます。

2.盛り上がりやすい

大道芸は、拍手のポイントや、笑いのポイントがわかりやすいです。
そのため、観客が同時に歓声を上げたり、笑ったり、拍手したりしやすいため、盛り上がりやすくなります。
さらに、大道芸パフォーマンスにはそういったポイントがものすごく沢山あります。
そのため、盛り上がりの連鎖が起きてさらに盛り上がりやすい環境を作っていきます。

3.年齢層が幅広い

大道芸には、子供からお年寄りまで幅広い年齢層の観客を楽しませられるのもが多いです。

キャラクターショーだと子供向け、音楽イベントだと、年齢層をある程度制限されてしまうのに対し、どの年齢層に対しても対応できることが人気の理由の一つでもあります。

4.観客とコミュニケーションを取りながら行うショーが多い。

音楽やダンスなどと違い一方的に演じるのではなく、観客とコミュニケーションを取りながら行っていくパフォーマーが多いです。
これは普段投げ銭を求めることによって収入を受けている大道芸人は、観客といかに良質のコミュニケーションがとれるか?ということが収入に直結してしまうため、エンターテイメント業界においてもコミュニケーション能力は相当高くなってしまうためです。

5.出演人数が少ないから、料金を抑えられる。

一人当たりの出演料としては決して安いほうではないが、トータル人数が少ないため、結果として料金を安く抑える事が出来ます。

6.どこでも対応可能

ステージの上でも、駐車場でも、ちょっとしたスペースがあれば行うことができる為、どのようなスペースであっても対応できるパフォーマーを探すことができます。
また、大道芸を行っているパフォーマーは電源がない場所でもショーを行えるような工夫をしているため、ステージや音響がない場所でも対応できるパフォーマーが多いです。

7.現場でのハプニングに強い

普段路上や公園には、いろんな人がいます。そんな環境でパフォーマンスを行っている大道芸人は、あらゆる状況を経験しています。
そのため、思いがけないハプニングが起こった時でも対応していく力を身に付けています。
大道芸人の対応力の高さは、いろんなイベント会社の方たちからも言われているため、間違いないと思います。
我々からしたら、普通にいつも通りのことをしているだけなのですけどね(;^ω^)

8.パフォーマンスのジャンルが豊富で様々なパフォーマーを見る事が出来る。

一度大道芸イベントで成功すると、様々なパフォーマーを使って違う内容のイベントを打つ事が出来ます。
さらに続けることによって、次は何を見る事が出来るか楽しみに来るリピーターが増えるため、長く続ければ続けるだけ集客を見込めるようになってきます。

9.イベント目的でない観客も虜にしていく力がある。

大道芸とは、路上や公園などで観客ゼロから始めていくパフォーマンスです。
そのため、通行人さえいればそういった人たちを集めて、虜にしていき、楽しませていく事にたけています。

大道芸イベントを行いたい人へ

こういった理由から大道芸をイベントで使っているところが増えていっています。

だけど注意しないといけないのは、ここで言ったのは大道芸全体を見てあげた特徴であるため、パフォーマー一人一人の得意分野はそれぞれ違います。
そのため、

大道芸人のことをよく知っていて、適材適所でパフォーマーを選別できるイベント会社を選ぶべきです。

大道芸イベントを行いたいが、大道芸人のことをよく知らないし、知ってるイベント会社を知らないという方。
もしくは大道芸人に詳しくないが大道芸イベントを行いたいというイベント会社の方。
は是非連絡して下さい。

適材適所で大道芸人を選別できさえすれば大道芸イベントは必ず成功します。

また、適材適所で選別しても毎回違うパフォーマーを入れていけるだけ現在は多くのパフォーマーが存在します。

僕自身がHMCから芸人派遣を行うこともできるし、ブッキングだけ手伝っているイベント会社も数社あります。
何かしら協力できることがあると思います。

「大道芸イベントは面白い!」これを広げていくためにこれからも活動を行っていきます。

GEN(ジェン)

GEN(ジェン)のTwitter

  • ブログの更新情報
  • パフォーマンス情報
  • パフォーマンス当日のお知らせ
  • 皆さんとのコミュニケーション

などをTwitterで行っています。フォローお願いします。

GEN(ジェン)

面白いとは?これって面白いの?作品を飽きさせずに最後まで見てもらう為に必要な事!

