follow us in feedly

ポケットWiFiワイマックスにした評価と問題点!使い方を覚える!Broad WiMAX

WiMAX 雑学
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

大道芸ライブ配信を行うようになってスマホの通信量の問題が出てきました。
さんざん悩んだ結果ポケットWiFiの『Broad WiMAX』と契約
初月からトラブル発生!
使い方をわかってないと通信制限がかかってしまいます。
その解決方法と使ってみた感想をまとめました。

何故ポケットWiFiにしたのか?

僕は大道芸人です。

アルジェントさーかすというサーカス芸を使ったコメディーショーをしています。

コロナが発生して収入が激減!

その対策の1つとして大道芸ライブ配信をツイキャスではじめました。

ライブ配信を始めるとスマホの通信量が問題になってきます。

僕はauユーザーなのですが、古い契約のまま使っているので、1ヶ月の容量が7ギガしか無いのです。

そこで容量を増やすかポケットWiFiにするかですごく悩みました。

安定を取るならauの容量を増やすこと。

だけどそこには容量制限の問題が着いてきます。

今後配信量が増えてくる可能性もあったので通信量の制限がない方が良いだろう?との考えからポケットWiFiにする事にしました。

なぜBroad WiMAXなのか

WiMAXの画面

Broad WIMAXにした理由としてはいくつかあげられます。

  • ①僕がauユーザーであった為、家族割が使える事
    • 契約した結果キャンペーンの契約の方が安かった為、家族割は使ってないです。
  • ②月々のランニングコストが安かった
    • 他者のポケットWiFiと比べて最安値のものを探しました。
    • 実はもっと安いものもあったのですが、1年経って口座登録してキャッシュバックがもらえるものだった為、僕の性格を考えると見落としてしまう可能性を考えました(;^ω^)
  • ③無制限プランの落とし穴
    • ポケットWiFiには容量無制限のプランがあります。ですがこれ、無条件で無制限では無いのですよね( ̄▽ ̄;)
    • 短い期間(数日)での制限はかけられているのです。
    • その制限が僕の使い方でもん1番問題がでなそうだったのがワイマックスでした。

ワイマックスの契約には沢山の代理店がある。

ポケットWi-Fiのワイマックスには数多くの代理店が存在します。

使っている電波(アンテナ)は同じなのですが、料金とサービスに違いがあります。

僕が選んだBroad WIMAXは、店舗を持たないインターネットでのみ契約を行っている代理店なので、店舗代がかからない分料金が安いとどこかに書いてありました。

その為、業界最安値という状態での提供ができるそうです。

アルジェントさーかすの看板を持ってる二人、おいおい看板が逆さまになってるぞ!

ワイマックスの通信制限

ワイマックスには通信量に制限があるプランと無制限のプランの2つがあります。

僕は無制限のプランで契約しました。

ところがこれ、無条件で無制限では無いのです。

3日間で10ギガまでという制限が着いています。

この制限を超えると1日だけペナルティ的に通信速度が極端に遅くなってしまうのです。

だけどワイマックスの場合、このペナルティは夜だけとの事でした。

僕は家や稽古場にいる時は固定回線のWiFiを使っているので、このペナルティはもし喰らっても問題が無いのではないか?

心配しないと行けないのは、地方出張で連泊する時くらいだろう?

と予想した為、もんだ無しとの判断をしました。

実際使ってみた感じ、今の所3日間で1番使った時でも4ギガ程度なので、もっともっと配信する事は可能です。

通信制限がかかった

3日で10ギガこれは問題ないと思い、契約したのですが、ポケットWiFiが届いたその月に通信制限がかかってしまいました。

しかも夜だけではなく一日中(T_T)

これはおかしいと思い、サービスセンターに問い合せた所、その理由がはっきりしました。

バルーンアートひまわり

ワイマックスはUQモバイルとauのアンテナ、2つを使うことが出来る。

サービスセンターに問い合せた所ワイマックスは通常UQモバイルのアンテナを使っている。

UQモバイルのアンテナが入りずらい時はauのアンテナを使う事ができるとの事でした。

そして3日で10ギガというのはあくまでUQモバイルのアンテナを使った時の話だ!

