成長

天狗になるとはどういう意味?実はいい事なのです!

クラウンアルくん天狗

アイツ天狗になってるよ!
よく悪い意味で言われがちです。
でもそれは伸びまくってる証拠!

人が天狗になる時期は、爆発的に成長していることが多いのです。

人の成長を止めずにさらに成長していく為には周囲の人たちがポイントになってきます。

この考え方ができるようになってからは、天狗になってる人を見ると楽しみでしょうが無くなりました♪

人を育てていく上でも大切なことです。

天狗になるとはどういう意味?

天狗になるとは、いい気になって自慢する。うぬぼれる。調子に乗る。得意になる。
こういった意味があります。

天狗とは赤く長い鼻を持っています。
いい気分になって胸を張り、顔を上にあげる行為が鼻を高くしている様子から、天狗のように鼻が高くなっているというような意味で「天狗になる」とか、「天狗になっている」と比喩されるて使われます。

一般的にはいい気になってそのあとの努力を怠ることがないように天狗になっている人を戒めるように天狗になっている人を「天狗になるな!」というように押さえつけるのが一般的ですが、僕の考えは少し違います。

もっと調子に乗ってもらい、さらにやる気を出すようにしてあげる事の方が大切だと考えています。

どうして天狗になるの?

他人と比較して自分の方が優れているとき、いいことが続いて物事がうまく回っているとき、こういった時に人は天狗になりやすいです。

自分が行っていることが成功した時、大きな評価をもらった時、売れた時、こういった時に人は自慢したくなるものです。

成功したい。優越感に浸りたい。人に慕われたい。
これ等は人間社会だけではなく、生きているものすべての本能的な部分ではないでしょうか?

その為に努力をし、考えて成功しようとする。
その結果うまくいき、褒められて、あこがれられる。
こういった時の優越感によって天狗になっていくのだと思います。

ですが、特に日本では「出る杭は打たれる」などの言葉からもわかるように、「天狗になることなく、謙虚な心を持ち・・・」

と言われることが多い気がします。

天狗になることって本当にダメなことなのでしょうか?

天狗になることによって周囲の人に及ぼす迷惑

確かに天狗になる人が出てくるということは、上手くいっている、他人よりも優れている。という前提条件がないと天狗になることはありません。

ということは、その人よりも上手くいっていない人、その人よりも劣る人という存在がいます。

当然そういった人達からしたらいい気分はしないですよね(;^_^A

そうでなくても、自慢話はしたいけど、聞きたくないという人が多いと思います。

もっとも、その自慢話が面白かったり、聞いている人が得をする内容だったら話は別ですが、この辺は話術的な問題も入ってくるので、今回は触れないでおきます。

人は成功すると自慢したくなります。
もっと褒められたい。あこがれてもらいたい。こういった心理は誰にでもあります。
その結果自慢話をしたり、人を蔑んだりしてしまいます。

人は自分にメリットのない自慢話は聞きたくないのです。

また、天狗になってる人は、調子に乗ってついつい失礼な言い方をしてしまう事もよくあります。

本人からしたら、上手くいってるからこれくらい大丈夫だろう!もっと良くしてやろう!と思って行っていることが多いのですが、周囲の人からしたら迷惑に感じたり、失礼に感じたりすることが多いです。

天狗になってる人の直接関係していない第三者から見ると、迷惑な人と取られてしまう可能性が高いのも天狗になってる人が周囲に及ぼしている影響の一つです。

だから天狗になることをよく思わない人が多いのでしょうね。

天狗になるということは伸びている証拠

天狗になるというのは、周囲から見たら悪いことが実際に多いと思います。
ですが、天狗になっている人本人の成長を考えてみると、天狗になっている人の方が激しく成長していることが多いです。

天狗になれるということは、褒められることが多い。結果が出ていることが多い。あこがれを持ってくれている人が多い。ということになります。

要するに成功している証拠なのです。

何をやってもうまくいく気がする。
自分についてきてくれる人がいる。
自分にあこがれを持ってくれる人がいる。

こういった時はその人自身が物凄く成長する時期でもあります。

人には欲があります。
上手くいってるときは、もっとうまくいかせてやろう。
ついてきてくれる人がいるなら、そういった人達をもっと増やしたい。
あこがれを持ってくれる人がいるならば、もっと強く、深くあこがれてほしい。

また、人の期待にも応えたくなります。

その結果もっともっと成長していく可能性を秘めているのです。

天狗になって陥りやすいこと。

一方天狗になることによって失敗するケースもあります。

天狗になりすぎて、周囲への配慮を忘れて嫌な人だと思われてしまうことも天狗になることによるマイナス効果ですが、
天狗になってそこで満足してしまうこと。

これが一番の問題だと思います。

天狗になるためには、成功したり、評価をもらう必要があります。
その為には勉強したり努力してきたはずです。
当然楽しい事だけではありません。

その為、成功した時そこで満足してさらなる努力や勉強を怠ってしまう時期が少なからずあります。

これは仕方がない事です。評価を得て気分が良くなること、こういったご褒美がないと、人は努力できませんから。

問題はその後、さらなる高みを目指して努力していくやる気が持てるかどうかなのです。

もし世間一般と同じように、「天狗になることは悪い事だ!やめなさい!」などと潰されることが多かったらどう思うでしょうか?