面白いとはなんだろう?面白いと感じることは人それぞれ。
「面白いとは?」について考えた続編です。
せっかく面白い作品を作っても、最後まで見て貰えずに面白い部分を伝える前に見る事を辞められてしまった。
最後まで見てもらう為に必要な事がここにあります。
読者から頂いたコメントにより、さらに深く掘り下げることが出来ました。

この記事を書くことになった経緯

先日『面白いとは何だろう?面白いパフォーマンスを行うにはどうしたら良いかを考えてみる。』というブログを書きました。

それに対して反響がありました。

「吉本ファンを経由していても、これは難しい命題…🤔
私としては、複数の伏線が最後に一気につながることも面白いと思えますが、どうでしょう…(´-ω-`)」

それに対する僕の返答が・・・

「伏線が繋がった時に感動してる時点で気になって集中してる作品だから面白い作品なんだと思いますよ♪
面白くない作品に伏線貼られても、貼られた伏線覚えてないから、感動は起きないと思います( ̄▽ ̄;)
さらに面白くする為のスパイスみたいな感じなのかな?」

続けて僕

「スパイス・・・(;-ω-)ウーン
これ自体でもこだわれるから、面白い要素はあるか!
これだけで興味を引きつけようとしたらかなり頑張らないと難しいような気がしますが、こだわってる事の中のひとつだとしたら面白いになると思います(^-^)/」

さらに僕

「と、ここまで書いたところでお風呂に入ってきた。
これ、いいお題だからブログで検証してみます(`・ ω・´)ゞビシッ!!」

という内容でした。

お風呂に入ってあれこれ考えた内容が面白かったのです。

さらに僕がぱっと説明出来ないということは、自分の中でまだしっかりと落とし込めていないという事です。

このブログを書くことで、ちゃんと説明できるレベルまで落とし込めればいいのですが( ̄▽ ̄;)

やってみたいと思います。

複数の伏線が最後に一気につながることも面白いと思えますが

これ、実際に僕も面白いと思う。

ただ、伏線が繋がるまでの間、退屈で退屈で、我慢して我慢して・・・、繋がる前に見るのを辞めてしまった映画があるのです。(もうタイトル忘れました。)

という事はいくら伏線が貼られててもつまらない作品は面白くないのか?

いや、しかし、もしこの人の作品が伏線が最後に繋がる作品だと知ったていたら楽しみにしながら見る可能性が高い!

それを知ってる人には面白いってことなのだろう。

こういった作品がもし、前半でちょっとした伏線が繋がって快感を覚えるという内容がショートストーリーであって、そういう作品だと観客が認識してから本編に入ったら、面白がってみる人は多いのではないだろうか?

逆にありきたりの伏線の張り方で、新しい発見が何も無かったらやはり面白いとは思わないのではないだろうか?

など、いろいろ考えてしまいました。

少なくてもこのお題を真剣に考えている僕にとっては、「面白い」という事になります。

なのに、最後まで見なかった作品もある。

という事は、退屈であったストーリーの部分に他のこだわりがあって、そこのシーンも違った面白さがあったらいいのでは?

結論

どんなに面白いと思ってこだわって作っても、そのこだわって熱を入れてるものが1つだけだと面白いと思う人は減ってしまいます。

また、こだわった部分が浅いと、もっと深く知ってる人には面白いと思えない可能性もあります。

様々な部分にこだわりを持ち、面白いと思える事を沢山いれた作品の方が、面白いと思ってくれる人は多いです。

直ぐに面白いと思えるもの、時間をかけて面白さが伝わってくるもの、いろいろあるので、様々な部分にこだわりを持つ事が大切です。

追伸

今回Twitter上で読者(ここでは読者という言い方をさせていただきます。)と話しをしていて、僕が疑問に思った事をお題として上げさせて頂きました。

前回書いた内容をさらに深く自分の中に落とし込む!そんな感じの記事になりました。

自分一人で次何を書こう?と考えるよりも、皆さんが疑問に思った事や僕が答えられなかった事を検証して行く内容の方が、正直言って僕は楽しいです。

なので、どんな事でも構わないので、コメント頂けるとそこから話しが膨らんで行くと思います。

もちろん具体的な質問をして頂いても構いません♪

皆さんとコミュニケーションを取りながら書く内容を決めて行けたら嬉しいです。

GEN(ジェン)

夢を与える仕事!ストレスを取り、発散し、明日への活力が手に入る。

パフォーマンスは夢を与えてくれる仕事である。

あなたはパフォーマンスを見たことがあるだろうか?
お気に入りのパフォーマーがいる人には、キラキラと輝いている人が多い。
それはパフォーマーに夢を与えられているからだ。
古来より廃れることなく存在するパフォーマンスには、日頃のストレスを取り除き、明日への活力を与える力が存在する。

