follow us in feedly

要点をまとめて短い言葉で書く!伝わってクレームが来ない文章とは?

ライティング

【文章は言い切ることが大切!】

「クレームが来たらどうしよう?」
「言い方が失礼じゃないかな?」

こういった思いが、遠回しな言い方となってしまいます。

遠回しな言い方を繰り返していくうちに何が言いたいのか分からなくなってしまいます。
こんな経験あなたにもありませんか?

これは文章にしてもトークにしても同じことです。

まずは要点をまとめて
ズバット言い切ることが必要です。

その文章をベースに、
より理解できるように、
より伝わるように
補足を入れていくのです。

この時にペルソナ(たった一人のターゲット)を
思い浮かべて、その人に伝わる文章にします。

その人の事だけを考えて、
相手の事を想って伝わるように、
心を込めて書くことが大切です。
『もてなしの心』が大切なのです。

『もてなしの心』があれば
失礼な文章にはならないですよね。

意味が分からない文章であったり、
相手の事を考えていない、
自分本位な文章だから
クレームが来てしまうのです。

僕は大道芸人として、
多くのクレームを見てきました。

だからこそ分かる
クレームの本質を理解した、
クレームが来ない文章の書き方を
お伝えします。

この記事を読んで、
要点がハッキリした伝わる、
クレームが来ない文章を
書けるようになってください。

クレームが怖くなくなれば、
ハッキリ言い切るわかりやすい
文章が書けるようになります。

何が言いたいのか分からない文章

世の中にはたくさんの文章があふれかえっています。
この中で、あなたが覚えている文章はどれだけありますか?

ほんの一握りですよね。

その中で覚えているものは、
何が言いたいのかはっきりしているもの
ではありませんか?

言いたいことが分からない文章は
記憶にも残らないのです。
記憶に残る、
意味がハッキリしている文章を
書きましょう。

記憶に残る文章とは?

記憶に残る文章とは、
いろいろなことが考えられます。
だけど、どの文章にも
共通していることがあります。

『それが理解できる文章』です。

脳は理解できないものを記憶することが苦手です。
理解できることが脳科学的に見ても必要不可欠です。

では、理解できる文章とは
どのようなものでしょうか?

それは要点がハッキリしている文章です。

要点とは、とくに重要な部分の事です。

要点がぼやけてしまうと、
何が言いたいのか分からない
文章になります。

文章を書く前に
「最低限伝えないといけないことは何か?」
要点をまとめておく必要があるのです。

その要点を
「読んでもらうために」
「強調するために」
「印象に残るために」
あるのが、その他の文章です。

要点をハッキリさせることが
記憶に残る文章を書く最低条件です。

クレームが来ない文章

「こう言ったら失礼じゃないかな?」
「この文章、上から目線じゃないかな?」
「嫌な気分にならないかな?」

こういったことを考えてるうちに
文章はどんどん回りくどくなってしまいます。

回りくどくなるうちに
何が言いたいのか分からなくなります。

伝わらない文章を書くと、
読者のストレスになります。
勘違いをして間違った行動をします。

その結果クレームが発生するのです。

では、クレームとはどういった時に
起きるのでしょうか?

大道芸やイベントごとを行っていると、
多くのご意見をいただきます。
その中でクレームというものは
ほんの一握りです。

クレームに見えても、実は
『もっと良くするために提案してくれているだけ』
のものも沢山あります。
これは、あなたを
応援してくれている意見なのです。

では、本当のクレームとは
どのような時に起きるのでしょうか?

  1. 意味が分からない
  2. あなたの想いが分からない
  3. 勘違いする
  4. 自分を否定されたような気がした
    (失礼だと感じた)
  5. 不利益が発生した

