follow us in feedly

集中力と睡眠時間には大きな関係があった。一日の時間を増やす方法!

一日の時間を増やす方法!高い集中力は良い睡眠から生まれる!! 自己啓発
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

「寝てる時間がもったいない!」そう考える人も多いです。
僕もその一人でした。
1日を通常の何倍もの速度で生きている超人達は、集中力をコントロールして、
作業時間を大幅に減らしています。
「時間が必要なら集中力をコントロールしろ!」
「集中力を高めるには十分な睡眠時間が必要!」
すごく大切なことなので、この記事を書きました。

大道芸人GEN(ジェン)ヘブンアーティストTOKYO2019 大道芸人GEN(ジェン)椅子倒立スタート

何でも物事を大道芸に置き換えて考えてしまう「大道芸バカ」の
大道芸人GEN(ジェン)です。
僕が考える大道芸とは、《「芸」で興味を持たせて、「楽しませようとするもてなしの心」で観客を引き付けて、「人の魅力」でファンになってもらう。》
そんな職業だと思っています。
なので人間力を鍛える事も大切な要素だと考えています。

ぼくはマイナス思考で自己否定をする、カンシャク持ちの人間でした。
自分の意思をコントロールする技術を身に付けて「Mr.ポジティブ」といわれるようになりました。
だからこそ自分を育てるという事が大切だと感じています。

十分な睡眠時間は集中力を高める。

十分な睡眠を取ることができないと集中力をコントロールすることができません。

「コントロール」とは、正しい知識を身に付けて実践することです。
対して難しくはありません。
「鍛える」とは、トレーニングをしてレベルを大幅に上げることです。
それ相当の努力が必要になります。

集中力を発揮する仕組みは脳の中にあります。
睡眠時間が足りないとお酒を飲んでいるときと同じくらいの集中力しか発揮できないそうです。

脳内にある意志力と記憶力の二つの仕組みから集中力は生まれます。

意志力も記憶力も寝ている時間に、整理され、エネルギーを蓄え、必要ないものを削除する。
そんな作業を行っています。

睡眠不足はこれらの作業を不十分にしてしまいます。

新しい1日のスタートの時に、脳の準備が不十分だとすぐにキャパシティーを超えてしまい、
集中できない状態になってしまうのです。

では、どれくらい睡眠を取ればいいのでしょう?

人間のほとんどの人は6時間から8時間の睡眠が必要だと言われています。

  • 人はどれくらい睡眠を取ればいいかは3種類のパターンに分けられています。
    • ショートスリーパー(3時間)
    • ミドルスリーパー(6から8時間)
    • ロングスリーパー(10時間)

これらは遺伝によってきめられているそうです。
人間はミドルスリーパーの人が8割を占めます。

ミドルスリーパーは『バリュアブルスリーパー』ともいい、訓練によって時間を短くすることが可能だとの事です。
それでも限界があって、最大でも6時間が限界!
訓練を全くしていないと8時間の睡眠が必要だそうです。

近年ショートスリーパーになるための教材などが出ていますが、健康上は問題なくても、
6時間を下回る睡眠ではミドルスリーパーとロングスリーパーの人には
集中力的には問題が残ると、言われています。

実際僕も3時間睡眠を繰り返していた時期はありましたが、日中の作業効率を考えると平均7時間寝ている今の方が1日で行える作業量は倍以上になっています。

僕の場合ですが、たった4時間睡眠時間を増やし、集中力のコントロールを意識しただけで、
1日で行っていた作業量が2日分行えるようになったのですから、かなりの進歩だと思います。

最もこれは、その前がやらなすぎということも、もちろんあります。
「今現在ダラダラやっているな!」と感じるている人に、すぐに効果が出てくるのが
集中力をコントロールするやり方です。

睡眠はその中で大変重要なカギになってきます。

  • まとめ
    • 睡眠時間は集中力を発揮する脳に大きな影響がある。
    • 睡眠不足の人の集中力はお酒を飲んでるときの集中力と変わらない。
    • 必要な睡眠時間は人によって違う。
    • 集中力をコントロールするうえで睡眠時間はすごく大切な要素である。
大道芸人GEN(ジェン)ファイヤ―グリーティング

寝る時間が 無いほど 忙しい!