あなたもお気に入りのパフォーマーを見つけて、やる気にみなぎる楽しい日常を手に入れてほしい。

パフォーマンスには観客を日常のストレスから解放し、発散させる力がある。

大道芸を初めとするパフォーマンスは人々を楽しませ、笑わせ、感動させるだけでは無い。

日頃のストレスから解放し、明日への活力を与える力がある。

パフォーマーが作り出す世界観に入り込むことにより、観客は日常から解放され、仕事や家庭や通勤などで溜まったストレスを発散させることが出来るのだ。

ただ、解放するだけならテレビや映画でもできる。
嫌な事を忘れてテレビに熱中する事は誰でも経験があるだろう。

しかし、発散となるとテレビや映画ではなかなか出来ない。

そこで、パフォーマーと一緒に喜怒哀楽を共有し、笑い、拍手をし、声を出すことによって発散させることができるのだ。

そしてパフォーマンスが行われている空間はそれらの事を「 行って良い場所 」である為、観客も遠慮なく歓声を上げ、拍手を送り、人目をはばからずに笑うことができる。

心を豊かにするだけならテレビや映画、音楽鑑賞でも出来る。
ストレスを発散させるだけなら、カラオケやスポーツ、スポーツ観戦でもできる。

パフォーマンスは、その両方を行うことが出来るのだ。まさに一石二鳥といえる。

しかも『遠慮なく笑っていい場所!』というのは、なかなか無いものだ。

映画館は笑ってもいい場所ではあるが、どうしても人目は気になってしまう。

それに比べてパフォーマンスは、演者も観客を笑わせそうとするし、観客もそれを求めてくる人も多い。
しかも海外はもちろん、日本にも様々な種類のパフォーマーがいる為、自分の好みのパフォーマンスを見る事ができる事のもあり、昔から廃れること無く様々なジャンルのショーが行われ、多くの人々を魅了し続けている。

大道芸やパフォーマンスには夢を与える力がある。

パフォーマンスには、それ以外に人々に夢を与える力もある。

ストレスから解放し発散させて、過去のマイナスを清算させるだけではなく、未来への活力も与える力がある。

夢を与えられた人は、未来に希望を持ちやる気も満ち溢れる事もあるだろう。

これは夢を与えてくれることにより、やる気も与えてもらえるということだ。

今進めている事、抱えている問題など、様々なことに希望を持ち、やる気を持って取り組んでいけるようになるのです。

これは僕が20年パフォーマンスを行ってきた中で、たくさんのお客様から感謝の言葉を頂いてきた内容からうかがえる事実であり、また僕自身も実感している。

なぜパフォーマーにはそのような力があるのだろうか?

それはパフォーマー自身が夢に向かって進んでいるからだ。

観客はその夢に向かって進んでいるパフォーマーに共感し、笑い、歓声を上げることによって、夢に向かって進んでいくすばらしさを知らず知らずのうちに体感しているのである。

夢に向かってひたむきに進んでいるパフォーマーが観客を盛り上げたり笑わせている姿を見て、実体験することによって夢に向かう素晴らしさを肌で感じ取ることができるのだ。

そういった体験をした観客は、未来に希望を持ち期待し、進んでいく大切さを知り、やる気を持って明日を迎える事が出来るのだ。

では、パフォーマーの夢とは何であろうか?

それこそパフォーマー一人一人違う。

パフォーマーによっては夢を語るパフォーマーもいるだろうが、夢を語らないパフォーマーからもそのパフォーマーの姿からその夢をくみ取ることができる。

それはなぜなのだろうか?

それはパフォーマーが貪欲だからである。

  • もっと盛り上げたい。
  • もっと笑わせたい。
  • もっと多くの人に見てもらいたい。
  • もっとすごい技ができるようになりたい。
  • もっと大きなステージ(舞台)でショーを行いたい。
  • もっと認められたい。

そしてそれらを実現させるために日々練習を行い、研究をし、努力している。

そしてその姿は、観客は容易に想像する事が出来る。

僕が知る限り現状維持でよいと考えているパフォーマーはほとんどいない。多からず少なからずみんな先に進むために何かしらの努力をしている。そんな姿が観客には伝わるのだろう。