などがあげられます。

もちろん5の何か問題を起こして
不利益を与えたらこれは大問題です。
これは起きないようにしましょう。

そうではないクレームというと
1~3のような事が多いです。

1~3は、
『何が言いたいのかはっきりしている
記憶に残る文章を書く』
ことで解決できます。

今まで話してきたことです。

4の
『自分を否定されたような気がした
(失礼だと感じた)』は

あなたが自分の事だけを考えた
文章を書く時に起こります。

相手の事を考えて、
相手の為を想って書く。
ここが抜けてる時に起こります。

そのためには、誰にこの文章を伝えたいのか?
ハッキリイメージし、
その人を『もてなす』気持ちで
書けばいいのです。

あなたは普段、相手によって
話し方を変えてますよね。
子供と話す時、上司と話す時、
友達と話す時など

相手が想像できれば
どう話したらいいか分かるのです。
相手が不特定多数だから
分からないのです。

誰に読んでもらいたいかを想像して、
もてなしの気持ちをもって
文章を書きましょう。

すると失礼な文章にはならないです。

まとめ

  • 文章は「何が言いたいのか?」をハッキリさせる
  • 要点を抑えた理解できる文章を書く
  • 誰に向けて書くのか? をハッキリさせる
  • 相手の事を想って『もてなす』気持ちをもって書いていく

こうすることで、
短く伝わる文章で、失礼が無いものが
書けます。

要点をハッキリとさせた短い文章を
相手の事を想って書いていきましょう。

なぜ大道芸人がライティングの勉強をしてるの?

そんな疑問を持つ人も多いかと思います。
営業の為という事もありますが、大道芸のレベルアップの為でもあります。

詳しくはこの記事で語っているので、合わせて読んでみてください。


GEN(ジェン)が書いたその他のライティングに関する記事

ぼくが勉強をし、アウトプット学習しているライティングに関する記事の一覧ページです。

気になるタイトルのものを
合わせて読んでみてください。

文章術に関する記事
【大道芸人GEN(ジェン)の文章術に関する記事一覧ページ】 人は「思考」「理解」「伝達」のすべてを文章で行います。文章力がある人は人間心理学に長けています。 文章術は物を書くだけでなく、人間関係も良くしていきます。

人間社会において文章はとても大切になります。

文章とは、あなたの分身をそこに置く事になるからです。
分身が沢山いれば多くの人に伝えることができます。

今はインターネットが普及してます。
文章力がある人が特に有利な時代が来ているのです。

会話、台本なども全て文章で出来ています。
文章力があればビジネスチャンスも広がり、
人間関係も良くなっていきます。

その両方を教えてくれるオンラインセミナーがあります。

『次世代起業家育成セミナー』
オンラインで受講できる
インターネットを活用したビジネスを
立ち上げるためのセミナーです。

ぼくも受講しているので、
効果は身をもって体験しています。

今、このセミナーを1つ、お試しでもらうことができます。
もちろん無料です。

このチャンスに是非もらっておきましょう(^^)/

↑↑↑こちらをクリックして、メール登録すれば無料セミナーがもらえます↑↑↑

大道芸人GEN(ジェン)はこんな人

芸歴23年の大道芸人

サーカス芸・コメディー・コミュニケーションを磨き上げ
誰にもまねできない世界を作り出す。

GEN(ジェン)のショーには
「歓声」「笑い声」「叫び声」がこだまする。

GEN(ジェン)のショーを繰り返し見ると
このような変化があなたに訪れます。

■ストレスが取り除かれる
■自分も頑張ろうと、明日への活力が手に入る
■ポジティブ思考になれる
■コミュニケーション能力が上がる
■魅力的な人物になることができ、人間関係が良くなる。

その為の仕掛けが満載の大道芸人GEN(ジェン)のパフォーマンスを見て、
楽しみながら成長してください。

==============


コロナ時代に突入し、全ての活動が中止
GEN(ジェン)がとった道はビジネスを学ぶこと。


情報時代に必要な
インターネットを使った
ビジネスを開始。

コロナ期間中にもかかわらず
『宇都宮動物園 大道芸イベント』
をスタート。

2021年度 でおそらく
日本で一番活動した
大道芸人だと思われる。


インターネットビジネスをさらに拡大し、
大道芸イベントのスポンサーになるべく活動中。


逆境に負けないポジティブ思考と
ネットビジネスに必要な知識を
公式LINEで発信しています。

新着記事

コメディパフォーマー『松鶴家 天太』の 笑顔満載!心温まる大道芸
ネーミングする意味!『目的をハッキリさせ、理解しやすくするため』
伝わる文章の書き方!【裏ワザ】ネット翻訳できる文章は、伝わる!
伝わる!読みたい!行動したい!そんな文章の書き方【構成と役割】
今日は人少ない?と思ってたのに、開始時間になったら集まってきた🎵

コメント

タイトルとURLをコピーしました