努力して成功した結果たたかれる。

果たしてさらなる高みを目指して成長したいと思うでしょうか?

もし努力を再開したとしても、当時の情熱をもって努力できるでしょうか?

僕はそうは思いません。

天狗になっている人を潰す(戒める)ということは、成長している人を止めようとする行為なのだと僕は考えます。

天狗になっている人をさらに伸ばしていく方法

天狗になっている人がさらに伸びるかそこで止まってしまうかは、その周囲にかかっています。

もっと調子に乗ってもらい、やる気を持ってもらう。これが大切なのです。

ただ単に「やる気を出せ!」と言ってもやる気なんてものは早々出てきません。

もっと調子に乗ってもらう。ここが大切なのです。

上手く行ってるから天狗になる。
これを前提とすると、本人基準では、天狗になっている時期は上手く行っている時期なので、それ以外の部分を周囲からサポートします。

優越感に浸りたい。人に慕われたい。
この部分は周囲からの評価なので、サポートする事が出来ますよね。

そう、否定するのではなく、肯定する事が大事なのです。

その上でもっと成功するためにはどうしたらいいかを考えて、できることを少しだけ提案する。

沢山提案しすぎると結局ダメなんじゃん。ということになり、調子を下げてしまいかねません。

少しだけ、しかもできそうなことを提案する。しかも相手を肯定し、褒めながら。
これがポイントです。

そしてそれができるようになったら、また一緒にその成功を喜び、またもっと成長するためにはのアドバイスを少しだけ、できそうな範囲で行う。

これの繰り返しとなります。

もしアドバイスできないのであれば、やる気を持たせて、一緒に喜ぶだけでも十分な効果があります。

成長している間はもっと成長させてあげる。
僕が大切にしている事の一つです。

まとめ

クラウンロイくん天狗

世間一般では天狗になることをよく思わない風潮にあります。

ですが、その人が成長していく上では凄く大切な事なんです。

天狗になって、もっとやる気を出してさらに成長していく。

僕の周りでは、天狗になっていた経験を持っていた人の方が急激な成長を遂げた人のが多いです。

逆に、天狗になったことがない人の成長の速度は少し遅いと感じています。

天狗になっている人が身近にいたらもっと成長するために助けてあげてください。

また、「今勢いに乗ってるな!」と、自分で思う人は、決して悪い事ではないので、自信をもってその道を進んでください。
但し、周囲への配慮は忘れない方が良好な人間関係も作っていく事が出来ます。

追伸

少し前のことですが、後輩パフォーマーが少し失礼な感じでいろいろ突っ込んでくるようになっていました。

もしや!と思ってその人のショーを見てみると・・・
格段に面白くなっている♪

今まさに何をやってもうけるだろう!と思っていると思えるくらいに乗りに乗っていました♪

調子に乗っている。天狗になっている。

良くないことだと思われがちですが、僕はそうは思いません。

そのパフォーマーが成長していく上で必要な時期だと思っています。

すぐにこの記事を書くと、誰か特定されてしまい、マイナスイメージもついてしまうかもしれないため、数か月寝かせていましたが、もう書いてもいいかな?

と思いこの記事を書きました。

おすすめ記事

この記事が面白いと思った方はきっとこちらの記事も面白いと思うと思います。
是非ご覧ください。

おすすめ記事

GEN(ジェン)

誰と出会い、誰の影響を受けたか?これが人を成長させる。上手な人との付き合い方

僕がよく言う言葉です。

人は誰と出会って、誰の影響を受けたかによって大きく変わっていきます。

ですが、誰の影響を受けるかは全く分かりません。

もしかしたら出会ってから数年後にものすごく影響を受け始めることもあります。

今必要でなくても、もしかしたら後々すごく大切なキーマンになってくるかもしれないのです。

だから僕はすごく心がけています。

「話せるチャンスがあったら声をかけに行け!」

でも人によってはなかなか声掛けずらい人も居ますよね( ̄▽ ̄;)