そしてそんなパフォーマーと同じ空間を・・・しかも飛び切り楽しい時間を共有するのだから、そのやる気が伝染しないわけがないのだ。

そして今現在こういったパフォーマンスは、イベントや劇場以外でも見る事が出来る。

そう大道芸である。

大道芸は凄く気軽にパフォーマーのショーを見る事ができ、しかも面白くなかったり、自分の感性と会わなければ途中で帰ることもできる。
さらに楽しんだら料金を払えばいい後払いのエンターテイメントである。

気軽にパフォーマンスを見る事が出来る敷居が低いエンターテイメントが近年日本中に広がりを見せている。

是非あなたのお気に入りのパフォーマーを探してみてもらいたい。

お気に入りのパフォーマーさえ見つかれば、あなたは日常のストレスから解放され、発散でき、明日への活力を手に入れる事が出来るはずだ。

あなたに夢を与えてくれるパフォーマーは必ず存在する。

それだけ日本には多くのパフォーマーがいて、様々なジャンルのパフォーマンスが存在しているのである。

上野恩賜公園の大道芸(ヘブンアーティスト)のポイント情報 大道芸人 GEN(ジェン)のスケジュール

上野公園では毎日大道芸が行われています。

11時から16時まで合計7か所のポイントで様々なパフォーマーがいろんな種類の芸を披露しています。

それは毎日イベントが開催されているような状況です。

ですが、お客様によく場所を聞かれるため、場所の情報を詳しくお知らせさせていただきます。

『アルジェントさーかす』のGEN(ジェン)もヘブンアーティストのライセンスを持っているため、上野公園ではよくパフォーマンスを行っています。
GEN(ジェン)のスケジュールも載せておきます。

ポイント

噴水池前
上野動物園の入り口前スターバックスの向かい側パークサイドカフェの前のポイントです。
最近は公園で行われるイベントが多いため、使用できないことが多いですが、人気のポイントです。

https://goo.gl/maps/zXywkCyoDr73EVdM7

小松宮像前
上野動物園に一番近いポイントです。
夏は日影がなくきついですが、上野公園で一番人気があるポイントです。

https://goo.gl/maps/4ji2hgsymBu2T5T48

五条天神前
上野公園のヘブンアーティストのポイントの丁度真ん中あたりにあるポイントです。
活動してよい場所が広く、パフォーマーによってパフォーマンスを行う場所が違います。

https://goo.gl/maps/Bifx7WVhaD7bQ7ud9

すり鉢山
公園管理事務所のすぐ近くにあり、上野の森美術館からの動線となっているため、上野の森美術館で人気の展示があると多くの人が通る。
また、日影が多いため、夏は人気のポイントとなります。

https://goo.gl/maps/xvsvreUs9EwYZkg79

西郷像
上野公園の中で音響がNGのポイントであるため、音響を必要としないパフォーマーが良く入っている。
最近はスタチューパフォーマーなどがよく見られる。

https://goo.gl/maps/qtdgYtcXFfTjGe2R7

蛙噴水
上野公園の一番端、京成上野駅近くのポイント。
アメ横から不忍池に移動する外国人観光客が多く通るため、上野公園のポイントの中で一番外国人観光客が多いポイントです。

https://goo.gl/maps/VDTcgAPZLmuKY69w5

下町風俗資料館前
不忍池の周囲にある下町風俗資料館の付近にあるポイント
蛙噴水の近くにあるセブンイレブンの横から直接不忍池に向かうとポイントがある。

https://goo.gl/maps/zU2wwPDF5YReayWQ6

大道芸人 GEN(ジェン)のスケジュール

『大道芸人 GEN(ジェン)』『アルジェントさーかす』『ハッピーメリーサーカス』 『HMC(ハッピーメリーカンパニー)から派遣されたパフォーマー』のスケジュールです。

上野公園でのパフォーマンスは天候により中止になる可能性があるため、見に来るときはあらかじめお問い合わせください。

特に平日は気温などによってもキャンセルするときがあります。

メールTwitterFacebook・LINEなどでの問い合わせをお勧めします。

上野公園の大道芸とヘブンアーティストについて

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧下さい。

上野公園の大道芸!ヘブンアーティスト達が毎日パフォーマンスしています。

GEN(ジェン)

大道芸やパフォーマンスが終わってからするべき事! 自分だけの武器を身に付けろ!