との事

auのアンテナを使った時は1ヶ月で7ギガの制限があり、それを超えてしまうとその月はUQのアンテナを使用しても最低速度でしか提供できない。

との事でした。

「そんな話し聞いてない!」

と言うと、

「説明書には書いてある。
その設定方法は端末事に違うので、詳しい説明はインターネットでダウンロードしないと手に入らない。」

との回答

o(*≧д≦)o))プンスカピー

確かに端末が届いた時には大量の広告に紛れて説明書らしきものが3つ(2つ?)ほど入っていました。

どれが広告で、どれが読まないといけないものなのかよく分からない状態で送り付けられて、しかも全部読むには本1冊読むくらいの物量があり、それでも足りず、インターネットから端末の取り扱い説明書をダウンロードしないといけない!

これって本当にこのやり方でいいのか?

という疑問は残りながらも、必要な情報だけ聞いていくことに・・・!

WiMAX W06の厚み

通信モード設定

僕が契約したのはW06というHUAWEIの機種です。

もうひとつ国産の機種でWX06という機種もあったのですが、色々調べてW06にしました。

W06には通信モード設定というのがあります。

モードには『ハイスピード』と『ハイスピードプラスエリア』という2種類から選べます。

ハイスピードというのがUQモバイルのアンテナを使うもの

プラスエリアというのがauのアンテナを使うものだそうです。

さらに設定にこんな機能が着いていました。

5つの椅子を重ねたうえでバランスを取りながら行う大道芸パフォーマンス!ピエロとサーカスショー

通信モード自動切換

これの理解度が低かったため、僕は容量オーバーになってしまったのです(T_T)

この機能は先程の通信モード設定でハイスピードプラスエリアを選択している時のみオンにすることが出来ます。

ここの説明を説明書で読むと、
ハイスピードエリアの電波が悪い時に自動でプラスエリアのアンテナに切り替わるという設定(通信モード設定のシステム)を、
さらに7ギガの容量がオーバーしそうな時は自動で繋がらないようにする為の設定だと言うことです。

こう書いてあったので、僕はハイスピードプラスエリアで設定して、通信モード自動切換をオンにしていたのです。

あ、ちなみに、最初に届いた時説明書は一通り読んでるんです!

熟読とまではいかないですけど、飛ばし読み程度は全て・・・( ̄▽ ̄;)

ここまで見ると問題なさそうに感じませんか?

そこでサービスセンターの人が調べてくれて教えてくれたのが・・・

WiMAX W06 背面

W06の問題点

プラスエリアの7ギガをカウントするメーターは電源が落ちてしまうとリセットされてしまう。

というものでした・・・ダメじゃん(*`Д´)ノ !!!

これにより僕のカウンターはしょっちゅうリセットされて簡単に7ギガを超えてしまった!

こう予想されます。

家や稽古場では固定回線のWiFiが使える為、毎回電源を落としていたんですよね( ̄▽ ̄;)

改善策

サービスセンターの人と相談した結果

僕の使い方だとプラスエリア設定はしない方がいい。

現場によってどうしても使わないと行けない時だけ手動で使う。

これが良さそうだ!

との事になりました。

プラスエリアを使わなくてもいまの所大道芸ライブ配信に問題は出ていません。

先日東京・宇都宮動物園の車移動の時にラジオ配信をしてみたのですが、山に囲まれた所はよく電波が落ちていましたが、そういった所で大道芸ライブ配信をしないといけない時は使ってみようと思います。

さらに、出かける時は基本ワイマックスを使っているので、スマホの通信量は沢山余ってるので、最悪こちらも使えますので、まぁなんとかなるかな?

と思っています。

auの通信量設定はもう少し様子みて問題なさそうだったら最低料金の設定に切り替えるつもりです。

はじけるクラウン

W06とWX06の違い

ワイマックスを契約すると決めた時、機種が二つあることに気が付きました。

インターネットで口コミなどを調べてみるとW06がいいと書いてあるものが多かったのですが、WX06というのは最新機種で、この機種がないころの口コミという可能性もあったため、サービスセンターに電話して2台の違いを聞くことにしました。

Broad WIMAXのサービスセンター側が推す機種はWX06の方でした。

  • 理由としては
    • 最新機種であるという事
    • 日本製であるという事
    • 安定感はこちらの方が数値上は上だという事

が上げられました。

  • 逆にW06のいい所を聞くと、
    • 通信速度はこちらの方が早い

これくらいしか返事が返ってきませんでした。

僕が使うのは大道芸ライブ配信の為なので、速度が速いほうが良いのではないか?
と思っていました。

そこでサービスセンターの人に今まで得た知識と使う目的を話したところ・・・
W06の方が良いかもしれない。

との回答になりました。

    • WX06の方が安定感があるとの事でしたが、W06が不安定だという報告は上がっていないという点。
    • 国産の方が安心感があるけど、W06に問題があるという報告も上がっていないという点。
    • ライブ配信がまだ新しく、どれくらい容量を使うのかデータがなく、少しでも早いほうが良いのではないか?