そんな時役立つのがこれです♪

「気になる人が居たらとりあえず近くにいろ!」

それでも話せなかったり、少ししか話すことが出来なかったり、もっと知りたい!と思ったならこうするべきです。

「いつも近くにいろ!」

これは僕がいつの間にか覚えていた事で、子供の頃スポーツやってた時に既に行っていたことなのです。

これも恐らく誰かの影響だと思うのですが、誰の影響かどうかは今となっては思い出すことが出来ません。

僕の人生で定期的に、実力がない頃にトップチームだったり、レベルが高い環境に入れさせて貰えることが比較的多かった気がします。

何回か「なぜ僕を選んだんですか?」と聞いたことがありますが、帰ってきた答えは・・・

「いつも近くにいたから!」「やる気がありそうにみえたから!」

このような答えが帰ってきました。

僕がやっていたのは

  • 気になる人の近くにいる事
  • 話しかけられるタイミングがあったら挨拶だけでもいいから声をかける事
  • その人が何を考えてどう行動してるか観察する事

この3つだけなのです。

これは言葉が話せない海外アーティストに対しても僕は同じ事を行います。(僕が英語を話せないのは大問題なのですが(T_T)まぁそれはおいといて・・・)

1番印象に深かった出来事は

『レス アクロスティッシュ』の時です。

当時日テレアート大道芸というイベントがありました。

夏の間毎日誰かしらパフォーマンスを行っている中に海外からのゲストパフォーマーとして彼らは来ていたのです。

1回パフォーマンス見ただけで僕は虜になりました。

その結果毎日毎回(1日3回だったかな?)予定が着く限り見に行ってました。

そして投げ銭の度に「good」とか「thanks」程度の声をかけていたのです。

初めてパフォーマンスを見て1週間か10日位たって当時僕が行っていたカっこ『Tim Tam』の出演があった為、ショーのスタンバイをしていた時、アクロスティッシュのメンバーの方から・・・

「なんで居るんだ!」「パフォーマーだったのか?」と声をかけてきてくれました。(英語が話せないので、こんなニュアンスの事を言ってきてくれたのだと勝手に解釈してます。)

その後は僕達のショーを見に来てくれました。

ある時突然アクロスティッシュのメンバーの1人、ミッシェルに「come on! come on!come on!」と、カモンしか言わないで連れていかれました( ̄▽ ̄;)

僕があまり喋れなかったので、こうなったものかと思いますが・・・(^ω^;);););)

アクロスティッシュが泊まってるホテルの部屋の前の通路まで連れていかれました。

ミッシェルは突然ウォーミングアップを始めたのです。

黙々と本番前のウォーミングアップを・・・倒立を中心とした内容でした。

何か一生懸命話してはくれていたのですが、何を言ってるのかはほとんど分からなかったです(T_T)

でも何となく、「君の倒立にはこういった練習が必要だから、この練習をしなさい!」と、言われてるような気がして、そのウォーミングアップを一緒に見よう見まねで行っていました。

僕がサーカス学校に入って3年目、倒立をショーに入れ始めてから2年ちょっと位の頃だったので、欠点だらけに見えたんでしょうね(^ω^;);););)

その後は片言ながら一生懸命会話して、一緒に大江戸温泉物語に行ったり、秋葉原に中古のノートパソコン買いに行ったりもしました。

翌年から数年連続で日本に来ていたのですが、その頃には今僕達はこんな感じのショーをやってる。と、ビデオを見せて、ならこうしたら良いのでは?

ここもっと強調した方が面白いなどのアドバイスをしてくれるようになりました。

後々知った話だと、フランスのサーカス学校の先生達だったらしいです゚+。:.゚おぉ(*゚O゚ *)ぉぉ゚.:。+゚

このエピソードからもわかる通り、僕はただひたすら近くにいて彼らを観察し、チャンスがあるタイミングで声をかけていただけなのです。

彼らと出会った翌年ツィルクロータスというグループを作った時は、メンバー満場一致で「アクロスティッシュの様なショーが作りたい!」と、僕に限らず、全員どっぷりと影響を受けていました。

彼らと出会っていなかったら、もしかしたらコメディーはコメディー、アクロバットはアクロバットと別々に行っていたかもしれません。

今の僕があるのもアクロスティッシュとの出会いと、受けた影響があったからこそなのです。

この様に影響を受けた人物はものすごく沢山います。

その人達の近くにいて、話す事によってその影響を受け、人は成長していくものなのです。

皆さんにももし気になる人が居たら積極的に声をかけに行ってみてください。

もし、声をかけられなかったとしても、できるだけ近くにいるようにしてみてください。

誰と出会い、誰の影響を受けたか?それによって人は成長していくものなのです。

GEN(ジェン)