先日『伸び代しかないという考え方!失敗は成功のもととは?失敗しない人は成長が遅い理由』というブログを書きました。

この内容を大道芸やパフォーマンスを行うパフォーマー向けにもう少しかみ砕いてお話ししてみたいと思います。

だけど、失敗に対する考え方は前の記事がベースとなって失敗を味方につける考え方ができないと、これからお話しすることが前に進まないので、先に前回の記事を読んでください。

パフォーマーにとっての失敗とは?

パフォーマンスを行っていく中で失敗とはどのようなことでしょうか?

  • お客さんがあまり集まらなかった。
  • あまり盛り上がらなかった。
  • いまいちうけなかった。
  • 技が決まらなかった。

こういったことですよね。

もちろんもっと大きな失敗もあると思います。

  • 大きなクレームがきた。
  • 誰かを怪我させた。
  • 何かを壊した。

こういった大きな失敗は前の記事をもとにちゃんと解決策を考える必要がありますが、パフォーマーとして成長していくためには前半で書いたようなもっと小さな失敗に目を向けなければなりません。

小さな失敗というか、うまくいかなかった程度の事、これに注目していくことで同じような事態をひとつづつ潰していくことができます。

当然現場の違い、地域性の違い、見ている人の違いなど、様々な要素が加わってくるパフォーマンス業界、一筋縄にはいきません。

それでもひとつづつ問題を解決していくこれが大切なのですが、

パフォーマンスを始めて間もない人たちはこれよりも先に行わないといけないことがあります。

うまくいかないことを治すよりも優先すべきこと。

それは、うまくいったところをさらに伸ばしていくことです。

これを行うことによって、

あなたならではの武器を手にする事が出来ます。

逆の言い方をすると、武器がない状態で悪いところがなく問題を起こさないショーができるようになっても、面白くないので誰もショーの依頼を頼もうとは思いません。

まずは他の人にはない、自分だけの武器を手にする必要があります。

我々がいるパフォーマンス業界は、減点方式の競技ではありません。
加点方式だと考えていいと思います。

それに、悪いところを治すよりもいいところを伸ばす方が、楽しいし熱が入るため伸びやすいです。

マイナス10点のものを治しても0点にしかなりませんが、10点あるものを加点しようと思えば、天井なしで伸ばしていくことも可能だからです。

悪いところを治すのは、そのあとでも全然いいのです。

悪いところを治すのはいつやるかというと、伸び悩んだときと、仕事を取っていく上で弊害となった時、周囲から指摘を受ける量が増えた時。そんなときは向き合った方がいいですが、これらは、あなた自身に武器があってパフォーマーとして目立って注目を集められるようになることの方が大切です。。
(人間としてのモラルやマナーはまた別の話です。)

自分ならではの武器とは!

ここで言う武器というのは、オリジナルの技、誰もやれないハイレベルの技という意味ではありません。

もちろんこれも武器にはなります。お客さんもハイレベルの技を見たいと思う人は沢山いると思います。

ですが、武器が技術だけであれば、いつか人にまねされてしまい追い抜かれていく日が来ます。

技術は技術で追及する必要はもちろんありますが、今僕が言っているのはあなたのキャラクターからくる武器です。

キャラクターからくる間であったり、キャラクターからくるしぐさであったり、行動、ネタ、そういったものが他の人では真似できない自分だけの武器となっていきます。

キャラクターというと皆さん難しく考えすぎですが、何もキャラクターを演じるだけがすべてではないです。

あなたのままでいいのです。
人間一人一人に個性があるようにあなた自身がキャラクターとなっていくのです。

キャラクターを演じていく上でも、あなたというキャラクターの上に役を演じていくため、自分を無視して演じると、薄っぺらいキャラクターになってしまうので、まずはあなた自身のままで考えればいいので、難しく考える必要はありません。

ではどうしたらよいのか?

これは僕が指導してきた人たちの中で、ほおっておくとほとんどの人が行おうとしていなかったので、これがやれるようになると

パフォーマンス業界の中ではありえないぐらい急成長していけること

だと思います。

それは、ショーが終わった時に「よかったと実感がある場所を思い出して、もっと良くするためにはどうしたらよいのか?ということを考える。」ということです。

  • 盛り上がった所
  • うけた所
  • 一体感が生まれた所
  • 残念がられた所
  • 観客が増えた所
  • 自分が楽しくなってきた所
  • 自分がノッてきた所
  • 観客がノッてきた所

などなど、他にもあると思いますが、こういったところをもっとよくするにはどうしたらよいか?ということを考える必要があるのです。

良かったところを、もっと良くする為にはどうしたらよいのか?