「集中力をコントロールして作業時間が減れば時間は作れる!」
コントロールするだけで簡単に1.6倍の作業速度が身に付きます。

「寝てる時間がない!」「寝る時間がもったいない」

誰もが一度はそう思ったことあるはずです。

「受験の時」「期限が迫っているとき」
多かれ少なかれこのような経験は誰もが持っていますよね。

また、「もっと学びたい!」「もっと練習したい!」「もっと早く覚えたい(習得したい)!」
そう思って時間が足りないという人もいるでしょう。

意志力の考え方「やらない力」(悪しき習慣をやめる力)を使って時間を増やすのも大切です。

ですが、集中力をコントロールして作業時間を減らすことにもっと注目するべきです。

日本人は欧米人の1.6倍の時間仕事や作業に時間がかかっているそうです。
集中力のコントロールの方法を覚えるだけで、1.6倍の速度で作業を進めていく事は可能だということです。

来日した欧米人が日本人に対して持ったイメージでこのようなものがあるそうです。
「日本人はダラダラと長時間働いてる感じがする。」
「日本人は集中力を意識してないから作業効率が悪い。」

この事から一つの仮説が出てきます。

「日本人は働き者だというのは正しくなくて、
働かないと世界に追いつけないから、仕方なく働いている。」

ちょっと厳しい言い方になっちゃいますが、こう考えると、
本当は働きたくもないのに、「働き者だ」と言われる日本人。
なんとなく納得できちゃいます。

逆の考え方もしてみました。
ダラダラだろうが、働きたくなかろうが「働けている日本人」が、
集中力をコントロールして、鍛える事をしたら凄いことになる!

日本人は集中力のコントロール方法や、鍛え方がわかってない人が多いだけだ!

そうなんです。
知らなかったり、わからないのなら覚えればいいだけなのです!
今できてないということはそれだけ「伸びしろがある!」ということなんです。

また、集中力を鍛えていけば人の何倍もの時間を手に入れられるそうです。

一般人が1か月で読む本の限界は平均20冊だと言われています。
そんな中で、
メンタリストDaiGo氏は1日で20冊読む事が可能だそうです。
これが本当だとしたら一般人の30倍の速度で本が読める。
ということになります。

まずは集中力をコントロールする。
次に集中力を鍛える。

これを行えば時間を作ることは可能です。

  • まとめ
    • 時間が必要なら集中力をコントロールする方法を覚えよう。
    • 日本人は欧米人の1.6倍時間がかかっている。
    • 集中力はどこまでも鍛えることができる。
大道芸人GEN(ジェン)

集中力を高める脳の働き

たっぷりの睡眠を取ると同時に集中力がなぜ生まれるのかを知るとより効果は高くなります。
脳の働きを理解して高次元の集中力を手に入れましょう。

集中力を高める脳の働きは「意志力(ウィルパワー)」と「記憶力」が関係しています。

どちらも前頭葉にあります。

前頭葉の発達が人間が人間らしくいるために進化した脳なのです。

特に大切なのが意志力(ウィルパワー)です。

意志力(ウィルパワー)

人間は「本能」と「意志」の二つの力によって行動を起こします。

本能とは、感じるままに行動したいと思う気持ちです。
危険回避をしていく中で動物が持っていないといけない大切なものなのですが、
「おなかが減った」「甘いものが食べたい」「ゲームがしたい」「もっと寝ていたい」などといった欲望も本能に含まれます。

意志とは、未来を想像してやるべきことに進もうとする気持ちです。
想像力がないとネアンデルタール人のように絶滅してしまうかもしれません。
「寒くなると、場所を移動しないと食べ物がなくなる」ということが想像できなくて絶滅したという仮説があります。

  • 意志力は、「やる力」「やめる力」「望む力」に分類されています。
    • 何かをやり抜く力
    • 悪しき習慣をやめる力
    • エネルギーを注いで集中したいと思う力

この意志力(ウィルパワー)をコントロールして鍛えていく事が集中力を高めるために一番必要なものです。

この意志力に関しては別途記事を書いていますので、こちらを読んでください。

「天使と悪魔のささやき」とは、本能と意志が戦っている状態を表しています。

生死にかかわる問題なので、本能も必要なのですけどね(;^_^A

  • まとめ
    • 人間は本能と意志によって行動する。
    • 意志力とは、未来を想像して進むべき方向に進もうとする力だ。
    • 意志力が集中力を発揮するうえで最も重要だと考えられている。