こういった理由からW06という機種にすることに決めました。

クラウンアルくん 三茶de大道芸2019 太子堂一丁目公園 アルジェントさーかす

ワイマックスを使ってみて

実際にワイマックスを使い始めて1か月近くたとうとしています。

使ってみた感想を言うと、初期の設定さえ間違わなければ全く問題なく使えています。

    • 僕は家や稽古場にいるときは固定回線のWi-Fiを使うため、その切り替えがめんどくさい。
    • 外に出るときに自動で見つけられないときがあるため、スマホでちゃんと接続をしてあげないといけないときがある。(毎回ではない)
    • 建物の中や山道だとauと比べて電波が弱い

こういった問題点はあるものの、容量的にはストレスなく使用できるという点が凄く気に入っています。

  • 今後の電波の弱い所での改善策としては、
    1. ハイスピード(UQモバイル)のアンテナを使う。(ポケットWi-Fi)
    2. 余っているスマホの容量を使う。(スマホ)
    3. プラスエリア(au)のアンテナを使う。(ポケットWi-Fi)
    4. スマホの容量を買って(追加購入)使う。(スマホ)

この辺で対応していこうと思います。

現実問題追加料金がかかるのは4のスマホの容量の追加購入だけなので、連日の現場が発生して、しかもワイモバイルの電波が入りにくい場所。
という事なので、ほとんどそのような現場はないので、問題ないと思われます。

逆にそのような現場の依頼が入ったとしたらその分稼げるという事なので、追加料金を払っても価値があると判断する事が出来ます。

パンケーキカフェgram本厚木店で大道芸を行うアルジェントさーかす

まとめ

ポケットWi-Fi ワイマックス(Broad WIMAX)を使ってみて、設定の理解不足から最初の月は容量制限を喰らってしまいましたが、その後は自分でいつどのようなときにどのアンテナを使うか整理してしまえば全くストレスなく使う事が出来ます。

何よりもBroad WiMAXの料金が思っていたよりも安く済んだことが大きいですね♪

もう少し様子見てからですが、スマホの通信料の設定ももう少し安くする事が出来そうですしね♪

このブログを書いた人

サーカス芸を面白おかしくコメディーで見せていく大道芸ユニット
アルジェントさーかすのGEN(ジェン)です。

大道芸人GEN(ジェン)は芸歴21年のベテラン芸人です。

コロナで活動場所が極端に少なくなった現在、大道芸ライブ配信という新しいジャンルで、
大道芸そのものが消えてしまわないように新しい活動場所を模索しています。

その大道芸ライブ配信を行っていくにあたり、必要となったのが現場での通信環境でした。

比較的自由が利くようにポケットWi-Fi(Broad WIMAX)を使って活動範囲を広げています。

ブログでは大道芸に関しての情報発信も行っています。

気になった方は是非いろんなページをのぞいてみてください。

アルジェントさーかすについてはこちら

大道芸やイベントで大人気!アルジェントさーかすのパフォーマンスを見たら笑うしかない。
2019年アルジェントさーかすは様々なイベントでパフォーマンスを披露してきました。 大道芸、イベント、お祭り、催し物、フェスティバル、などなど。 驚くべき点は一切のハズレがなく、すべての現場で大人気となり、高評価をいただいたということでした。 そんな『アルジェントさーかす』の魅力をお伝えします。

大道芸人GEN(ジェン)についてはこちら

『大道芸人GEN(ジェン)』のページ『ハッピーメリーサーカス』や『アルジェントさーかす』で活躍するパフォーマーです。
GEN(ジェン)は世紀末(1999年)に大道芸を始めたパフォーマーです。 サーカス芸を大道芸で面白おかしく見せています。 ハッピーメリーサーカス・アルジェントさーかすなどで活躍中

ブログのトップページはこちら

アルジェントさーかす大道芸の活動場所を増やしてます。
サーカス芸をドタバタコメディで見せる大道芸ユニット!アルジェントさーかすです。 大道芸人GEN(ジェン)とクラウン(道化師)アルくんが巻き起こす笑いの絶えないハチャメチャな世界をお楽しみください♪ 大道芸をもっとメジャーな娯楽にする為の情報発信をしています。 コロナに負けず大道芸の活動場所を増やしてます!

大道芸ライブ配信についてはこちら


コメント

タイトルとURLをコピーしました