  • 間なのか?前振りが必要なのか?
  • 一度失敗した方がいいのか?
  • テンポなのか?
  • 音楽なのか?
  • 客への心遣いなのか?
  • 道具への愛情なのか?
  • 構成なのか?
  • ネタを追加した方がいいのか?
  • 減らした方がいいのか?
  • わかりやすくした方がいいのか?
  • わかりにくくした方がいいのか?

手口は無限にあります。

自分で試してみたいことがあったり、思いついたことはどんどん試していきましょう。

また、人が行っている手口も試してみる必要があります。

ここで結構皆さん思い違いをしている人が多いのですが、「人のネタは使ってはいけない!」と思っている方が多いのですが、練習では行っていく必要があります。

これは、もし人のネタや技をやってはいけないという決まりがあったとしたら、3個ボールジャグリングも風船で何か作るにしても何をするにしても誰かが考えたオリジナルだったはずです。

これはジャズのアドリブが素晴らしいミュージシャンに聞いた話なのですが、アドリブ(楽譜にないフレーズ)を演奏できるようにするためには、過去の素晴らしいミュージシャンたちのアドリブを何回も・・・何百通りも練習するそうです。そうすることによって、アドリブをするときにスムーズにいいフレーズが演奏できるそうです。
こういったことを行っていくうちに自分だけのオリジナルが出てくるそうです。

こういったことからも、自分が素晴らしいと思った手口は勉強しておく必要があるのです。

もし、本番でそのまま使うならオリジナルの人に感謝の気持ちを持って、オリジナルの人の価値が下がらないように行わないといけないです。
が、使っちゃいけないということはないです。
本人の前で「あなたのこのネタが大好きで、素晴らしいと思ったので、使わせていただいています。」という気持ちで、堂々と行えるくらいクオリティーを高めておく必要があることは言うまでもありません。
もちろんそれが自分のオリジナルだと言ってしまうことは言語道断です。
※もしオリジナルの人に「やらないでくれ!」と言われた場合は本番で使うのはやめた方がいいです。
※人の作品をそのまま本番で真似することもやめた方がいいです。ここで言っているのは、あくまで手口を真似る。手口を勉強する。ということです。

人の手口を勉強するときに、たった一人の人から勉強してしまうと、その人のキャラを真似てしまうことになりやすいので、いろんな人の手口を勉強し、複合していく必要があります。
誰かの真似をしてもオリジナルは越えられないですから、自分を磨いた方が一定レベルを超える為には早いので、一人に絞らずにいろんな人から勉強しましょう。

但し、直接習う場合はその限りではありません。

そして、人の手口であろうと、自分が考えたものであろうと、「もっと良くするためにはどうしたらよいか?」ということは考え続けていく必要があります。

これを毎回繰り返していくうちに自分だけの武器を身に付けていくことができます。

そしてこれはパフォーマーを続けていく上で生涯続けていく必要があります。

なので、ある程度身についたら、上手くいかなかったところを解決していく必要があります。

パフォーマーとして一定レベルまで達したら良い所と、上手くいかなかった所の両方を考えていく必要があります。

但し、大問題となってしまった失敗や、大問題となる可能性があるものは先に解決しておく必要がもちろんあるので、完全に無視していいというわけではありません。

だけど、はじめのうちはとにかく前を向いて進み続けましょう。

GEN(ジェン)

理想の道化師 こんなクラウンになりたい。僕が描く理想のクラウン像 怖くないおすすめ映画はこちら

クラウンロイくん

クラウン(ピエロ)って本当に色んな種類の考え方だったり、パフォーマンスがあるんです。

その中でも僕がなりたいクラウン像ってのがあるんです。

今はクラウンと名乗っていない僕ですが、心の中はいつだってクラウン

BP ZOOMに感銘を受けて『あなたのクラウンを一生かけて探しなさい。それが見つかった時が引退する時だ!』と言われたのが15年くらい前。

その頃はクラウンとしての活動も行っていました。

今でも自分の中のクラウンを探し続けています。

僕が好きなクラウン、目指すクラウンを語る上でクラウンの歴史に触れた方が理解しやすいと思ったので、クラウンの歴史に着いて触れてみようと思います。

クラウンのルーツ

クラウンのルーツには色々な説があり、色々な見方ができます。

特にクラウンという言い方を取り除いてしまうと、その歴史は天井知らずで遡っていきます。

この前書いた”『クラウン恐怖症』(ピエロ恐怖症)これが原因なら日本は救われる可能性がある。“の中にでてきたアメリカの動画の中には古代エジプトとか、紀元前2500年と出ていました。