記憶力

記憶力は「記憶」「整理」「削除」の働きを行っています。

この中で整理と削除が滞ってしまうと新しい記憶が入れられなくなり、キャパオーバーとなってしまいます。

  • キャパオーバーになった時の問題
    • 考えがまとまらない。
    • 頭に入ってこない。
    • 集中力が続かない。

記憶力のキャパオーバーは、集中力に大きな影響を及ぼします。

睡眠している間に整理と削除が大幅に進むため、睡眠を取らずにいると集中できない要因となるのです。

睡眠不足の時の脳の働きはお酒を飲んで酔っ払ってるときと同様だそうです。

  • まとめ
    • 記憶力には「記憶」「整理」「削除」の働きがある。
    • 「整理」と「削除」ができないとキャパオーバーになる。
    • キャパオーバーになると酔っぱらってるときと同等の手中力しか発揮できない。
    • 「整理」と「削除」を効率よく行う方法は睡眠を取ること。

*記憶力と集中力との関係については別途記事を現在執筆中です。
 楽しみにしていてください。

先日僕がTwitterで「自分の欠点がわかりかけてきた」と話していたのは、
この記憶に関する中の「ワーキングメモリ」が機能しなくなると起こる問題。
というところが、僕の日常の欠点にすごく酷似していたためです。

書きあがったらツイッターでお知らせしますので、まだフォローされてない方はフォローしておいてください。

大道芸人GEN(ジェン)のツイッター

真昼間から本厚木のgramでおばけ!!

まとめ

・集中力を高めると人の何倍も作業効率が上がる。

・時間を増やしたいなら集中力を高めることがベスト

・集中力と睡眠時間には密接な関係がある。

・8割の人は6時間から8時間の睡眠が必要とされる。

・集中力を高める脳の働きを理解すると効果は倍増する。

合わせて読みたい

集中力をコントロールしていく中で一番意識しないといけないのが「ウィルパワー(意志力)」です。

そのウィルパワーについて書いた記事がこれになります。

影響を受けた本

コロナ第3波に突入して、僕がやり始めたのが自分を高める行動でした。
コミュニケーション能力のアップ、伝わる文章の書き方、人間心理学など、いろいろ候補があった中で、一番興味を持ったのが集中力を鍛える事でした。

集中力は作業効率を何倍にも増やし、あらゆる習得期間を短くする効果があると考えたからです。

そのきっかけとなった本がこちらです。

皆さんもぜひ読んでみてください。

この本はAmazon audibleで聞くことができます。

◆本を聴く◆
本や電子書籍を開いて読む事ができない時や、
家事や作業などをやってる時におすすめ!
雑務時間がインプット時間になる最強アイテムです。

この記事を書いた人

大道芸人 GEN(ジェン)が風船を持っている

大道芸人GEN(ジェン)

芸歴22年の大道芸人で、サーカス芸を笑いと共に魅せていくパフォーマーです。
観客とのコミュニケーションを大切にし、観客と一体となってショーを作っていきます。

二つのサーカスチームを運営する中で、新人育成も行っています。
その中で、「大道芸の考え方と自己啓発の考え方」に
多くの共通点があることを発見!

「良い大道芸人が育ち、大道芸が好きになる人が増えたり、興味を持つ人を増やしたい。」
という思いから
22年間で培った経験をもとに、「学んできたもの」や「勉強していること」をまとめた
『大道芸×自己啓発』の考え方を発信しています。

このブログ以外の情報も知りたいという方はTwitterにお越しください。
毎日『大道芸×自己啓発』の考え方をつぶやいたり、新着情報のお知らせなどを発信しています。
会話が大好きなので、気軽に話しかけたり絡んだりしてください。

GEN(ジェン)のTwitter

大道芸人GEN(ジェン)のパフォーマンスについて知りたい方はこちらをご覧ください。

『大道芸人GEN(ジェン)』のページ『ハッピーメリーサーカス』や『アルジェントさーかす』で活躍するパフォーマーです。
GEN(ジェン)とはGEN(ジェン)は世紀末(1999年)にパフォーマンスを始めた芸歴20年を超えるサーカス芸を行うパフォーマーです。サーカス芸を大道芸で面白おかしく見せています。ステージショー・イベント・...

『大道芸人 GEN(ジェン)』と、『アルジェントさーかす』は大道芸ライブ配信を行っています。

詳しくはこちら

大道芸ライブ配信
大道芸ライブ配信はこちら


コメント

タイトルとURLをコピーしました