この話しは他でも、「クラウンの歴史は壁画の時代には既に存在している。」と言っている人がいる。と聞いた事があります。

おどけて人を楽しませる。これが人類の歴史の中でいかに重要な事なのかがわかると思います。

これは仮説ですが、もしかしたら世界最古の娯楽というのはクラウンの祖先だった可能性・・・ってありますよね♪

人が人を笑わせる。楽しませる。これが人類史上一番最初の娯楽である可能性・・・僕はかなり高いと考えています。

もしかしたら人類にとどまらず、猿やイルカなど、脳があってコミュニケーションが取れる全ての生物を含めて最も古い娯楽の可能性だってあると思います。

そしてこのクラウンの歴史は一度も途切れることなく現在まで続いているのです。

ちょっと広げすぎですかね( ̄▽ ̄;)

でも、いかに笑いが必要で、大切なものなのかということをクラウンの歴史が証明しています。

クラウンの種類は無限にある

そんなルーツをもつクラウンだから種類もスタイルも無限に存在するんです。

それこそどんな人間が尊者するの?と聞かれても、全てを説明しきれないのと同じです。

また、日本人、アメリカ人、ロシア人、フランス人など、国によって人の違いがあるように、クラウンの世界も国によって違いがあります。

更に団体によっても違いは存在します。

時代によっても違いがあります。

どれがあってて、どれが間違っている。こんなものも存在しない(するべきでは無い)と考えています。

何が言いたいかと言うと、

クラウンとはこうあるべきだ、とかこうしなければいけない。という決まり事は大きな意味では無いのです。

(団体毎に細かいルールが存在する所はありますけど( ̄▽ ̄;))

もちろんクラウンの型というのはそれぞれ存在するので、それらを学ぶ事は大切です。むしろ勉強した方が良いと思います。

要するにクラウンは自由なのです。

ただ1つ共通して存在しているものが、

人を楽しませたい。笑わせたい。そういった心なんです。

クラウンメイクの歴史

日本では可愛いキャラクターのイメージが強いクラウンですが、その原点は少しダークなお話しになってしまいます。

オーギュストと呼ばれるクラウンメイクがあります。
(『アルジェントさーかす』のアルくんの顔がオーギュストです)

これはギョロ目で大口で赤鼻である人間の顔を誇張して書いているのです。

要するに元々は身体障害者(奇形児)がモデルになっている。と考えられている説があります。

これは社会風刺を唱えることで目を付けられたり、殺されるとされた時代にお芝居の中で知的障害者を登場させて政治や王族などの悪口を言ってコメディに変えてしまい、罰を逃れると同時に広く広めていきたいという考え方から起こったそうです。

アホが言うのだからしょうがない。バカが言うから笑いになる。

という点を利用した社会批判の物語りだったそうです。

こうしないと公演中止となったり、殺されてしまったりするので仕方なくと言う事と、こういった作品の方が人気が出て夜に広まりやすい。
というふたつの考え方から身体障害者や精神障害者が大衆娯楽にたびたび登場するようになり、
その象徴となるようにギョロ目で大口で鼻が赤いオーギュストクラウンが人気を取って行くようになったと考えられます。

ですが演じる方としては障碍者であったり、アホであったり、バカを真剣に演じ切らないといけません。

クラウンの悲しみ

見てくれだけではなく、その内面も演じていきます。

人から虐げられて、バカだのアホだの言われ続けた人物を演じるのです。

本人は真剣にまじめに社会と溶け込もうとすればするほど周囲の人からは笑われていく。そういった人物を演じる必要があったのです。

そのため、人一倍人の苦しみを知り、悲しみを知っている。そんなキャラクターなのです。

だから僕が好きな海外クラウンが悲しいシーンを表現するときは、ものすごく感動します。
クラウンのセンチメンタルなシーンは大好きです。

そんなクラウン達がおどけて笑わせてくれるから、

「悲しまないで!楽しく笑っていこうよ!!」というメッセージが強く心に刺さるのです。

クラウンの笑顔

クラウンを演じてる人で、子供心を大切にしている人は多いと思います。
子供の放つ屈託のない笑顔、これには心をこきめかせられます。

それと、先ほど述べたクラウンメイクの歴史とも大きく関係があるのですが、

たとえ大人であっても、知的障碍者の中には何かに無心で一生懸命取り組んでいたり、相手の事だけを考えて見返りを求めないで頑張っていたりする方が実際に多いです。

これは『からふる・ぽけっと』時代にそういった福祉施設をたくさん回ったことや、その時こういった人たちを楽しませられる。ということを知り、『からぽけ』を抜けた後もそういったところでパフォーマンスを行ったり、知り合いのそういった人たちとかかわってきたので、自分自身の体験からもわかっています。

おそらく先人のクラウン達もそういった方たちの心を打つ姿を見逃さなかったのでしょう。

この子供と障碍者の共通して持っている

『純粋無垢なこころ』この心模様から出てくる、飛び切りの笑顔

これが僕は大好きです。

ここまでクラウンについていろいろ書いてきましたが、僕の好きなクラウン、なりたいクラウンについてまとめます。

まとめ

  • 人の持つ悲しみや苦しみを人一倍理解しているがために笑ってほしい。楽しんでほしい。という気持ちがすごく強い。
  • 純粋無垢であるために心から楽しむことができ、飛び切りの笑顔を持っている。
  • 笑顔が笑いがいかに大切であるか知っていて、笑いが持つ力を何よりも信じている。
  • 何かに縛られることなく自由である。

こういったクラウンに僕はなりたいと思っています。

その為には当然もっともっと勉強しないといけないですし、まだまだ足りないことがあります。

自分のクラウンを探す旅はまだまだ終わらないです。

おすすめ映画

ここでクラウンだ出てくる映画や、歴史を知るために見ておいた方がいいお勧めの映画を紹介させていただきます。

ピエロの赤い鼻

BP ZOOMの Bernie が出演している映画です。
クラウンが登場するシーンの作品などにも監修しているそうです。
この映画の中でクラウンをやっているのは、俳優さんですが、ドイツ兵として出演しています。
ストーリーもよくて、是非見てもらいたい映画です。

パッチアダムス

ケアリングクラウンのお話しです。
実在したパッチアダムスの半生を描いた映画で、愛に満ち溢れた感動の作品です。『からふる・ぽけっと』を立ち上げた時にケアリングクラウンを理解するために一番最初にじっきぃから進められて見た映画です。

地上最大のショウ

リングリングサーカスがモデルの映画で、ここにもクラウンがキーマンとして出てきます。
150年の歴史に幕を下ろしてしまったサーカスリングが3つある巨大なサーカスで、伝説のサーカストレインのことも出てくるので、サーカス好きの人にはたまらない映画です。

フェデリコフェリーニ監督の映画
これ超おすすめです(*゚▽゚)ノ僕も何回見たかわかりません。
イタリアの大道芸人のお話しで、クラウンを演じるシーンは少ないですが、大道芸や旅芸人やイタリアの昔のサーカス事情などを知るにはもってこいです。
大道芸人やそれを取り巻く周囲の人々事情が理解できてしまうだけに、心にぐっと来てしまいます。

サーカス チャップリン

チャップリンの名作 この作品に出てくるクラウンのしぐさがかわいいことかわいいこと♪クラウンギャグもサーカスでやってそうな作品が出てきます。
だけど、その上を行ってしまうチャップリンのドタバタ喜劇は絶対に見ておいた方がいいです。

他にもホラー映画とかもあるのですが、アメリカで起きているクラウン恐怖症の風評被害で日本のクラウンが活動できなくならないように、ここでの紹介はいないでおきたいと思います。

もし他にクラウンが出ていたり、クラウンの話が出てくる怖くない映画知ってる人がいたら是非教えてください。

追伸

僕が『ハッピーメリーサーカス』や『アルジェントさーかす』を行うときに僕は主役でなくてもよい。と考えています。

これは恐らく前に描いたピエロッタの物語の影響だと思います。

この考え方もクラウンの物語の影響だとすると、やはり僕を語るうえでクラウンを外すことはできないですね♪

GEN(ジェン)

ピエロッタの話が載っているブログ記事はこちら

みんなでクラウン恐怖症に打ち勝とう!というブログ記事はこちら

『アルジェントさーかす』のクラウン アルくんとロイくんのページはこちら

『アルジェントさーかす』について詳しく知りたい方はこちら

GEN(ジェン)について詳しく知りたい方はこちら

『ハッピーメリーサーカス』について詳しく知りたい方はこちら

こちらから商品を買うと『アルジェントさーかす』に投げ銭が入ります。